| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > アーカイブ - 2009年04月
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2009年04月22日 水曜日/00:00:00/ No.1234

ヤバイ!最近オレの腰がフル回転さ!

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康

 タイトル意味不明過ぎる上一歩間違えるとシモっぽいが、
別にそういうフル回転なわけではw

 しかし、なんか妙に、身体が以前よりも、
「しっくりくる」。

座禅に立禅に馬歩たんとう功に空手基本技稽古などなど、
まぁ相変わらず視覚異常や違和感が治るわけではないにしても、
視覚の違和感に自分の身体が振り回される感じが無くなってきた。

つまり、パッとしない平衡感覚も物が二重に見えるのも視点が定まらないのも、
それらすべてをある意味完全無視し、
「身体のバランス」が優先されて、
眼振に起因する首の傾き具合は明らかに改善してる、
以前なら、傾けないとまるで平衡感覚がつかめないので、
無理矢理気分が悪いのを我慢して、
じっとしてる時も歩く時も見かけ重視でできるだけ真っ直ぐにしてたりして無理して、
やはりその気分の悪さが身体にキてしまったりしていたが、
色々鍛錬してるうちに、
地球の重力、重心、体軸の意識の方が邪魔な視覚を上回って、
それで身体のバランスが保てる感じになってきた。

下半身も異様に以前よりも安定している。

空手の蹴り技の予備トレーニングとして、
片足立ちで横に蹴り出しそれを内転したり、
片足立ちで膝を上げて外転・内転など、
こういう動作でかなり骨盤の歪みが自己調整される。
 実際にやってみれば解るだろうが、
片足立ちで、上げた足を内側や外側に振る動作は意外に難しいものだ。
これだけでも骨盤は相当にいいコンディションが保てるはずだ。

 あとは、突き技の空打ちなどをすると、
私なんかはドラムなんかをやっている関係で、
わりと左右の筋肉にかなり差があると思うが
(どうしてもロックやメタルのドラムでは右手の使用率の方が圧倒的に高い。それによる差を防ぐ為に、私はわざと左手は太くて重いトミーリーのシグネチャースティックで叩いて差を補いながら強化もしている)
空手の突き技を左右均等にやると、
ドラムだけやってるよりも左右のバランスはより整いそうだ。

手刀打ちなんかやると特に左右差を嫌というほど感じる。

右手はさすがにクラッシュシンバルなんかをガツーンとクリティカルヒットさせる時に
脱力して手首や肩のスナップを利用するのに慣れているから、
身体の中核→胸→肩→腕→手の連系した動きに違和感がなく、
何も力を入れなくてもキレのいい空を斬る音が鳴る手刀打ちができて気持ちいいが、
左はやはり右よりは劣るし空を斬る音も小さいし、自分でも肩のスナップのきかせかたなどが右手より違和感が若干あるのが解る。
 だいたいそういう場合は、無駄に肩がブレたりしている事が多く、
右手なんかは相当手首も柔軟で速く返せるので、
肩のスナップを使わずに手首の返しだけでも空を斬る音が鳴ったりするが、
左はやはり手首自体も右より劣るようだ。

これは多分、ドラムで左手でずっと使っていたスティックが重めのスティックだったため、
自分の身体のスナップよりも重みを利用するような叩き方をしていたためかと思われる。

右手は標準的なスティックを適当に使っていたので、

右手は、軽い(まぁ標準ぐらいの)スティックを重く使う、
左手は、重いスティックを軽く使う、

というような微妙に異なる身体の使い方をするスタイルをとっていたからかなと。

まぁ別にそれが悪いとは思わないわけなので、
ドラムにおいては、特に何を改善する予定もないが、
空手の基本技を左右均等にやれば、
おそらくドラムだけでなく、
全身のバランスがもっと洗練されるだろうと思う。

突き技も蹴り技も、全てにおいて、
骨盤の押し出しや回転が重要なので、
そういうのを日課にしているだけでも、
日常での何気ない動作でも相当下半身は安定している実感がある。

普通の直進からさりげない方向転換、
量販店などのエスカレータで
1Fから2Fに上がって、その2Fから3Fに上がるエスカレータに乗り換える時の?180度のターンにおける骨盤の内転や足の運びとか、
そういう動作一つ一つが妙に快適だ。
自分の中で、
「周囲にいる誰よりもカッコよくエスカレータの踊り場でスマートにターンする!w」
とか1人でゲームやってるぐらいだwww
 道歩いてて、白線とか地面に敷き詰められたブロックとか柄の線を目安にして、
「このラインから足の着地や歩行ラインがズレたらオレは死ぬゲーム」
も、骨盤の調子がいいとめちゃくちゃ綺麗に直線を快適に歩ける。

これは今までもよくそういうのやってたがwwww

 多分私がいくら食べても太らないのはそのへんだろうかwww
かなり普段からいい意味で緊張してるというか、
バンドやってたりしたからなのか、
普段の姿や動作でもどこかステージ意識化してるwwww
だから緊張感があるから痩せるのかなとwwww


パンチングバック
パンチングバック


ところで、ドンキホーテでこんなものを衝動買いしてしまった。
1200円ぐらいだったのでまぁお得だろう。

まぁヘボイながらも新聞紙4枚重ねを貫通パンチできるぐらいだから、
まぁあまり本気でやると壊れそうなクオリティかと思うがwww、
フォームの確認とかに軽くストレス解消に使おうかなと。
多分、タオルかなんか巻いた方がよさそうね。素手でパンチしたらすぐ壊れそうだしw

なんか説明書の注意書きに、
「ヒットすると前後左右に本体が揺れるので、戻ってきた本体が顔に当たらないように注意」
とか書いてるwww
それマヌケだなぁ・・・www
当たってもまぁ自己責任だろうwww


でもこれやっぱ事務所じゃ無理かなぁ・・・・
音がねぇ・・・・・
デジタルピアノで苦情あったぐらいだから、
やっぱりこの環境で少しでも謎めいた音を出すのが恐い。

なので、実家に持って帰って使う予定。
もし音がさほどデカクなかったら事務所のシャワールームで使えそうだがwww

ま、事務所では空打ち稽古でも充分だろう。
まぁ対人戦のために空手技稽古してるわけでもないし自己満演舞できればいいかなって感じだしねw
スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年04月19日 日曜日/00:00:00/ No.1231

站椿功で気のタマが!

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
たんとう功

たんとう功をやる時、
私はあまり「気」とか意識せずに(オカルトっぽいしw)、
重心を意識調整する感覚や呼吸、全身の統一・筋肉の繋がりの意識、下半身の筋トレ、という感じでやっていたつもりが、

なんか今日、ものすごく面白い感覚を味わえてしまった。


 上の図は馬歩たんとう功に近い感じの立ち方ですが、
(多分、馬歩たんとうの基本の形は手の平が床に向ける気がしますが、なんか色々形があるみたいなので、まぁ指の形はなんでもいいのかも知れませんwww)、
とりあえず手の平を向かい合わせる感じでやっていた。

 手が熱くなる感覚や手がそれによって膨らんでいく感じは以前からあったのだが、
なんというか、

たんとう功の最中、明らかに手と手の間に何かある!!!

手の平やそれぞれの指から、確実に、そこから熱が発していて、
そして、左手の指と、右手の指とがまるでつながっているかのような感覚になり、
しかも、それが一つの塊のような何かになって、
まさに、ゲームとかでありそうな、「気功拳!」「波動拳!」とかいう感じの目には見えない物体が熱を持って確実にそこに発生した。

これは本当にオカルトではなかった。

で、目を瞑ったりするとより感覚が鋭くなって、
わざと手の位置をズラしてみると、
そのボールのような物体がなくなって、
また、左右から発している熱が消えて、
「手の位置がズレた」というのがハッキリ解る。
元に戻すとまた熱を感じてボールのような物体が現れ、
手の位置が離れているのに、自分の手の位置が左右そろっているかを把握できる。
しかし、把握はできるが、自分の手が存在しないような感覚も逆に同時にある。

 また、集中すればするほど、
その左右の手がまるで固定されているかのように、
動かせないような感じになって、
ますますそのボールのような物体が大きくなる感覚がした。
 ボールが発生すれば、
あまり集中していなくても勝手に手と手がボールに吸い寄せられる感じになるので手の位置がズレないようになる。

で、面白いのは、そのボールのような物体が大きくなったと感じた時、
わざと左右の手を近づけようとすると、
何か中心から反発するような感覚がオカルトではなく本当に味わえる。
 左右の手を近づけようとすると、
そのやわらかい弾力のイメージとしてはちょうど磁石の同じ極同士を近づけた時の反発に似ていた。

その反発に正直に従って手を左右を広げていくと、やはり玉が大きくなっていく。
これは面白すぎる!!
なんだこりゃと思って、
そのボールの弾力で縮めたり大きくしたりして遊んでたら、
20分があっという間に過ぎたwww

手と手の間だけでなく、
木を抱えるようなポーズをしている腕の中にも
何やら眼には見えぬ確実になにか物体が発生ている感覚も味わえた。


ただ、ボールで調子に乗って面白がって遊んでいると、熱か気か知らんが、それがだんだん冷めてしまうのか、
あまりボールをいじくりすぎるとそのボールの存在感が少しずつ薄くなってしまったりする。
なので、しばらくまた手を固定していると、またボールが発生してくる。

かなり距離を離しても熱か気か知らんが、確実に目に見えない物体を感じる事ができたが、
なんか不思議ですね。
いくら手の平や指から熱を発してるといっても、
あんなにはっきりしたボールのような存在を発生させて、しかもそれが弾力性を持った本当のボールであるかのように遊べるなんて!


ちなみに上の図の赤い矢印は、
足から上に繋がってくる筋肉の微振動の流れをなんとなく表したものです。
足は20分ではさほどプルプルしなくなったが、
それでも、筋肉の細かい動きが足から上に上がってきて、
体じゅうの筋肉が細かく伝わってきて連動して動く感じは確認できますね。

あと、左図の真ん中の赤い点から斜め上への謎の矢印はナニが起っているのではなくw、
ヘソをナナメ上に向けるイメージを図にしたものです。
 また、その際に、ヘソの周囲を後ろから下→前→ななめ上という向きで回転させるようなイメージでヘソを天に向けるイメージを持つと、呼吸もなんだか安定しやすくなる。
 これは太極拳のとある本で書いてあって実践したら、確かに何かが「しっくりくる」感じになるから驚いた。
 図の右上は、足の重心のイメージで、
やや踵に近い位置で内側寄り。
腓骨ではなく脛骨から繋がった先の距骨に体重を乗せると確かにどんな体勢であれ楽だ。
※参考↓
体軸 正中線
センター・体軸・正中線


 これは普通に脱力して立って身体の中心線や地球の重力を最大に感じるトレーニングである普通の立禅の足の重心の位置と私は同じにしている。
 やはりこの重心が一番力を抜いても楽に地球の重力に乗っかれるようだ。


足から上がってくる筋肉のつながりによる全身の筋肉の微振動、手の平や指から発生する熱をそれぞれの逆の手が感じる・繋がる事で発生するボール、
これを、単に筋肉の繋がりとかただの熱と捉えるか、
それを「気」の流れや「気の玉」と捉えるかは解らないですが、
とりあえず、確かに不思議ではあります。

人間とは面白いもんですなぁ・・・・
アレやコレやと商売で回してるだけのモノ達を追いかけてそれを富だと勘違いするより100倍は楽しいし、生きている事に頭でだけではなく体感的に本当に感謝できるし本当の意味で豊かな心地になりますね。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年04月14日 火曜日/00:00:00/ No.1226

空手とドラムとピアノ/人間の本能

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
本 空手道実践トレーニング
空手道実践トレーニング―基本を極める!



新聞パンチをやっていると、、、

やはりどうしても空手に興味が・・・・wwwwww

本屋で居座って、中国系武術である太極拳の本と、そして空手の本と、
あと、それぞれの方向性というか、
太極拳の本の中で、
強くなりたいだけなら空手を勧める、みたいな事が。

まぁ、「強さとは何か」みたいな話になるとやたらまた複雑なんですがねww、
たんとう功や馬歩たんとう功や立禅・座禅は、それぞれ、
筋肉の状態や体調なんかも見ながらその中の何らかを毎日数十分を何セットかやってますが、
これは私的な主な目的として、
自主整体、呼吸の安定→体調の安定→精神の安定。
眼振・複視などの目の障害などによる平衡感覚の無さによる身体全体の「しっくりこない感→それが心理的にも不安定をよぶ悪循環」や眼振に起因する斜頚などの本気克服、
これは、視覚の違和感を、身体感覚や集中力を磨く事でその違和感にも勝る身体感覚を身体の中心から鍛えて打ち勝とうというもの。

馬歩たんとう功に関しては、
「気」とかはあまり逆に意識はしてないが、
筋トレで普通に今までやってたスクワットなどよりも恐ろしく足腰に負担がかかって鍛えられるので、馬歩たんとうに切り替えようとしているところだ。

筋トレでのスクワットでは50回~100回を数セットやったり、
回数を減らして腰を下ろした時に数秒間止める(スポーツ医学系のジムで習ったやり方)とかをやっていたが、
馬歩たんとうは現在は20分程度を目安にしているが、恐ろしくしんどいwwww

で、それによって足がプルプル震える事で別のものも得れる事に気付いた。
足がプルプルしてきたら、プルプルするのにそのまま身を委ねて脱力したままでいると、
足のプルプルが上半身に上がってきて全身がプルプルし出すのだ。
これが面白くて仕方がない!wwwww

例えば腹筋トレーニングをやってて腹筋が疲れたから腹筋がプルプルするというのはよくある話だが、
あくまでも、足が疲れてプルプルしてるのに、
そのプルプルが下から上に伝わってきて腹や背中や頭や腕までプルプルするのだwwwwww

つまり、これによって、「身体の各部位は別々でありながらも統一されている」という感覚を自分の身をもって体験でき、それによって多分普段あまり日常生活では縁のなさそうな筋肉にも刺激がいって活性化されていいと思う。

足の大腿筋やハムスト→大腰筋→横隔膜→大胸筋→肩→腕・首と、すべてそれらが繋がって連動している事に感動する。

 どんな感動的な芸術観るよりまず自分の身体というお金で買えない財産の神秘に本当に感動する。
人のカラダは金で買えるみたいですがwww、そういえば自分の身体は逆に何にも変えられないですよね、これはすごい、それがたとえ少し障害があろうとも、だ。

普段、人々は毎日一生懸命働いて、「自分が」頑張ってると思っていると思うが、
実は違うよね、自分が疲れて寝てる間も働いてるのは体だし、
そもそも、普段そうやって「自分が」人生の主人公であるかのように自分の身体を自分の強引な意思や欲でこき使っているその身体の仕組みすら実は結構知らなかったりする。

自分は身体という借り物を借りて生かされているのに、その借り物をよく知らないくせに「自分があたかも主人公であるかのように、自分が頑張っているかのような人生」を送るのもどうかと。

 と話がそれたが、馬歩たんとう功の足プルプル→全身プルプルは下半身の筋トレ要素だけでなく、身体感覚や身体の仕組みをなんとなく理解できるメリットがある気がする。

 で、「気」にはあまり意識はしてないといいつつも、
やはり、やっていると勝手に「気」の意識も少しは感じられる(気がする)。

少なくとも、手が熱を帯びてきて拳が大きくなるような感覚は確実にある。
ただ手が熱を帯びて手と手を近づけたり離したりするとその熱を感じる、というより、
熱とは違う種類の何か、明らかに形はないけど形にできそうな感じのする何か目に見えぬ物体を感じた気になるような感覚は解る。

 また、たんとう功を終わって収功(たんとう功は苦しい姿勢で長時間立ちっぱなしのため、酸素を多く必要とするので脳の酸素が低下して思考力などが低下するそうで、それによって身体の活動力が低下し、エネルギー消費レベルも低下、それが気を吸収したり動かす能力を高め、心も安静になるんだとか。でそれを通常の状態に戻すためにやるのが収功)をやらないと逆に体調が悪くなったりするようなので、一応ちゃんとやっているが、すさまじい心地よさと充実感ですね。


とまぁ、身体感覚を養う基本として、下半身の筋肉の状態が余裕があれば馬歩たんとう功を、そうでなければ自然な感じで脱力して立つ普通の立禅(??)や座禅をやっている。

上半身や下半身別の日を変えてのウエイトや自重の筋トレやストレッチ、
後はピアノやドラムもやっているわけだから、
まぁこれである程度身体感覚は充分磨かれるはずではある。

太極拳は「ゆら~り」とした感じみたいですが、
私はツーバスドラムなんかをやってる関係で、
やはり、
「シャッとピュッとバシッ!」としたのが好きなんでwww、
買った空手道の本に付属してたDVDを見てるだけでもヨダレが出てくるwwwwww

このシャッ!とした身のこなしに空を斬る音、本当に好きで最高wwww
ちなみにドラムもスティック振り下ろすと空を斬る音が鳴ります。

ドラムもやはりこういう系なので、
かなり共通点はあるかなと思います。

あ、そうそう、こないだ新聞パンチで4枚重ね新聞紙を貫通させれたと思ったら、
次の日やったら2枚しか無理でしたよ。
やはり何かが揃わないと新聞パンチは意外に意外に難しいようですよ。
おまけに、調子が悪いと、

拳から血が出てきました


逆に、4枚重ねでもサラッと貫通できたような時の「無敵スターを取ったスーパーマリオみたいな状態?」に自分がなってる感覚がするような時は、
別に拳もあまりダメージがないし、特に力を入れたり必要以上に必死で集中したりしている感じがなかった。
 つまり、調子が悪い時は無駄があるんでしょうね。
でもその「いけてる時とそうでない時」の具体的な精神状態や身体の状態の違いが自分ではあまり解らないから身体は不思議だ。
ダメな時はその無駄な力が自分に跳ね返ってきてしまって皮めくれて血が出るんだろうなとwwwww
 いやぁあれは笑ったよwww
新聞紙パンチして血が出ることがあるなんてねwwwww
「おいおい、なんか新聞紙に赤い線が入ったぞ?ww」
みたいなwww
(線になるのは新聞紙が貫通せずに上にめくれあがるダメモードだから)

そういえば、空手の突きで新聞パンチやるなら、片手で新聞紙を持って吊るせないから、どこか上から吊るしてやるとよさそうですね。
 片手に新聞をもってパンチする場合、足も特に踏み込まないしあまり腰の捻りを利用したパンチとかができないから、純粋に腕をスッと前に出すだけなのでより新聞パンチが難しいんだろうなと思う。
 その分まぁ、かなり集中力や瞬発力や呼吸のタイミングは養われるかと思うけれども。

能のすり足や動作なんかもかなり参考にしたりしていて、
足を足でなく身体の中心や全体で操るのを、ドラムでのそういう身体の使い方には慣れているけど、他の普通に前進・後退する感じも日常に応用できたりしてるので、
空手の足運びも参考に色々やってみたいところですね。

軸がブレずに色々な動作をスーッと身をこなせたらやっぱり面白いですよね。

空手のビデオとか見ると、
「うわー、スゲー!」
なんて思うけど、
逆に空手やってる人はドラムを見ると
「うわー、ありえねー!」
とか思うんでしょうかねwwww

でも分野は違うけどかなり共通点ありそう。

私にとってツーバスドラムは本当に出会ってよかったですね。
関係ないけど、
ドラムって車に乗れない私にとって、
ちょっとそれの代わりになるんですよねwwwww

目が悪いから車に乗れないだけで、乗れたら外車とかブンブン乗りたいタイプの人間なんでwwwww
派手でカッコイイよくて無駄にお金かかりそうなものが好きな傾向があるダメ人間TAKAYAが、
唯一それをちょっと叶えれたのがツーバスドラムだから。
ワンバスじゃなくてツーバス、絶対にツーバスwww
車と似てる。
派手だし、(ツーバスドラムセットの)見た目カッコイイしwwww
色も選べたりセットもカスタムできるじゃないですか、
つまり、それってヤンキーの改造車と同じですよ。
普通のドラムセットは乗用車で、
ツーバスドラムセットは外車とかスポーツカーとかヤンキー改造車のイメージですわwwww

ピアノは、逆に優雅なイメージと裏腹に本気で地味ですよ・・・・wwww
めちゃくちゃ聴いてて爽快な曲でも、、、、
実際は演奏する側の立場としては、、地味ですよ・・・・

あと、スポーツ的な身体の使い方を、
ドラムには応用できるが、
ピアノはまたなんか違う気がする。
 そもそもピアノの動作は人体にとってかなり不自然かと。
だから、ピアノはピアノをキチガイみたいにやらないと、ピアノができないだろうね。
実際、ドラムは本気で気持ちいいが、ピアノは本気で気持ちいいと思った事はあまりない。
何かストレスや違和感がある。ちょっと残念だけどね…。

ただ、ドラムは単体で音楽にならないけど、ピアノは単体で幅広い表現ができる楽しみがある。
だから、ピアノもドラムもやってるのは美味しいトコ取りで結構贅沢だよねぇ・・・・wwwww
ドラムだけでもふとつまんない瞬間があるし、
ピアノだけだとストレス溜まるし。
うん、両方あって丁度だね・・・・wwww

ちなみに作曲や編曲もするわけだけど、
ハッキリいって、
自分はそれらが素人以上のレベルはあきらかにある程度の能力はありそうだけど、
でも作曲家とか編曲家とかには100%なりたくないですねwwww
 あんな不健康で病気みたいなのはないよwwww
絶対やる気ないwwwww
やるんなら、まぁその病的な生活のストレスに相応する高収益が見込める場合かなwwwwww
やっぱり人間は、のびのび身体動かすことがやっぱり本能なんじゃないかなぁ。
そういうときが一番やっぱり何か気持ちいいもんね。自然っていうか。

だから、貧乏でもいいから芸術がやりたい、
なんて全然思わないねwwww
そこまでやるほど芸術に意外に思いはないというか好きでもなさそうですwwwww
それにのめりこむと、歴代の巨匠アーティストを見れば解るように、
だいたい後期になると精神病んだり宗教チックになる芸術家多いよねwww

私も音楽を追及するのはそりゃ楽しかったけど、
なんかやればやるほど何かが狂うんだよ・・・・。
それこそ、アキレスと亀みたいな関係なんじゃないかなぁ。
芸術は恐いですよ。
あまり本気にならないほうがよい。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年04月12日 日曜日/00:00:00/ No.1225

新聞パァ~~ンチッ!!!

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
うーん、あれだね、
多分、こないだNHKで人脈がどうたらって番組を見た事が
私の中のなにか「あまり考えたくない事を考えてしまうスイッチ」が入ったのか、
明らかに精神状態が突然不安定になってブログの記事がまた混沌とした記事になってますねwwww

何もやる気しないモードになったので、

新聞パンチ!
新聞パンチ!

新聞パ~ンチ!!ww


で気分をリフレッシュww


気持チー!

超キモチー!!!



とりあえず、新聞紙4枚パンチ貫通に成功wwww

あ~気持ちいい♪wwww

 そのうち、10枚以上を一気にパンチで貫通するのにチャレンジしたいですね~wwww
で最終目標はカワラ割り、そしてさらなる最終目標は裏組織の伝説の用心棒として月3億で雇われる仕事でもしてそしてそれで得た資金でオレも大阪府に1億円の寄付をしようじゃないかぁ!!wwww←冗談ですよ


しかし、新聞パンチ、本当に面白いですね。
脱力できてなければ1枚でも貫通は難しいし、実際、百発百中というのは意外に難しいが、
とにかく楽しい。

これで新聞パンチで2枚抜きや4枚抜きを何度もヤッてスッキリしまくったら、
無気力だったのにピアノを弾く気になったので弾いたりしていた。

素晴らしい精神改善作用も兼ねてるらしい。


そういや、うーん、確か二十歳になるよりも前だった頃に、
何か福祉関係の仕事に就きたいと思って本まで買って、
それで「作業療法士」ってのに目をつけた事があったんだけど、
そうそう、全国の作業療法士さん、
この「新聞パンチ」施設で是非プログラムに組み込んでもらいたいぐらい本当に楽しいですし、身体の深い部分の筋肉とか感覚も目覚めるし何より精神的にも何か健康を呼ぶ作用があると思う!!(笑)
ただ、もし貫通させるのが難しかったら逆にヤケになってストレスがたまるかも???www

いや、でまぁ結局、
その作業療法士とやらには、どうすればなれるのか!?
というのを見たらですね、
試験、試験、試験、
もうほとんど医者みたいなもんですよね(理学療法士の方がもっと医者チックみたいね)、

そんなのボク、
しんどいからやだねったらやだね♪

なんて一瞬で諦めたんだけどwwww、
いや、自分には音楽とかあるじゃないですか、
だから、私以外の人がその役割は果たせるだろうし、
逆に私には私にしかできない福祉的な何かがきっとあるだろうし、
それを生かす方がいいだろうという思いもあったりして、
何かこう、国家試験でどうたらっていう福祉の道みたいなのを
目指したりは結局しなかったわけだけど(いかにもっていう勉強とか本当に苦手で頭悪いんで・・・・w)、、

新聞パンチ療法士
(NPPT:News Paper Punch Therapist)


っていうのに今からなろうかなと(大嘘)


どんなニッチな職種www

でもまぁ世の中「そんな職種あるんだ!」「そんな謎の研究家があるんだ!」
みたいな謎なのもいろいろあるみたいですしねwwww

ということで~ぇ~え

私の進路希望の一つとしてぇ~え~え、

「眉目幅哲学研究家(東大第三眉毛科教授)TAKAYA」

あると思います!
(ない)



いやしかし、
新聞4枚貫通って、結構最初はできるイメージ湧かないんだけど、
二枚貫通できるなら4枚もできるだろうと思ってやったら、
あっさりできたわけだが、
やはり、コツは、
呼吸の貯め方と解放のタイミングや
脱力ですよね。

でもそんなに長い間を開けて必死で集中しなくても、
さっと吐いてさっと吸ってフーンって軽く解放すれば、
5秒以内でもできたみたい。

不思議なのは、
新聞紙をパンチで貫通させることに成功した時、
「いかにもパーンっって穴を貫通させた!」
という感覚がないこと。

むしろ、

「あれ?あ、穴空いたみたい。こんなので貫通するんだ??」

っていう意外な感覚がするんですよね。

パコーンってやったるぞ!!
と意気込むと逆にスカ食らう感じになる事が多い。

つまりそれってやっぱり脱力ってことですね。

なんかフワ~ッて感じの身体感覚なのとは裏腹に結果は激しいと。
ドラムとやっぱりよく似てる。

目で見たイメージとは真逆のイメージ。

結果は激しいのに自分はさほど激しくない。

逆に結果のイメージどおりに激しくやろうとすると逆に弱くなる。

本当に面白いですね。


シャッピュッパーン!!

ではなくて、、、

ぬらり~ん スッ!wwwww

イメージとしては、

かとちゃん ぺっ!

のイメージで、


ぬらりん スッ!

はいみんなで一緒に~


ぬらりん スッ!!


この感覚で脱力ショットするんですよ。いやマジで。






願いのピノ

関係ないけど、
久しぶりに「願いのピノ」が出現。

さぁ、ユーロ円でも100万通貨でショートすっかなぁ???(今はしませんwww)
いやぁそういやなんだかんだでドル円が100円回復してきましたが、
ユーロドルやポンドドルのバランスは、やはり対ドルでユーロやポンドが超爆下げした去年10月からはあまり大変化はないわけで、今はつまりはドルが少し回復、豪ドルなんかも結構堅調に推移してきたが、
さてさて?今後はどうなるか??
通貨ごとの金利差も縮まって今後どの通貨の金利が今の緩和状態から先に引き締めモードになってくるかは全く解らないだろうし、新通貨がどうたらなんていうのも全く予測がつかないので、明らかに投資は厳しすぎる局面なので、どういう流れになろうと指をくわえて見守るぐらいしかなさそうな素人には、いや多分プロにとってもまったく意味不明で混沌とした相場が続きそうですが、
なんとなく、このまま円安転換のままスーッと行くようには思えないですよね。
ここで、転換に乗り遅れまいと焦った投資家なんかが円売りすると多分調整でガーッと下げてきそうだよねまたwwww
で、それで再下落して仮にまたドルが90円半ば~後半あたりに下落したところでじゃぁ拾う気になるかってーと、まぁならないよねーwwwww
 でもそこで拾わなかったら多分、スーーーってトントン拍子に110円あたりまで去年10月の悪夢が何事もなかったかのように回復したりして???wwwwww

まぁ全世界の欲望に満ちた投機家さんたちは勝手にガチャガチャやってドリームと地獄の狭間をウロウロしててくださいな・・・www
今後の世界の経済はまったく解りまへんわwwww
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年04月08日 水曜日/00:00:00/ No.1221

すり足

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
 何故か、「すり足」をやるといい気が流れるwww
立禅や座禅でもそうですが。


すり足といっても、
これが意外に奥が深い。

人間は普段、当り前のように立ったり歩いたりしているが、
その動作(筋肉や骨格の動き)をより強く意識すると面白い。

腹式呼吸で重心ができるかぎり浮かないようにするだけでも重心はある程度安定するが、
すり足ではさらにその重心の安定がシビアだ。

足を上げずに足をすって前に出そうとすると、
「足で」進もうとすると動きが取れないから面白い。

これはドラムなんかでもそうなので感覚はある程度共通していると思うが、
動く部分が足だと、つい人は足をどうにかしようとするものだが、
実際に意識する部分は足じゃなかったりする。

足でドラムのバスドラを踏もうとしても大きい音はでないし何より動作の開始が遅れて疲れも早い。
が、足の付け根(股関節)、もっといえば腰やそれよりも上(おそらく大腰筋)から
足を操作するイメージを持てば足はより初動作が速くなり疲れにくくなり、パワーも増し、脱力もでき、さらに、その身体の中心あたりは、足だけでなく手にも関連してくるため、
手足のコントロールをその中心から意識することで、手足のコンビネーションや手足同時のショットなどがより「一点」になってキレとパワーを生みやすい。

足は足、指は指、腕は腕、という風に意識をバラバラにするイメージが他者からみればドラムはあるだろうが、
実際には、すべてが関連して一つになっていて、バラバラにそれぞれを動かすイメージはない。
また、そのためには、意識は手先だけや足のみではなく、それらを遠隔コントロールする中心部にないとある一定以上のパフォーマンスは難しい。


と、どうしても身体意識の話になるとドラムの話になってしまうがww、

すり足の足の運びもその感覚に似ている気がする。

「足を」前に出そうとすると本当に身動きが取れないですね。不思議です。

ただ前に足を動かすだけならできるでしょうが、
重心が浮つかないようにしようとすると、
足を出そうとすると足が出せないのである。
足を上げるとか、すり足だと足は上に上げないけど、
足を前に出す為の予備動作のようなものを意識する時点で何かがブレるのだ。

で、足はただ単に股関節からぶら下がっているだけというイメージで、
股関節やそこより上の筋肉の操作によって足を遠隔操作する感覚でやれば、
足を動かしていないのに足がスッと前に勝手に動く、と。
そしてそうすることで重心が上下にあまりブレず、また、そうやって足を前に繰り出した時、身体になんともいえない気持ちよさが走る。

右手に扇子を持って前に手を差し出す「差し込み」なんかやりながらすり足で前進してみたり鏡を見ながら能をやってるフリなんかするのも意外に熱くて楽しいwwwww

で、そういう動作をするとなぜか勝手に呼吸が異様に安定してくるのが不思議だ。
つまり、おそらく身体の正中線がある程度通っているに近い状態になることで呼吸もまたしやすくなり、意識を呼吸にやってなくても呼吸も安定し、気づけば顔の表情まで緊張が和らぐということになるのだろう。

ちょっと膝を曲げた状態ですり足の動作をして、股関節の動きを確認すると、
面白い事に、脚は前にスッと出るのに股関節は内側に回転している。

やはり、「足で足を前に」出そうとしても重心がブレてしまうという意味が解る気がする。
つまり、身体の構造的に「不自然」が発生するのだろう。

足を足で前に出そうとすると、実は微妙に内側に内転する股関節や内転筋を無視して、
「足を前に」と意識が先にたち、足で自分の身体の中心部を無理矢理振り回すという事になってしまうと思う。だから重心がブレるのだろうと。

 つまり、足のボスは足ではなく、足を動かす裏の黒幕はやはり身体の中心で、
そのボスを操るイメージをもつ事で重心があまりブレないという事になるのでしょう。

世の中、目に見て解るようなものはあまりアテにならないが、
身体においてもそのようですね。

だからまぁ極端な話、ドラムの教則ビデオなどを見ても結局何も解らないし正直意味がない(ヒントを得る場合はあると思うが)。
何故なら、目に見えて解る動作してる部分の動きよりも目には見えない部分の動作や意識が鍵を握っているからだ。

なので、ドラムの教則ビデオは、
できれば、全身、X線で骨と筋肉を透かした状態でレントゲン撮影の動画にした方が教則としてはいいだろうwwww(ドラマーがX線にやられて病気になりそうだがwww)
できれば、マルチ画面にレントゲンでガイコツ状態になってドラムを叩いてる時の筋肉や骨の動きが映されて観客に解るようにしてライブをやってみたいwwwww

と話は謎な方向にいったが、
まぁだから足の角度や膝の高さなんてあまり関係がないのだ。
コントロールする能力があれば、椅子が高くても低くてもテンポ200ぐらいまでならある程度はツーバス連打ができるし、実際、ライブでドラムの椅子の高さ調節ネジが壊れていて、異常に低い椅子で180以上のテンポのツーバスドコドコの楽曲を普通に演奏した事もある(まぁ慣れない高さだと疲れはするが、高さごときで「出来る」「出来ない」が大きく変わる事はない)。
 椅子が低いと速く踏めないとかいうのは、まさに、「足で足を持ち上げようとしてるから」であると思う。
 なので、意識はどんな動作をやるにおいても、
実際に目でみて解る動く部分ではなく、もっと遠い部分から関連付けて動かすとパフォーマンスが上がるという事がいえると思う。

でもドラムでそれだけ慣れていても、やったことない分野はやはりアヤシイもんで、
すり足ひとつとっても、なかなか奥が深くて難しいもんだなと思った。

身体の中心をあまりブラさずにいかに直線をスマートに歩くか、
という事を道を歩いている時に一人で勝手にやったりしてた事があるが、
その時は、
「この白線の外は穴か溶岩の海で、白線から足の着地がはみ出たらオレは死ぬ!」
という設定を頭で作って道を歩くとスリルがあったwwwww
 傍からみると危ないかも知れないwwww

自分の頭の中で何かイメージする歩行ラインとか身体のラインに対する何らかの補助線を頭にイメージしてそれに従って動作をするとなんか面白いですよ。
 人ごみなんかでは、自分がその間を縫って行く予定歩行ラインを頭の中で描き、
それにしたがって進む、縦横無尽に人が流れている場所ではその周囲の状態もチェックしつつ、あの人があの速度で横から侵入してきたら、自分があの位置にたどり着いた時にあの人はこのあたりにいてるはずだから、その場合はあの人に先に横切らせてから後ろを通ろうとかww、何もないところで一人でゲームを設定して楽しみ、うまく予定どおり人ごみを綺麗に違和感なくスッと交わしながら抜けれればあのお姉さんの服を透視できるというボーナスが与えられる、
とかいう特典を勝手につけてがんばるwwww



アホだなwwwww

このようなアホくさい自分だけのゲームを昔からよくやってましたね・・・・



スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年04月03日 金曜日/00:00:00/ No.1216

新聞紙 VS オレ

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
新聞パンチをやった。

やり方は簡単。

新聞を片手でもつか、何かに固定して吊るすなりして、

それをパンチで貫通させて穴を開けるという集中力と呼吸のトレーニング。



で、バカにできない新聞紙。

あんなペラペラの紙が硬いから面白い。



・・・のだが、
最初、ためしに一枚分だけでやってみようとしたら、
何故か、ちゃんと貫通できたwww

意外と難しいとの事らしいが、
さすが、我ながらメタルドラマーだwwww


が、それで調子こいて、もいっちょヤッたろうと思うと、
一枚でもできない時はできないようだ。

集中できてなかったり、
力の解放が中途半端だと、
新聞紙が一枚だけでも、
それにパンチで穴を開けるのは確かに意外と難しい事が解った。


しかし新聞紙ごときで妙に熱くなれるこの異様な楽しさと爽快感はなんだ??wwwww

ただ、これは大阪の事務所ではやりにくいかなぁ・・・・・www
だからといって公園に新聞持って行ってまでやっても、
あの人大丈夫かとか思われそうだしwwww

音がうるさいし、できれば、
「ハッ!」「エイヤッ!」「キェーッ!!」
とか声出した方が解放しやすいしねwwwwwww

苦情きそうwwwwwww



新聞パンチ新聞パンチ



とりあえず、二枚抜き、なんとかできるみたいですが、

腹式呼吸で、
心を落ち着かせてたっぷり息を吸って
下腹部に貯めた空気を一気に吐き出しながらパーン!!
とやるのがコツですが、
百発百中はまだ無理っぽいですね。

うまくいけば、拳の形の穴ができて貫通して、
非常に気持ちいいですwwww

なんか無理な時はパンチを繰り出す時点で解りますね、
あ、これちゃうわ、みたいな感じで。タイミングが何かと一致しないとダメね。
で、そういうダメな時は、新聞紙がヒラヒラ~って虚しく上にめくれあがるだけで、
気が抜けたような感じになるwww
 面白いのは、いくら力づくでやろうとしても、いや、逆に力でなんとかしようとすればするほど、新聞の紙一枚すら貫通するのは難しいという事。
 以外に新聞紙って強敵だったのねwww



でもこれ、拳が貫通したら二枚抜きでも十分めちゃくちゃ爽快ですよwwwwww
クセになりそうwwww

もうそのうち新聞パンチ修行が発展していって、
対象物が新聞紙→木の板→瓦
とかにパワーアップしていって
月々の破壊用瓦代がすごい事になる日がいつかきたりこなかったり・・・・???wwww

って私は一体何をやってるんだろうかwwwww

ひゃ~楽しい!!www

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。