天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)


記事の内容

前へ | 次へ

○○○が伸びた。
2009/11/02 03:11

チ○○の話ではありません、セタケです。

 前に測ったのが何時かは忘れたが、
自分の身長はずっと162cmで、今もそのままだと思っていた。
特に何も気にはしていないが、まぁとにかく162cmとずっと思っていた。

 ところが、こないだ、フロアスタンド照明を買った時、
その高さを買う前に確認したところ、それは167cmだったが、
実際に照明が届いて、組立て終わると、
「あれ・・・???」
という感じで、自分より高いはずのスタンドが、だいたい同じぐらいなのである。

おかしいなと思い、
柱にちゃんと自然に立ち、頭の上からも押さえつけて印をつけてキッチリ測ってみると、
私の身長が166〜167cmあたりになっていた。

まぁそれでも低い部類だろうが、162と166では結構違う。
5cmぐらい高くなる靴も履いているし髪の毛もわりと重力に逆らっているので、
パッと見ればさほどチビという部類でもないのかも知れない。

まぁやけに体型が細いので、「小さっ!細っ!」っていう雰囲気はあるだろうけどね(笑)。

細いわりに、筋トレもヘヴォ空手もやってるから、力を入れると筋肉は結構ムキッとなるが。


 いやしかし身長が大人になってから伸びるとは驚きだ。
しかもその伸び幅がわりとスゴイよね(笑)

 そういやタイかどこかで身長伸ばすとかダイエットとかの薬で死人が出たみたいなニュースを見たことがあるが、
まぁとりあえず、私の場合、
身長が伸びた理由の一つは、
視覚の異常(眼振やそれにともなう弱視遠視乱視など)によって、普通に立っているだけとかまっすぐ歩くだけとかいう事の異常な苦痛というか気持ち悪さにより、
目の違和感を解消する事に重点を置くと身体がどうしても歪んでしまう事になりがちだったのが、
ある時期に、それをなんとか解消したいと、自力独断で身体感覚を高める修行に取り組んだ結果、
目を頼りに歩く事をやめ、目を使わずに歩くという事を磨き(言ってる事が危ないw普通の人は真似しないように。)、
左右で焦点を結んで固定できない苦痛によって日常のあらゆる事が苦痛・すぐ疲れるなど、平衡感覚もクソもないため、
目を使わずに平衡を感じ身体意識を高める事で、身体で地球の重力をより大きく感じ取り(つまり脱力すればそれができる)、それによって重心を感じとってコントロールすれば、
目の違和感は解消され、身体全体で自分の存在や動作感覚を高めた結果、姿勢もさらによくなり、それによって身長が伸びたのであると考えられる。

伸ばそうとして力を入れるのでなく、むしろ脱力する事で得るものは大きいと考えられる。これは万事に共通すると言える気もする。

何か望むものがあって、そこにたどり着きたい時、
そこに行こうとするより、そこに意識をやらない方がうまくいったりする事がよくある。
 あるいは、その手段に強引や不自然な事をしない事も重要だろうか。

つまり、正直にまっすぐでいれば、伸びるといえるのかも知れない。(物理的な何かの長さという域を超えた事柄でも)

竹は素直だからすくすく育つとかいうが、確かに、素直=自然=無意識の中の脱力により、望むべき方向に何かが伸びる、という事なのかも知れない。
私は確実に、上に背を伸ばそうとするどころか、
素直に地球の重力に従い、意識は気持ち足元の下に流す事で身長が伸びたのかも知れないと考えるとなかなか面白いものだ。
勿論、足や肩や胸は意識は脱力すると下向き方向だが、後頭部からは糸で上から吊るされている感覚を意識している、というかこの意識すらも消えればなおよい。
 まぁ吊られているという事はそれは上に向かうというように意識するわけではなく、やはり意識は吊られていると下向きになる(重力を意識=脱力)といえる、あるいは、上向きと下向きの意識が個別でなくセットになっている、
何かの方向への意識があれば、それとは逆の方向に作用するものにも意識をやる事でそれぞれが相乗効果をもたらすと思う。

地を意識するには天を意識する必要があり、天を意識するということは地を意識することである。

よく考えると、確かに、この意識が私の身長を伸ばしたと考えても不思議ではない。意識と連動して物理的にもある程度、上と下に伸ばしているようなものだ。
 しかし、それは「自力で伸ばしている」のではなく、
あくまでも、「重力に素直になる」という事であるといえる。
 重力を感じるという前提ありきの天の意識である。
だから、決して「上に伸ばしている」のではないのだ。

 ちなみに「胸を張れ!」なんていうのは何も知らない勘違い野郎が言うセリフである。腹筋に関しても、腹に力を入れるのではなく、腹の力は抜きながらも上に何かを引き上げる感覚・同時に別の意識では腹はどっしりと腰まで落としていく感じも共存させる方がしっくりくると思う。
 腹に力を入れたり胸を張ったりするのは不自然で、そんな事をしたら肩にも力が入って不自然であるし、そもそも、腹は前にでると無防備である。力を抜いて立つと立てないのは、バランスがそもそも悪いからであって、逆にいえば、力を入れずに楽に立てるバランスを探す事が、脱力のポイントであり、己の身体を知る事に繋がるといえるだろうか。
 力を入れないと立てないというのは、つまり不自然ということだ。
そしてその身体で何をやっても、うまくはいかないはずである。


それにしても、身長が伸びていたとjは、まぁ意外な発見に驚きである。


このままどんどん身長を伸ばし続けてゆくゆくは天海祐希ちゃんと横に並べるようになってからスキャンダルを起こしてプロポーズする。

って意味不明。

しませんよw


そういやこないだの不毛地帯、天海祐希が一度も登場しなかったなぁ。
今回のドラマでは天海祐希はたまにしか登場しないわりに妙に味のある役で面白いよね(笑)。
 こないだは代わりに白石美帆さんが登場してたなぁ。
白石美帆さん演じるお水のお姉さんと、遠藤憲一さん演じる鮫島、
この二人が並ぶと、、、、

前のシーズンの阿部寛さん主演のドラマ「白い春」の村上ベーカリーそのまんまで笑えた(笑)

全体的にこの「不毛地帯」のキャストは、あまりにも「お馴染みでありきたり」すぎる実に保守的で事務所の都合などが妙に見えてしまいそうなキャスティングの顔ぶれであるが(笑)。


まぁ何はともあれ、身長が伸びたというのは驚きだ。


まぁ、あまり気力がないのは変わらないので、しばらくブラブラしてたほうが無難かと・・・・。


なんか色んな物事の間に宙づりになっている自分が実に苦痛でストレスフルでノイローゼ気味だが、まぁどうしようもないので、そのままノイローゼ・無気力に従って素直にノイローゼ・無気力のままブラブラしておくことにする。
無理に何をしてもろくなこともないだろう。


仕方がないから今度は○○○を伸ばしてみるか?(笑)
まぁやったことあるんだけどね(謎笑)
反り矯正とか(爆謎)

あー、危なくなってきたからこのへんでさようなら。

カテゴリ:★身体意識/筋トレ・健康

前へ | 次へ

トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ