| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > アーカイブ - 2008年04月
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年04月26日 土曜日/00:00:00/ No.886

メタルピアニズム【鉄鍵律】第二番「幻武伝」メタルバージョン

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律

の、
第二番「幻武伝」の、
メタルバージョン動画を作成してアップしてみました。

YouTubeプラグイン↓
鉄鍵律第二番「幻武伝」ドラム入りバージョン

-------------

本来はピアノソロの曲で、
このメタルバージョンはYouTube動画アップのためだけに作成したもので、
製品版のCDには、
この曲のメタルバージョンは収録していませんので、
現時点ではこの動画のみでの作品となります。
ピアノソロ版と微妙にスケールが違う部分もあったりしますね。
 →製品版ピアノソロ音源試聴はこちら


ベースも一応自分で弾いてレコーディングしてますが(ピーヴィーの五弦ベース使用)、
まぁ私はベーシストではないので、なんとかツギハギ録音しまくりで一応なんとか録音したといった感じです。
途中でテンポが変わったりするので、
メトロノームをテンポチェンジをプログラミングするのも面倒だし(笑)、
これは先にドラムを自分のフリーテンポでテキトーに叩いたものに、
後でベースとピアノを録音したので、
リズムは結構揺れてると思いますが、
まぁそこらへん、遊びなんでそこにあまりシビアな評価とかしないでくださいね(笑笑笑)

一応この動画で使ったドラムとベースのみのオケのmp3をここにアップしましたので鉄鍵律の譜面をお持ちの方はコレに合わせてピアノを合わせたり、はたまたギターを合わせたり、
まぁ自由に遊んでください(笑)。

 電子ドラムはやっぱり表現にも限界があり、あまり自分のドラミングの魅力が発揮しにくいのですが、
特にこの曲ではBメロあたりなんかは本来ハイハットの細かいアプローチなんかのフレーズで攻めたかったり、シンバルミュートとかも使いたい場面もあったのですが、
まぁ生ドラムとは別と考えてこれはこれでまぁこういうアレンジで叩きました。
 エレドラのハイハットは表現力がチャチすぎるのであえてハイハットの使用をわざと避けて別のアプローチを考えてやった感じのドラムアプローチになってますね(笑)。
 サビのドラムのパターンがわりと変わったパターンになっていて、
幻武伝ドラム
このように、ピアノのパートの音使いとリズムにリンクするようなフレーズで音を横に直線に繋いだようなリニアドラミング的なフレーズを叩いています。


また将来的に生ドラムでレコーディング・録画できるような環境にでもなったら、
生グランドピアノと生ツーバスドラムを使って背景も世界観作りこんだりして、
正式に映像という作品なんかをいつか作成してリリースしても面白そうですねぇ。
スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月19日 土曜日/00:00:00/ No.879

「鉄鍵律」プロモ

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
メタルピアニズム練習曲集【鉄鍵律】
の簡単なプロモーションビデオを作成してみました(笑)。
 とりあえず一通り曲集の内容や曲の一部の試聴を楽譜の画像などと合わせて味わえるような感じになっていて、わざわざ商品解説ページを全部見てもらわなくてもこのビデオだけでこの作品のだいたいの感じを味わってもらえるようになっています。
 なんかテキトーに動画編集してできあがったら13分ぐらいになってて(笑)、
YouTubeでは確か10分までしか無理だったはずなのでビデオを2つに分割して再生リストにまとめました。

YouTubeプラグイン↓
「鉄鍵律」プロモーション

-------


上の再生リストで「演奏会用鉄鍵律第一番【狂月】」「小さな鉄鍵律第八番【ピアノという打楽器】」も録画してアップしたのでそれも見れますが一応曲ごとにもプラグインを貼っておきます。


YouTubeプラグイン↓
「演奏会用鉄鍵律 第一番【狂月】」


「小さな鉄鍵律 第八番【ピアノという打楽器】」
(ドラム入りヴァージョンおまけつき)


---------------

小さな鉄鍵律第八番の動画の最初らへん、なんかYouTubeにアップしてエンコードする際にファイル破損して画像バグッてるっぽいですが(笑)、
ほんの最初の部分以外は何も問題なしなのでアップしなおすのも面倒なのでこのままで(笑)。
ちなみに小さな鉄鍵律第八番はドラムをテキトーに合わせてみたオマケつきです。
音のバランスもあるのでベースをデジピP-200のベース音色で弾いて追加しています。
 フリーテンポで弾いたピアノに合わせてドラムを叩いていてクリックとかとは合わせてないのでなかなか難しかったが(笑)、まぁオマケだしこんなもんでいいかな(笑)。

しかしやはり「狂月」は恐ろしい曲だなと我ながら(笑)。
脱力できてないとまず一曲通してこのテンポで弾ききるのは難しいと思いますが、
気合いで頑張ってください!(←誰が?笑)

プロモに登場する畳とかふすまの柄みたいなバックの壁紙は実家の畳とかふすまの柄を写真に撮ったものです(笑)。まぁパソコンのスペックもアレなんであまり込み入った動画は作れないので簡単な感じにしてますが、まぁまぁなかなか和風でイイ感じのプロモになった(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月13日 日曜日/08:02:38/ No.875

鉄鍵律 自己評論 ②

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
前の記事の続き…
 モノを創造する上でのキーワードの「こだわり」を持ちすぎると本質から離れる、だからといって「けれん」ということで人の機嫌をとるために我を捨てるようであればそのようなものに高い価値があるとも思いがたい。
 面白い事に、その両方ともが必要で、その両方ともが邪魔なのである。
「自我が邪魔」という感覚の本当の意味はもっと深いところにある。
芸術家は自我を主張したがる傾向があるが(それが第一線で活躍する有名人であっても精神的に浅いと思える人は山といる…)、私が思うには、自我をリセットすることで現れるものがある意味本当の自我でそこから生まれる創造物こそ、もっとも、本質的な何かを秘めているのではないかと思えるわけである。
 自我を捨てると自我に出会える。
自我をすてて人の機嫌をとる、という意味で勘違いして薄っぺらい「ヒット商品」が次々登場する傾向がいつの世もある気がするが、そういうのが「プロ」であり、「けれん」の必要性の意味をそう捉えている芸術家はおそらく勘違いだと思うわけである。
 ただ、「たかが音楽」を大衆に提供し支持されるには、やはりなんらかの「意識」は必要なはずだ。しかし、それを意識していないのにバランスをとれるのがプロであり、また、そういうプロはプロではないのである。
私はよくこれまでにも書いてきた気がするが、
プロというのは何もとてつもない領域にいる人間、何かを知り尽くしていて大衆を喜ばせる事を常に努力・計算してバランスを組み上げ提供する人ではなく、
とにかく、何もかも、テキトーにやっていて、且つ、バランスがとれている、
バランスをとるつもりがないのにバランスがとれる、
99パーセントのテキトーと1%の計算とでもいいましょうか、
それで人がついてこれば、それは端からみて、「プロ」なのではないかと。
 本当のプロほど、「プロっぽくない」というべきか、
プロがプロであるために必死に何かを模索し研究するようなのは逆にプロではない、
本物のプロなら全てテキトーでなんでもこなせる、と思うわけである。
それができない、必死にならないとダメなようなら才能はないので私なら「プロになる」のを諦めるだろう。
勿論テーマは「バランス」だが。
どっちにしても「プロ意識」とか「こだわり」とかはどうでもいい。
そういうウンチクほざく人の芸術には興味はない。
どうせ自分のエゴが大半をしめているのだ。

「新しい」「古い」も常につきまとうし、私自身、そのキーワードには敏感だった。
しかし、最近、そういうのがどうでもよくなった。
おかげで、
鉄鍵律は、
古くて新しくて、簡単で難しいものが、それを計算することなくできたと思う。
創造者にとって「古い」といわれる事は屈辱であるかのようである。
しかし実際は違う。
大衆が求めているものは、一見「新しい」もののようでいてそうではない。
実際、おそらく新しい事をすれば自分が死んだ後ぐらいに時代がやっと追いつくのがオチである(笑)。
人は新しさを求めているくせに、実は古いものが好きなのである。
何故ならそれは、「記憶にある」からである。
知らない人の家に行くと落ち着かない。最初は楽しいけど、結局自分の家に帰るとホッとする。
つまり、新しさは「不安定」なのである。
創造者は常に新しいものを提供しようと必死だ。
当然それは必要だとは思うが、計算するものではない。
「新しい」を勘違いすると本質から遠ざかる。
やがて、それを人に提供することから、ただの自分との戦いやエゴのみのくだらない世界になる。
芸術を愛するはずが芸術を壊すのである。つまりそれは芸術を愛している事にはならない。愛しているから相手を殺して自分だけのものにするストーカーのように、そこらへんは人間関係においてもよく似た紙一重なとこrがあると思うが、どちらにせよ、意外と物事、テキトーな方が実は本質を追求できるはずだ。テキトーから生まれたものがテキトーな結果であればそれはアマチュアだが、テキトーなのにテキトーではないようなバランスの結果が生めたなら、その人はプロにならないわけにはいかないだろう。
 芸術を愛すがゆえに芸術を壊すような事になれば、「けれん」が失われ、聴かれてナンボの音楽の意味がまったくなくなる。
大衆の機嫌をとるというわけではなく、いかに自然にそのバランス感覚を計算せずに己がたどり着けるか。その為には、様々な葛藤を繰り返し、屈辱を味わい、勿論満足も味わい、暴走し、迷走し、自己満足に浸り、人の機嫌ばっかりもとってみたりして、それを繰り返すうちに感覚が磨かれていくと思う。

 鉄鍵律は、私の一旦の芸術活動における気持ちの区切り、転機のような作品になったと思う。
これが今後どう展開するかは解らないし別にどうなろうがどうでもいいし勝手にどうにでもなればいいが。
 まぁ残念ながら朝っぱらや食事中に聴くような音楽ではないのが弱点かと思うわけだが(笑)、バランスは絶妙だとは思いますね。
ま、世の中色んなものが色んな需要に対して存在していいわけですからね(笑)。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月11日 金曜日/23:07:06/ No.873

メタルピアニズム練習曲集【鉄鍵律】販売開始。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
鉄鍵律
と、いうわけで、予定通り、【鉄鍵律】の販売を開始することにします。
※セットに日本刀は付属しません

ところで、ちょっと遊び半分で、この曲集の、、、
下敷きを作ってみたのですが(笑)、意外になかなか芸術的で(笑笑)。
鉄鍵律下敷き(笑)
鉄鍵律下敷き(笑)

たまたまビッグカメラでオリジナル下敷きを作れるものを発見して(値段が何気にちょっと・・・高い/笑)、
面白そうだからやってみたら仕上がりにかなり満足(笑)。
まぁフィルムを貼り付けるのに空気が入らないようにするのがめちゃ難しいのだが(笑)。
 両面加工可能なキットで、私は片面しか貼ってないので(裏は白の板)、フィルムが余ったため、
実家にあった他の白い下敷きに貼り付けていくらか作ったのだが、
もし鉄鍵律を購入してくださるかたの中でコレを欲しい人は初回超限定2枚あります(笑)←オマケなので無料です
まぁ別にそんなもん要らんならアレですけど(笑)、もし欲しい人は備考欄にでもどうぞ(笑)。
一番この下敷きを欲しいのは密かに何気に私本人ですからね~(笑笑)
いやぁこれはなかなかイイわぁ~♪(笑)
まぁピアノと全然関係ないですけどね(笑)。


と、いうわけで、とりあえず販売開始のお知らせでした。
T.O.P-RECORDS【鉄鍵律】

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月07日 月曜日/00:00:00/ No.871

タカタカ走るよTAKAYAさん。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律

(↑作品紹介PRページ)の発売も間近間近と書きつつ、
一体いつ発売開始するんじゃ~っちゅー話ですが(笑)、
えぇ、もう、すぐです(笑)。
なんかもうちょいの段階でバタバタしてますね(笑)。
 曲集のCDと、midiデータ+ミニおまけのオプションCDについて、
CDは普通にケースに、オプションCDは不織布ケースに、とスーパーハッタリ13ピアノエチュードと尾同じようにしようと思っていましたが、
この鉄鍵律では、
CDケースを2枚入りのケースにして一緒に入れた方がカッコイイしまとまるなぁと思って、
2枚入りのケースを買う事にしました。
 まぁ難しいところなんですよねそこらへん。
購入者様の皆が皆、セットで買うとは限らないのに2枚用のCDケースを何十枚とまとめ買いする意味とか。
それを言い出すと13エチュードのフルセットは3枚だから3枚入りケースを大量に買っておいて、
13エチュードのセットでも鉄鍵律のセットでも併用できるように3枚入れれるCDケースをまとめて買う方が得かなぁとか色々考えるわけですね。さすが商売人、損得勘定と能率の追求に余念がない(笑)。
 一応これまでの流れだと、13エチュードに関しては、
midiデータのCDとかはあくまでオマケだから別に要らんって人も多いだろうという当初の予想とは裏腹に、意外と購入者のほとんどがフルセットで買うんですよねぇ不思議に。
 なので鉄鍵律もCD2枚セットの方が多くなる可能性があると考えると、CDケース1枚の中に2枚のCDをまとめて入れれるケースの方が、CDレーベル面デザインも色違いになってて横に並ぶとカッコイイし、やっぱり1つのケースに2枚のCDを同時に収めるために2枚か3枚収納用ケースを買おうかなぁと。
 まぁどっちにしても売れるか売れないかも解らんようなものに投資するという事になるわけなんですが(笑)、まぁ今回は是非2枚のCDを一つのケースに収めたいなと。
 まぁそこらへん以外は準備はほぼ整っているわけなので、
まぁ今週中には販売を開始できそうな予感です。
ただまぁ準備する量がいつもながら迷うんですよね。
人が考えてることはまったく解らないんで、
どうせさほど売れないだろうと少ししか準備してなくて意外な結果が待ってたら明らかに困るし(笑)、
逆に、ヘンに自意識過剰で張り切って結構な数用意してるのに意外にダーーーレも注文きません、ってな事になると(笑)、詰まれた在庫眺めてどこか笑える事になるのが商売の難しさ(笑)。
 まぁそこらへんはどう流れようが別にいいんですが、難しいですよねぇ。
 まぁだいたい世間的にみてノンブランドなものを販売する場合、
その発売日を心待ちにしてハリキッているのは商売人本人だけって場合もザラですからね(笑笑)。
世の中の広さと自分の中で広がってるだけの狭い世界のギャップはもう解っていて慣れているのでそこらへんのコントロールはバッチリですが(笑)、やはり人が考えている事は解りませんからねぇ、準備する数は謎ですよねぇ。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月05日 土曜日/00:00:00/ No.870

データCD-Rのアイコン変更のやり方

記事分類:■ PC関連
さてさて、
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律

(↑作品紹介PRページ)の、
楽譜印刷やら製本やらCDパッケージ印刷やら徹夜でやってますが(笑)、
オプションで付属するMIDIデータのCD-Rがなかなか面白いものになっています。

スーパーハッタリ13ピアノエチュードのMIDIデータの付属CD-Rは、
単純に普通に曲集のMIDIデータファイルを収録していましたが(ある時期以降は、YouTubeでアップしている「赤涙」の動画の元ファイルをおまけ程度に併せて収録していますが)、
今回の「鉄鍵律」のMIDIデータCD-Rでは、
MIDIに興味がない人でも楽しんでもらえるようにとつけたちょっとしたオマケが、
意外にかなり価値あるものができたと思います。かなりの名作です(笑)。
是非楽しみにしていてください。

で、そのデータCD-Rを焼く作業なんかもしているわけですが、
今回はアイコン類もちゃんとオリジナルの作品性を持たせようと、
CD-Rそのものや内部のフォルダのアイコンも独自のものにしました。

で、それのやり方を覚え書き程度に書いておけば誰かの役にも立てるかなという事で、
アイコン変更のやり方でも書いておく事にします。

まず、
アイコン変更
このようにCD-Rのアイコンを変える方法。
普通にCD-Rをドライブに挿入すると、普段はCDの絵がアイコンになっています。
これを独自のアイコンに変えるやり方です。



まず、自作アイコンを用意し、仮にそのアイコンのファイル名を「cdicon.ico」とするとします。
そして、
メモ帳などのテキストエディタで、

[autorun]
icon=cdicon.ico

と入力し、

autorun.inf

というファイルを作成します。ファイル名を入力する時は「.inf」の拡張子も入力します。

アイコン変更

そしてCDを焼く時に、
そのCDのフォルダ構造の一番上の階層にアイコンファイルとautorun.infのファイルを置きます。
本質とは関係のないファイルなので見えると邪魔なので、ファイルを右クリックしてあらかじめ「隠しファイル」にしておきます。
上の画像ではフォルダ設定で隠しファイルを見えるようにしてあるので半透明になっています。

これでCD-Rのアイコンが自分の自作アイコンになります。
上の画像はそのCD-Rの一番上の階層のファイルですね。
他のファイルは隠しファイルにしてあって見えないので、
実際は「解説・midiを楽しむ」「midiデータ」の2つのフォルダが並ぶことになります。

さて、そのフォルダのアイコンも自作のものにするにはどうするかですが、
これは、普通にフォルダを右クリックして「アイコンの変更」などでフォルダアイコンを変更した事がある人も多いと思いますが、
データCD-Rなどで他者に配布するようなもののファイルの中のフォルダのアイコンを変更する場合は少しやり方が異なります。
 何故なら、自分のパソコンのフォルダのアイコンを右クリックなどで現れる設定画面から変更すると、
実は、そのアイコンを変更したフォルダの中に密かに、

desktop.ini

というファイルが隠しファイルで追加されるそうです。

そのiniファイルは、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="ファイルの場所"
IconIndex=0

となっていますが、
問題はそのファイルの指定場所です。
「アイコン変更」などの設定で設定して密かに隠しファイルが追加されるiniファイルのアイコンのファイル場所の指定が、
どこのドライブのどこのフォルダのどこのファイルかを絶対パスで入力されています。

つまり、当然ですが他のコンピュータでは、アイコンの変更は反映されません。

そこで、

アイコンを変更したいフォルダの中に、
アイコン変更
このように「desktop.ini」ファイルを作成します。

そして、この例の場合は、
このCD-Rの一番上の階層にある「deta」というフォルダ
アイコン変更の中に「omake.ico」という自作のアイコンファイルを置いてあるので、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="..\deta\omake.ico"
IconIndex=0


と、相対パスでアイコンファイル場所をしてiniファイルを作成し、
アイコンを変えたいフォルダの中にそのiniファイルを設置します。
もちろん、アイコンを変えたいフォルダの中に自作アイコンファイル(できれば隠しファイルに変更)を置いたとすれば、
同じディレクトリ内にあるので、

[.ShellClassInfo]
ConfirmFileOp=0
IconFile="omake.ico"
IconIndex=0

でできますね。

当たり前といえばそうですが、配布するCD-Rなどのアイコンを変更したい場合は、
そのCD-R自身にそのアイコンファイルが必要です。ローカルファイルを参照するように絶対パスでファイル場所を指定すれば他人の環境では思うように表示されないのは当然ですよね。


実家の古いWindows98でこのCD-Rを開いてみたらフォルダのアイコン変更は反映されませんでしたが(CD-Rのアイコンはちゃんと反映)、XPでは当然ちゃんとアイコン変更が反映されています。他のデータやHTMLファイルで閲覧するページの背景画像・音のファイルなどへのリンクや表示は何の問題もなしでした。
あ、そういえばWin98ってフォルダアイコン変更の設定機能ってなかったんだったっけ???



まぁそんな感じで、鉄鍵律のmidiデータCD-Rは、
本来の曲集のmidiデータ以外にもちょっぴり楽しめる内容にもなっているということで、
より商品の魅力やオプション選択の甲斐も広がりそうです。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/04/05 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |
2008年04月03日 木曜日/02:29:33/ No.869

気まぐれで・・・

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
メタルピアニズム練習曲集が完成し、
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律
作品紹介PRページ

も作ったわけですが、
ちょっと突然の思いつきで、
オプション付属のmidiデータCDの内容に少しだけオマケをつけようとそれに関する作業なんぞをしていました。
 せっかくCDメディア一枚ドーンと使うのに内容が22個のmidiファイルだけというのも、
何かちょっとでもオマケつけたいなと。
13エチュードの時は、ピアノパートの打ち込みデータだけでなく作品の構造上オケパートの打ち込み内容もあるので、今回の鉄鍵律のmidiデータよりも内容は軽いファイル容量に比較せずに密かに濃いCD-Rだったはずですが、鉄鍵律では、「妖刀乱舞メタルバージョン」のmidi意外はピアノパートのmidiデータしかないわけなので、少しでも内容を何か増やせればと考えて思いついたのが、
「打ち込み音楽を何も知らない人でも、その世界の楽しみが少しだけでも目と耳で味わえるようなオマケ」を作るというものです。
 まぁ本当にちょっぴりですが、なかなか面白いオマケができたと思います。
midiデータと同時に入っているCDの解説ファイルとオマケの内容は以前同様HTML形式のファイルで、
インターネットエクスプローラやファイアフォックスなどでのブラウザで閲覧できるようにしています(今回のオマケは、画像にカーソル当てると音が鳴るみたいな事をやっているのでファイアフォックスよりインターネットエクスプローラでの閲覧で正常動作します)。
 まぁこれでmidiデータCD-Rのオプションを選択してくださった人にもより少しだけでも楽しんでもらえるかなと。このCD-Rが基本セットに12,000円プラスするだけでついてくるのだから安いですね。
って冗談ですよ(笑)。まぁ価格的には13エチュードと同じぐらいになる予定ですね。

ところでちょっと密かな発見をしまして、
先週楽譜を印刷して仮製本して気付いたのだが、
これまでの手書き基調の譜面よりもfinale2008で仕上げた譜面を何十ページと印刷すると、
何気にインクの減りが断然違うのです。
13エチュードの81ページ分を印刷すると、バカみたいに黒インクを消耗します。
が、
コンピュータによる譜面浄書で仕上げた「鉄鍵律」の78ページ分を印刷すると、
あまりインクが減りません。
なぜかと考えたら、機械浄書なだけに描かれた楽譜の線に無駄がないのでインクも無駄に消費しないという事でしょうか。当たり前っぽいけど意外な発見。結果がキレイでコストパフォーマンスも優れている事に今さらながら。


しっかし豪ドルが上がる上がる!
以前、88.38円で買った豪ドルのポジションは密かにかなりお宝ポジションですね。
まぁとっくに利食い決済しているのが我ながら残念なところですけど(笑)。
まぁそれでも最近豪ドル円の押し目買いで1円59銭分以上の為替差益を何度も得れていて絶好調です。
最近91.07円で買った豪ドルも、本日92.77円で利食い決済できたと喜んでいたら、なんと今の夜中に93.80以上まで上がってちょっとガッカリ。まぁ一円分以上もの為替差益を稼いでおいてがっかりというのも欲張りすぎて我ながら呆れるもんだが(笑)、
いや、最近妙にドルが102円以上まで上がってきててどうも気持ち悪いというか、
どうせこれはダマシアゲだろ、とか思うわけで、もしかしたらもう一度突然のバカ下げが発生するかもしれない、そう考えると、クロス円もそれにつれられてバカ下げする可能性があるので、
91円で豪ドル円のロングをホールドにしておくのは少し中途半端な値段で恐かったのですね。
あの88.38のロングこそ、ずっとしばらく決済しないで金利だけを毎日貰っている方がよかったかも知れませんね。ドル円の107円のロングというバカ極まりないポジションを塩漬けしている私としては(笑)、ドンドンさっさと円安に向かって欲しいという思いと、他の高金利外貨をもっと安くで拾って買いたいからもう一度円のバカ上げをして欲しいとかいう矛盾が(笑)。
 どっちにせよやはり豪ドルは今後はどう考えても強そうですけどね。高金利外貨としてオセアニア通過のもう一方、ニュージーランドドルは、豪ドルと比べてドル円のバカ下げ以後の戻りが遅い。やはり豪ドルは堅調だ。もう一度91円を割るような感じになれば買ってもいいかも知れないが、このまま100円まで回復する可能性もあり、なかなか手を出しにくいところだ(笑)。
 値動きがバカ過ぎるポンド円に関しても、最近はおとなしめで、やはり豪ドルがいかに堅調であるかが解る。今日の豪ドル円の動きからするとポンド円が暴れまくっているような相場だと5円は上がっているはずだが、意外におとなしいので、ポンド円やポンドドルは、あくまでも「ドル安」で動いていると予想でき、ポンド自体に魅力は欠ける、つまり買う気にはなれない、といえるかもしれないですね。
 ユーロドルも、1.47とか1.48をウロウロしてた時が嘘のように、
なんか最近では1.5台が当たり前になっている感じだが、どうも高値すぎて買う気にはなれないしかといって売ったりしてバカ上げさげても永遠に戻ってこない気もして恐い気もする。今一番安全ぽいのは豪ドルの押し目買いだろうか??
ドル円はしばらくちょっと謎で何が起こるかまったくわかりませんね(笑)。
投機筋の割合が相場の大半を占める3月だからこそある日の朝に突然99円から95円に下がるなどという円高ニュース沙汰になった記憶が焼きついていてどうもアレなんだが、4月から実需も増えるだなんだという事みたいなので、ああいう大袈裟な下げはなさそうとはいうものの、どうもね。投機筋のパワープレイは恐すぎ(笑)。まぁ自分も投機筋なんだろうけど(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年04月02日 水曜日/00:51:55/ No.868

メタルピアニズム練習曲集【鉄鍵律】

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
さてさて、
リリースも間近となってきたということで、
超特急で作品の紹介・詳細ページを作成し終えました。

まだ準備ができていないので注文は開通していませんが、
とりあえず作品の紹介ページが出来上がったので、
早速リンクを貼っておきましょう!

もし興味があったら是非覗いてみてくださると嬉しいです♪


メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律

作品紹介ページ



上のページへのリンクは正式にリリース開始するまでは、この日記のこの記事からのみなので、
注文ボタンなどはクリックできてもまだラインナップには追加されていないのでご了承くださいませ。

試聴の内容などかなり迷ったのですが、
やはり聴かない事には作品が解らないので、
変に出し惜しみなどせず、
一曲通して聴けるようにしています。
ボーナストラックの妖刀乱舞のメタルバージョンだけは少しだけですが。

まぁ13エチュードにせよ黒猫にせよ、一曲通して試聴ができるようにしてあっても、
結局、意外と予想に反して、
このCDの売れない時代に、そしてその上この無名人間のCDがちゃんと売れるという事が実績として残せていることから、
やはり音楽業界の低迷には勘違いがかなりある事が解ってきたので、
その上売り物は「楽譜」で、聴くというより弾きたいという事に需要があるはずなので、
試聴を惜しみなく設けても私の損にはならないと判断しました。

 期待を裏切らないものにはなっていると思うので(まぁ別に期待してる人なんてさほど多くはないでしょうけど/笑)、是非、一度作品紹介ページを見てみてくださいね♪
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。