| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > アーカイブ - 2008年10月
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年10月26日 日曜日/00:00:00/ No.1100

新曲レコーディングミックス/ご丁寧な曲アレンジ解説付(笑)

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
TAKAYAソロ7thアルバムに収録すr曲をまたレコーディング&ミックス。

今回は、
「RED EYE,BLUE EYE」
という曲で、TAKAYAソロ2ndアルバムに収録していた懐かしい初期作品の曲の再レコーディング・再アレンジを創作。

今回の7thアルバムは昔の初期作品を蘇らせるというアレなわけで、比較的最近の自分の曲よりも明るくポップな曲もわりと多いが、今回のコレは、
まさにTAKAYAお得意路線の激しくて切ない系のヤカマシイ曲である(笑)。
やはりこういう曲が自分でも一番好きでやっぱり得意なのか(笑)、レコーディングもわりと円滑に進む(笑)。
 ドラムもツーバス連打がかなり登場する系のもので、作曲初期のTAKAYAの若さと情熱が感じられる一曲となっている。
テンポ的には別に高速の部類ではないが、比較的中途半端なテンポなので高速系のツーバス連打よりも同期してレコーディングするのはやや難しい。

少しアレンジも当時のものよりパワーアップさせて展開部分を追加したりして、
よりドラマ性のある曲の構成となり、当時の自分と今の自分をうまく融合できたし、もし過去の自分が今回の私のアレンジを聴いたらさぞ喜ぶことだろう。


譜面

上の譜面にあるように、
この曲は大きくテーマが2つ存在し、
ソーファーソーラーシーファーソーーファーードーーシーーー
の音の並びが主なテーマフレーズで、
Aメロに登場するメロディーラインとリンクしているリズムパターンもテーマの一つとなっている。
 それらのテーマが曲中のいたるところに登場し、それによって曲が構成されていて、
ドラマ性もありつつとってつけたような横にただ繋げただけの曲ではなく形式にそって展開するようになっている。

冒頭部分
まずこれが冒頭部分で、
テーマフレーズをまず曲の頭で登場させて提示。

メインテーマ部分
このテーマが一度Aメロを挟んだ後の間奏などで登場し、
さの際の左右のギターのフレーズが、だいたい上の譜面のような感じになっている。
メインテーマは、
ソーファーソラシファソーーファーードーーシーー
なのに対して、
ソーファーソーーーソーーシーードーーーーー
と若干日本調な音並びとなっている。
リズムは2本のギターともリンクしているが片方はズクズク系で間を埋めるフレーズにして躍動感を出している。
ソーシードー
という音の並びは途中の別の間奏のキメ部分などでも登場する。

サビ部分~間奏


Aメロ部分(リズム的テーマ)
この曲のもう一つのテーマフレーズは、
ダッダッダダダダダッダダッダダッ
というリズムで、
このリズムを用いたフレーズが曲が展開する中で何度も登場する。

展開部A(テーマ変形)
これは曲がワンコーラス終了して間奏を経た後の静かになる部分で、
完全に曲の空気が変化するが、
メインテーマとなっているフレーズを変形させて音の形が隠れている事で曲のテーマを統一させて印象づくようにしている。

展開部B(リズムテーマとメインテーマの融合)
そしてその後、さらに曲は展開し、
メインテーマのフレーズとリズムテーマが同時に融合して音の波が押し寄せるような形となり、
中間部の最も盛り上がるところがここにあたるだろうか。

展開部B終盤(Aメロ部再現)
そしてその展開部から曲の最後のサビへと繋がっていく前に、
リズムフレーズの流用だけでなく、しばらく遠く離れていたAメロが少し顔を出す事で、
曲が元のどこかに戻ってくるかのような暗示となって、その後サビへと繋がりエンディングへ向かわせる。

曲の最後部分(リズムテーマをギターリフに流用)
曲の一番最後のギターリフでもリズムテーマをワンノートで鳴らして印象深く曲を締めている。

わりと曲が展開するが、それでもそこそこ解りやすくコンパクトにまとめているので、
曲の長さは6分半ぐらいとなった。

と、いうわけで、自己満足解説でした(笑)。

このように作曲編曲は、特定のテーマをいかにうまく使いまわして曲の構成にまとまりや統一感を出すかがポイントで、しかもそれは、余計に多くの豪華な部品がなくても曲を構成できるので余計な苦労がいらないので、作編曲は慣れれば慣れるほど楽をして曲を作る事ができるのです(笑)。
 あまり作曲に慣れていない人は、時間をかけているわりには印象に残らない曲しか書けないという事もあると思うが、それは、曲の構成などに問題があり、苦労をしてパーツを考え出して横に繋げているわりに、それが横にただ繋がっているだけでフレーズなどに一曲を通して何の関連性もなくただダラダラと横に繋いでいるからそうなってしまうという事も多いので、要は、自分が思いついたフレーズやテーマをいかに無駄にしないように嫌というほど使いまわすかである(笑)、また、それは楽をしているくせに曲に統一感が出て完成度も増し印象に残る曲を作れるという事で一石二鳥なのである。
 どの分野でもそうかもしれませんが、プロがアマよりも段違いに仕事ペースが早い理由はそのへんだと思いますね。
 楽をしているのに仕上がりがいい。
逆にいえば、楽をした方が仕上がりがいい(笑)。
余計にアレコレいじったものは取り越し苦労になることが多く(「こだわり」とかいう要素があるが、アマの「こだわり」は大半はそれがマイナスや「無駄」に作用する事が多く、それが完成度と必要時間が一致しない理由であると思う)、楽をして無駄を省いたものよりもゴチャゴチャして完成度が低くなるので、そこがプロとアマの差なのだと思う。
 まぁだからといって別に私がプロなのかは知りませんが(笑)、作編曲はある程度自信ありますよ?(笑)ギャハハ(笑)。


スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年10月12日 日曜日/04:31:47/ No.1008

「楽団ひとり」(謎笑) デジピでズクズクギター!

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
 製作中のTAKAYAソロ7thアルバムのレコーディングミックスがまた一曲仕上がったので、試聴を追加しました。
 「Past Window」という曲で、2ndアルバムに収録してた曲の再アレンジ・再レコーディングミックス版です(「2ndに収録してた」とかいってもまぁ多分ごく一部意外誰も知りませんね/笑)。
 この曲はティンパニやフルート、弦のピッツィカートなどが登場したりして、ちょっとプチオーケストラと共演しました的な空気があるアレンジになっています。音色の選択によって、よりタイトルにふさわしいどこか懐かしいような暖かいような空気が出せていると思います。
 まぁ本当に私の初期作品はわりと明るい曲調のものが多かったですねぇ。
サビなんて「え?祭り?」みたいな(笑)。
 でも明るいけどどこか暗いよね、どこか。
そこらへんのバランス感覚が私は昔の楽曲の方が味があった気がしますね。

ちなみにギターは打ち込みではなくデジタルピアノでリアルタイムレコーディングしています(笑)。

いわゆる「ズクズク系」なディストーションギターが登場しますが、
一体これはどうやって弾いているのかと気になる人もいると思います。

鍵盤楽器はその構造上、同じ音程の音をある一定以上高速で連打することができません。
なので、マスターキーボードでギターフレーズを弾こうとしても、
ギターのオルタネートピッキングで同じ単音をズクズクやるメタルではお馴染みのフレーズが再現できません。
 そこで、私は考えました。

YouTubeプラグイン↓
デジタルピアノでズクズクギター&
デジタルピアノでツーバスドラム

--------------------

これはYAMAHAのP-200ですが、
デジタルピアノの種類のよっては、
鍵盤の左半分と右半分を分けることができる「スプリット機能」
がついています(分割ポイントも設定可能)。

例えば動画のように、左手ベース、右手ピアノという事が可能で、
さらに、それぞれのパートを別々のMIDIチャンネルに送信することができます。
 ギターのズクズクをやる場合、
トランスポーズなどを調整して、
同じ音程の音を別の鍵盤でも鳴らせるような設定にします。
それによって、一つの鍵盤を連打する限界の速度よりも早く同じノートナンバーを連打できます。
 これでギターのズクズクサウンドもデジピで楽しめるという事になりますね。
 まぁキーボードを二台つかったりする手もあるんでしょうけど、一台でもj工夫すればこんな感じで可能です。
動画の後半では、これをドラムキットに応用して、
バスドラやスネアやタムなどを、
本来なら一つの鍵盤に一つしか音色がないために、
スネアやタムの連打をキーボードでやるのはかなり無理があるわけですが、
この技によって、1オクターブ分ズレた位置の鍵盤に同じ音色を割り当てて、
スネアやバスドラの高速連打を一台のキーボードで演奏することが可能です。


こないだギターをデジピで弾く動画をアップしたところ、
バンド楼蘭のリペントという曲をそういう感じでやってほしいみたいなリクエストとちょっといただいたので、
現在精力的に活動休止中のバンド楼蘭でありますが、
久々に楼蘭の曲のドラムを叩いて、ギターをデジタルピアノで弾いて(動画では登場しませんがベースの音もデジタルピアノで引いてます)、メロディーは本来は歌ですが、今回はピアノでメロディーを弾いてインストヴァージョンを勝手に作ってみました。

YouTubeプラグイン↓
楽団ひとり(笑)楼蘭の楽曲のギターをデジピで(笑)

-------------------


パッと聴いただけでは、ギターの音がデジタルピアノの鍵盤で奏でられているというのは解らないでしょう(笑)。
こういうズクズク系ギターを鍵盤でやるのもかなり爽快ですよ(笑)。
 ちなみに楼蘭では、通常のギターチューニングで演奏していましたが、今回は試しにメタルではお決まりの半下げチューニングとしてやっているので、ピアノもギターも実際に弾いている鍵盤よりも出ている音は半音低くなっています。通常ではイ短調、サビがト短調となってますが、半下げにするとまた空気が変わりますね。
 私個人的に、変ト短調や嬰ハ短調などのなんともいえない暗さや切なさやロマン感が好きなので、通常イ短調の曲を半下げにすると一気に何か世界観が出ますね。


しかしあまりに久々に楼蘭の曲のドラムを叩いたら、軽くフレーズを忘れていましたね(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年10月09日 木曜日/00:00:00/ No.1006

Nostalgiaで帰る

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
ハッタリ13エチュードのコンピュータ浄書作業、引き続きまして、「第12番:郷愁」の浄書を完了。
 この曲は短いのでとりあえず労力もあまりかからずやりやすいかなという事で(笑)、そのへんからゆっくりと。


譜面

譜面

こんな感じで、誰が見ても聴いても「カエル」な一曲です。
曲中のあらゆるところにカエルが隠れています、或いはカエルのフレーズの対位フレーズも登場します。
※例えば
ドレミファミレド
を逆進行するような
ドシラソラシド
などの音の型。
そこらへんに関して、
バッハのインベンション/学校のチャイムインベンション
などで作編曲ノウハウページに簡単に説明した事があったので興味があればドウゾ(笑)。
学校のチャイムインベンションはこのブログの左側メニューの「黒猫フンジャッタっ!」の動画の後半でも紹介していますのでそちらも興味があればどうぞ。
ってどさくさにまぎれてうまいこと商売やりすぎ(笑)。
 まぁそんなわけで、
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライムも是非!(笑)

関係ないし(笑)。
半分冗談ですが(笑笑)。

アフィリサイトのノウハウがこの記事で学べますね(笑)。
こんな感じでテキトーにナンデモカンデモ関連付けて広告貼ってヤケクソでやってください(←何を?笑)、意外と本当に効果もありますよ(笑笑)。



 Finaleで楽譜浄書する場合、私の場合大半はMIDIで既に打ち込んであるデータを読み込んでから浄書するが、ピアノ譜の場合は、右手左手がハッキリ分かれていて中途半端な数字の連符やカデンツァなどがなくて、登場する音価(音の長さ)のバリエーションがある程度一定であるような楽曲に関してはMIDIからデータを読み込んだらすぐにある程度譜面ができあがっているようなもので、それを微調整すればいいので比較的やりやすいのだが、右手と左手で五線をまたぐような場所がしょっちゅう登場する曲はかなり手間がかかる。

譜面

今回浄書した曲にも登場する5連符系で且つ五線をまたぐ、まぁピアノではよくある譜面パターンでもありますが、意外とコンピュータ浄書ではこういうのが面倒だったりします。

 たまに自分の思う通りの譜面を画面上で再現できなかったり、操作した結果があまりにも意味不明な譜面になってしまったりして

「(゚Д゚)ハァ!!??なんでそうなるんじゃ!!?オレがやりたいこと、解るだろ!?解ってくれよ!!そんなバカな譜面があるわけないだろ!アホかヴォーケ!!(笑)なんだその意味不明な細かい休符は!!」

とか1人でFinaleにキレたりは日常茶飯事。

まぁとりあえず、この一曲はわりとすんなりできました。めでたしめでたし。
でも途中でアプリケーションが突然消えて前回保存してた場所に戻されたというブチギレトラブルも発生したが・・・・
 PCスペックが快適じゃないとFinaleは若干無理があるんですがねぇ。まぁ不可能なレベルではないですが、たまに動作が異様に遅くなって机蹴りたくなります(笑)。
動作がモタッてなんかウインドウが一瞬真っ白になったりして、
そうなると、間違いなくそこで煙草を吸います(笑)。
 健康に悪いです(笑)。
しかも吸い終わるまで画面止まってることもあります(笑)。
だりぃ(笑)。
でしまいに、
「応答なし」

タスクマネージャ開く

強制終了

これまでの作業が水の泡

という事もザラで(笑)。
まぁ保存はコマメにやってるのでアレなんですけどね(笑)。

「応答なし」とかのエラーはしょっちゅう他のアプリケーションでも起こる。
そんな時は、

ドクターコトーでも呼んで、
「頑張れ!!生きるんだ!」
とかいっても、、、
無理ですよね(笑)。
コンピュータはそこらへんがねぇ。








と、この記事だけで無関係なものまで意外に広告貼れますのでその手のことやりたい人はご参考まで(笑笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年10月07日 火曜日/17:41:18/ No.1004

譜面浄書地獄再来(笑)

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
ずっと悩んでいたのだが、やっぱり折角需要があるスーパーハッタリ13ピアノエチュードを、手書き譜の販売を止めたままの状態にするのも勿体ないなぁとも思い、まぁゆっくりでも全曲コンピュータ浄書をしていくことにしました。

とりあえず第一番「予感」を早速浄書し終えました。
譜面
この曲は途中で楽譜の段数が3段になったりして意外に浄書が厄介な曲でした(笑)。
 終始3段とかなら楽なんですが、最初は2段で途中が3段とかいう譜面をFINALEで作るのは逆に手書きより面倒だったりします(笑)。五線を一段追加すると余計なところにまで3段になってしまい、それを特定の場所だけ2段で特定の場所だけ3段とかにする時に、ページの再フォーマットや段組最適化なんかの操作の手順を血迷うとレイアウトがグチャグチャになります(笑)。
 とりあえずあまり目を酷使すると本当に身体がおかしくなってきて歩きにくくなるぐらいになってしまい外に出るのすら億劫になるほど身体の違和感がでてきて不調になってさらにそれが精神の不安定に繋がってロクなことないんで(笑←鉄鍵律の浄書をしていたときも作品はできていってテンション上がるはずが体調のせいで気分は滅入っていくという微妙な状態になったのでそれをあまり味わいたくないがために譜面浄書はもう絶対しないとかやめてたのですが/笑)、本当にマイペースに少しずつやっていきます(笑)。まぁ一日、一つの音符を打ち込むぐらいでいこうかなと(笑)。冗談です(笑)。

 そんな中一応為替取引もテキトーにやってますが(笑)、最近の為替相場の値動きはもうほんと無茶苦茶ですね、世界が終わりそうですね(笑)、日経平均も一万割れを覗う展開、NYダウもこないだは777ドルという意味深な下落幅を歴史的に記録しサラリとブラックマンデーのパニック下落の歴史を超えたとか(笑)。なんでまた777(笑)。

今朝ユーロ円を137.13で買ってみたわけだが、とりあえず、
なんか休憩中にナビスコのサルサソースがついてるポテトチップをつまんでたら、これは明らかにツマミだなと、で、酒が欲しくなって真昼間から冷蔵庫の酒ストックを引っ張り出してきて呑むというダメ人間爆発系なモードでくつろいでたらなにやら訪問者、ダルイんで放置して居留守伝説モードになってたら、そういえばガスの点検が来る日だった(笑)、居留守伝説ということで仕方なく10月17日に延期だとさ(笑)、はーこりゃまた逆に面倒だな(笑)、何このダメ人間ぷり(笑)、まぁその間に為替差益3円分もの利益が(笑)、でも放置してたらまた137円に逆戻り(逆指値は買値と同値においてるんで放置してても別にいいです、どうでもいいです)、もう最近の為替にはついていけません(笑)、疲れます(笑)、なんだこの荒れまくった値動きは(笑)。だいたいから8月ぐらいにユーロ円を169円で5万通貨取引で売ったりしていたときがあったのが嘘のようですね、あれ放置してたら今頃150万円儲かってますよ(笑)、NZドル円も絶対下がりまくるとかいって79円で売ってたのはわずか数ヶ月前ですからね、あれも放置して頑張ってたら今頃それも100万近く儲かってますね、そうなると2ヶ月程度で儲けが200万を越えたわけです、やっぱ下げ相場はいいですね、短期で大儲けできる(笑)、まぁ結局8月にくると思っていた円高地獄のタイミングが少しズレてせいであまりうまくトレードできなくてこのチャンスを完全にモノにできなかったのが悔やまれる、はーだるいね(笑)。
 最近金利スワップが金融パニックでユーロ円などで逆転したりしましたしね(笑)、面白いですねぇ(笑)、ひゃ~もういっそこのへんで世界も人類も終わっちゃえ!(笑笑)

なんだこのテンションは(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2008年10月05日 日曜日/01:53:59/ No.1002

3曲レコーディングミックス

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
7thアルバムに収録する曲を一気に3曲分レコーディング&ミックスした。

試聴ページ

今回レコーディングミックスをしたのは、
・WITCH DANCE
・MY SECRET STREET
・D-MAZE
の3曲。

特に、上の2曲は、TAKAYAのイメージをかなり裏切るような作品で(笑)、
実にポップなナンバーである(笑)。
私が作曲を始めてから初期段階の頃のこれらの曲は、
わりとブラスなどがよく登場し、
後になってから完全にバンド系サウンドに偏ってきたのと違って楽曲全体の雰囲気や音色の選択がポップで明るいサウンド傾向があった。
 後期の(?)私の作品ではブラスなどはほとんど登場せずにギターリフ中心のものが多くなったが、久々にブラスが登場したりしてサウンドの華やかな曲を再アレンジして楽しかったですね。

「My secret street」は、どちらかといえばフュージョン系の曲で、
TAKAYAソロ2ndアルバムに収録していた曲(このアルバムは未発表作品です)。
前のアレンジではピアノがもっとエレピ寄りの音色(鉄っぽい音のほうのエレピではなくDX系のキラキラ系エレピの音でした)だったのだが、
今回はオールド系ピアノ音色で弾いてみたら、なかなかいい空気になった。
 メロディーを奏でるクラリネットがなかなか癒し系で(笑)、紅茶でも飲みたくなる一曲だ(笑)。
ドラムに関しては、曲調に合わせてスネアは軽く高い音程チューニングのアルミ胴スネアで歯切れのよさを強調している。ハイハットも13インチのものを使用。←V-Drum上での設定だが(笑)。
 ツーバスもほとんど使っていなくて比較的黙々とリズムのキープに徹するというTAKAYAらしからぬプレイが聴けます(笑)。

「Witch Dance」の冒頭や曲中でいくらか登場する謎の笑い声は、実は私が自分の声で魔女的な笑い声を真似して(??笑)サンプリングしたものです(笑)←音程は若干変化させてます。
 この笑い声をサンプリングする為に一人でマイクに向かって怪しい声を録音するのがなかなか笑えるもので(笑)、布団にくるまりながらやりましたね(笑)。とりあえずこれは一発でOKテイクでした(笑)。

あと、Aメロの独特のシンセのようなメロディーの音ですが、実はこれも私の声を、
「あーー」
って伸ばしたものの途中一部をサンプリングし、それをループさせて鍵盤で弾いたものです。
音程は実際よりもかなり高い音を使っているのでもともとの声の面影はないに等しいですが、
なんか意外に独特なシンセみたいな音色になったので面白かったので使ってみました(笑)。
 ちなみにサビのブラスのメロディーの中でも同時に同じラインをその音でも鳴らしています。
 上の試聴ページでの音源は、カット編集で曲の一部を省略して、
テーマ→A→B→サビ→間奏→オルガンソロ出だし
と曲のおおまかな部分を試聴してもらうために短縮してあるので一部一瞬音が途切れます(笑)。

「D-Maze」は、TAKAYAソロ1stアルバムより再アレンジ。実に懐かしい。
初期作品は明るい曲が多いといいながら、
こういうやっぱり「TAKAYAっぽい曲」も初期の頃から作ってたんですね(笑)。
 簡単な変拍子も少し混じっていたり、曲の途中で3拍子になって、「途方に暮れている/迷子になってる」感じを表現しています、その後テンポが少しアップして7弦ギターがイキナリ登場して曲が展開しますが、ここは元々はなかったので今回の再アレンジで曲にメリハリをつけた感じですね。
 曲が少し深部に展開した後に、後期の作品であればどんどん曲が長くなったりしていたのだが、今回はあまり長くなり過ぎないようにスッキリとまとめたいというのもあったので、ちょっと展開してすぐにまたBメロに戻っていきます。クラシック的な形式美とかの感覚で曲を深く展開させるとあまり通じゃないような人にはよくわからないかなというのもあったり、コンパクトにまとまってた方が聴きやすいかなとか。
 この曲は変拍子とかあるし本当はもっと複雑に曲をどんどん展開させてかなりプログレ的なネタもできそうでしたが、ややこしくなってもせっかくの初期作品における「わかりやすいメロディーや曲調・ほどよい演奏時間」を潰すのもあれなんであえてまぁ短い時間の中でちょっとしたドラマ展開をコンパクトにまとめました。
 ちなみにギターは全部私が弾いています、

デジタルピアノで(笑)。


しかしブッ続けで作業しててまったく休めてないので疲れました(笑)。
そういえば試聴でアップしてるmp3のファイルって、
実家のパソコンのオーディオスペックがあまりよろしくないっぽくてたまに音割れますね、でも割れない時もありますね(笑)、マウスとか動かさなかったら音が割れなくなる気がするので多分ミックスのせいではないでしょうけど、謎です(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。