天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)


記事の内容

前へ | 次へ

お手軽アジアン照明
2009/10/26 01:17

手軽にイイ雰囲気の照明を簡単に作れないかと、昨日の記事で少し考えてましたが、


画像

さっそく、頭でイメージしている事を実験するために、
だいぶ前に枕元とかに置いていた電気スタンドを利用。
多分、中学生ごろに使ってたスタンドだと思う。


画像

上に乗っている傘を外そうと思うと、
このスタンドの場合は簡単に外すことができた。
さてさて、これで、、、、、、、、



画像

この白熱灯に、難波パークス付近にある交差点角あたりにあるダイソー3階などに置いてそうな(なんというリアルな指定wwフロアは3階か4階か忘れたが、確か和風グッズが色々あったはず)、100円ショップでも売っているようなゴミ箱やカゴを被せて、
その網目の隙間から洩れる光によって、光と影の芸術を壁や地面や天井に映してアジアン照明のような雰囲気を手軽に味わえるのではないかと思って試してみる事に。



画像
画像

ヤバイ!!これはヤバイですぜ奥さん!!

ただのカゴがこんな芸術を生み出すのか!!

頭のイメージが的中して一人大はしゃぎ。


よくアジアン照明では、上に傘が乗っているという感じではなくて、
電球を包み込んでいるようなものも多いので、それを真似しようと思うも、
スタンド付きでは電球の配置に自由がきかないので、
テキトーに色々試す事に。


画像

逆にカゴに電球を上から突っ込んでみたら、、、

ウオオオオ!!キタヨ!!キタヨ!!
この地面に広がる放射状の光の芸術!!!

感動した!!



画像

そして、ゴミ箱も試してみると、こんな感じ。
これまたなんだか綺麗な効果が。

ゴミ箱ですよ?

微妙な隙間から洩れる光がこんなに美しいとは。


画像

で、試しに、デジタルピアノの上に乗せてみるとこんな感じに。

壁に映る光と影がいいねぇ。
鍵盤の光の具合もかなりイイ。

こういう感じでピアノの演奏ビデオを撮影すれば、かなりイイ雰囲気になりそうだ。
落ち着く雰囲気と、どこか燃えるような秘められた熱さみたいな、それが共存しているような不思議な雰囲気があって、私の音楽とよくマッチすると思う。

黒の暗幕を既に注文したが、黒の暗幕でもちゃんと光と影が映るか、、、
やってみないと解らないのが少し心配なところか。
 もしかしたらこのような光と影を暗幕に映すなら黒より、グレーとかの方がよかったか???まぁやってみないと解らないねぇ・・・、
 あと、ちゃんとプロの(??)芸術的なちゃんとしたカッコよすぎるアジアン照明も一つ注文したので、それの照明も非常に楽しみだ。


画像

ドラムセットを暗い室内で白熱灯で若干下から照らすと、このようにドラムセットのハードウェアの輝きがよりイイ感じになって、「ただの家の部屋の角」という感じが少し薄れて、どこかのスタジオかライブのリハーサルかといった雰囲気にはなる。
 ここに暗幕もたらすので、もっといい雰囲気になるだろう。

自分自身を照らす照明などもフロアスタンド型の照明を一つ注文したので、
まぁ照明を改善してのビデオ撮影はおそらく予想以上にかなりうまくいくのではないかとイメージしている。
 スカイリウムで海底やオーロラの動く模様を暗幕に移す作戦も、どのようになるか、楽しみである。


カテゴリ:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽

前へ | 次へ

トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ