| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2010年03月05日 金曜日/04:24:18/ No.1440

天声燐語  総括

記事分類:ノンジャンル
天声燐語 更新終了。

天声凛語 新設。

http://tearstky2.blog16.fc2.com/

軽く総括してみますと、

この何年間ものブログで、ずっと言いたかった事、
そして、最終的に気付いた事、辿り着いた事は、


人はみな違う、だからこそいい。それをもっと認識するような世の中を望む。
ルールや常識や個性は、
人が人を排除するためにあるのではなく、
人が人を尊重・尊敬し、共存していくためにある事に気付いて欲しい。

足すと失う。
引くと得る。

頭で身体はコントロールできない。
身体で頭はコントロールできる。
しかし大半の人はその逆を行っていて病気になったり苦しんだりして、しかも悪化させている。
だから己は、身体こそが本体であり、頭で自分をどうこうしようとしてもできないことを、
ある意味で諦めよ、自然に逆らうな、我を捨てれば気持ちよくなれる、豊かになれる。


これらを、私自身にも言い聞かせ、
また、私はまだまだ長い旅に出る事となる。。。。
いや、長い旅になってほしいし、だからこそ、人生は楽しいと信じて前を向いて歩いていきたい。


ちなみに、人間心理・思想などのカテゴリは、
ネガティブな思考もかなり書きなぐられており、
自分的に、消化不良しつつもそのあたりは消化したつもりなので(謎笑)、
もったいないとも思いつつも、
すべて削除しました。

これからは、

天声燐語ではなく
天声凛語として、

その名のとおり、
もっと器を大きくして、
落ち着いて、
地に足がドッシリとついたような凛としたブログにしていきたいものです。

このブログが、天声「燐」語だったのは、
最初から、「燐」との通り、
有害な言葉も吐いていくと、
あえてそういうふうにしていたのですが、
自分の中で、
そういうゾーンは終わったというか(笑)。


まぁ・・・・
とにかく・・・・

ずーーっとこのブログを飽きずに見てくれていた人がいるなら、
本当に、ありがとう。


これからは天声凛語でお会いできれば嬉しゅうございます。

それでは。


未完   



スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2010/03/05 04:24 ] ノンジャンル | TB(0) |
2009年12月18日 金曜日/02:38:13/ No.1435

電車でゲーム(設定:フラついたら死刑)

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
なんか最近また平衡感覚が微妙で歩きにくい(笑)
呼吸も多分悪い。


まぁそんな中、

混み合った電車に乗っていて武道的ゲームを楽しんだりしている。


このゲームは簡単だ。

とりあえず、吊皮などに一切頼らず、二本足で立ってバランスととる。

呼吸は吐くも吸うも鼻の腹式で、脱力し、
足の距骨に体重を乗せる、積み重ねる意識はそのまま上に
膝の裏、会陰、腰、胸の中心、後頭部、天とつないで下に脱力して体重を乗せていき
中心線を通すように努める。
軽く前傾、胸は無駄に張らず、肩は脱力して下ろす、

さて、これでかなり電車が揺れても意外とフラフラせずに済むのだが、
もしフラついて、足が地面から離れてガタッとかバランス崩したら死刑になるという設定にする。

電車の揺れは予測できないので、
なかなかこのゲームは地味に熱い。

環状線の外回りで、天王寺を出て新今宮に向かうすぐの場所でかなり激しく揺れるとかいう、みんなが覚えているお決まりの揺れは対策を練れるが、何ってない場所で小刻みに一瞬揺れたりすると死刑になりやすい。


身体感覚を磨くポイントとしては、
あえて、都合のいい統合失調症になってみることである。

もし、周囲の人が、あるタイミングでほとんどの人がバランスを崩してよたついているような瞬間に、もし自分だけが平然とバランスを保って凛と立っていられたら、
実にカッコイイ。
今、この車両の中でオレが一番カッコイイ(笑)、少々の揺れでフラつくことのない鉄の勇者だと(笑)、オレはさすがにメタラーなんだと(笑)、
そしてその勇姿を実は天海祐希が見ていて、

「あの人、全然フラついてない!キャー素敵!」


そういう妄想をするとまた楽しい(笑)。


何を言ってるんでしょうか私は(笑)。



こういうの、みなさんも、しません?(笑)
しないか・・・(笑)

人目をあえて気にしまくると結構心身が鍛えられると思うんですが。

まぁ行きすぎると、
「実はあの車の中からオレを監視しててオレを見て笑ってやがる」
とか被害妄想過剰になってくるんですけどね(笑)。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年12月08日 火曜日/23:21:42/ No.1423

プロテインと薔薇の日々

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
腕立て

パンプアップ!
パンプアップ!
パンプアップ!

修行するぞ
修行するぞ
修行するぞ

空飛ぶぞ
空飛ぶぞ
空飛ぶぞ

たーかーたーかー鷹鷹たーかー
くーろーかーみーターカー(やっ)!


というわけで、
筋トレday。


風呂場の浴槽で若干無理のあるディップス(大胸筋下部・背筋・上腕・肩)と合わせて、
インクライン(上体が高い状態でのベンチプレスみたいなの)で大胸筋上部のトレ、
それと、
やはり大胸筋にうまくキかせるのは、なんとなく難しくて不安もあるため、
基本的な腕立ても混ぜて、なんだかんだ色々しつこく繰り返して、
なんとか大胸筋が熱くなって疲労するようにしてる。

一旦そのあたりの筋肉が熱くなってくると、その筋肉により意識をやりやすいので、
あまりしっくりこない場合はとりあえず色々なエクササイズを繰り返すのもありかなと。

ディップスでもやっぱ一番はディップスがキツくていいよね(笑)。
台を使った高負荷の腕立てよりも断然ディップスがキツイ。
しかも何故か首や頭がキーンって感じになるね(笑)。
 まぁそれはそれで首も鍛えられていいんだろうけど(笑)。



台を使った腕立ては、ベッドと、溜まった新聞のゴミを紐で括って台を作っている。
ベッドを足を置く台にして、新聞を重ねた台に手をついて腕立て。
これで、深く胸を降ろせるので、まぁ普通の腕立てよりはよく効く。
これを速くやって誤魔化したりはせずにゆっくりと上下させて10回~15回あたりを1セットとして、
テキトーにしつこく何セットも続けるとまぁそのうち疲労してくる。

ちなみにだいぶ前から新聞はとるのを辞めたけど、こういう風に意外な利用法もあってたまに重宝するので、ちょっとだけ捨てずにとってあったんだけど、これはよかった。
あと新聞とかチラシは煙草の灰皿に溜まった灰をまとめて捨てる時にチラシにくるんで捨てれるので意外とこれも重宝する(笑)。

新聞を重ねて紐でまとめた台に手を乗せて腕立てすると、
たまに乗せた手が、新聞を括ってる紐がちょっと緩んだりしてずれて、
ズルッとかなってたまに恐いんだけど(笑)。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年12月01日 火曜日/00:11:57/ No.1415

キントレ/格闘と音楽

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
浴槽
タイトルが筋トレなのに、
なんで風呂の写真なのかといいますと・・・・

こないだも書いたけど、
事務所にダイニングチェアみたいな椅子が二つないので、
大胸筋・上腕などのトレーニングのディップスを、
浴槽の淵で手を支えてやる、という事で。



ディップス

説明しにくいので、簡単にディップスの感じを絵に書いてみたが、
まぁこんな感じ。
なんだこのテキトーで手抜きなアニメーションは(笑)。
まぁとにかくだいたいこんな感じ。

前傾して腕を曲げると大胸筋の下部に効く。
めちゃくちゃ効く(笑)。
足を台に乗せてやる腕立てや、
足を台に乗せる+両手を雑誌などを積んだりとか古新聞を入れた袋とかを利用した台に乗せて、胸を深くまで降ろせるような腕立てをするよりも、
ディップスのトレーニングの方がかなり効く感じでイイ。


写真でも解るように、
ちょっと、浴槽では手の位置が低すぎて難しいのだが(笑)、
かなり膝を曲げて足首も交差させたりしてなんとか身体を宙に浮かせて(笑)、
前傾姿勢で腕を曲げる。
上下運動というよりも、この浴槽でのディップスのイメージは、
自分的には、
手を支点として、前後に振り子みたいにしてるイメージ。
腕を曲げていく時に下に降ろすというより、
お尻を後ろに突き出して後ろに蹴るみたいな感じで前傾姿勢を取りつつ身体を降ろし、
それで大胸筋に効かせている感じ。

 実家にはちゃんとダイニングチェアが二台以上あるから、
それで週末実家で試してみたら、まぁそりゃ、それぐらいの高さがあった方がディップスはやりやすいけど(笑)、浴槽の利用でも、まぁなんとかできる感じ。
 ちょっと浴槽の淵が椅子の背もたれとかより当然浅いから、
深く身体を降ろせない代わりに、上下より振り子っぽく前傾姿勢をとりまくることで、それで大胸筋に効かせてる感じ。まぁなんとかいける(笑)。

事務所のどっかで懸垂なんかもやりたいのだが、
捕まえられそうな棒や柱の出っ張りなどがあまりないので、
まぁそれはいいか。まぁ腕・手首・肩・背中はダンベルでも何種目かやっているわけだし。
腰痛がかなり緩和してきたので、腹筋もようやくやりやすくなってきた。
それでもあまり無駄に上体を起こしたりはせずに、
浅く起きるだけでも、腹筋を意識して毎回力をそこに集中してかけて、
ついでに腹筋をその際に殴ったりもしていると
刺激も加わって確実に腹筋に効いてるみたいだから、
ダンベルとか持ちながらそれでヒネリとかも追加しながらやってる。
まぁイイ感じ。
ダンベルを両手に持って立ってテキトーにひねりまくってるだけでも
腹斜筋もちゃんと効かせられる。
通常のクランチの最中に腹のねじりを加えるとか、
ツイスティングクランチとかもアリだろうけど、
なんかツイスティングクランチってやりにくいよね?
それこそ腰にも負担かかる感じだし。
 以前、スポーツジムでもちゃんとフォームを教わったことがあったけど、
それでも、なんかツイストのクランチってやりにくい(笑)。
 だから、普通にダンベルブラブラ両手に持って左右に身体を捻ってる方が、
簡単に腹斜筋に効かせられると思う。
 クランチの系統は腰にはあまりよくなさそうな感じだしね~。


あ、そういえば、昨日の、亀田VS内藤のボクシングをリアルタイムで見たんだけど、
うーん、いい試合でよかった!!
特にどっちを応援してるわけでもないのだけど、
二人ともそれぞれに違った魅力があっていいですね。
新チャンピオンになった亀田君も、
かなり、恐ろしいぐらいに終始落ち着いてる感じで、不気味な迫力があった。
 確か結局両者とも、一度も大きなダウンなどはしてなくて判定で決まったわけだけど、まぁそれだけいい勝負だったって事でしょうかね。
 前半で内藤選手が鼻をヤられてから一気に流れが亀田ペースになった感じだったか。
最後のへんは、若干亀田は「確実に判定勝ちできるように」という感じで引き気味で無難な感じの戦い方してた感じでしたが、まぁ、観ていてとてもいい気持ちになれましたね。
 互いに尊敬し合ってこそ戦えるのだと思うし、素晴らしいと思う。
音楽なんかよりよっぽど素晴らしいと思う(笑)。
 バンドなんか、どうせ心の底では俺様が一番とか思ってるくせに
表面ではヘラヘラと人のバンドを褒めるフリとかしてて気持ち悪いんだよね。
 だから私は音楽に関しては基本的には人の音楽やバンドに関しては何もコメントしない。まぁ正直、自分以上のアーティストなんているわけないと思ってるし(笑)。
 だから、お世辞で人の事をカッコイイとか嘘言いたくないんですよ。
本当にカッコよかったら、そりゃ、「あのバンドってカッコイイなぁ!」って言う事もあるけど、基本的には、同業者に関しては黙秘だよね(笑)。

格闘の世界だったら、相手を尊敬した上でも、
「テメーなんか、オレがブッ飛ばしてやるぜ!」
って正直に挑戦的なこと言い合えて健全でいいなと思う。
しかもその上で、互いに尊敬し(研究とかをしている過程で相手のよいところとかを認めたりした上で対策をねると思うから)、
その上で、若干のパフォーマンスも含めてだろうけど、
強気な言葉を相手に吐けるのはいいなぁと思う(笑)。
 音楽だと、裏で渦巻いているものがドロドロなくせに表面ではキレイなフリですからね。そんなのがすごく嫌なんだよね、音楽は。
 だからまぁ、なんかあまり他のアーティストと関りたくなというのは事実だね(笑)。
極端な話、同じバンドのメンバーの中でも目に見えない何か色んな心理が渦巻いていると思うし、だから、バンドももう今後あまりやりたくないね(笑)。

だから、私は音楽やる上でも、どっちかといえば、体育系な気持ちでやってるかな(笑)。孤高ファイターというか(笑)。

格闘家とか、絶対、オレが最高だ!とか思うわけじゃん?多分。(笑)
というかそう思ってないとできないと思う。
でもそれは音楽でも多分同じだと思う。
自分が最高ってみんな思ってるだろうし、そうじゃないとやってられない。

だけど、格闘家とかスポーツとかは、
それを正直に表に出せるのに対し、
音楽は妙に無駄に謙虚なフリしたり人にお世辞言ったりしてるような
気味の悪いやりとりがあったりして不愉快。

ちなみにピアノがヘタクソといつも私が自分で言ってるのは、
これは、謙虚じゃなくて、本当に下手だからそう言ってる(笑)。
でもだからといって、他のピアニストに負けるとは誰もいってないぞ!
下手でも巧いだけの奴なんかには勝てると思ってる(笑)。
ただ下手にもほどがあるので、まぁもうちょっとマシにならんかなって事で(笑)、
一応真面目には練習してるっていう感じ。
 ドラムも同様で、自分より巧いドラマーなんて腐るほどいるけど、
だけど、それでもトータルとしては自分のドラムには自信がある。
どれだけ超絶で細かいテクニカルな事をやってのけるドラマーがいて、
そしてそれを私はできなかったとしても、
それでも、おれはおれが最高とは思ってるよ(笑)。


まぁだから、音楽に関してはほんと、とにかく人の事とか人の音楽とかは、
正直どうでもいいというか、まぁ興味ないね(笑)。

確か、内藤選手がまだ無名だった頃、亀田選手の方が既に人気があって、
内藤選手の事を、
「内藤?あぁ、そんなのおったなー(笑)。興味ないわ(笑)」
とか言ってたけど(笑)、
ああいうのを平気で言える格闘技ってマジいいわ♪(笑)

私もあれだよね、バンドが多数出るイベントとかでも、
マジでそんな感じだったよね。
ライブハウスをウロウロしてると狭い世界の中でガチャガチャやってるだけだから、
よく名前見かけるバンドとかあるわけよ。
でも、いつもあれだったね、
「あぁ、また○○○か、ま、興味ないけどな!(笑)」
って感じだった(笑)。

それで楽屋とかでは、ヘラヘラ何回も挨拶とかせにゃならんわけよね(笑)。
あれがダルいんだわマジで(笑)。
音源をわざわざくれる対バンとかさ。
いや、そんなんしてどうすんの?
マジ興味ないんだけど!!(笑)
一応、血が流れる人間だから、一応聴いたりはさせてもらうけどさ、
「ふーん。あっそ。まぁまぁやな。まぁおれには敵わんわ(笑)」
って思うのがオチだろ?(笑)

あれが気持ち悪いのよね・・・・
だから音楽の友達とかマジで欲しいと全然思わない(笑)。
将来のパートナーとかも、多分同業者とは一緒にならないだろうね(笑)。
できれば、女医とか希望(笑笑)。
いや、精神的にアレだし、よく故障するし、食事は無茶苦茶だし、
将来は医療福祉系なパートナーがいればありがたいかもね・・・???(笑)

そうか経済・金融系でエロい人。(意味不明)



しっかし、、、
ボクシングは、まぁ観てるだけのほうは楽しいしワクワクするんだけど(笑)、
まぁよく考えたら、
恐い恐い、痛い痛い・・・・(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年11月26日 木曜日/00:32:47/ No.1410

コシイテー!/風呂場でディップス

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
腰痛が少し和らいだと思って、
昨日は、結構真面目に筋トレをしたら、

また、腰いてぇ!(苦笑)

で、やっぱ、右側の後ろの腰痛。

ちなみに眼振による影響で右に傾きがちな頭を
トンカチで首を殴ってでも意地でも矯正して骨盤への負担バランスを均一にしような作戦だが(大袈裟)、
やはり、私にとって、眼振が緩和される角度以外でじっと立つ・歩くという事は、
平衡感覚が失われるわ物がより二個に見えるというかもうワケ解らん生きてる心地しない世界が広がるんだが(笑)、
まぁ何がなんでも身体バランスのために首は真ん中に矯正しないと気がすまないので、
それで無理矢理「目をあまり使わず視覚無視して」歩行しまくって訓練している。

ひどく疲れる(笑笑)。
吐きそうな気分に(笑)。

そういえば、正中線を通して腹式呼吸で脱力して重力を最大に感じつつ身体の動作をするという修行をやりはじめて少したった頃、外出中にマジで駅のトイレで吐いたことあったけど、あれって原因が食事かと思ってたのもあるけど、それプラスやっぱ身体の使い方や身体そのものを変化させると何かしら調子崩す原因になってた気もするよね。特に視覚は全身に影響するからね~。
 目を手術した後に退院して久しぶりに外に出て歩いたり新幹線乗ったら、
新幹線で気持ち悪くなって酔ったことあるしな(笑)。
電車に酔うとか何?(笑)

 身体が変化する、というのは思いのほか危険なのよね。
ダイエットで一気に痩せるみたいなアホくさい広告とかよくネット広告で見かけるけど、あんなのはアホだよ。そんなことイキナリしたら身体がおかしくなるはず。
 美容も結構だけど、一番大事なのは身体。そこを壊してまで美に走るのは、そんなのは本当の美ではないし、そういう価値観を崩すようなモラルのない広告や商売の仕方をするのは本当に辞めた方がいいし、庶民もそれに洗脳されてはいけない。本当に人の事を本気で考えている人に人がついていくという世でなければならない。つまらない自分の都合や商売でテキトーな事を抜かして歪んだ価値観を洗脳するような奴に洗脳されてはダメだ。
 私がよく庶民をバカにするような事をいってるのは、庶民が嫌いだからではない、むしろそこらの表面でニコニコしてるだけの悪魔よりかは私はこの世も人も愛しているつもりだ、バカよばわりするのは嫌いなのではなくてその逆で、もっとよく考えて欲しいからであって、それをわざと極端な表現をしてるだけだ。
 まぁそうなると、まぁたいていの人間や商売人は冷静に観察するとクソになるはずだが。

 話はもどってどうしても意識をゆるめる右に傾きがちな首だが、
もう昔から何かっつーと写真撮影とか、
「首もっとこっち!」
とかいちいちうるさく言われ続けて年がら年中私は「うっせーわヴォケ!!」とかブチギレて生きてきたわけだけど(笑)、
私にとって、まっすぐの向きにすると平衡感覚ゼロになって
物も二個に見える感じが増して、
自分でも何を見てるのか解らなくなるのだよ(笑)、
と思ってシックリ来ない感覚の中カメラの方見てたら
「ちゃんとこっち見て!」
とかいわれたりした日にはイラッときて、
「刺し殺すぞテメー!!」
なんて本気で思ってたね、幼少期から(笑)。

特に屋内より屋外など広い場所になればなるほど、
余計に世界が何がなんだか解らない感じでフラフラしがち。
そこらへんは、今はかなり身体意識高めて改善したが。
で、思いっきり左に傾けるつもりになって丁度まっすぐ。ヤレヤレ。
気持ち悪いったらありゃしないのだが、意地でも矯正(笑)。


昨日の晩、腰痛がかなり酷く戻って、
立禅でもして骨盤調整しようかとしばらく立ってみようとしたが、
なんか右腰が痛いのがどこか謎の内蔵に影響して響いてきたのかなんなのか、
逆に気分が悪くなって吐き気してきたので慌ててやめた(笑)。
 なんだこれ、人間の身体、おもしろ(笑)。

結局、痛くない寝る角度探してたら朝になって不眠という(笑)。


まぁどっちにしても心身ともバランスを保つのが普通の人より私はさらに視覚の影響で難しいので、だからこそ、完璧に保っていたいのだが、
なかなか、色々邪魔な要素があるな。


昨日の筋トレで何故かあまり大胸筋が筋肉痛になってないあたりが残念(笑)。
それか腰が痛い分筋肉痛に気付いてない?(笑)


インクラインもデクラインもベンチないからできないから、
まぁいつもベッドを利用してベンチプレスやラタラルレイズ、プルオーバーなどをやったり、ベッドの上でプラス背中の下に布団をたたんだものをさらに台にするように敷いて可動範囲を広げてダンベルフライをしてたのだが、
たまには種目を変えて刺激を変えてみようと思ってディップス(二つの平行棒などを持って身体を浮かせて胸にきかせる)を試そうと思うが、事務所によさそうな椅子や台が二つないため、
ふと、浴槽はどうだ?と思い立ち、
浴槽に自分が入って、浴槽の淵で手を支えて、ディップスの動作を膝曲げて前傾姿勢でやってみたら、
異様に大胸筋にクる事が判明。
これは多分、ダンベルよりも大胸筋に効かせるのが簡単かも。
しかも腰にあまり負担がかからない。こりゃええですわい!

クるよクるよ~!

くーるー!
きっとくるー!!

きっとくるー!!

↑筋肉痛



まぁ後は腰痛になってからの問題は腹筋だ。

腰痛だからこそ、胸なんかよりも腹筋背筋は鍛えないといけない気がするが、
腰痛では今までやってた足を台に乗せてやる腹筋の動作では腰が痛すぎてまともにできない(笑)。

という事で、腰に負荷のかからない腹筋を試しているが、
まぁこれはこれでいけそうか。

背筋も、うつ伏せになって反るような背筋運動は腰痛ではためによろしくないので、
とりあえず、ダンベルロウなどで対応。


ちなみに、この事務所で浴槽に浸かった事がほとんどなくてシャワーだけでアメリカンに過ごしてきたのだが(笑)、
まさか、筋トレに浴槽を使う事になるとは(笑)。
もうちょっと手を支える場所が高い方がいいかもだけど、
まぁとにかく大胸筋には無茶苦茶よく刺激がくるのでよさそう。

大胸筋の上部と下部へのかかりかたは、体重の掛け方で変化する感じ。前傾姿勢になると簡単に下部にかかる。私の場合大胸筋上部はダンベルでうまく刺激を与えられているみたいだけど、下部がなんか成長が上部に比べて足りない気がしてきたので丁度いい!

 しっかし、だいぶ前に、いい香りの入浴剤をバンドやってた頃のお客さんに貰った事があったのだが、
それを一度も使う事無くまだ事務所に置いてるなぁ・・・・(笑)

事務所の整理で一掃した時に「あ、こんなのあったわ!」と見つけたのだが、
人にいただいたものは捨てにくいかな?(笑)
まぁ微妙な思い出になってしまったものは記憶から消すために基本的にほとんど捨てたんだけど(笑)。

まぁ結局は記憶から消えないんだけどね・・・・

ハァ。。。

ってなんでこんな微妙な日記の終わり方。。。(笑)


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年11月22日 日曜日/01:44:05/ No.1406

身体意識 < 物理的身体スペック

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
 腰痛が痛すぎて、まともに何も動けなかった一日でした(笑)。
動くと激痛、寝てる状態で寝がえりだけでも痛い、いや、動くだけで痛い、起き上がれない、って感じでビビッタ(笑)。
これはヤバイ(笑)。

 が、、風呂に入ると、かなり痛みが緩和される事が解って今は少し楽になったので、
やはり温めるとよさそうだ。

 ところで、今回の腰痛で思う事は、
何年も前に、ドラムやピアノや筋トレ、無茶な握力専門トレーニングにより、
手の親指靭帯を故障して力が入らなくなった時と考えられる原因が似ていると自分で分析している。

その当時、私はドラムの叩き方、フォームを一新・改善し、
より無駄な力を入れずに脱力して、小さな力で最大の音を出せるように試行錯誤していた。

その結果、ドラムの音が見違えるように変化し、
速くて且つデカい音が出せるようになった。
シンバルの音なんかもケタ違いの音が出るのだ。
音のデカさというより、音がよく通って遠くに飛ぶ音というか。
 電子ドラムとかではこういうのは磨けないが、生ドラムを叩くとその辺の違いがかなり出る。まぁどうせPAで音づくりすれば、生音の鳴らしきるテクニックを究めなくてもいくらでも太い音はコンプレッサーやイコライザーで作れるからそこまで磨く必要もないとも思いますが(笑)。

まぁそれで、調子に乗っていたところの手の故障だった。


なぜ故障したのかといえば、

より洗練された身体の使い方(脱力して無駄をなくし最大の力を最小の力で発生させる)をできるようになったのはよいのだが、
その時に身体に走る衝撃を受け止める・耐えれるだけの身体の物理的スペックが足りなかったからと言える。



何をやるにも、ある程度、身体の使い方のコツみたいなのがあって、
無駄を削る事で、小さな労力で大きな力を発揮する事が可能になったりする事は多いと思うが、
ある意味で、順序を間違うと危険なのである。

よく武道系の本とかでも、
「達人」みたいな領域の人の身体の使い方とか意識とかの秘伝みたいな感じの事が載ってたりする事があるが、
それを、物理スペックが低いのに真似しても自分の身体がそれに追いつかずに負けてしまうという危険性があるという事を身をもって感じた。

そして、その事について言及する事を省略してコツだけ書いたような物をみて知ったつもりになって、コツとかだけを先に知識として頭で知って真似ようとしたり、自分のセンスが自分の身体を超えてしまうと(笑)、身体が先に壊れるわけである。

そういう意味では、この情報社会の中でネットなどで情報を収集して何かに努めたり自己啓発などをしている人には危険であると思う。

私も、ツーバスドラムレッスンサイトを運営していてエラそうに色々書いているが(笑)、
一応、対象は初心者という事にしているが、
確かに、「通るべき道を通らなければ」結局は、故障をしてしまうのが先になるか、身体の使い方を理解するのに時間がかかるかのどちらかであって、
よく、
ツーバスを速く踏むコツは?
みたいな質問を掲示板があった時によく受けていたりメールをいただいたりしていたが、

コツが掴めていないうちにコツを知ってしまうと、身体が先に潰れますよ

というのが正直な回答かと思う。

コツを知れば上手くなれると思うかもしれないが、
通るべき道を通っていないのにコツを知ってしまっても、
身体が追いつかないので故障する確率が高いのだ。

つまり、結局は、時間が財産となる。
それ以外にはありえない。

コツをつかんでうまくできるなら誰も苦労はしない(笑)。

なので、コツというキーワードで何かを検索し、
そして、それで知った知識を順序を間違えて実行するのは、
思いのほか危険なのである。


自分でいうのもなんだが、ある程度私は身体の使い方のセンスはいいほうだと思う(笑)、
だから、人に教えてもらわなくても、ドラムは自分で自分の身体を故障してしまうぐらい大きな力を小さな力で生むコツを、身体のスペックが足りない段階で先に身体で覚えてしまって調子に乗った事が失敗に繋がったわけだ(笑)。


で、今回の腰痛について考えてみたのだけれど、
これも、そのドラムの時と全く同じかなと・・・・

私は目が悪い関係で、立ったままじっとしているとか、まっすぐ歩くという事が苦痛で、
それをなんとかしたいと、
身体感覚をより磨こうと思い、
目を頼りにせずに身体を頼りにして地球の重力を十分に感じ、
それで重心をコントロールして、脱力して立つ、歩く、という訓練を独力で重ねた結果、
無駄な力をかけずに、脱力して楽して立つ、重力を身体で感じて歩く事で視覚に異常があってもまっすぐ楽に歩くという事が可能になってきたのだ。

しかし、身体の動きを磨く事で、身体にかかる負担が増えるわけだ。

緊張して力を無駄に入れて立ったりしていると、その分負荷が分散されるので、
腰にかかる負担も少ないかも知れないが、
重力にさからわずに、脱力して楽に骨だけで立つみたいなニュアンスで立ったり歩行をすると、
脱力している分、骨盤には上半身・頭などの重みが全部乗っかる事になると思う。
脱力しているからこそ楽して立てるわけだが、その分、下に向かう力は強くなるので、
腰にかかる負担は大きいと考えられる。

そして、それを長らく続けていた結果、自分の身体のスペックが、また、自分の身体動作のセンスに追い付かずに先に身体がヤラレタ格好となったのではないかと自己分析している。
人間とはなかなか学ばない生き物である(笑)。

何かに必死になってると、それに必死だから他の事考えられないよね、その間に目に見えないところで、何かが悲鳴をあげていたのだろうが、それに気付くのはその悲鳴がオモテに出て初めて気付く、という事が多い。


特に、今回の腰痛は、右の後ろ側が特に痛いので、より、「日常での身体動作意識の改善」によるところが原因だと気付いた。

眼振の影響で、相当に意識をしていても、どうしても頭が少し右に傾きがちなのであるが、
(傾けないと焦点の合いにくさが酷くなって視界が気持ち悪いので、それを避けるため、眼振がもっとも和らぐ角度に首を傾ける本能が先に走る)

右の腰が痛いというのは、やはり、全身を脱力して立つ・歩くという時に頭が傾いていては、当然、頭はかなり重たいので、それが脱力できていればいるほど、その歪んだバランスの重みが全部右側にズレてかかる事になる、
だから、右側の方が痛い腰痛になったと分析できる。
やはり目が悪いとろくな事がない(笑)。
人生のすべてにおいて悪影響(笑)。
悔しいので意地でも10億稼ぐ人間になってやる(そういうハングリーかよ/笑)。

という事で、首の傾きやすい傾向も意地でも無理やりにでも矯正してやる(笑)。
視覚が気持ち悪かろうがなんだろうが、どうでもいい、身体に悪影響なら無理にでも矯正しなければ。どうせ目なんて使わなくても歩けるし(笑)。
 実際、結構両目つむって歩いてる時とかありますよ(←サングラスしてるからバレない/笑)。そっちの方が身体的に気持ちがいいしね(笑)。
まぁヨイ子は真似しないように(笑)。

まぁ要するに、こういう点では私は結構、身体の使い方というか意識が、わりと達人っぽいと思うんですよ自分で(笑)。だけどそれに耐えうる身体物理スペックがないとやはり故障するという失敗をまたやっちまったなーって感じで(笑)。


まぁとりあえず、腰は温めて、血行をよくして摂取した栄養や酸素を患部にちゃんと流してきて少しずつ回復させていくイメージで。
 安静にしすぎると衰えるし、動かし過ぎてもアレだろうけど、動かさないと回復するために栄養をそこに流しやすくするように血行をよくしたりもしにくいですし、動いてないのに栄養とっても消化不流で意味ないですからね、そこが治療時の難しさだが、
まぁ腰を極力使わずにアイソメトリック的な筋トレなどもできますし、まぁピアノなんかもボチボチ軽く弾いてればいいんじゃないですかね~。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年11月12日 木曜日/01:17:45/ No.1394

ドラムスタンド改造してタオル掛け

記事分類:● 生活(掃除論など)
事務所の整理を進めている。
まだまだゴチャゴチャしているので、スッキリしたいところだ。
かなり掃除しまくって、物も整理して、汚いところはウエットティッシュで磨きまくって、
かなり綺麗になったが、
やはりワンルームというのは、最低限のものを置いているだけでも物理的に
限界があるね。
まぁそれでもだいぶ綺麗に片付いている。

以前、ワンルーム生活のノウハウの記事を書いた事があったけど、
こないだ、
タオル掛け
こういうモンを勝手に作った。
作ったというほどでもないが。

タオル掛け
もともとは、ドラムの練習パッドなのだが(笑)、
こんなワンルームで楽器などいくら消音パッドでもやる気はおきないので、
再利用。

タオル掛け
上のパッドをドライバーで外すと、このように、ものを掛けれそうな枝が三本ある。

それを利用して、100円ショップで買ってきた壁掛けタオル収納箱を引っ掛けてコンパクトにまとめた。機能性にも優れていると思う。
 衣類なども、固形のカゴとかではなくて、収納ケースそのものも小さく折りたたんだりできるような布系のケースにすれば、整理する際や引越しなどにも有利だろう。
上のページでも書いたが、限りある空間に無駄なデカい固形ケースやタンスなどもってのほかなので、このように収納すると、何かと便利である。


とりあえず、
水まわりなどもかなり綺麗に磨きまくっててスッキリした。
トイレなんかは、真面目に掃除しようとする吐き気するね(笑)。
 まぁかなり綺麗になっていつでも退去できそうな感じだが、
まぁ今後の方向性がまったく掴めないので住居や居住地など、
あまり身動きがとれないのも事実。

 最近、何かの番組をテキトーにチャンネル回ししてボケーッと見てた時に、
島田紳助さんが、
「大阪で、なんかブツブツ言ってる奴、(東京)来いよ!
大阪で満足してたらそれでいいけど、なんかグダグダ文句言ってる奴は、
来いよ!」
というような事を言っていた。
「来るならすべてを捨てて来い」
「ハイリスクハイリターン」
とも言ってたね。

まぁそりゃ芸能・アーティスト方面はそもそもハイリスクハイリターンだけどねぇ。
昇っても落ちるだけだし。

今の私はそんな気分だよね。


まぁ私が全てを捨てると、何もないというかハンデがあるぶん、普通以下の欠陥品でしかないしね。
まぁ全てを捨てて残るものは、
やっぱり音楽とエロぐらいだろ(笑)
 それ以外は何もないね。
なんなら堀江貴文さんみたいに、
いっちょ開き直りまくって

堕ちてるだが上がってるんだか解らないような愉快な人生送りますか?(笑)
AV監督とかやりますか?(笑)
かなりあらゆるシチュエーションのエロネタとか思いつくの得意だけど??(笑)
そのうち平日の炎天下でトラックの上で撮影して、
「セックスとは平和の象徴なんです。それをサラリーマンが通り過ぎる中でやるという、いわば黒澤監督の対比技法なんです」
とかいって逮捕されたりして伝説の監督にでもなりますか?(笑)



まぁ今はしんどいから何もかもどうでもいいけどね(笑)。

ブラブラしてるよしばらく(笑)。
どうせこんなご時世、動けば罠にはめられるだけだろ。
今は何もしないのが真の勝ち組かと思う。
何もしないというのは、本当に何もしないというわけでなく、
せっせこお金を稼ごうとか一旗挙げようとか、
そういう事と違うものを磨く・動く、っていう意味で。

どうせ真面目にやっても何も報われないだろうしカネも貯まらないだろうし、
それなら後になって何も残らない、時間を捨ててるというか、
バカバカしいね。
じっとしてるが勝ち。
奴隷みたいに労働するぐらいなら宝くじ買うか馬や船を追いかけるよ(笑)
 そしてここって時に動いたりできる自分を作ることかな。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/11/12 01:17 ] ● 生活(掃除論など) | TB(0) |
2009年11月10日 火曜日/02:04:07/ No.1392

ピアノ演奏の意識エネルギーのイメージについて。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
ダルすぎる。

まぁとりあえず筋トレ終了。

パソコンの16進数カラーでいうと「#FFFFFF」の白背景の画面見てると吐き気してくる(笑)
軽くグレーがかるか薄い黄色じゃないと真っ白背景は吐き気がするのだが、
これは皆平気なんだろうか???
絶対健康に悪いと思うが。

ダルいながらも、微妙に週末はピアノを弾いていた。
まぁダルいんだが。
まぁ将来の方向性がどうであれ、ピアノは辞めたら後悔するだろう。
嫌でも無理矢理にでも弾いて腕を保つべきではある。
腕を保つも何もヘタクソすぎて話にならんわけで、自分で弾いてて自分の音に吐き気がするわけだが(笑)。
 誤魔化したくないんで、リバーブとか全然かけずにドライすぎる音でペダルもあまり無駄に踏まずに練習するから(ツェルニーとか全然ペダル使ってない)、
余計下手に聴こえるという説もあるんだが(笑)。

まぁ私の自分のオリジナル曲は、いくらツェルニーを練習しても弾けるもんじゃないというか種類の違うピアニズムなので、まぁツェルニーとかダラダラやってるのは、基本は一応常にやっとこうという感じなのだが、まぁダルくて吐き気がする(吐き気しすぎww)。

 ちなみに、最近微妙にピアノの弾き方を変えている。
まぁ文章では説明しにくいので説明しませんが(笑)

 まぁ曲にもよるし場所にもよるが、
打鍵した後にすぐに引き上げて(※引き上げる=指を鍵盤から離すというわけではなく、指は鍵盤につけたままで速く引き上げるという話)、
一打一打の粒立ち重視な弾き方と、
若干、ダラーッと(??)前打音を引きずりながらレガート気味に音を横に繋いで艶や厚みを重視する弾き方があるが、
前者は、運指や黒鍵と白鍵の位置の関係上、特定の音に妙に力がかかり過ぎて逆に粒立ちが悪くなる事があるので、場合によっては、ずるずる音引きずり系スケール(??)の方が逆に粒立ちがよく聴こえる場合がある。
 そこらへんを考えるとホロヴィッツのトルコ行進曲の中間部の音の粒立ちと躍動感は半端なく神である。ズルズル系ではあのノリは出ないし、打鍵後すぐ引き上げて粒立ち揃える系の弾き方でも粒を揃えるのは難しい音の並びと運指だからだ。

 まぁ私にとってはどうでもいい事だが。
別にそこまで理想の音を出せなくても、ご飯が美味しかったらそれで幸せだからもういいよそんなみみっちい次元の話(笑)。


あ、ボヤキついでに書いておくと、
私はピアノを弾く時、あまり目を使わないが、
最近、益々目を使わずに弾くようにしている。

優先順は、目以外の感覚が先で、目は、音が跳ぶ時とかに、一応なんとなく確認するというか、
しかもその場合もじっと跳ぶ先の鍵盤を見るというより、ボーッと鍵盤をただの背景のような感覚でチラ見して指を鍵盤にセットしにいくみたいな感覚。

一旦特定の場所に指を設置してスケールやアルペジオを弾き出せば、音が大きく跳ばない限りは、別に鍵盤を見なくても、
半音、一度、三度、四度、増四度、オクターブ、七度、十度、などの感覚は指が覚えていて見てそれを弾いているわけではないし、見ていては追いつかないので、
実はピアノというのはさほど目が必要ない。
 まぁだからといって目を瞑って弾くとそれは地獄なわけだが(笑)、
見ている時より見ていない時の方が遥かに多い事は確かである。

あと意識のやりどころの話もついでにすると、
ピアノは指先がどうとかいうイメージがあるが、指先になんて全く意識はやってない(笑)。

まず一番意識がある中心コアは、脳である。
ピアノの意識感覚
(以下、あくまで私の場合の話)
具体的にいうと、頭の一番テッペンと額の中間ぐらいの頭の前部分の中の内部(??)あたりが感覚を操る中核の位置で、その頭の前の奥あたりから、
斜め上前と前と斜め下前に向かって目には見えない矢印の光を描くような感覚を持つ。
何か頭の中から電波を発している感じね。

 意味が解らないだろうが、この意識の向きや中核などで感覚をコントロールすると、
リズム感と鍵盤を駆ける指の感覚に意識を集中できる。
 ちなみに脳の電波から直接指にアクセスするわけではなく、
どちらかというと、指よりも胸とか肩とか腕が先である。
まぁ実際、脳からの距離も指は遠い。身体の中心から指に電波を発して連系させて伝える方が結果として指が速く動く。(多分)

つまり指に集中するには、指に集中せずに、脳からの電波に集中するのである。
そっちの方が反応が速くと感度が鋭い。

意識を集中する場所が、物理的に作用する場所と全く関係ない場所にエネルギーが集中しているというところが不思議であるが、私の感覚ではこんな感じである。
また、上の図の緑色の部分と、青色の三角形は、なんとなく連動しているというか、緑の部分のエネルギーに意識をやると、青の三角形の部分にそれが作用される、それが繋がる感じなのである。


当然だが、この集中の仕方は思いの他精神的にも体力的にもエネルギーを消耗し、
よほどすごい人でもない限り、ぶっちゃけ、三十分も経てば徐々に感覚の鋭さが薄れて集中力が途切れてきて、だんだん演奏がいい加減になってくる。

 ひどいと、いい加減になっている自分に気付かないほど感覚が鈍ってくる。これは危険。

 いい加減になってきたと思ったらすぐさま真面目な技巧的な練習をやめてテキトーに自由にお遊び即興でも弾くかピアノから離れて風俗にでも行くか日本刀でも振り回すなりして気分転換した方がよい(私はそんなとこ行きませんがww)、でなければ余計にヘタクソになる、というか、その状態で弾けば弾くほどヘタクソになり時間の無駄なのである。

テキトーな練習はヘタクソになるための練習であるといえる。
これほど能率の悪い事もないだろう。


ちなみに私の鉄鍵律激情などは、
特にクラシックピアノとは全然違う弾き方で、
指だけではまず絶対に弾けないというかスタミナが持たないに決まっているので、
胸や肩から連系させて連打したりするわけだが、
体調が悪いと、それでも連打を続けているうちに肩や腕がウオオオーッと固くなってきて動かなくなる時があるが、その場合、
実は私のYouTube動画やDVDビデオでは見ただけでは解らないが、
左足を細かく振動させまくって、そこから振動を伝えてきて連動させて連打を続ける。
 体全部が振動している感じである。こうでないと、連打を長く続ける事は不可能である。
これによって、身体のそれぞれのパーツに均等に力が分配され、特定の筋肉だけに負担がかかり続ける事を避けるわけである。
 騙されたと思ってやっていただきたい。

ピアノの身体振動連系
なんだこの絵は、病気か(笑)
まぁ感覚としてはこんな感覚。

 足を貧乏ゆすり、とまでいかなくても、小刻みにリズムを刻みながら、あるいはリズムと無関係でもいいのでとにかく振動させて身体全体にその振動を伝えて体中が内部で震えるようにする。すると、指が楽に速く動く(連打し続けることができる)。

 その時も、身体の特定の部分だけとかに意識をやってはいけない。
一番集中すべき部分は、前述のように、頭のテッペンと額の間ぐらいのとこから前方や下方に放たれる謎の電波を放つような感覚に集中するのである。
 それによって、いくら速いリズムでも、意識はハッキリしていて拍を的確に捉え、連打される16分音符や32分音符一つ一つをハッキリとした意識のもとで確実に打鍵し、しかし、全体はボケーッとヌラリーッとした感じで力を入れずに、力を入れないどころか、身体の内部をとにかく振動させて脱力状態のヘロヘロ状態で弾くのである。

つまり物理的に作用している部分と、脳の意識は全く別の次元にありながらも、それらは連系されている、というわけである。

鉄鍵律は、ひたすら根性だけで連打するのは絶対に限界があるので、
とにかく、鳴ってる音とは裏腹に、ユルユルの身体でダルダルに、しかし、バシッと弾くのである。

メタルピアノといいながら、実際には、鋼鉄のようなイメージで弾いてしまうと弾けない、というのが意地悪なものである(笑)。
逆に、ゆったりとしたバラードの方が、逆に力が要るような気がする。
私は楽をするのが好きなので(笑)、速い曲の方が好きなのかも知れない。
速い曲の方が楽なのである。
 初心者ほど、ゆっくりな曲をやろうとするかも知れないが、
ゆっくりな曲はピアノでもドラムでも実は上級なのだ。
初心者こそ、ガンガンの曲をやった方が楽である。
だからといって、ショパンエチュードなんかやると100%玉砕するのでそれは勧めない(笑)。
ハッキリいって、鉄鍵律はクラシックピアノよりも明らかに簡単なのである。
(というか、完璧に弾くのは難しいというか私も完璧に弾けた事がないが、誤魔化しやすいので簡単という意味/笑)

と、散々何故か自作品をさりげなくプッシュしてるくせに社長ダルダル、物販注文はしばらく受け付けていないので、これを見て鉄鍵律を欲しくなった人も、買えません。
残念でした。さようなら。(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年11月02日 月曜日/03:11:41/ No.1388

○○○が伸びた。

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
チ○○の話ではありません、セタケです。

 前に測ったのが何時かは忘れたが、
自分の身長はずっと162cmで、今もそのままだと思っていた。
特に何も気にはしていないが、まぁとにかく162cmとずっと思っていた。

 ところが、こないだ、フロアスタンド照明を買った時、
その高さを買う前に確認したところ、それは167cmだったが、
実際に照明が届いて、組立て終わると、
「あれ・・・???」
という感じで、自分より高いはずのスタンドが、だいたい同じぐらいなのである。

おかしいなと思い、
柱にちゃんと自然に立ち、頭の上からも押さえつけて印をつけてキッチリ測ってみると、
私の身長が166~167cmあたりになっていた。

まぁそれでも低い部類だろうが、162と166では結構違う。
5cmぐらい高くなる靴も履いているし髪の毛もわりと重力に逆らっているので、
パッと見ればさほどチビという部類でもないのかも知れない。

まぁやけに体型が細いので、「小さっ!細っ!」っていう雰囲気はあるだろうけどね(笑)。

細いわりに、筋トレもヘヴォ空手もやってるから、力を入れると筋肉は結構ムキッとなるが。


 いやしかし身長が大人になってから伸びるとは驚きだ。
しかもその伸び幅がわりとスゴイよね(笑)

 そういやタイかどこかで身長伸ばすとかダイエットとかの薬で死人が出たみたいなニュースを見たことがあるが、
まぁとりあえず、私の場合、
身長が伸びた理由の一つは、
視覚の異常(眼振やそれにともなう弱視遠視乱視など)によって、普通に立っているだけとかまっすぐ歩くだけとかいう事の異常な苦痛というか気持ち悪さにより、
目の違和感を解消する事に重点を置くと身体がどうしても歪んでしまう事になりがちだったのが、
ある時期に、それをなんとか解消したいと、自力独断で身体感覚を高める修行に取り組んだ結果、
目を頼りに歩く事をやめ、目を使わずに歩くという事を磨き(言ってる事が危ないw普通の人は真似しないように。)、
左右で焦点を結んで固定できない苦痛によって日常のあらゆる事が苦痛・すぐ疲れるなど、平衡感覚もクソもないため、
目を使わずに平衡を感じ身体意識を高める事で、身体で地球の重力をより大きく感じ取り(つまり脱力すればそれができる)、それによって重心を感じとってコントロールすれば、
目の違和感は解消され、身体全体で自分の存在や動作感覚を高めた結果、姿勢もさらによくなり、それによって身長が伸びたのであると考えられる。

伸ばそうとして力を入れるのでなく、むしろ脱力する事で得るものは大きいと考えられる。これは万事に共通すると言える気もする。

何か望むものがあって、そこにたどり着きたい時、
そこに行こうとするより、そこに意識をやらない方がうまくいったりする事がよくある。
 あるいは、その手段に強引や不自然な事をしない事も重要だろうか。

つまり、正直にまっすぐでいれば、伸びるといえるのかも知れない。(物理的な何かの長さという域を超えた事柄でも)

竹は素直だからすくすく育つとかいうが、確かに、素直=自然=無意識の中の脱力により、望むべき方向に何かが伸びる、という事なのかも知れない。
私は確実に、上に背を伸ばそうとするどころか、
素直に地球の重力に従い、意識は気持ち足元の下に流す事で身長が伸びたのかも知れないと考えるとなかなか面白いものだ。
勿論、足や肩や胸は意識は脱力すると下向き方向だが、後頭部からは糸で上から吊るされている感覚を意識している、というかこの意識すらも消えればなおよい。
 まぁ吊られているという事はそれは上に向かうというように意識するわけではなく、やはり意識は吊られていると下向きになる(重力を意識=脱力)といえる、あるいは、上向きと下向きの意識が個別でなくセットになっている、
何かの方向への意識があれば、それとは逆の方向に作用するものにも意識をやる事でそれぞれが相乗効果をもたらすと思う。

地を意識するには天を意識する必要があり、天を意識するということは地を意識することである。

よく考えると、確かに、この意識が私の身長を伸ばしたと考えても不思議ではない。意識と連動して物理的にもある程度、上と下に伸ばしているようなものだ。
 しかし、それは「自力で伸ばしている」のではなく、
あくまでも、「重力に素直になる」という事であるといえる。
 重力を感じるという前提ありきの天の意識である。
だから、決して「上に伸ばしている」のではないのだ。

 ちなみに「胸を張れ!」なんていうのは何も知らない勘違い野郎が言うセリフである。腹筋に関しても、腹に力を入れるのではなく、腹の力は抜きながらも上に何かを引き上げる感覚・同時に別の意識では腹はどっしりと腰まで落としていく感じも共存させる方がしっくりくると思う。
 腹に力を入れたり胸を張ったりするのは不自然で、そんな事をしたら肩にも力が入って不自然であるし、そもそも、腹は前にでると無防備である。力を抜いて立つと立てないのは、バランスがそもそも悪いからであって、逆にいえば、力を入れずに楽に立てるバランスを探す事が、脱力のポイントであり、己の身体を知る事に繋がるといえるだろうか。
 力を入れないと立てないというのは、つまり不自然ということだ。
そしてその身体で何をやっても、うまくはいかないはずである。


それにしても、身長が伸びていたとjは、まぁ意外な発見に驚きである。


このままどんどん身長を伸ばし続けてゆくゆくは天海祐希ちゃんと横に並べるようになってからスキャンダルを起こしてプロポーズする。

って意味不明。

しませんよw


そういやこないだの不毛地帯、天海祐希が一度も登場しなかったなぁ。
今回のドラマでは天海祐希はたまにしか登場しないわりに妙に味のある役で面白いよね(笑)。
 こないだは代わりに白石美帆さんが登場してたなぁ。
白石美帆さん演じるお水のお姉さんと、遠藤憲一さん演じる鮫島、
この二人が並ぶと、、、、

前のシーズンの阿部寛さん主演のドラマ「白い春」の村上ベーカリーそのまんまで笑えた(笑)

全体的にこの「不毛地帯」のキャストは、あまりにも「お馴染みでありきたり」すぎる実に保守的で事務所の都合などが妙に見えてしまいそうなキャスティングの顔ぶれであるが(笑)。


まぁ何はともあれ、身長が伸びたというのは驚きだ。


まぁ、あまり気力がないのは変わらないので、しばらくブラブラしてたほうが無難かと・・・・。


なんか色んな物事の間に宙づりになっている自分が実に苦痛でストレスフルでノイローゼ気味だが、まぁどうしようもないので、そのままノイローゼ・無気力に従って素直にノイローゼ・無気力のままブラブラしておくことにする。
無理に何をしてもろくなこともないだろう。


仕方がないから今度は○○○を伸ばしてみるか?(笑)
まぁやったことあるんだけどね(謎笑)
反り矯正とか(爆謎)

あー、危なくなってきたからこのへんでさようなら。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年10月31日 土曜日/00:16:40/ No.1387

暗幕と照明で部屋をライブスタジオ風に!

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
実家に暗幕と照明が届いたようなので、
早速、音楽制作部屋改造。

一連の作業で意外にかなり疲れたので説明は簡単に・・・

ドラム照明
とりあえず、こんな感じの雰囲気に部屋を化かす事に成功。
何も言わなければ「普通の家の普通の部屋」とは思えないかも知れません。
照明の力はスゴイです。
 左のフロアスタンドスポットライトは、個々にオンオフ・角度調整が可能。光量は3つ連動。組み立て終わったら、意外とボトムの重心が少しだけ不安定気味なのだが、まぁ問題はない。
 カメラはこの視点側から主に撮影するため、このスポットライトの位置だと逆光になるので私の姿がクリアにならないだろうが、

ドラム照明 足元
右側の下からも別の電気スタンドで照らしているので、多分、なんとかいけると思う。

ドラム照明
ちなみにこれは、下から、ルームパレット スカイリウム
を映している。

ドラム照明頭上から
頭上からの視点も結構綺麗。

これは、V-Drumsの太鼓のヘッドがメッシュヘッドで、それが透けてパッドの模様が浮き上がっている。
こうして見ると解る人には解るだろうが、タムによって、古いバージョンのパッドと新しいバージョンのパッドが混在している事などが解る。
(スネアのパッドに浮き上がってる模様が新しいバージョンで、ハイタムのが古いバージョンのパッドですね。)

ドラム照明足元
ちなみに足元のスネアスタンドの奥にスカイリウムを設置している。

この記事の冒頭の画像は、背後斜め上からスカイリウムを照らしたものなので、光の感じが足元から照らしたものとはまた違う。


ドラム照明下から青
ちなみに、左側のフロアスタンドスポットライトを全部消しても、スカイリウムと、右下の電気スタンド照明の組み合わせで、ISO感度400でも十分カメラで撮影が可能な光の量。
 スカイリウムは全部で4種類の光を壁や天井に映し出す事ができるが、
青色系の光が一番明るい。
 ちなみに、壁に模様を映すという事は、黒の暗幕では効果が出ないため、まぁそれは別にいいとしよう。
 だからといって暗幕を白っぽいものにすると、このライブっぽい雰囲気も出にくいので、やっぱり暗幕は黒でよかったと思う。
 本来、スカイリウムは癒しグッズみたいなもんで、
試しに天井に映してみたら、波のような模様が綺麗に動いてかなり綺麗。
 寝る時などに使うとかなり癒されそうである。ちなみに光はLED(発光ダイオード)によるものでアダプターでも電源供給可能なので安心。

ドラム照明下から緑
 これは緑→赤→青と、順に変わっていくモードの緑。
青系になった時がやはり一番光は明るいようだ。

ドラム暗幕
普通に部屋の蛍光灯(パルックのオレンジ色のやつ)をつけた状態。
 暗幕を張るとやはりそれだけでもある程度は雰囲気が出る。
 でもやはりそれだけでは、ベタッとした立体感や迫力のない映像になってしまうので、そこに暗い部屋に照明で照らすという方法で、ライブっぽい映像に大変身が可能になったわけである。

ドラム照明背後
後ろからスカイリウムでドラムセットを照らす際に一番いい角度や距離に設置するために設置した仮の台。
 なんだかんだで色々やってると部屋はあっという間に物だらけになってしまう・・・
やはり、これぐらい綺麗にこの部屋を大掃除しておいて本当によかった。

ピアノアジアン照明
さて、こちらは、ピアノの上に設置するアジアン照明。
もう一目惚れですね。イイ味が出てます。壁に映る影も最高ですね。

アジアン照明
このピラミッド型の照明だけでも芸術品・・・・
幅25cmで、デジピP-200の上に譜面台付きでなんとか置けるので注文する前に測ってギリギリで本当によかった。せっかく気に入った品がサイズの問題で無理になるのは残念だからねぇ。ホント、申し合わせたようなサイズで(笑)。
あと一回り小さければ、ナナメにも配置できていいかもだけどね。

ピアノ照明下から
他にも、先ほどのスカイリウムをピアノの足元に設置し、ピアノと壁の間から洩れる光を間接照明的に演出してみた。こういうのもアリかなと。
 画像では解りませんが、この光は微妙に動くのでいい感じです。

ピアノ暗幕
ちなみに最初、ピアノの周囲も全て黒の暗幕で囲ってみたが、やはり、
アジアン照明の壁への光と影の模様は、黒ではやあり鮮明に写りこまずに勿体ないし、白い壁が一番美しく映るので、特に違和感もなかったので、ピアノの正面だけ暗幕を無しにした。


まぁこれで、かなりパッと見た感じ、かなりライブっぽい映像にはなるんじゃないかなと思いますが、なんといっても無気力なのであまり撮影・レコーディングをやる気力があまり湧かないなぁ・・・・・・・・・・
準備だけはとりあえずバッチリみたいな。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。