| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > アーカイブ - 2007年05月
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年05月27日 日曜日/00:00:00/ No.590

ソ・ドヨン、イ・ソヨン、ザ・ボイン。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 サイト改装に伴ってこれまで作ってきた音楽的サイト★涙ノ居合斬の中の古いページの細かい部分を改良したりする作業がなんとか終わった。
 新しい壁紙と挿入広告の相性もなかなかいい感じで、
新規で検索などから訪れた人に与えるサイトの雰囲気の印象が黒背景の系統でありながらも多少の普遍性をもたせたことで以前よりもアップしたのではないかと思います。
 まぁこの天声燐語は雰囲気独特過ぎですけど(笑)。

まぁ、ついこないだ、
アマゾンドットコム主催のサイトコンテストのようなものにオモシロ半分で応募してみたんですよ。
 まぁ私のサイトみたいなタイプはどうせ絶対に賞など取れない自信があるので(そんな自信意味なし)別にただ遊びで応募しただけなんですけど(笑)。まぁそういうのをやらないよりやった方が、やらないよりはいいんじゃないかという程度で(笑)。
 それに伴って、ちょっと雰囲気を全体的に細かく改良したって感じですね。こういうので賞とったりするのって、「ワイワイ」した雰囲気の一般クソ社会の中でいうつまらん薄っぺらい社交性とただ軽いだけの明るさに満ちたものが好まれると思うんで私のサイトは絶対に賞はきっと取れません(笑笑笑)。

 はい、上の二行でもう入賞はなくなりましたか(笑)。
まぁどうでもいいんで(笑)。

しかし最近の癒しといえば、
「春のワルツ」を見る事ぐらいしかない(笑)。
ちなみに「のだめ」のアニメも火曜深夜にやっているが、かなりの確率で見逃す・・・・(笑)。

以前やっていたNHKの「ハゲタカ」があまりにも最高のドラマだったんでそれが終わって以来本当に当分楽しみがなくてつまんなかったのだが(笑)、春のワルツは面白い(笑)。
 ワタクシTAKAYA、散々世間でバカみたいに騒いでた「韓流」とやらを今、遂に初体験することになりました、と(笑)。


しっかし春のワルツの登場人物の名前はナカナカ面白い(笑)。
ユン・チェハ役は、ソ・ドヨンさん。
ドヨ~ン・・・
そしてそのお相手さんは、
ウニョンさん。
うっにょ~ん!
しっかしキャンワユィの~(笑)。
まぁ天海祐希にはかなわないが!!(笑)

 冬のソナタは全然知らないのだが、
春のワルツは、何となく見出したら、だんだん面白くなってきた!!(笑)
特に昨日あたりからメチャメチャ面白くなってきたーーー!!!(笑)
 さぁこれからドンドン複雑にドロドロになっていく予感だぞーーーキャーーー楽し~っ!!(笑)

 しかし注目は、ウッニョ~ンでもなくフィリップでもなく、
やはりチェハのあの独特のキャラクターが最高にいいっすね~(笑)。

この勢いで、
同監督による噂の次の新作韓流ドラマ、「夏のマヨネーズ」も絶対に見ようと思っています。

あ、この新作は極秘のルートで入手した情報なので
ここだけの話にしといてくださいね。

ポロネーズ風の曲が主題曲で、やはり主人公は少し影のあるぴニスト、内容がかなり21歳未満禁止の大人映画となるそうなので、ドロドロしているということで「夏のマヨネーズ」になったそう。タイトルだけでもかなりドロドロで暑苦しく激しいものが期待できる。
 監督から貴重なコメントを極秘でいただきました。

「とにかく大変でした。
使用したマヨネーズは83リットルにも及びました。
こだわりがあるんでキ○ーピーではないものを使用しました。」

だそうです。


※この記事はフィクションです

妙に疲れているのでワケ解らん日記を書いてみました(笑)。
スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2007年05月24日 木曜日/00:00:00/ No.587

獅 子 乱 舞

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
背中に「獅子乱舞」という文字(字体は正楷書体PROみたいなちょっと筆文字チックな雰囲気)と模様が書かれた黒い服を着ていたら、
後ろから自転車でやってきて私を追い越した小さい子供が、
なんかすんごい楽しそうにこっちを見てきた(笑)。

やっぱ「獅子乱舞」の服、面白いですか?(笑)。
まぁハッキリいってあの感じは族っぽいですわな(笑)。
黒い服で「獅子乱舞」という文字やそれを囲むような日本調の模様(?)は傾向に近い黄色で、ちょっと赤い文字も混じっているという感じだ。


 まぁあれはだいぶ前にスポタカで買ったトレーニングウェアなのだが。
 髪が超ロングだった時は、服の背中の模様や文字はほとんど意味がなかったのだが、ショートな今では、バッチリと獅子乱舞が栄えて子供もニッコリというわけですか(笑)。

まぁ個人的には、

「大売出中!!
 大特価!!」

とかいう文字が背中に書かれたオリジナルTシャツを着て歩きたい気分でも今はありますが(笑)。TAKAYA売出し中ですから(笑)。

 いや、だからって誰かがわずか3千円程度を差し出してきて、
「あ、あのーすいません、買います!」
ってマジで私にいってきても、
私はもう自殺するしかありませんがね(笑)。


ここで、
こんな文字のTシャツを着たらオモシロそうだなぁコーナーいってみよう!


「あと3日!」

「在庫処分」

「3%」

「やるときは、やる。」

「メン募:尺八急募!」

「3回」




まぁ間違いなく人が振り向きそうですね。
最後のへん、下ですみません(笑)。

「3%」とかいいんじゃないですか?
なんか可能性をすごく秘めてそうな感じで。(笑)
つまり、そういうTシャツをもし着てたら、
「オレはまだ97%も余裕があるんだぜ!オレはまだまだやれる人間なんだぜ!」
と(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2007年05月23日 水曜日/00:00:00/ No.586

あたかもドラムスター。

記事分類:♪ ドラム関連
 関係ないが、
ゴールでウィーク中に切れて交換した事務所の電気は、
これまでと同じパルックプレミアのクール色なのだが、
どうも飽きてきたので、
これのオレンジ色にしてみようかと考え中。
 ※多分オレンジ色の方がすぐ飽きそうだが(笑)

 まぁしかしそれの為に折角買い換えた新品の電球がありながらさらに二千円かけるってのもどうかと(笑)。
 まぁ衝動買いしなければ今のままだが、多分、そのうち衝動買いする(笑)。
 できれば事務所の電気は、
普通、クール、オレンジ、ブルー、ピンク、ブラックライト、
と選択できる照明を特注したいのですがねぇ(笑)。

いや、最近やたら飽き性なんで(笑)、
光の色も飽きるんですよねぇ。
太陽の光とかもかなり飽きたし(意味不明)

というか将来的には、
毎週ぐらいの勢いで引越しを繰り返す生活をしたい(ナニソレ!?笑)。
 いや、一箇所に留まるのとかめちゃダルイ。
常にウロウロしていたい(笑)。
 どこに行っても新鮮、って感じがいいっすね。
できればスーパー玉出は今のように徒歩30秒以内にあってほしいですが(笑)。



と話はタイトルと全然関係なく始まりましたが、

とりあえず、

TAKAYAソロの6thアルバム
「矛盾律-Mujunlitsu-」
ドラムプレイを自分で勝手に抜粋し、
勝手に譜面と試聴で解説するという、
究極の自己満ページを、
ぶっ通し長時間労働にて仕上げました(笑)。

「矛盾律」のDrumsプレイのえらいま~ご丁寧な解説ページ(笑)

あと3作品分のページも作っていく予定です。

これまでの日記にも書いてきましたが、
こういう事をする理由は、

本来ブランドがないと興味を持たれるはずもないような作品を、
ブランドがなくても作品に振り向いてもらう方法の一つとして、
比較的初心者のツーバスドラマーやバンドマンをターゲットに、こういう事を考えたわけですね。

これで、「曲を聴いてもらう理由」ができるのです。

普通、無名アーティストが、
「オレ、こんな曲作ったんだ!聴いてくれ!」
とかほざいたところで、
まず誰も振り向かない。
興味がない。
だって無名だから。
世の中そんなもんです。

じゃぁどうすれば振り向いてもらえるかといえば、
前述した通り、聴いてもらう理由をつければ、
聴いてもらえる確率が上がります。

ビジネスに関してあまり解っていない段階のアーティストは、
自分の作品の試聴を設けて、
それが気に入ってもらえるか、買ってもらえるかだけを考える傾向があります。

しかしそれは相当甘いです。

実は、

聴いてもらえる段階で奇跡なのです。
普通は、聴いてくれさえしません。
これは私のアクセス解析による研究でだいたい解っています。
ただ、作品を並べて試聴コーナー作っただけでは意味がないのです。
ピアノ教材は別ですが、
ソロ作品においては、
面白いぐらい誰も振り向きません。
 しかしドラムサイトを設立しただけでも、
私のソロ作品や自主レーベルサイトへの人の流れ方は多少変化しています。
 不思議なもんです。
やはりポジショニングやターゲティングは相当重要だと思う。

とりあえずまぁ私、やたら必死ですな(笑)。
誰から見ても、「片っ端から色々やってますなぁ~」
みたいな(笑)。
 しかも今回の「矛盾律」のドラム解説ページの一番下部にあるグーグルアドセンスの挿入の仕方が我ながら芸術的だ(笑笑)。とりあえず一円でも取れるとこはとっときましょかいといわんばかりのサイト構造(笑笑)。

 とりあえず、現段階では流通してる数はかなり少ないと思いますが、「矛盾律」をお持ちのかたは、それのドラムの解説ページなんぞを見た上で聴いたりしても結構楽しいと思うので興味があれば覗いてくだされば嬉しいです。
ドラムの譜面って結構単純で簡単ですしね(笑)。

 そういやバンド楼蘭でのこないだのミーティングで、
某メンバーが「今年末に某ライブに出演しないか?」
という意見を出していたが、
まぁ確かにたまにはいいとは思うし、
私も爆音を久々に人を前にブチかましたいのはやまやまなんだが、
やはり、
学習が足りなさ過ぎな気もする。
というかそのような余裕が本当にあるのだろうか。

もう今の段階であの空間が限りなく意味がないような土俵である事は充分承知だろう。
 それの為に時間とカネを注ぎ込む余裕はないと思うのだが・・・・
 とにかく、何かやるなら対バン式ではモノにしにくい。
 ライブをやるのはバンドにとって当たり前なのだが、
それは周囲バンドがアホだからであって、
アマチュアバンドがライブなどをやっても全く意味がないのである。
 だって誰もライブを待ってないんだからそんなことやってもただのマスターベーションだろう。
 ライブってのは、有名な人がやるもんだ。有名だからやるもんだ。そうじゃない場合はライブをやる資格がない。
 人に夢を与えるどころか、
ハウスに足元見られて食われながら、自分たちがスター気取りになれる空間をカネ払って夢みさせてもらってるようじゃプロ志向の行動とは思えない。
 それが解っていないうちは経験としてある程度は現場を積む必要もあるが、もうあの土俵はイイカゲンいらんだろう(笑)。
 そんな暇は絶対にない(笑)。
ダメだと解ってる土俵をまた選ぶというのはあまりにも学習能力がなさ過ぎるのではないか。
せめて地域を変えるとかそういうのでもないんだったら、何も進歩がない、むしろ今は本当にバンドは世間においてダメだから、どうあがいても難しいと思うし、他に絶対先にやることがある。今は自己満の行動パターンの選択ができるような年齢ではない。ライブなど、いつか、きっと、飽きるほどできる。

某イベントは確かにそこらの普通のハウスとは全然違うが、少々周囲の環境が合わない気もするしねぇ。
それでもしちょっとでも好評を得れたとしても、だからって何がどうなるわけでもない。
 まぁ解りやすく言えば、カネ食われるだけでカネを生めない、と。
 ちなみに、ライブハウスでは「箱バンド」というのがあり、
そのハウス専属?のように毎晩のようにレギュラーで出演するバンドのことをいい、そういう地位が得れればギャラをもらえて四六時中演奏してるような感じでなんとか「食べれる」らしいが、並大抵のことではないだろう。
 そういうテを探すなら、回りまくって気に入ってくれるハウスを探すとかも考えたことがあるが、
まぁそんな甘くはないだろう。
 ライブハウスにいてる人なんて、まぁピンからキリまでだけど、ああいうトコに携わってる人間自体ロクなんおらんし(笑)、価値観もふざけてるバカが多いのでそんなトコに首突っ込む方が時間の無駄で気分も害すだけ(笑)。
 真面目に音楽やってる楼蘭を気にいるハウスは相当稀だろうから、それも難しい。
 つまり楼蘭の土俵は、
ある何かの時期が来ない限り、みんなが描いているような場所には全くないと思う。
 なのでやめといたほうがいいのだ。
活動してるフリして安心して時間とカネを潰すか、
目には見えないけど確実に何かを裏で前に進めるか、
5年単位・または10年単位で物事を考えればどっちがいいか、
すぐ解るだろう。

ライブとかどうでもいいんで、
とりあえずCDを早くリリースすることだけを考えたらいいのでは??
どうせそれをやってからだって壁はいくらでもあるわけだし、
マスターは既にできあがっているのに、その後の色々な雑務などこなしてCD作ってそれをリリースするなんていう、「いつでも簡単にできるような何も難しくない簡単な課題」にここまで時間がかかるのはハッキリいって異常だし、まぁもうこのバンド、かなりダメともいえる。

うーむ。。。。。。

テレビでたまに「バンド形態」の今ブームとかいう団体が色々登場するが、
裏でどうせスポンサーが動いてるだけのタダチケットで人集めてるだけだろうとしか考えられないほどつまらん中身のくせに人が謎に寄っているような気持ち悪いものが多い(笑)。

ダメだね、日本の音楽業界はもう終わってる。

とにかく何か別の切り口から何がなんでも攻めていかなければ。
ライブとか論外。ほんま論外。真面目にやってたらアホらしいっすよ。
他の事考えましょう、他の事。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2007/05/23 00:00 ] ♪ ドラム関連 | TB(0) |
2007年05月20日 日曜日/00:00:00/ No.583

マッハでツーバスドラムサイト更新!

記事分類:♪ ドラム関連
 こないだ日記に書いていた、
2バスDrumsのサイトの未作成コンテンツのレコーディングをマッハで実家レコーディングスタジオにて行いました。

ページや譜面はできあがっていて、mp3のファイル名もあらかじめ決めていたので、レコーディングさえすればすぐにでもアップロードできる状態になっていたということで、

もうアップしました。

LESSON 4:色々な2バスフレーズ・フィルインに挑戦!

ツーバス初心者を対象にしているというわりに、
なかなかレベルは高めというか(笑)、
一部の演奏は結構我ながらキチガイですね(笑)。

コージーパウエルの有名フィルイン、
パンテラのブッ飛びツーバスフレーズ、
ディープパープルのファイアボールイントロ、
フィアファクトリー、
ペインキラーのイントロドラムソロ
など、色々楽しく叩かせてもらいました(笑)。

とりあえず休みなく一気にレコーディングした。

一部をピックアップしてるだけだとはいっても、
しかしナカナカ疲れましたな・・・(笑)。


まぁ最低でもこれぐらいはできるようになれば
(といっても別に私自身たいしたこともないですが)
「2バスドラマー」としてある程度自信を持てると思います。

名盤なども紹介したりしつつなので、
ドラムだけじゃない部分でも初心者にとっては有益な情報ページだと思うし、なかなかいいコンテンツができたと思います。
気が向いたら新しく色々追加していくことも可能ですしね。

実家にはTAMAのペダルがないので、
どうもペダルアクションがガタってる古いペダルを使ってのレコーディングだったが(笑)、
意外とまぁちゃんとレコーディングできてよかったです(笑)。

まぁ興味がある人は覗いて聴いてみてくださると嬉しいです。
結構ドラムをナメてる人って多いですから(笑)。
 音楽におけるドラムの位置づけを甘くみてる人が多いというか最近はチクタクチクタクとテキトーに打ち込んだどこにでもありそうな普通のリズムばっかりでイライラします(笑笑)。

まぁ私自身もそういう機械っぽい打ち込みサウンドドラムは好きなんですけどね


備考:以下のページで打ち込み系音楽やドラムパート作成のノウハウヒントを配信しています
 ★DTM講座-2&ゲーム系音楽★ 
★DTMミニ講座(←ミニかよ?笑)★ 



 まぁ私のツーバスドラムサイトが、
少しでも、
「あぁ!やっぱ生身の人間が叩くドラムっていいよなぁ!!」
って思ってもらえるキッカケになれば嬉しいんですけどねぇ。
 そしてそれがバンドブーム再来(できれば「音楽性もクソもない勘違いした新しさ」ではなく、ある程度まともな音楽性を保った少し懐かしい雰囲気を漂わすロック・メタルバンドの系統が流行ればなお都合がよいが・・・/笑)を呼び起こせればなおいいんですけどねぇ。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2007/05/20 00:00 ] ♪ ドラム関連 | TB(1) |
2007年05月15日 火曜日/00:00:00/ No.578

ドラムサイト闇更新

記事分類:♪ ドラム関連
だいぶ前に設立した、
ツーバスドラムのサイト
まだ出来上がっていないコンテンツがあるが、
設立以来、
やはり計算どおりというか、
「ツーバス」というテーマに特化したのがよかったのか、
毎日のように、
「ツーバス」「ツーバス連打」「ツーバス練習」「ヘドバンのやり方」「ブラストビート」
などのキーワードで人が飛んでくる。
もしかするとピアノサイトよりも人が流れてきている気がする(笑)。
 ツーバスドラムはなかなかニッチだからか(笑)、ヤフーでもグーグルでもナカナカ上位に表示されますからねぇ(笑)。
 まぁ計算どおりなんですけど(笑)。

「ヘドバンのやり方」
これは私が冗談半分で真面目に解説しているが、
こういうものを真剣に検索しようとしている人間は絶対にいるわけですよ、計算どおりです(笑)。
 人が考える事はだいたい解りますから。
これがバンドマンなのかバンギャなのかは謎だが、
ネットにおけるキーワードというのは、
そういう「聞けそうで聞けない疑問」とか、
「知ってそうで知らない疑問」とかが強いわけです。
まぁもっと言い過ぎれば、エロサイトとエロノウハウサイトを作れば一瞬で多数の人間を集めれそうですが(笑)。
まぁそういう事ですよ、世の中ってのは。


ちなみにドラムサイトでまだ出来ていないコンテンツは、
有名どころのツーバスフレーズを譜面と自演デモmp3で紹介したり、それの延長で、自分のソロ音源とか所属バンド楼蘭でのドラムプレイを紹介するという事を考えていて、
それの為のレコーディングなどそのうちやる予定である。
 これは有名フレーズ紹介であれば、CDなども同時に販促に繋がるし、自分のソロ音源やバンドの音源の販促にも遠隔的に作用するはずである。
 ポイントは、「譜面と音を両方」発信することである。
私は実際、
ドラムマガジンという雑誌で、
メタル系バンドの新作が、
その中のドラムフレーズの抜粋が譜面で載っていてそれを見るだけでどんな音なのか気になってCDを買った事が何度もある。楽譜と音の想像力にはそういう不思議な心理がある。
 本来知らないはずの曲が欲しくなる。
これはドラム特有かも知れないが、
まさに、ドラムサイトのターゲット層は夢見るバンドマン(ドラマー)であるから、これほどいいやり方はないと思う。
 ドラムマガジンでは、CD付きの特別号でない限りは、
対外は譜面で想像力を働かせて一人でニヤニヤして読むことが多いが、サイトでは自演デモも発信できるため、それを越えるかなり意義あるものであると思う。

本当にかなり有名どころをカバーしている程度にする予定だが、ドラムを始めたばかりの人やツーバス初心者には充分の情報量であるコンテンツになると思う。

今の私にとって、例えばメタルマスターというのは説明不要の単語だが、それを知らない、これからそれを聞いてぶっ飛ぶ人間が、時を越えて時差で絶対に常にいるわけなので、私のドラムサイトが、メタルツーバス学習者の初心者の大半の入り口となるようになれば幸いかと思っている。

初心者がターゲットといっても、人をバカにするような事はしたくないので、内容のレベルはかなり手加減なしですけどね(笑)。

そんな簡単に音楽のプロ目指すとか夢見られては困るので(笑)、ある意味、夢見る少年を突き放すつもりで、同時に夢を与えれるツーバスサイトにしたいなと思っています(笑)。

まぁそういう世界を目指そうなどと勘違いを起こした時点で地獄の始まりですから、本当に夢は夢で終わらせたほうがいいと強く思います。
小さい時から積み上げて積み上げて、
やっと今ぐらいになったという私でも、
ハッキリいって、、、、
こんなことしてきて本当に意味があったのか、
音楽なんて積み上げてる暇に普通に勉強でもしてイイトコ就職して高給取りになって家庭持って子供とワイワイ、、、
あぁ、
そっちの方がよかったんじゃないか、
と、思ったりします(笑)。

それでも音楽への思いは尋常ではありませんが、
そんな私ですら、
そういう事をたまにふと思ってしまうぐらい、
こういう世界を目指すのはしんどい事ですよ、
って事が言いたいわけで。

軽いのは100%無理に決まってますから、
やめときましょう。
目指すもののイメージや仮説が立てれないなら、
絶対にやめときましょう。

普通って何?とかいうややこしい疑問はおいておいて、
まぁ、
普通ほどいいものはないという気がします。


はぁ、疲れるなぁ最近。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2007/05/15 00:00 ] ♪ ドラム関連 | TB(0) |
2007年05月11日 金曜日/00:00:00/ No.574

火のキツネ Ⅱ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 私は、ずっと前からネット閲覧のためのブラウザは、
インターネットエクスプローラ6とかではなく、
ファイアフォックスを使っているが、
1.0.7のまま更新してなかったのが、
知らぬ間に「2」が遂に出ていたという事に最近気付いて、 更新した。 最近、Firefoxもかなり有名になってきた感じだが、
Firefoxの出始めの頃からずっと使っている私としては、
おお、遂に2が出るまでになったか、
などと、別に自分が育ててきた企業でもないのに(笑)、
勝手にそんな感じで妙に嬉しかったりする(笑)。

なんでも知名度を上げるのって大変。
世間がどれほどまでに、
有名なものにバカみたいに価値もわからずに理由なく依存し、
そうでないものは限りなく無視され、
振り向かせるのが至難の技、
それが私は音楽をやってきて解っているだけに、
Firefoxの知名度が上がってきた事は喜ばしい事である。

とはいっても、
もともとネットが普及しだした95年あたりでは、
ネットスケープナビゲータが主流だったわけだから、
その系列であるFirefoxが有名になっても、
それは完全なる新規参入による成功というわけではなく、
Mozilla社が「巻き返した」という感じになるだろうか。

 世の中の流れって恐いですわ。そして単純。

価値観がない国民ばかりだから、
どんな分野においても、
「気持ち悪いほど異様に」物事が一極に偏るのだ(笑)。
まぁその方が経済の回りも能率がよいのだろうけれども。

コンビニとかでもそうだが、どのコンビにでも売っているものがよく似ていて(そりゃフランチャイズだから当然か)、
色んな店があってこそ消費者は買い物が楽しくなるのに、
どこにいっても売ってるものがネコもシャクシも同じで世の中どこか統一的でつまらないから消費も楽しくないというものだ。

このテに関連した話題を書き出すと、何万文字といくので(笑)、とりあえず眠いのでこのへんにしておくが(笑)、

とりあえず、ファイアフォックス2に更新して、
さらに快適になりました♪
タブそれぞれに「閉じる」ボタンが追加されたのもかなり便利!
20070511a.jpg
以前までも、追加機能でそれはできたのだが、2では標準装備されている。
また、検索ツールも最初から装備されているので、
かなり便利。
20070511b.jpg

とりあえずコレを使いだすとIEがホントにトロく感じるほどなんで、是非オススメです

でもまぁ、支持率が上がれば上がるほど、
なんらかの不都合も増えたりするので
(ウイルスなどは、時流にもっとも乗っているものをターゲットにするので時流に乗るということがマイナスになることに繋がって本来の価値とは違う価値の変動の仕方をするという価値観の不思議さが世の中にはある……)、
Firefoxがさらに伸びて欲しいような、伸びてほしくないような微妙な心境・・・(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2007年05月06日 日曜日/00:00:00/ No.569

新商品4点一気発売開始(笑)。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 てなワケで、こないだの記事から書いていた「黒猫フンジャッタっ!」のCDジャケットに使用させていただいた素材のプチ加工利用許可が1億4700万で買い取れましたので(大嘘/←無料でOKでした!ありがとうございました!)、少し遅れましたがようやく新商品4点同時発売開始いたしました。

GRATITUDE
黒猫フンジャッタっ!黒猫フンジャッタっ!ピアノピースチャイムインヴェンション ピアノピース



いやぁ、なんだかんだと販売開始まで手こずりましたが(笑)、ようやくラインナップ追加完了です。

それぞれの商品に関連性があるので、ラインナップ追加のためにサイトページを更新するのもナカナカ大変でした(笑)。


 しかしまぁセレクションのCDは実にパッケージからして癒し系ですなぁ(笑)。
 とはいえ、「ただの癒し系」ではないので、わりとにぎやかな曲も普通にあったりしますが、まぁ全体としてはピアノ系やバラード系を主にセレクトしているので非常に聴きやすい1枚に仕上がったと思います。
 暗黒TAKAYAとは思えないような落ち着いて聴きやすいアルバムです(笑)。
 アルバムのタイトルは、広く色んな意味に深く結びつける事ができるという事で、実際に収録されている中のピアノ曲からとって「GRATITUDE」にしました。

 要望に応えてラインナップ追加させていただくことになった「黒猫フンジャッタっ!」マキシシングルCDも、
当時予定していたようなものよりもイイものに仕上がり、実に我ながら素晴らしい出来栄えです(笑)。
 これは最高に肩の力の抜けたエンターテイメントのような面白音楽ネタCDでありながらも音楽教育の一環にもなりうるので、伝説のアルバムとなっていければ幸いですね(笑笑)。

 それに関連するネタピアノピースも、要望のあった「黒猫フンジャッタっ!」にとどまらず、パワーアップした「学校チャイムインヴェンション」のピアノピースまでもを勝手に同時にラインナップ追加しちゃいました(笑)。
 これらのピアノピースは、弾ける弾けない云々というものよりも、
一種の音楽教育ネタの一つとして価値があると思います。
当然、本気で弾こうと思えば弾けるようには作ってありますから、挑戦したいという人は、これが弾けるようになればかなりスターになってスーパーマリオみたいにチカチカ点滅できるはずなので頑張ってください(笑)、でも穴には落ちないよう注意です(謎)。
 ちなみに私はこれらのネタピアノソロは自分では弾けません(笑)。私は演奏家ではありませんので(笑)。


とりあえず、これでしばらくは様子見でしょうねぇ。
今の時点でも、自分がやっていることは、もうヤケクソのムチャクチャですから(笑)。
これだけラインナップに商品が並んでいるのは結構なのだが、
部屋が狭くなるだけというもので(笑)、
試験期間は試験期間で商品が有り余るわ、
逆にヘンに売れ出したら売れ出したで絶対に私一人の手作業による生産では、生産も注文捌きも追いつかなくなるに決まっている。
 こんなノンキに無責任な売り方ができるのは、無名だからこそですね(笑)。
 とりあえず今のスタイルで、自力で、どこまで延ばせるかが課題でしょうか。
絶対に今のスタイルで限界があることは今の時点でもある程度解っているので、できるところまでは自力でやって、どうすれば企業なりがかぎつけてくるか、雑誌などの広告媒体にいかに金をかけずに進出できるか(笑)が鍵ですかね。
 その力なくして一定以上の流通や知名度は絶対に不可能な気がしますので。
 モノが確実である自信がありますので、あとは時代の流れや、人が勝手に動くのを待つだけです(笑)。
それが大変なのですが(笑)。
 今回ラインナップに追加したものは、決して時代の流れに逆らうようなものではないはずなので、むしろ世間の流れが自分に味方している部分もあると思うし、今の世間的にも充分いけるはずなので、まぁとにかく運でしょうか。

 そういえば、以前ちょこっと日記に書いていた三ノ宮の某カフェさんから、
中間報告がきました。
 地下街は謎ですが、店については実際に私の音楽を流してくださっているようで、
やはり癒し系の曲が圧倒的に人気だそうです。
まぁメタル路線のドラムドカスカドコドコ路線は今の世間の感じじゃ用なしでしょうからねぇ…。
 ふむふむ、癒し系ですかやはり。
となると今回のセレクションアルバムなどはかなりイケてるはずなんですけどねぇ。
 黒猫CDなんかも密かに隠れた癒し要素があるので(笑)、そちらも今の世間的にはナカナカ面白いかもとは思うんですけどね(笑)。
 地下街でもし「キーンコーンカーンコーン」とか学校のチャイムのインヴェンションとか流れたりもししたら、通行人、足止まりますよきっと(笑笑)。
 これはきっと凄まじい癒しですよ!(笑)
社会に疲れた大人たちが地下街を浮かない顔で「ただの通り道」として歩いてる中、学生時代の事とかを思い出して、忘れかけてた何かを思い出して突然号泣!(笑)
 あるいは地下街をイチャイチャしながら歩くカップルも昔の学生時代の話に思わず花が咲き、そのテンションの勢いのまま迷わずホテルへ!(何故そうなる??笑)
 これで地下街は夢の地下街としてさらに急発展!
そして神戸は日本一の収益を上げ、
そしてTAKAYAもまた億万長者へ!

そして伝説へ!!

(笑)


というわけで、とりあえずラインナップ追加完了してホッと一息です。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2007年05月05日 土曜日/00:00:00/ No.568

決定!印税生活!

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
5月5日に販売開始を予定していた、
セレクションアルバムと
「黒猫フンジャッタっ!」の
マキシシングルCDピアノピース、
もしかすると、
ちょっと間に合わない予感です・・・・(笑)

黒猫CDジャケットなどに利用させてもらった素材の商用利用の許可は得れたのですが、
デザインの関係で色を加工したりしている事についての承諾待ち状態で、少し返事が遅れているので、
それが解決するまでは販売は先延ばしになりそうです。

セレクションと黒猫フンジャッタ関連の商品は、
セレクションにボーナスとラックとして黒猫「フンジャッタっ!」が収録されているために、
必ず発売開始は同時にしたいので、
セレクションCDなどは完全にいつでも売り出し可能なのですが、黒猫CDがまだアヤシイので遅れそうです、もし楽しみにしてくださっている方はもう少しお待ちくださいませ・・・・

でも、「黒猫フンジャッタっ!」のCDに関しては、
必ず期待に応えれる・或いは想像以上の内容であると思います。

オマケでつけているはずの猫フンジャッタ即興変奏「黒猫事件」も、今回の発売延期の期間をいいように利用して、
パワーアップさせてより完成度の高いものに仕上げ直しました。レコーディングなので、ブツ切れで気まぐれに作りながらレコーディングを進めていったという偶然の産物なので、
即興の性格をもちながらも、
ある程度の曲の構造は最初から頭で組んで計画してテキトーに即興でレコーディングを重ねていったので、
即興の性格をもちながら一曲としてのまとまりは我ながらかなりの完成度で、むしろ、メインの「黒猫フンジャッタっ!」よりも目玉商品となりうる仕上がりとなってます(笑)。
 学校のチャイムのインヴェンション私のサイトにアップしているネタをパワーアップさせたロングバージョンを新たに作ってさらに面白い「チャイムインヴェンション」となったので、こちらもカップリング扱いとは思えぬほどの内容です。
 曲の一番最後の部分のアレンジの終わり方が2種類あって、
本来の「2声インヴェンション1番」の最後の終わり方に結んだアレンジと、チャイムのフレーズで最後をオリジナリティー溢れる締め方をしているアレンジがあり、
片方をオルガンの音色で、片方をピアノの音色でレコーディングして2つのトラックを収録しています。
 一番最後の終わり方以外は内容はほぼ同じですが音色が違うので飽きない不思議さがあると思います。
 オルガンヴァージョンにのみリアルなチャイムの音が最初に鳴ります(笑)。あれだけふざけていながらオルガンで奏でるとやたら神聖です(笑)。そこらへんを楽しんでいただければ幸いです(笑)。
 楽譜も既にできています(笑)。
チャイムインベンション表紙

まず目を引くのが、
「WACH」の文字でしょう(笑)。
これは「BACH」のモジりで、
「ワッハ」です(笑)。
そしてこの曲は「バッハのインベンションの裏モノ」
という扱いで(←18歳以下でもこれは購入できます/笑)、
「INVENTIONEN URA」
と表記しています(笑)。
まぁ笑ってください(笑)、表紙だけでも充分笑えますが、
中身はもっと笑えます(笑)。

チャイムインベンション冒頭
これはサイトでも譜面やMIDIを公開している部分ですが、
サイトに載せている部分はわずか3段分しかありませんが、
このCDに収録されているヴァージョンは、サイトに公開している部分からさらに展開してやたら面白い作りになっています(笑)。
 もともとのインベンション1番にある右手と左手の掛け合いなども似た形で再現されていたり(笑)、チャイムのフレーズがとにかくそのままや上下逆の対位法などで、まさに、この曲はほぼ全てをチャイムで構成しています(笑)。
チャイムインベンション

あまりにチャイムが多いので、曲のタイトルも「THE CHIMESSSS」と、複数形を極めています(笑)。
 ※CDジャケットにおけるこの曲のタイトルは、メインである「黒猫フンジャッタっ!」をイメージして全体的にカワイイ雰囲気と普遍性をかもしだしたいので「チャイムインヴェンション」となっています

このCDに収録している作品は明らかに笑い路線ですが、私は本気です(笑)。
ネタの中に恐ろしいほどの音楽教育要素が詰め込まれています。むしろそれが本来のこの作品の意図です。
その共存が最大の売りです。

また、全ての内容において、
世界に通用するグローバルな普遍性を兼ねているため、
私はこのCDやその中の作品・ピアノピースを本気で世界流通させるつもりでいます(笑笑笑)。
 もし海外の学校のチャイムが例の「キンコンカンコン」じゃなかったとしても、
それはそれで日本の文化を海外に広く知らしめることも可能となり、言い過ぎれば、この作品が売れれば日本が売れます(笑)。
阿部晋三さん!!どうですかこの曲!!(笑)

「感動した!!」

(違)





印税生活は、
もう、
決まったも同然です!(笑)

さぁ毎晩焼肉だ!
さぁいこう!!!
夢の印税生活へ!!!(笑)

そして伝説へ・・・!!(またこのセリフか/笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。