天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)


記事の内容

前へ | 次へ

キントレ/格闘と音楽
2009/12/01 00:11

画像
タイトルが筋トレなのに、
なんで風呂の写真なのかといいますと・・・・

こないだも書いたけど、
事務所にダイニングチェアみたいな椅子が二つないので、
大胸筋・上腕などのトレーニングのディップスを、
浴槽の淵で手を支えてやる、という事で。



ディップス

説明しにくいので、簡単にディップスの感じを絵に書いてみたが、
まぁこんな感じ。
なんだこのテキトーで手抜きなアニメーションは(笑)。
まぁとにかくだいたいこんな感じ。

前傾して腕を曲げると大胸筋の下部に効く。
めちゃくちゃ効く(笑)。
足を台に乗せてやる腕立てや、
足を台に乗せる+両手を雑誌などを積んだりとか古新聞を入れた袋とかを利用した台に乗せて、胸を深くまで降ろせるような腕立てをするよりも、
ディップスのトレーニングの方がかなり効く感じでイイ。


写真でも解るように、
ちょっと、浴槽では手の位置が低すぎて難しいのだが(笑)、
かなり膝を曲げて足首も交差させたりしてなんとか身体を宙に浮かせて(笑)、
前傾姿勢で腕を曲げる。
上下運動というよりも、この浴槽でのディップスのイメージは、
自分的には、
手を支点として、前後に振り子みたいにしてるイメージ。
腕を曲げていく時に下に降ろすというより、
お尻を後ろに突き出して後ろに蹴るみたいな感じで前傾姿勢を取りつつ身体を降ろし、
それで大胸筋に効かせている感じ。

 実家にはちゃんとダイニングチェアが二台以上あるから、
それで週末実家で試してみたら、まぁそりゃ、それぐらいの高さがあった方がディップスはやりやすいけど(笑)、浴槽の利用でも、まぁなんとかできる感じ。
 ちょっと浴槽の淵が椅子の背もたれとかより当然浅いから、
深く身体を降ろせない代わりに、上下より振り子っぽく前傾姿勢をとりまくることで、それで大胸筋に効かせてる感じ。まぁなんとかいける(笑)。

事務所のどっかで懸垂なんかもやりたいのだが、
捕まえられそうな棒や柱の出っ張りなどがあまりないので、
まぁそれはいいか。まぁ腕・手首・肩・背中はダンベルでも何種目かやっているわけだし。
腰痛がかなり緩和してきたので、腹筋もようやくやりやすくなってきた。
それでもあまり無駄に上体を起こしたりはせずに、
浅く起きるだけでも、腹筋を意識して毎回力をそこに集中してかけて、
ついでに腹筋をその際に殴ったりもしていると
刺激も加わって確実に腹筋に効いてるみたいだから、
ダンベルとか持ちながらそれでヒネリとかも追加しながらやってる。
まぁイイ感じ。
ダンベルを両手に持って立ってテキトーにひねりまくってるだけでも
腹斜筋もちゃんと効かせられる。
通常のクランチの最中に腹のねじりを加えるとか、
ツイスティングクランチとかもアリだろうけど、
なんかツイスティングクランチってやりにくいよね?
それこそ腰にも負担かかる感じだし。
 以前、スポーツジムでもちゃんとフォームを教わったことがあったけど、
それでも、なんかツイストのクランチってやりにくい(笑)。
 だから、普通にダンベルブラブラ両手に持って左右に身体を捻ってる方が、
簡単に腹斜筋に効かせられると思う。
 クランチの系統は腰にはあまりよくなさそうな感じだしね〜。


あ、そういえば、昨日の、亀田VS内藤のボクシングをリアルタイムで見たんだけど、
うーん、いい試合でよかった!!
特にどっちを応援してるわけでもないのだけど、
二人ともそれぞれに違った魅力があっていいですね。
新チャンピオンになった亀田君も、
かなり、恐ろしいぐらいに終始落ち着いてる感じで、不気味な迫力があった。
 確か結局両者とも、一度も大きなダウンなどはしてなくて判定で決まったわけだけど、まぁそれだけいい勝負だったって事でしょうかね。
 前半で内藤選手が鼻をヤられてから一気に流れが亀田ペースになった感じだったか。
最後のへんは、若干亀田は「確実に判定勝ちできるように」という感じで引き気味で無難な感じの戦い方してた感じでしたが、まぁ、観ていてとてもいい気持ちになれましたね。
 互いに尊敬し合ってこそ戦えるのだと思うし、素晴らしいと思う。
音楽なんかよりよっぽど素晴らしいと思う(笑)。
 バンドなんか、どうせ心の底では俺様が一番とか思ってるくせに
表面ではヘラヘラと人のバンドを褒めるフリとかしてて気持ち悪いんだよね。
 だから私は音楽に関しては基本的には人の音楽やバンドに関しては何もコメントしない。まぁ正直、自分以上のアーティストなんているわけないと思ってるし(笑)。
 だから、お世辞で人の事をカッコイイとか嘘言いたくないんですよ。
本当にカッコよかったら、そりゃ、「あのバンドってカッコイイなぁ!」って言う事もあるけど、基本的には、同業者に関しては黙秘だよね(笑)。

格闘の世界だったら、相手を尊敬した上でも、
「テメーなんか、オレがブッ飛ばしてやるぜ!」
って正直に挑戦的なこと言い合えて健全でいいなと思う。
しかもその上で、互いに尊敬し(研究とかをしている過程で相手のよいところとかを認めたりした上で対策をねると思うから)、
その上で、若干のパフォーマンスも含めてだろうけど、
強気な言葉を相手に吐けるのはいいなぁと思う(笑)。
 音楽だと、裏で渦巻いているものがドロドロなくせに表面ではキレイなフリですからね。そんなのがすごく嫌なんだよね、音楽は。
 だからまぁ、なんかあまり他のアーティストと関りたくなというのは事実だね(笑)。
極端な話、同じバンドのメンバーの中でも目に見えない何か色んな心理が渦巻いていると思うし、だから、バンドももう今後あまりやりたくないね(笑)。

だから、私は音楽やる上でも、どっちかといえば、体育系な気持ちでやってるかな(笑)。孤高ファイターというか(笑)。

格闘家とか、絶対、オレが最高だ!とか思うわけじゃん?多分。(笑)
というかそう思ってないとできないと思う。
でもそれは音楽でも多分同じだと思う。
自分が最高ってみんな思ってるだろうし、そうじゃないとやってられない。

だけど、格闘家とかスポーツとかは、
それを正直に表に出せるのに対し、
音楽は妙に無駄に謙虚なフリしたり人にお世辞言ったりしてるような
気味の悪いやりとりがあったりして不愉快。

ちなみにピアノがヘタクソといつも私が自分で言ってるのは、
これは、謙虚じゃなくて、本当に下手だからそう言ってる(笑)。
でもだからといって、他のピアニストに負けるとは誰もいってないぞ!
下手でも巧いだけの奴なんかには勝てると思ってる(笑)。
ただ下手にもほどがあるので、まぁもうちょっとマシにならんかなって事で(笑)、
一応真面目には練習してるっていう感じ。
 ドラムも同様で、自分より巧いドラマーなんて腐るほどいるけど、
だけど、それでもトータルとしては自分のドラムには自信がある。
どれだけ超絶で細かいテクニカルな事をやってのけるドラマーがいて、
そしてそれを私はできなかったとしても、
それでも、おれはおれが最高とは思ってるよ(笑)。


まぁだから、音楽に関してはほんと、とにかく人の事とか人の音楽とかは、
正直どうでもいいというか、まぁ興味ないね(笑)。

確か、内藤選手がまだ無名だった頃、亀田選手の方が既に人気があって、
内藤選手の事を、
「内藤?あぁ、そんなのおったなー(笑)。興味ないわ(笑)」
とか言ってたけど(笑)、
ああいうのを平気で言える格闘技ってマジいいわ♪(笑)

私もあれだよね、バンドが多数出るイベントとかでも、
マジでそんな感じだったよね。
ライブハウスをウロウロしてると狭い世界の中でガチャガチャやってるだけだから、
よく名前見かけるバンドとかあるわけよ。
でも、いつもあれだったね、
「あぁ、また○○○か、ま、興味ないけどな!(笑)」
って感じだった(笑)。

それで楽屋とかでは、ヘラヘラ何回も挨拶とかせにゃならんわけよね(笑)。
あれがダルいんだわマジで(笑)。
音源をわざわざくれる対バンとかさ。
いや、そんなんしてどうすんの?
マジ興味ないんだけど!!(笑)
一応、血が流れる人間だから、一応聴いたりはさせてもらうけどさ、
「ふーん。あっそ。まぁまぁやな。まぁおれには敵わんわ(笑)」
って思うのがオチだろ?(笑)

あれが気持ち悪いのよね・・・・
だから音楽の友達とかマジで欲しいと全然思わない(笑)。
将来のパートナーとかも、多分同業者とは一緒にならないだろうね(笑)。
できれば、女医とか希望(笑笑)。
いや、精神的にアレだし、よく故障するし、食事は無茶苦茶だし、
将来は医療福祉系なパートナーがいればありがたいかもね・・・???(笑)

そうか経済・金融系でエロい人。(意味不明)



しっかし、、、
ボクシングは、まぁ観てるだけのほうは楽しいしワクワクするんだけど(笑)、
まぁよく考えたら、
恐い恐い、痛い痛い・・・・(笑)

カテゴリ:★身体意識/筋トレ・健康

前へ | 次へ

トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ