| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

■ PC関連 天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > カテゴリー - ■ PC関連
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2009年08月15日 土曜日/03:29:26/ No.1324

獲る予定の狸の皮算用

記事分類:■ PC関連
焼肉
ドラムやピアノのDVDビデオ作品の次作創作における
ドラムのアングルを増やすためにカメラを二台欲しいという事で、
今のDMX-CG6で作った映像作品DVD玄守鷹矢Promotionでも高画質という感想もいただきましたが、
確かこのDMX-CG6は、YouTubeに動画をアップしようと思い立って買った二年前の夏ぐらいのことだったと思うので、どうやらわずか二年ほどで異様な進歩を遂げているようで、
正直、もうこのカメラと同じのを安くでもう一台増やすだけでいいやと思っていたら、
余裕で廃盤というかサンヨーのサイト内からは除外されてる型番になってましたwww

という事で、せっかくなので、
ハイビジョンやフルハイビジョンの高画質映像が撮れるカメラを今回買ってしまおうと思い、色々迷っているところであります。

候補は、
依然と同じくメーカーはサンヨーのXactiで、

・DMX-CG10(もう6~10まで進んでるのか!w)
・DMX-HD2000
・DMX-HD1010

この三機種で最初迷っていて、
CG10は安いかわりに、
動画記録画素数の選択肢が少し物足りなく感じたので、
後者ふたつで迷う事に。

最新は、HD2000でそれの以前のモデルがHD1010のようだが、
よーくスペックを見比べてみると、
HD1010にはあったのにHD2000では何故かなくなっている記録画素数の選択肢がある。

HD2000
Full-HR:1920×1080ピクセル (60fps・24Mbps)、
Full-HD:1920×1080ピクセル (60field/s・16Mbps)、
Full-SHQ:1920×1080ピクセル (30fps・12Mbps)、
HD-SHQ:1280×720ピクセル (30fps・9Mbps)、
TV-SHQ:640×480ピクセル (30fps・3Mbps)、etc

HD1010
Full-HD:1920×1080ピクセル(60field/s・14Mbps)、
Full-SHQ:1920×1080ピクセル(30fps・12Mbps)、
HD-HR:1280×720ピクセル(60fps・12Mbps)、
HD-SHQ:1280×720ピクセル(30fps・9Mbps)、
TV-HR:640×480ピクセル(60fps・6Mbps)、
TV-SHQ:640×480ピクセル(30fps・3Mbps)、etc

何故か新しいHD2000に、
私が一番使用頻度が高くなると予想できる
HD-HR:1280×720ピクセル(60fps・12Mbps)
という選択肢がないのだ。

HD2000のフルハイビジョンで、
1920×1080ピクセル、一秒に60枚の画、それが24Mbps、
これは、さぞすさまじく鮮明で滑らかな動画が撮れるのだろうけど、
はたして、
それをPCで動画編集する時にまともにサクサク編集できるのかとwwwwwww
多分、すさまじく重たいファイルサイズになるであろうから、
パソコンの動作が無茶苦茶重くなりそうだし、
SDHCカードも、32GBに対応してるといっても、
そんなミラクル高画質の動画を8曲分もDVDに収めて焼くための
動画編集プロジェクトをSDHCやPCハードディスクに保管するのも大変そうだ。
別にそこまで必要ない気がするwww

そこで、
HD1010の、
HD-HR:1280×720ピクセル(60fps・12Mbps)
という記録画素数が、かなり自分的には重宝するんじゃないかと。
フルハイビジョンじゃなくても、普通にハイビジョンで、
秒間60枚の滑らかな映像で一枚あたりが12Mbpsなら十分じゃないかなと。
DMX-CG6の30fpsでも、スティックの動きもちゃんと見えるぐらいだし。

HD2000とHD1010では、それぞれ
HD 約531万画素
HD 約356万画素
と、有効画素数はHD2000が優れているようだが、
個人的には、
ピアノやドラムの演奏の撮影という事は、
画質よりも滑らかさを重視するので、
もう画質はDMX-CG6でも充分だったし、
余計なものまでちゃんと見えてしまうぐらいだったんだから、
画質はもう十分だし、
CG6では、
640×480ピクセルで30fpsで作成したDVDでも十分だった事を考えると、
ハイビジョンの1280×720ピクセルで60fpsなんて、
もうそれで充分超絶感激なんでwwww
 まぁとにかく、数字が高いに越したことはないだろうけど、
パソコンに取り込んで編集する時の動作の重さがどうなるかとか考えると、
まぁフルハイビジョンは逆にあまり私は要らないかなって事で、
そうなると、
最新のHD2000よりも安く買えるHD1010の方が、
「自分にとっては、とてもいい買い物」
になるだろうなと。



あ、あと、バッテリーの持ち時間も重要なところなんですが、

HD2000
連続撮影:約135分、実撮影時間:約80分/連続再生:約350分
HD1010
連続撮影:約125分、実撮影時間:約85分/連続再生:約295分

まぁ、十分でしょう。
つーか密かに前機種のHD1010の方が実撮影時間が五分長いぞ?www
ちなみに、最初に候補だったCG10では、
バッテリーはもう少し問題があって50分ほどしか持たないようです。
 今までずっとCG6で一時間しか持たないバッテリーをスペアも買わずに、
それでドラムやピアノの動画をチンタラ作ってきたわけですからねwww、
80分程度もつなら、まぁ十分でしょう。
80分以内にドラムの撮影で一曲叩くのにOKテイクを出せないようじゃ
ドラムやめたほうがいいですしねwwwwwwwww

うまくいけば7分ぐらいで一曲ドラム撮影終わるわけですからねぇwwww

まぁ問題は下手糞すぎるピアノの撮影だったりするんですけどねwwww
5分の曲を撮影するのにOKテイク演奏がいつまでもできずにバッテリーが切れたなんて事がありましたからwwwwwwwww

まぁとりあえず、新しく買うカメラを全身アングル、古いカメラをつーバスの左右の足の撮影に使えばいいかなと。

ピアノは、まぁ一台のカメラを色んな角度から設置しなおしながら
一曲を分割して録音録画するやりかたでいくつもりだから、
この新しく買うカメラでハイビジョンで撮ればいいかなと。
一曲だけでもフルハイビジョンで撮ったものを収録してみてもよさそうですけどね。
まぁハイビジョンで十分だろうと。私のピアノごときでそんな高画質収録しなくてもいいだろうしそんなたいした演奏でもないしねぇwww
 とにかく、30fpsが60fpsになるだけで、かなり速いプレイの演奏でも滑らかな動画で記録できるだろうし、画像と鮮明さというより動きの鮮明さがアップするのが重要なジャンルだし、それでかなり十分。


ということで、
迷ってるとかいってたけど、
まぁ型の一つ古いHD1010ということで決まってますねwww
そのうち注文しますwwww
ふむふむ、、4万前後が相場か。なーるほど・・・・
これで作ったDVDを4,000円近くで売って、
それが10枚売れれば元が取れるわけね、なーるほど・・・・。

しかしハイビジョンで8曲分のビデオと何か特典とかつけて、
片面一層の4GBのDVDに焼けるのかな???
一曲7分とすると、
曲だけで1時間弱か。
確か前作では1時間弱のDVDで3GB程度だったっけ???
1秒あたりの絵の枚数が増えると容量はやはり増えるわけでしょ??
あんまり私、DVDの容量と画質やフレーム数との関係とか詳しくないからよく解ってないわけだけどww、
まぁ、なんとかできるでしょう・・・・
ハイビジョンやフルハイビジョンで画質やモーションが優れているのはいいけど、
とにかくPCに負担がかかることが怖いねwwww
つーか、ギガバイトのファイルとかここまで当たり前に扱う時代がくるなんて笑えるwww
ウインドウズ95とかで出した頃って、
確か私が持ってたバリュースターのWIN95って、
そのパソコンのハードディスクの容量が2ギガでw、
その2ギガっていうのが当初は「無限みたいなもん」って感覚だったでしょ?wwww
今、ハイビジョンの映像を管理編集したりするうえで、
2ギガっていっても屁でもないもんね・・・・www
SDカードの容量とかでも、
昔なら、2ギガや4ギガで感動してたのが、
今は、
「え?たったの2ギガ?」
って感覚だもんねwwwww
まぁ一部じゃもうテラバイトのハードもあるみたいですし。
恐ろしいですねぇファイルサイズの肥大化。

まぁ昭和初期の貨幣価値と今の貨幣価値の違いみたいなもんかなwww

今の時代って、あまり1万円札も感動しないしwww
1万円あっても、
「うーん、たかが一万じゃ何もできんよねぇ・・・」
みたいなwwww
そりゃもうバカバカしくなって詐欺の一つや二つぐらいしたくもなりますし、
覚醒剤のストローの42本や43本も使いたくなりますよ。
あ、私はしませんよwww


あ、この記事の冒頭の写真が記事の内容と全く関係ありませんねwwwwww
これはちょいと頂き物の焼き肉なのでございます。

美味しすぎて、

ヤバかった


です。wwwww

いや、何も終戦の日に肉の画像無神経に載せなくてもとかいう突っ込むはなしで・・・・
たまたま、、、タイミングが・・・・w
スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/08/15 03:29 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2009年03月04日 水曜日/08:59:39/ No.1194

久々の譜面浄書・・・・

記事分類:■ PC関連
→関連記事「finale2008プチ講座
finale2008の便利な操作(覚え書き)


[YouTube動画↓]
メタルピアニストのための
左手跳躍とリズム強化練習曲
「 激 情 」

--------

こないだ突如気まぐれで作曲仮レコーディングしてアップした「激情」、
なんか妙に自分でかなり気に入った作品となったので、
勢いで譜面浄書しました、一晩徹夜で。
もうこんな面倒なのやりたくないですww

激情 譜面
静かに始まる冒頭部

激情 譜面
そして突然バカ突撃メタルピアノ。
自分で仮録音したものを自分で耳コピしてMIDIで打ち込んでからFINALEで読み込んで修正する浄書法で浄書してるけど、その打ち込む時に
自分のテンポ確認したらだいたいテンポ206あたり越えてるねwww
正気の沙汰ではないらしいwww
かなり最近の私は異常ですからwww

激情 譜面
ここらへんも、鉄鍵律でお馴染みすぎる感のある左右交互高速連打。
ペダルはあまり踏まないで小刻みに踏んでうまく空気を含ませるか
ノンペダル気味の方が躍動感や立体感が絶妙に出せる
この部分も速ければ速いほどイイww

激情 譜面
でサビ。左手の範囲の大きい跳躍が登場。
この曲全体で左の跳躍が練習のテーマにもなっていて、
練習曲としても演奏会などにも充分通用する作品としても
結構なクオリティになったと思う。

ページ数は10ページにおさまった。

一応誰も頼んでないのに勝手に浄書しただけだしどうせ誰も興味ないかも知れないけど、
まぁ一応そのうち闇で物販品に一冊ピアノピース五万円ぐらいで追加する予定wwww(価格は嘘)


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/03/04 08:59 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2009年02月25日 水曜日/00:00:00/ No.1189

フラッシュ作成

記事分類:■ PC関連
ブログパーツ的な、
ごくごく簡単なフラッシュを作成した。

使用させていただいたソフトは
フリーソフトの
Flash作成ツー「ParaFla」

かなり使いやすいです♪







TAKAYAインフォメーションフラッシュ(mobile圧縮版)


とりあえずこんな感じに作ってみた。

プロフィールや制作品の紹介など、
このフラッシュのブログパーツだけでも
色々と販促にも役立ちそうだ。

プロフィールでは、
昔懐かしのキンキラロングヘアーや
ステージメイクしてるTAKAYA画像などもありww、
昔からの私を知らない人でもなんとなく
今に至るまでの経緯みたいなのを感じてもらえるかなと。

愛用楽器のフォトコーナーなどもあったりして、
一目でTAKAYAの音楽的キャラクターや傾向も
つかめるのではないかなと。

一応関連サイトへのリンクも一覧で表示されたり、
制作品紹介コーナーでは、
画像一つ一つがクリックでURLを取得してちゃんとそれぞれの作品の紹介や動画ページなどへジャンプするようになっている。

たったこれだけのフラッシュを作るにもわりと大変でしたねぇ・・・
でも自分が入力したイベントが画面に反映されて出来上がっていくのは楽しいですよね。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/02/25 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2009年01月20日 火曜日/02:16:33/ No.1161

不健康作業

記事分類:■ PC関連
携帯サイト

またまた、
TAKAYAモバイルサイト
携帯サイトQRコード
制作作業・・・・

実は今日は親戚のお姉ちゃんの赤ちゃんが最近生まれたという事で、
フラリと遊びに行く予定だったんですが、
ダルダルで行けず・・・。
で、不健康なウェブデザイン作業を進める事に・・・・ww
 いやはや、なんか最近の私は信じられないほど脱力系になってますねw
突然約束をドタキャンしたりすっぽかしたり、もともとそんなルーズで中途半端な人間では絶対にないんですが、、なーんか微妙ですねwww
 まぁそんな中、近々身延山なんぞにフラーっと自殺でもしに、あ、いや何かを悟りに、いや悟りも日蓮も別に私は興味ないですが(笑)、まぁなんとなく、身延山の階段をただ昇りに行く事になってます。
 階段を昇りたいだけです。www

とりあえずかなり携帯サイト制作作業は進んだ。
鉄鍵律の全曲分のモバイル版の曲紹介・試聴ページを一気に仕上げた。
これだけで半日以上かかるんだからダルい

で、携帯版サイトでは、楽譜のサンプルを表示するのが難しいなと思ったのだが、携帯画面は縦に長いのに楽譜は横に長いから。
携帯を右手で持って閲覧することを考えると、
パソコンの画面とは違って携帯は画面を回転させてみる事はさほど苦ではないため、

携帯サイト

このように楽譜のサンプル画を右回転させたものを作成して携帯サイトでもできるだけ大きめの見やすい楽譜サンプルを配置。
 右手で持っているなら携帯を左にクルリとひねるだけでまぁ大きな楽譜が横長で見れると。

まぁ他にも色々とマイナーチェンジを加えて(すべてのページの下部にアイコンらしきものを配置して主要なページに飛べるようにしたりとか)、
なんかいつの間にか携帯サイトも結構あっという間に仕上がってきた。
 やりだしゃ仕事が早いんだが何せ激鬱なもんで。しかもこういうダルダル作業は余計に気分が滅入るんでなんとなく微妙~な気分だww
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/01/20 02:16 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年11月05日 水曜日/02:47:05/ No.1106

Access2003:受注管理、納品書作成の手順

記事分類:■ PC関連
T.O.P-RECORDSインターネットショップの支払方法に、
これまでの郵便振替(通常払込)、ジャパンネット銀行J振に加え、
イーバンクとユーチョ送金(ぱるる送金)を追加しました。

それに伴って、データ管理ソフトのAccess2003

の受注管理のシステムを少し改善する事に。

「決済」のテーブルと「受注」のテーブルをIDで関連付けるのは以前から一応やっていましたが、決済の選択肢が増えた事で注文者への対応が違ってくるため、
後払いという事もあって、商品と一緒に送付する納品書に、
注文者ごとに支払方法とそれによるそれぞれの支払い方法の説明文を、
受注の時点でフォームに決済IDを入力するだけで自動で納品書にも反映されて印刷できるようにした。
 これで、
決済選択を郵便振替にした注文者の納品書には郵便振替の振込みの説明が、
イーバンクにした注文者の納品書にはイーバンクの振込みの説明が、
勝手に印刷されるという便利なシステムを作れました。

こういうハリキッた事すると妙にせっかくそのシステムを使いたくて仕方ないのに注文が逆にしばらくこなくなったりするかもしれないが(笑←なんか世の中ってそんな法則ないですか?笑)


さて、そんなわけで、
アクセスを使って、何かのショップなどのごく簡単な受注管理と納品書を連動させてできるシステムの作るやり方の一例を紹介説明しようと思います。

--リレーションシップ--
アクセス

アクセスは、色んなテーブルを関連付けてデータを自動で連動させる事ができるというのが非常に便利なところです。

---テーブルデザインビュー---
アクセス
私の受注管理のシステムの大まかな全体像はこんな感じで、
受注、明細、客、商品、決済、
などのテーブルから構成しています。
受注と明細は当然関連付けられていて、
「受注番号」によってそれぞれがリンクしています。

受注という一つの大きな伝票の中に、
注文商品の数量や価格合計などの情報が並ぶ「明細」という売上伝票があり、
それが「受注番号」でリンクしているというわけですね。
 そのほかにも一つの注文の中で、注文者の情報、支払方法の選択などからも構成されますね。

---受注入力フォーム---
アクセス

注文がきたら、このようなフォームで全体を入力するような形になります。

--明細フォーム--
アクセス

ちなみに受注マスターのフォームの下部の明細を入力するフォームは、
予め別に明細のフォームを作っておき、それを受注フォームのサブフォームとして受注番号でリンクして連結します。
アクセス

さて、このようなフォームに、
受注情報を入力していくわけですが、
注文者の情報や注文商品の情報、支払方法などを、
「客ID」「商品ID」「決済ID」を入力するだけで、
それに関連する項目を自動でテキストボックすに反映させるわけですが、

最初に乗せたリレーション設定の画像のように、
受注マスターの客IDと客マスターの客IDや、
商品マスターの「商品ID」と明細マスターの「商品ID」をリンクさせることで、
それぞれが連動して反映され、
また、商品マスターの「商品ID」に「主キー」を設定する事で、
商品IDを入力すると、他の関連したテーブルのフィールド「分類」「商品名」「単価」などが自動でテキストボックすなどに反映され、自分でわざわざすべてを入力する必要がなくなります。
自分が入力するのは受注管理フォームにある商品IDの入力だけで、それによって受注フォームや納品書の明細などに表示される商品名や商品番号や価格やそれの合計などは完全に自動です。

さて、そこで、客や商品のIDはアルファベットでも数字でもテキストでもなんでもいいわけですが、
例えば番号で管理するだけでは、
どの番号にどの商品が割り当ててあるかが解らなくなるので自分が入力しづらいというのがあります。

そこで、
「ルックアップ」という機能が便利です。

アクセス

このように、「商品ID」のテキストボックスをクリックすると、
コンボボックスが表示されて、
商品番号や商品分類、商品名がズラーッと表示され、
そこから選択するだけで商品IDを入力できるというものです。

楽譜のバラ売りなんかはじめてから、商品の数がやたら増えてややこしくてしょうがないのだが(笑)、商品の分類を大まかにわけてそれも表示させれば一覧から選択もしやすいですね。

--ルックアップの設定--
アクセス

で、明細のテーブルデザインビューで、
ルックアップのタブをクリックし、コンボボックスを選択。
値集合タイプは「テーブル・クエリ」にして、
値集合ソースの右側の「...(参照)」赤で印をした部分をクリックし、
アクセス
このようにコンボボックスに表示させたい項目を「商品マスター」のフィールドから選択します。
 商品の数が多い場合は分類や商品名などをソートで昇順なり降順なりで表示させればより選択しやすくなります。

商品IDと商品分類と商品名をコンボボックスに表示させるので、
列数は「3」で、リストの幅などを適当に設定すれば、
商品IDを選択式で入力できるようになります。
 このルックアップは、ルックアップという名の通り、
あくまでも自分が入力しやすくするために、
IDの数値だけでなくそれに割り当てた商品名などをコンボボックスの一覧に表示させているだけで、実際に入力されているのは、IDの数値であって商品名などのテキストではありません。
 商品名などを参照する事によって、どの商品にどの商品ID番号が割り当てられているかを知らなくても特定の商品IDを入力する事ができるということですね。


このような感じで、
決済方法なども、
「決済ID」をコンボボックスから選択して入力するだけで、
納品書などに決済に関するそれぞれの説明が受注番号ごとに別々のものが自動で反映されて表示させることができますね。

アクセス

「決済マスター」のテーブルのフィールドに、
それぞれ、決済IDや決済方法、口座番号、名義、振込みの説明文、
などを入力。

アクセス

データの入力はテーブルに直接入力もできますが、テーブルでは入力欄が狭すぎて入力しにくいというような場合は、
決済テーブルをデザインビューで項目だけ作成してから、
上のようにフォームを作成し、
そのフォームから入力すれば入力がしやすいですね。

ちなみに、決済IDは受注番号とリンクしているので、
決済マスターテーブルに「+」のマークが左についています、

これをクリックすると、

アクセス

このように、それぞれの決済方法ごとに受注番号がリンクしていて、
「決済方法に郵便振替を選択した注文者の受注」
がズラリと並ぶ事になります。
また、その受注と明細も当然リンクしているので、
その受注において何を幾つ売り上げたのか誰が注文したのか、
或いはその受注の発送、入金などの確認も一覧で表示されます。

ちなみに後払いなので、
たまーーーーーに貸し倒れになったことがあります。
忙しすぎて完全に忘れているという場合もあるのかも知れませんが、
まさかそんな人も本当にいるんですね。
まぁ催促とかあえて全然しないですけど。
 相手とか間違うとアレじゃないですか。
たかが数千円ごときでゴチャゴチャとトラブルおこして人生壊したり時間無駄にしたりするようなトラブルに相手を間違えて起こしてしまうぐらいなら、
それぐらいくれてやるぐらいの器があったほうがいいかと。
どうせ数千円ぐらいのお金ぐらい為替とかでチャチャっと作ろうと思えば作れるじゃないですか(笑)。
 まぁ信用に委ねている部分がだいぶありますので。
ガーガー催促するより黙っている方が逆に恐いんじゃないですかね。
人間って最終的に自分の罪を裁くのって自分じゃないですか。
なんか気にかかっていることがあったり、気にしてないつもりでもアタマのどこかでは必ず何かが引っ掛かっていてそれが事故とかに繋がったりしかねない、
極力やましい事がない状態が自分自身にとって一番快適ですからね、
かならず人は自分の誰も知らない罪を自分が許せなくなる時がくるし、気付かないフリができなくなる瞬間がいつか来ます。
だから金額にもよりますけど、細かい金額でごちゃごちゃトラブルを起こすつもりはないです。黙って為替でやってその損失でも埋めたらいいんじゃないですか(笑)。まぁそれで逆に損失が拡大するなんてのもよくある話でしょうが・・・・(笑)

おっと、話が飛びました(笑)。

まぁ上の画像のように、客情報も「客ID」でリンクさせて、ルックアップも設定してあるので、もし同一の誰かが何度も注文をしてくださったような場合でも、
住所さえ変わっていなければ二度目の注文からはIDをルックアップから選択して入力するだけですね。

新規の注文者が現れた場合は、客情報の入力用フォームを作ってあって、
そこに入力してから受注フォームに入力をはじめます。

---納品書---
アクセス

私の場合は、「レポート」などの機能もあるみたいですが、
とりあえずフォームで、受注マスターフォームとよく似たフォームを作って納品書用のフォームを作っています。
勿論、受注マスターフォームに入力した内容がそのまま反映されるので、
受注マスターフォームに入力し終わった時には納品書は既にできあがっています。

マクロなどで、受注マスターフォームに納品書フォームを開くボタンなどを設置すれば作業がスムーズにいきますね。

上の画像のように、納品書と同時に宛名ラベルも印刷できるようにしています。
この宛名ラベルも勿論納品書の注文者の氏名・住所とリンクしているので自動です。
 上部の閉じるボタンなどはプロパティーの設定で「画面上でのみ有効」なので印刷には反映されません。

で、それを印刷すると、

アクセス

こんな感じで納品書と宛名ラベルができあがります。
楽です(笑)。


アクセスはもっともっと複雑に会社の人件管理や取引先とどうたらこうたら云々などのすごいシステムも組む事ができるソフトですが、
まぁ私なんかはこれぐらいの簡単な事しかできません(笑)。


Microsoft Access リレーションとクエリがわかる本
という本をだいぶ前に買った事がありましたが、
それで結構解りやすくてある程度アクセスを扱うコツはつかめた気がします。
でもやっぱりこのソフトは難しいですね・・・・(笑)
なんかちょっと変なところいじくると、
「式が一致しません」
とかすぐ自分で解決できなさそうなエラーがでたりしますから(笑)、
自分がハッキリと理解できること以外は何もいじくってません(笑)。

つーかなんで私はこんな丁寧にアクセスの解説なんかしてるんだろうか(笑)。
なんか私ってドラムサイトとかでもそうですけど、
なんか、マニュアルチックなものを作ったりして人の役に立つようなことするのが好きみたいですね(笑)。
 いや、別にそんないい人ではないですけどね、別に本気で人の役にたちたいとかは思ってないかも知れないですけど(笑)、
なんかマニュアルを作ったり何かを書面や図面で解説するのが好き、と(笑)。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/11/05 02:47 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年09月29日 月曜日/00:00:00/ No.999

グーグルクロム!

記事分類:■ PC関連
グーグルクロム
というWeb閲覧ブラウザを試しに使ってみました。

 私はずっとFirefoxをVer1の時から今のVer3になるまで使ってましたが、今回、このグーグルクロムを使ってみて超驚きです!
 なんか、めちゃくちゃ表示スピードが速い!!
ページを読み込んだら、「ポンッ!」っていう感じでかなり瞬時にかなり速く表示される(笑)。
※他に何かグラフィックソフトやワードなどの重いアプリケーションを開いているとスピードは当然落ちますが

グーグルクロム
画面はこんな感じで、
Firefoxのタブブラウザに近い感覚で扱える非常に操作性の優れたブラウジングが可能。
 アドレスバーには普通に文字を打って検索窓としても使えます。
 そのバーの左右にあるボタンも、
・バーの左側
←戻る/→進む/更新/☆ブックマーク
・バーの右側
ページの表示設定/ブラウザ設定
・バーの下の段はブックマークバー

他のブラウザなどである画面下部のステータスバーが一見ないように見えますが、必要な際に左下に表示が出てきます。常にステータスバーが下部に表示されていないことによって体感的に画面が広く見えますね。

全体的にかなりシンプルで必要最低限の機能にとどまっていて、かなり使いやすいですね。

グーグルクロム

タブの右側にある「+」のマークを押すと新しいタブが現れますが、その際に、
よく見るサイトのサムネイル、最近ブックマークしたページ、
などが表示され、かなり使い手側の痒いところに手がとどくシステムになっている感じです。

 ただし、日頃怪しげなサイトを見ているようなエロ父さん方などは(笑)、何か友達を家に招いてネットでも見ようぜって時にグーグルクロムで新しいタブを開いたら怪しげなサイトのサムネイルやブックマークがズラッと並んでいるなんてことのないように注意しましょう(笑)。
 そういえば、そのへんのアレに対する需要への供給なのかは知らんが、「シークレットウインドウ」なんて機能もあり、履歴などが残らないモードでWeb閲覧もできるそうです、
明らかに全国のエロ父さんがたの為の機能としか考えられませんね(笑笑)。

まぁとにかく表示が速いです。ちょっと感動です。

しかし、現時点ではまだ普及途上という段階のようだし、
例えば私が使っているFX取引会社のサービスはこのグーグルのブラウザでは使えなかったりして少し残念です。
他にも現時点で色々と細かい不都合もあり、直接貼られているmp3ファイルへのリンクをクリックしたらエラーが起きたのと、
あとは、サイトを作る立場の人は、手打ちでHTML文を打ったファイルをブラウザで開いて表示を確認したりすると思いますが、そういえばグーグルクロムには「ファイルを開く」というのがなさそうなので、そこらへんはFirefoxなどでやるのがよさそうです。

 色んなページを見て回るだけの人ならグーグルクロムはかなり高速でいいかもです。

 ちなみに、メインで使っているFirefox3もかなり使いやすいです。
グーグルツールバーと組み合わせれば、検索キーワードをハイライト表示してすぐに調べたいキーワードを縦にバカ長いようなページでも一発でその文字を探せたり、マウスオーバーするだけで英語を翻訳できたり、
あと、私個人的な話ですが、
フォントサイズの設定をページ毎に記憶してくれるようで、
字が小さすぎると見えにくいような立場の私としては、
ブラウザの基本フォントサイズはそのままにしつつ、
よく読むブログなどの文字サイズはバカみたいにデカく一旦しておけば、そのページにアクセスするとそのバカデカいフォントサイズのままになっていてありがたいという便利さもあります。
 グーグルクロムの速さを体感すればFirefox3が速いとは言い切れなくなりますが、それでもIEよりは速いと思いますし、グーグルクロムがかなり普及して細かい部分がさらに改善されるまではFirefox3と併せて使っていこうかなと思います。
 なんだか世界がグーグルに支配されていきそうで若干どこか不気味ではありますが(笑)。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/09/29 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年08月06日 水曜日/00:39:08/ No.965

オススメ拡大鏡ソフト

記事分類:■ PC関連
普段、
拡大鏡
↑これぐらいの文字のデカさにしないとまともにPCで仕事なんぞできん私ですが(笑)、
サイズ変更可能な文字ならいいのですが、為替取引の際に利用するチャート分析や為替レートの画面表示が小さすぎてちゃんと見えない、というか近づけば見えるのだが身体がどうにかなってしまうので、
マウスのサイドボタンを押すと拡大鏡が表示されて、マウスポインタの周辺が拡大表示できるというような機能を使っていたのだが、なんとなくPCの動作が時間経過とともによく重くなるなぁと思ってタスクマネージャのプロセスをチェックしたら、なにやら拡大鏡を表示させるたびに何かのプログラムが実行されCPUメモリがどんどん増えていくことに気付いたので、
何かいいソフトはないかと探してみたら、


老眼マウス
というソフトを発見。
他にいくらか試してみたが、拡大鏡として表示されるウインドウ自身によって隠れた部分を拡大できなかったりというのもあったり(Windowsに最初からついてるのもそんな感じで使い物にならない)したが、
この老眼Mouseならかなり使いやすい!
拡大鏡
色々と細かく設定もできるし、レンズの表示非表示も特定の操作でオンオフがラクにでき、使用によってやったらメモリを喰うこともなさそうでかなりありがたい優良フリーソフトだと思う。
まぁ普通の人は必要なさそうですけど(笑)。
 まぁどっちにしても表示を大きくすると一度に得れる情報量が減るから不便というのは仕方がないが、小さい文字を無理矢理画面に覗き込んでやると身体の筋肉疲労が半端ないし、情報量が少なくても字がバカみたいにデカイ方がいい(笑)。
 まぁ理想としては、映画館のスクリーンみたいなのを部屋の壁一面に表示すればヘンな姿勢をしなくても優々とパソコン操作できるんでしょうけど(笑)。
まぁこんなんですから譜面浄書ソフト操作なんて無理してずっとやってると本当大変過ぎるので今はしばらくやめて黙って投資で億のお金を動かす男を目指して爆進(迷走)してるわけだが(笑)、そしたら自分に明らかに苦手な仕事は人に給与払ってとかでもやってもらえる。私は極力目を酷使する事をしたくない(笑)、といいつつ為替取引などもかなり疲れるわけですが(笑)
 
今はこうやって自分のPCで自分の環境で自分のペースでやりゃいいけど、
高校時代は情報科だったのだが、卒業間近になって新しいマッスイ~ン(当時Win98で感動したものだ…)のコンピュータ室に横にズラーーーッと並んだPCのモニターディスプレイが、、、、
机から異常に遠い・・・・・・・・・(笑)
画面見えないって!!(笑)。
あの環境で授業受けるなんて恐ろしい!(笑)、あの年に卒業でよかったなと思ったりした次第(笑)。
 音楽専門学校のDTM口座みたいなんでも、まぁなんと画面の小さいパソコンだこと…(これはマック)。面倒なので授業抜けたりしてました(笑)。どうせ先生が教えてることより私が家で自分でやってる事の方が明らかに高度だったので(自分でいうなと!笑)、特に教わる事もないなと授業行かずにさっさと帰ったり。←しかも友達とか誘って授業抜け出すあたりがタチが悪い(笑)
 ドラムの授業もとにかく譜面台の譜面が遠くてあまり見えない!(笑)
ので、なんか雰囲気で!!(笑)やってたね(笑)。
 まぁ課題曲とか知ってたりする曲だったら若干手加減気味な簡略化された譜面にある事よりもちゃんと原曲どおり細かいこと叩いたり(笑)。まぁそういうのあって私は何か見ながら作業するみたいなのが極端に嫌いなので、音楽においても知らない曲を突然譜面みつつ人とセッションしたくもないし、そうなると必死で覚えるとかいう事になって面倒だし(笑)、自分で自分の作品の楽譜を再現することすら面倒なので楽譜というものはほとんど縁がない(笑)。
ピアノ習ってた時だってピアノ台の譜面なんてそのままの姿勢で見えるわけがないので、
家で全て暗譜していくのは当たり前、その代わり指番号は無茶苦茶だったので、
「そこ違う」といわれても、、、
雰囲気で!!!やってたので(笑)、いつまでたっても正解に弾けなくてよく怒られたとかいう説(笑)。
 子供なりのなんか心理というか、あまり目が悪い事を人に言いたくない心理があったようで、
見えないということを言わないので先生イライラ。しまいにバレてきて、
「眼鏡を作れ」とかピアノの先生に進められるとか(笑)。
いや結局弱視というか色々普通じゃないから矯正なんてきかずどの眼鏡屋行こうがどの眼科行こうがだいたい相手にされないわけなので(笑)、まぁ先生があまりにうるさいので、一応、眼鏡は作ったねぇ(笑)、全然きかないわけですけど(笑)、いや悪いところが矯正できるとかいうのって当たり前じゃないですからそういうの解らずゴチャゴチャ色々言う人とかまぁ死んで欲しいわけだが(笑)。

 まぁしかしそういうのを色々思い出すと懐かしいというかなんというか、
あまりこう意味のないところで意味のない行動を誤魔化して取ったりせざるを得ないような事が多かった気がしますね(笑)。ガンコなのであまり人に助けてもらうのも嫌で(笑)。
 中学の時も確か、一番後ろの席の方が授業中に遊べるって事で、
「見えます!!」
とかいって最前列とかにはしてもらわなかったりした記憶が(笑)。
実際は一番前の席でも見えない字があるというわけだが(笑)。
いやぁなんか私がテキトーな人間なのかどうかは知りませんけど、
なんかそういう部分で私の人生もなかなかテキトーな感じでしたね(笑)。


 よくテレビとかでオフィスの風景とか映ってるけど、明らかにみんなPCの画面遠いよね。
ああいう仕事場に私が行ったら、端から見たら冗談かと思うようなオリジナルバカデカ文字設定カスタムにしちゃうんだろうねぇ(笑)。

いや、まぁとりあえず素晴らしいフリーソフトに感謝です。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/08/06 00:39 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年06月27日 金曜日/00:00:11/ No.940

ちょっと時代に乗ってみる実験。

記事分類:■ PC関連
SONY ウォークマン Sシリーズ FMラジオ内蔵 ノイズキャンセリング機能搭載 4GB レッド NW-S716F R
ウォークマン

思い立ったらすぐ行動(笑)、
昨日あたりに、
「携帯の機種変更でもしよかと思ったけど値段高すぎてバカバカしいから、
そんなことならiPodでも買ってみようかな」
と思い立ち、
で、今日もう買ってる自分(笑)。
 FOMCの後の不安定な気迷い相場の中、超短期のトレードをこまごまとこなし晩から午前中にさっさと為替で一定金額チャッチャと稼げて損失一切なしという、この難しい局面にしてはうまくいきすぎたのでさっさと切り上げ、少し仮眠を取ってからさっさと上機嫌でビックカメラへ駆け込み品物を物色。

 iPodとソニーのウォークマンと、どっちにしようか迷ったのだが、
前もって色々調べてみると意外とソニーの方がよさそうだったので、
一応ビックカメラで比較して、やはりソニーのものにした。
NW-S716Fで、まぁ4ギガバイトの比較的値段の安いものにした。

しかしまぁどんどん時代も進んでいきますね。
つーか、ちっちゃ!!(笑)煙草の箱よりちっちゃ(笑)。
これで何百曲と入るわけでしょう?あ~怖(笑)。
ちっちゃいけど意外とボタン操作は思ったよりもストレスなくやりやすい。
 音質も申し分なし。イコライザは5バンド&ベース強調・高音補充、サラウンドも幾種類かあって、
まぁ音質は本当に素晴らしいですね。付属でついているイヤホンもなかなかイイ品質。
この付属のイヤホン使用時のみノイズキャンセルという機能が使える。
 動画なども転送・再生できるみたいで、サンプルで入ってた動画を再生してみたが、こらまた素晴らしい画面の美しさ。

 音楽・娯楽提供者側の立場である私としては、
音楽が若干ただの暇つぶしツール化してバカみたいな安い値段でダウンロードでモノ扱いするのは止めて欲しいんだが(笑)、
 まぁ、今の時代のユーザーの娯楽のスタイルを自分が少しでも体験してみるのもいいかなという事で、まぁ特にヘヴィーにこのウォークマンを使いまくるというつもりは最初からないし私は外にいる時は自然の音たちに耳を傾けたいしわざわざ外でまでずっと耳塞いだりする娯楽スタイルに興味はないが、
まぁ進んだ時代だからこその楽しみ方もまぁありとも思うので、
提供者と消費者との中間の立場でこの娯楽のあり方を体感してみるために買ったようなものですね。

 早速、いくらか曲を取り込んでみた。
ウォークマン
このようにアルバムの画像も登録できるのでアルバムの管理や曲の再生も目でみて解りやすいですね。
しかしこれは意外と私の場合、外だけじゃなく家でも普通に使えそうだなと思ったり(笑)。
 都会のワンルームなんかだとオーディオのコンポのスピーカーからメタルを大音量で満足して聴ける事もあまりないんで、このコンパクトなボディーに色々詰め込んでおいて、外じゃなくて家でもヘッドホンで音楽を聴く機会が多いという人ならそれでも充分使えるのではないかと(笑)←ディスコ難聴とかにならないよう音量には注意だが

次の記事に続く
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/06/27 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年05月08日 木曜日/23:34:45/ No.904

Access2003での受注管理・納品書作成

記事分類:■ PC関連
 つい最近、これまでは物販の納品書は、アクセスでの受注データの入力とは別に、
ワードでお買い上げ明細書・納品書を作成していたのだが、
やっぱりアクセスで全部やった方が能率がいいなぁという事で、
アクセスでデータの入力をして、それを納品書にして印刷できるようにちょっとシステムを作り変えた。
 うーん、やっぱりこれは便利。

まず、私のアクセスでの受注データ管理の全体像はこんな感じになっている。
受注管理のリレーション設定
これはリレーションシップの設定で、もう随分と前に一度必死で本なんか見てなんとか基本の形を組み上げたのでもう詳しいやり方は忘れたが(笑)、あぁこんな感じだったなぁ(笑)。

アクセス
まず、主に、
受注、商品、客、明細、
というカテゴリに分けてそれぞれテーブルを作成している。

例えば商品というテーブルでは、
・商品ID
・商品名
・アーティスト
・商品番号
・単価
というフィールドを作成。
つまり、商品というカテゴリにおける詳細の情報を枝にしているという感じである。
また、「商品ID」には「主キー」というものが設定してあり、
後で作成する入力用フォームなどで、
アクセス
商品IDを入力するだけで、他のテキストボックスに自動で商品の詳細(価格や商品名など)が表示されるようになり、便利である。

また、商品IDというのは、「数値」で表しているだけであるため、どう番号の商品IDにどの商品が登録されているかが自分でも覚えられるわけがないため、「ルックアップ」という設定機能によって、
アクセス
さっきの上の入力フォームの画像にあるように商品IDをコンボボックスで選択できるようにし、
また、そのボックスに、商品IDの数字だけでなく、「商品名」も表示されるようにして選びやすくしている。あくまでも、このコンボボックスに表示されている「商品名」は、商品テーブルの中の商品名というフィールドを参照しているだけの見かけ上のものであって、
実際は「商品ID」の数値こそがデータに反映されるものであるという点が少々ややこしい。
 受注と明細とも、受注IDで当然連結されていて、例えば、受注のレコードを消すとその注文の明細も同時に消えるようになっている。まぁ当たり前といえば当たり前なんだけどこの当たり前のシステム組むのが意外に確か苦労した記憶が(笑)。

このように、注文者の情報なども、番号で管理し、番号を入力するだけで全ての他の客情報の詳細と連動して動くようになっている。

そして、そうやって受注の内容を入力するための受注j内容の入力フォームが上にある画像のようなもので、そこに一度各種内容を入力するだけで、
パソコン上のデータそのものの管理から、
アクセス
入力フォームとよく似た印刷用のフォームを納品書用として作成し(入力フォームをそのままコピーして、受注番号や客ID番号や商品IDなどの、納品書には印刷する必要のないようなものは画面上のみの表示で印刷では表示しないよう設定する)、
納品書のついでに、そのフォームの中に、
封筒などに貼る宛名の紙も同時に作成・印刷できるようにしている。

これで、受注内容を入力する時に、
一度、注文者や注文商品の内容を入力するだけで、
宛名のラベルと納品書を同時に作れるのが非常に便利。

今まで、宛名と納品書はワードにテキストをコピペしたりしてやっていたので、
やっぱりアクセスで一括して全部簡単にこなせるのは楽でいいですね♪

まぁそりゃ会社とかではこんなシステムがあってそれを使ったりするのはあたり前なんだろうけど、
個人でこのシステムを自力でアクセスで作るのって結構大変でしたねぇ・・・(笑)。


まぁ、こんな大層にデータ管理するほど大量の注文もさほどないわけですけど、
まぁそれなりにわりと何年も経ってますしね、
最初の頃は、わざわざこんなご丁寧なシステムを分厚いアクセスのハウツー本勝手まで作った苦労のわりに、
入力することや機会があんまりないよなぁみたいな日も長かった時期があるわけですが(笑)、
いや、まぁわりとようやくデータ管理してる雰囲気とか売れ行きとか客層の統計なんかが軽くとれる感じぐらいのデータ量にはなってきましたよ?(笑)
 ズラーと並ぶ受注データ見てるとなんか気分イイですわ(笑笑)
あ~こんなけ売れてたんや~みたいな(笑)。

ところで為替がまたワケ解らんな~(笑)。
クロス上値重!(笑)豪ドルも上値重!(笑)
97.63のロングとか普通に逆指値かかったわ(笑)。
でもめげずまた97.57でロングに。(あ、この日記5月8日に書いてますから/笑)
その後は楽に利益が乗ったから、また逆指値のストップ注文を97.61において損失を生む心配もなく、あとは、どこまで上がってくれるか・・・・・(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/05/08 23:34 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年04月05日 土曜日/00:00:00/ No.870

データCD-Rのアイコン変更のやり方

記事分類:■ PC関連
さてさて、
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律

(↑作品紹介PRページ)の、
楽譜印刷やら製本やらCDパッケージ印刷やら徹夜でやってますが(笑)、
オプションで付属するMIDIデータのCD-Rがなかなか面白いものになっています。

スーパーハッタリ13ピアノエチュードのMIDIデータの付属CD-Rは、
単純に普通に曲集のMIDIデータファイルを収録していましたが(ある時期以降は、YouTubeでアップしている「赤涙」の動画の元ファイルをおまけ程度に併せて収録していますが)、
今回の「鉄鍵律」のMIDIデータCD-Rでは、
MIDIに興味がない人でも楽しんでもらえるようにとつけたちょっとしたオマケが、
意外にかなり価値あるものができたと思います。かなりの名作です(笑)。
是非楽しみにしていてください。

で、そのデータCD-Rを焼く作業なんかもしているわけですが、
今回はアイコン類もちゃんとオリジナルの作品性を持たせようと、
CD-Rそのものや内部のフォルダのアイコンも独自のものにしました。

で、それのやり方を覚え書き程度に書いておけば誰かの役にも立てるかなという事で、
アイコン変更のやり方でも書いておく事にします。

まず、
アイコン変更
このようにCD-Rのアイコンを変える方法。
普通にCD-Rをドライブに挿入すると、普段はCDの絵がアイコンになっています。
これを独自のアイコンに変えるやり方です。



まず、自作アイコンを用意し、仮にそのアイコンのファイル名を「cdicon.ico」とするとします。
そして、
メモ帳などのテキストエディタで、

[autorun]
icon=cdicon.ico

と入力し、

autorun.inf

というファイルを作成します。ファイル名を入力する時は「.inf」の拡張子も入力します。

アイコン変更

そしてCDを焼く時に、
そのCDのフォルダ構造の一番上の階層にアイコンファイルとautorun.infのファイルを置きます。
本質とは関係のないファイルなので見えると邪魔なので、ファイルを右クリックしてあらかじめ「隠しファイル」にしておきます。
上の画像ではフォルダ設定で隠しファイルを見えるようにしてあるので半透明になっています。

これでCD-Rのアイコンが自分の自作アイコンになります。
上の画像はそのCD-Rの一番上の階層のファイルですね。
他のファイルは隠しファイルにしてあって見えないので、
実際は「解説・midiを楽しむ」「midiデータ」の2つのフォルダが並ぶことになります。

さて、そのフォルダのアイコンも自作のものにするにはどうするかですが、
これは、普通にフォルダを右クリックして「アイコンの変更」などでフォルダアイコンを変更した事がある人も多いと思いますが、
データCD-Rなどで他者に配布するようなもののファイルの中のフォルダのアイコンを変更する場合は少しやり方が異なります。
 何故なら、自分のパソコンのフォルダのアイコンを右クリックなどで現れる設定画面から変更すると、
実は、そのアイコンを変更したフォルダの中に密かに、

desktop.ini

というファイルが隠しファイルで追加されるそうです。

そのiniファイルは、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="ファイルの場所"
IconIndex=0

となっていますが、
問題はそのファイルの指定場所です。
「アイコン変更」などの設定で設定して密かに隠しファイルが追加されるiniファイルのアイコンのファイル場所の指定が、
どこのドライブのどこのフォルダのどこのファイルかを絶対パスで入力されています。

つまり、当然ですが他のコンピュータでは、アイコンの変更は反映されません。

そこで、

アイコンを変更したいフォルダの中に、
アイコン変更
このように「desktop.ini」ファイルを作成します。

そして、この例の場合は、
このCD-Rの一番上の階層にある「deta」というフォルダ
アイコン変更の中に「omake.ico」という自作のアイコンファイルを置いてあるので、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="..\deta\omake.ico"
IconIndex=0


と、相対パスでアイコンファイル場所をしてiniファイルを作成し、
アイコンを変えたいフォルダの中にそのiniファイルを設置します。
もちろん、アイコンを変えたいフォルダの中に自作アイコンファイル(できれば隠しファイルに変更)を置いたとすれば、
同じディレクトリ内にあるので、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="omake.ico"
IconIndex=0

でできますね。

当たり前といえばそうですが、配布するCD-Rなどのアイコンを変更したい場合は、
そのCD-R自身にそのアイコンファイルが必要です。ローカルファイルを参照するように絶対パスでファイル場所を指定すれば他人の環境では思うように表示されないのは当然ですよね。


実家の古いWindows98でこのCD-Rを開いてみたらフォルダのアイコン変更は反映されませんでしたが(CD-Rのアイコンはちゃんと反映)、XPでは当然ちゃんとアイコン変更が反映されています。他のデータやHTMLファイルで閲覧するページの背景画像・音のファイルなどへのリンクや表示は何の問題もなしでした。
あ、そういえばWin98ってフォルダアイコン変更の設定機能ってなかったんだったっけ???



まぁそんな感じで、鉄鍵律のmidiデータCD-Rは、
本来の曲集のmidiデータ以外にもちょっぴり楽しめる内容にもなっているということで、
より商品の魅力やオプション選択の甲斐も広がりそうです。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/04/05 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。