| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > アーカイブ - 2009年05月
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2009年05月27日 水曜日/00:00:00/ No.1267

「半分酔いながら空手」の意外な効果w

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
 昨晩、鏡月でほどよくゴキゲンに酔って
ノリでそのまま空手練習したら、
妙に身体が安定した(笑)
いや、普通酔ったらフラつくと思うじゃん?(笑)
しかし意外や意外。
余計な力が抜けてわりといいよマジで(笑)

まぁあまり酔いすぎてたらアルコール回って吐きかねないから
やめた方がいいとは思うけど(笑)
適度なら有効だと思う。

そもそも酔っ払いが「異様に重たくて凶暴」なのは、
脱力できているからで、
武道においては、
その脱力した状態で自分の体重に関係なく、
「重み」を最大限に利用できる事は大きいと思うが、
まさに、酒は適量であれば、
人体にとって健康にいいと思う。

ヴァーチャファイター2とかよくやってた時にもあったけど、
「酔拳」なんてのもあるぐらいだし?

(あれは若干ただの酔い過ぎたフラフラ爺さんって気がww)
ちなみにバーチャファイター2で私が好きでよく使ってたキャラはジャッキー。
うわー懐かし!(笑)


まぁ多分ほどよく酔って脱力できている事で、
自分で必死で筋肉を無理に使ってバランスを取るという事がやりにくくなるからこそ、
地球の重力をもっと敏感に身体が自動察知して、
無駄な力で無理にバランスを取るのでなく、
本当の重心バランスを保とうとする本能的能力が自動優先されるからだと思う。

まぁ別に酔ってなくても、
蹴り技もわりと安定してきたけどね。

バランスのとりにくい閉足立ちからの前蹴りは、
あまりブレずに腰も後ろにのけぞったりせずに顔の高さまで蹴れるようになってきた。
 蹴った後の足の戻しも静かに安定してやりやすくなってきた。
横の蹴り上げや蹴り込みもちょっとずつ安定してきた感じ。
遊びで内回し蹴りとかも試してみると、意外に身体は安定できてるみたい。

空手はマジで健康にいい。
骨盤をはじめ全身が柔軟で且つ強くなってきてるし、
全身の連系動作もさらに磨かれてくる感じで、
ピアノやドラムとはまた違った身体感覚も養われますね。

あと最近何故か逆突きが左手の方がやりやすい事に気付いた。
手刀打ちや手刀受けは右の方が断然やりやすいんだけど。

空手のビデオとかで、空手着が、「シュッ!」とか「ブンッ!」とか鳴ってるけど、
上半身裸でやってみると、
逆突きとかでうまく力が乗ると、服がなくても「シュッ!」って音鳴って気持ちいい。
もしかすると服を着ないで練習するほうが、うまく力が乗っているか解りやすいかも。

 服を着てるとうまくいかなくても服の音が鳴って迫力だけはある気がするけど、
上半身裸だと、うまく力が乗らなかった時は音が鳴らないみたいなのでそれでだいたい判断できる感じ。
 手刀はようやく右と同じぐらい左手でも無駄がなくなってきて身体の連系動作がしっくりくる感じになってきた。音も綺麗。
 左右の均等をはかれるのも空手のいいところですよね。
ドラムだとどうしても右に偏り勝ちだから。

 事務所では移動練習がほとんどできないので、基本技の空打ちをしっかりとコツコツ地味にやってる感じで、形とかはビデオでは見てるけどまだやってない。
まぁ多分、基本がなってないのに移動しながら技出してもテキトーになって意味ないと思うから、
まぁ空打ちをコツコツやってるのがいいとは思うけど。
 まぁ事務所では形の動作をワンステップごとに分解してイメトレしといて、
実家とかに行った時に広い部屋でボチボチやったりしていったらいいかなと。
スポンサーサイト
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年05月24日 日曜日/04:06:17/ No.1264

昔からの自分の不思議な感覚・・・・「模様が怖い」

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
馬歩たんとう事をやろうとして、
さて、タイマーをセットして始めた途端、

「…なんか、怖い・・・・」

という突然の意味不明な感覚に見舞われて、
すぐにやめた。

理由はない。
直感というか、
何か、とにかく怖いのだ。

ふと、思い出した。

小さい頃、夜寝ている時に、
眼をつむっているその暗闇の中の視覚に、
赤い何かが眼の前に迫ってきて視界が赤で染まった。
何かこう光みたいな。
眩暈がすると紫とか緑とか赤とかがチカチカーってなったりして、
視界が一面色で染まるじゃないですか。
それが、赤一色のバージョンみたいなイメージ。

眼振の検査をしている最中にめちゃくちゃ気分が悪くなってきて
検査を中断してもらい、立ちあがったら、
ピカーンって紫に染まってうずくまって倒れた経験があるが、
そういう染まる感じとは別の何かだね。
眩暈ではない。
何か、赤い色が視界に迫って一面が染まる感じ。

 その記憶が妙に残っているのだが、
それをふっと突然、思い出したら、
何故か意味もなく怖くなってきて、
いてもたってもいられなくなったので、
たんとう功を中止したと。

自分でも意味がまったく解らない。

しかし何かが怖いのだ。
何が怖いのか解らないけど、感覚として、
「とにかく、、なんか、、、、怖い…!!」
という感じになったのだ。




少しこの不思議な感覚と似た自分の感覚について
ふっと思う事があるので、ついでに記事にしておこう。


実は、私は昔から、
「自分だけ??」
と思うような感覚がちょっとある。

まず、

何か縦や横の線がズラッと並ぶとか、コップの底の分厚いガラスに顔を近づけて何層にも重なった線が見えたりとか、壁とかをじっと見てると、なんか怖くなってくるのである。

何が怖いのかは解らない、
「なんか、、、怖い。」
のである。


やはり自分で分析すると、
縦や横の線がズラッと並ぶ模様を眺め続けると特に怖いらしい。

線が怖いとは一体なんなのか??(笑)

壁なんかをじーーっと眺めたりしても、
壁っていうのはだいたい、まっ平らではなくて、
なんらかの模様が細かくついていたりするが、
よく見ると縦か横の線がズラーッて並んでいるような壁の模様を眺めると
特に怖いというのが自己分析で解っている。

もちろん、いつもそうというわけではないが、
何か、シチュエーションがそろうと、突然「なんか怖い感じ!」
がするのである。
線が並ぶといえば、
ピアノの中に並ぶピアノ線、ギターの絃、
そういうものをじっと見ても奇妙な感じがする時がある。

他には、
メタルラックとかですかね。

メタルラックって、
細い線が等間隔で並んでますよね、
あの模様を眺めていると、
妙に奇妙な感覚に襲われる事もあった。

極端にいえば、
メタルラックの模様を眺めているだけで、
何か音楽が一曲作れそうなぐらいの何かが
全身に襲ってくるのだ。

もっと具体的にいえば、

メタルラックの連続する線を眺めながら、
ショパンの木枯らしのエチュードを聞いた時、
普通に聞くよりも、
木枯らしのもつ独特の世界観をより深く身体で感じて
身震いした事がある。


連続する線をぼーっと眺めて奇妙な気分になる事や、
それをしながら何かをすると、
普段感じられない感性が芽生える感覚は、
私の不思議な裏ワザである。

芸術に行き詰ったら、
私はひたすら壁の模様か畳の線か、
廊下の木の長方形の模様とか天井をじっと見るとかすれば、
多分、簡単にイマジネーションが湧いてきて
曲をいつでも作れると思うし、これまでもそういうときは結構あった。

まったくもってわけが解らない。

興味がある人は試してほしい。

壁の縦線が並ぶ模様とかメタルラックの細い銀色の並ぶ線を眺めながら、
木枯らしのエチュードを聴いてほしい。
何かありえないほどの感覚が全身を包みこんで
この世界から自分が離脱する感覚になる。

ならない人は残念でした(笑)。

この私の感覚について、何か科学的な根拠とかあるんでしょうかね???

これは小さい時からなんか漠然とそういう感覚があったので、
無駄な記憶を重ねた後に精神的に不安定になった後とかではないので、
何か器質的に意味があるのかも知れないが、とにかく不思議な裏ワザである。
日記に書くのも躊躇するぐらい意味不明で、もしかするとすごい裏ワザなのかも知れないが、どうなんだろうか???

確か「模様を眺めると怖い」というのは何かそういう疾患があるという話を目にしたこともある気がするが・・・。
私には何やらもともと先天的に色々なものがとりついているのだろうか????
不思議だ・・・・・


幾何学模様なんかも、
時として、じっと見てると、

「・・・・なんか怖くなってきた・・・」

とか思ってうずくまりたくなったり、
思わず背後を確認したり(笑)、
そういう事もタイミングによってはある気がするけど、

もしかすると・・・・・・・・

これって、、、、

そうそう、漢字変換とかで、

昔の古い漢字とか、画数の多い目茶苦茶難しい漢字とかの一覧表とかを
みた時、
漠然と、、、

「怖い・・・・」

とか背後を確認したくなった事もあるんだけど、、、、、


これは、、、、、、、

人間の細胞に古くから焼き付けられてる
何か意味があるのかも知れないと思ったり。

自分は古い漢字もその意味も使い方も知らない。

しかし細胞はその記憶が理屈抜きに覚えていて、
何かを連想させるその古い漢字とか記号に似たものや
そのようなものに近い模様を見る事で、
自分の記憶にはない何か別の記憶が覚醒して、
意味も解らず「怖い」
とかなるのかも知れないと思うとゾクゾクしてくる。

人間、マジ不思議・・・・・
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年05月21日 木曜日/00:05:34/ No.1260

「激情」改訂版譜面浄書完了

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
激情 楽譜表紙
あ゛ぁぁぁ~~、できたぁ!

メタルピアニストの為の練習曲
「激情」(自演奏動画)

の改訂版の譜面浄書、
ようやく完了。
といってもまぁ一日でできましたが(笑)、
まぁやる時は集中力異常なんで(笑)
やらない時も集中力の無さが異常ですが(笑)



激情 譜面
冒頭は以前からと同じですね。
まぁ静かに始まります。

激情 譜面
この曲のメインテーマというべき旋律ですが、
左手の跳躍をキッチリとミスせずに当てるのがまぁ結構大変です(笑)。
コツは、最初に低音のオクターブをちゃんとセットしてから弾き始め、
一番上に跳んでくる三発目の音の鍵盤をずっと眺めてそこだけ見て集中します。
右手はほとんど見ずに弾く。

激情 譜面
動画での3分55秒前後の、
拍数の割り切れない部分。
昇降する右手に集中して、左手はほとんど見ずに弾く。
右手と左手はキッチリと割り切れずにフィーリング重視なので、まぁテキトーにどうぞ(笑)。

激情 譜面
そして突撃系の雰囲気全開の低音部の暴走部分。
この展開する瞬間が結構興奮する。

激情 譜面
さらにその低音の暴走は止まらず、
明らかな不協和音を平然と打ちならす、
この曲でもっとも混沌とした空気がワーッとなってくる
結構面白い部分。
 この後の部分の独特の和声進行も、
明らかに不協和音で気持ち悪いですが、
浄書のミスではありません(笑)。
気持ち悪い不協和音進行の
気持ち悪さが気持ちいい(笑)。

激情 譜面
そして不協和音進行で半音階で徐々に上がってきて、
なんとか比較的安定した響きに落ち着いて最後の静かなサビに繋がるところですが、
この左手はモロにショパン革命っぽい。ぽいっつーか革命(笑)。

激情 譜面
この曲は散々暴走して、
何故か最後のあたりは静かになりますが、
この曲の展開は狙ったものです。
暴走したままに突っ走らずに静かに終わる。
それこそが、「激情」である気がするし、
終わった後に何か腑に落ちないような変な余韻が残る。
散々暴走して疲れて自滅気味にバテてくるのは人生でもよくある事だ(笑)

この激情が、最後に何かを解決したのか、自殺でもしたのか、
それが解らないあたりが、静かに終わって、最後の最後の和音の打ち鳴らしはフォルテッシモで終わる気持ち悪さがある。

上の譜面の部分では、
この曲のメインテーマとなる旋律を右手と左手で掛け合う形になっている部分。
左手の跳躍が相変わらず異常ですが、低音を鳴らした後、
すぐに上の音に跳躍します。


いやぁ疲れた。

一応改訂版の再販売開始は、2009年5月24日あたりを予定しています。
もし、以前の初版アレンジ版を既にお持ちの方で、
改訂版を欲しい場合は、普通にショッピングカートに入れてくだされば、
初版アレンジ版を持っている人に限り無料で発送させていただく予定です。
 まぁ要らない場合は何もしなければ別に発送はしませんが。

ページ数が14ページに拡大して、結構長めな作品になったので、
価格を550円にしました。
まぁそれで高いし要らねぇとか思うんならコンビニ弁当のちょっと高いヤツでもヨソで買っててください(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年05月18日 月曜日/02:33:05/ No.1256

おっぱいピアノ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
週末実家でピアノをダラダラと浮かない顔して弾いていると(笑)、

激情」とかは、
気の流れが絶妙なバランスでないと全くまともに弾けたものではないわけだが、
ふと気付いた事。

鉄鍵律などの、私のこのテの系のピアニズムは、
指や腕では弾けない。

私自身が自分の楽曲でありながらも、こういうのを弾くのは気分が冴えないとかモチベーションがさほど高くないような時にポケーッと弾いても、わりと大変だったりする(笑)。

で、そういう時にこそ、こういうメタルピアニズムを弾くコツが重要になるわけだが、
鉄鍵律が難しいとか、速すぎて無理とか無理そうとか思っている人がいれば参考にしてほしい。

 まず、前述したように、

指と腕では弾けないし、
弾けたとしてもスタミナがもたない


じゃぁ何で弾くかといえば、

足の先から太腿、腹筋、大胸筋を連携させて振動させるように動かし、
それを肩→腕へと繋げていって、指や手にはあまり意識はやらず、
身体の統一動作の結果、指が鍵盤を叩いてるだけ、という感じにする。

とにかく指に意識をやらない。
音の高い低いよりもリズムが重要なので、
どちらかといえば弾く鍵盤を意識せずに、
脳の中で確実に冷静にリズムをとらえて、
脳から足→腰→胸→肩→腕→手首→指
と伝えていくイメージ。

腕で叩きつけるだけだと絶対にスタミナが持たないしスピードも出ない。
なので、足先からとか大袈裟にしても、
胸あたりの筋肉に意識して、そこらへんからドラムを高速で叩くような感じでピアノの鍵盤を弾くだけである。

指や腕が速くて指や腕を速く動かさそうとしても筋肉が硬直して速く動かせないことだろう。
なので、もっと身体全体の動きや振動をもって指にそれを伝える。
だからといって、それは身体をバタバタさせる事ではない。
身体の内部を活発にして外部は冷静にする。
 わかりやすくいえば、
おっぱいのマシュマロがユサユサ揺れないように、且つ、おっぱいの内部(根本よりももっと胸の内部)が揺れる感じだ(全然解りやすくない・・・笑)
大胸筋を意識して肩や腕や指に伝えてくるイメージはそういう感じかと。

これを「おっぱいピアノ脱力奏法」という。
今、私が考えた。

 身体の内部感覚を活発にさせながらも外はグラグラと重心がブレないように安定して力を発揮する例えとしては、意外とイイ表現だと思う。

ドラムとかでもそうだが、ビデオを見て真似しても初心者が高速で叩けないのは、
結局、見て解る部分ではない部分の身体の使い方が違うからである。

鉄鍵律や激情のようなピアノソロ曲も、身体の使い方が違うと、
一曲通して高速で弾くのは到底無理だと思われる。

私自身が、かなりしんどいと思う時があるぐらい(笑)。
そういう時は、たいがい、腕だけで強引にやろうとしている時だ。
そういう時に足の先や太腿の振動から胸から肩から腕へと連携させた途端に弾きやすくなるのだ。

激情の動画にしても、
左右交互連打などでは、パッと見れば、手指がバタバタ羽ばたいて見えるが(笑)、
それは身体の連携操作の結果がそうなっているだけで、
指をバタバタさせようという気は全くない。
意識はとにかく胸である。
その胸の柔軟を促進するために足や太腿の筋肉をゆすって振動させたりもする事もある。



と、いう事は、
もしかすると鉄鍵律はバストアップのエクササイズになるかも知れない。(笑)

よし!それでいこう!

「メタルピアニズムはいかがですか?」
って売り出しても一般人は振り向かないだろう。

なので、

「これを練習すればおっぱいがデカクなる!!
豊胸効果がわずか500円のピアノピースで!!これはお得!!(笑)」

☆☆☆体験談☆☆☆

みさえ(23歳:フリーター)

超ヤバーイ!まさかメタルピアニズムの実践で本当にバストアップできるなんて!
半信半疑だったけど、3か月続けてAカップがBカップになっちゃったヨー☆
おかげで彼氏も喜んでくれてます☆(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆


とか売り出せば、大ヒットだ!(笑笑笑)
今の時代、
ダイエットとかガン予防とか美肌にいいとかテキトーにいっときゃなんでも売れるバカな世だ(笑笑)

そしてさらに信憑性を高めるために、、、、

専門家(パーパード大学のアイーンコカイン教授)も絶賛!
「このピアノ奏法による胸の筋肉の揺れによって、
脳内にシド・レノロリンという物質が分泌される事が確認された、
このシド・レノロリンの分泌は美肌効果やダイエットにも非常に有効な成分である事が
科学的に証明されています。これは本当に驚きですね!」

と売り出せば、一年後、オレはロスに豪邸を建ててるだろう。
てそんなもん別にいらんが(笑)。


まぁ別にメタルピアニズムに限らず、ピアノはまぁ全身で弾くんでしょうけどね。
メタルピアニズムではそれが特に重要かなと。
そういう意味では身体感覚を磨いたり、他のピアノ曲を弾く時の身体の使い方を
より楽にするための習得に使えると本当に思いますね。
なにしろ、そういう身体感覚で弾かないと高速では交互連打を長時間はできないですからね。
ちなみに私はショパンエチュードとかはマトモにちゃんと弾ける曲がほぼ無いに等しいぐらいピアノは下手糞で才能の欠片もありません。
そんな私でも弾けるのが私のメタルピアニズムなので、
ピアノが下手でも弾けるピアノとは違うピアノってことですね。
クラシックとは別の難しさはあるとは思いますが、どちらかといえば、
もう少し人間の本能に近い身体の動かし方をするというか、
指先の繊細さや強靭さはあまり必要ないのがメタルピアニズムです。
 なかなか不思議なジャンルを我ながら確立してますね(笑)


さて、メタルピアニズムをバストアップにイイと売り出して貯めた資金で(笑)、
「おっぱいピアノ」という青春映画を作ろうとも考えている(考えてないって!)

これは、ショパンの木枯らしのエチュードが難しすぎて挫折している中学2年生の男の子が、
ピアノの先生(キャストはできれば天海○希さんで!!笑)が、
「これが弾けるようになったら、おっぱいを見せてあげる」
といわれ約束をし、それを果たすために木枯らし練習に必死で奮闘するという、
まったくもって斬新な映画だ!(パクリだろw)

まぁその程度の見返りじゃぁ木枯らしなんてあんな地獄の練習曲の練習の労力に釣り合いませんがね(笑)
せめて3回ぐらいやらせてくれないと(アフォww)


よーーし!
これはヒットしそうだぞ~!(笑)

これでロスのYOSHIKIのスタジオを買い取ろう(意味不明ww)


はー、、アホらし(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年05月07日 木曜日/02:23:51/ No.1249

メタルピアニストの為の練習曲「 激 情 」演奏動画

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)

メタルピアニストの為の練習曲「 激 情 」演奏動画

↓YouTubeプラグイン↓

----

空手の基本技稽古をやり終えた後、
ボケーッとしてたら、

「そうだ!京都行こう!」

ではなく、、、

「そうだ!以前に作った曲のスケールをアップして演奏をアップしよう!」

と思い立ち、

数ヶ月前に突然の気まぐれで作曲して楽譜も販売していた「激情」の
曲のスケールやアレンジをパワーアップさせようと、
といっても事務所にピアノはないので(というかデジピでも苦情くるから弾いてないし玄関に退けてる)、
頭の中でだいたい展開やアレンジを創造して構想を練って、
さらに慌てて他の用事もかねて実家に行く途中の電車の中でもアレンジをイメージし、
それからそれを実際にピアノで弾いてみてテキトーにイメージを実現、
いい感じになったので、
そのままの勢いでレコーディングと動画撮影をした。

疲れた。

つーかこれはかなりこれまでに私がアップしてきた自分のピアノ動画の中でも
一番異常な演奏動画だと思う(笑)
かなりキレてます(笑)

以前に販売していたバージョンの楽譜は一旦停止し、
新しいこのバージョンの楽譜を気が向いたら作って改訂・再販売する予定。
気がいつ向くかは謎だが。

まぁ音楽やる気ないとかいいつつ、
まぁ一応ピアノも練習してるんで・・・・・・

でもやっぱ面倒だからもうこれが近いところでは最後かなと?(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
2009年05月05日 火曜日/18:03:08/ No.1247

勇気100% ピアノソロピース改訂(カデンツァ収録)

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
勇気100%表紙

勇気100%ピアノソロピース
(日本音楽著作権協会(出)許諾第0816566-801号)
の内容をごくごく一部、改訂しました。

GWにこんな孤独な仕事やってるTAKAYAって素敵(笑)
ハァ。。。(笑)

で、改訂内容はというと、
アップしている動画と製品版とでは、
結構細かく違う部分があり、
一番違うのは、
最後のサビの前のカデンツァが製品版にない事ですが、
まぁあの動画はホントにただ遊びでテキトーに弾いただけだから、
音の並びとかさほど洗練されてなくて、
カデンツァもテキトーだったというのと、
カデンツァが無い方がスムーズに最後のサビに繋がって
ノリをくずさなくてシンプルでいいかなという意図で、
製品版ピアノピースにはカデンツァは省略してましたが、
カデンツァの譜面のリクエストが3000件以上いただいていまして(大袈裟)、
まぁそれで、カデンツァを一応追加して改訂しましたよ~ン、と。

勇気100 譜面
初版のものをお持ちのかたは、こちらのページの下部からカデンツァ部分のPDFファイルを
ダウンロードできます


4ページ目の右下、92小節目と5ページ目の頭の93小節目の間にこのカデンツァが入ります。

まぁ、このカデンツァも動画とは違うんですがね(笑笑笑)
ま、動画配信は「遊び」で、楽譜は「公式的作品(著作権許諾)」ということで、
動画と商品を同一にすると、
動画が「広告」であるとか、「著作権侵害」とか
ごちゃごちゃぬかされるとイラついし(笑)、
動画配信で著作権料のお金がかかりそうなので、
ちょっと危機管理的に(笑)、動画(お遊び)と商品(著作権許諾済)は別物扱いにしています。

というかカデンツァなんかなんでもいいんで(笑笑笑)
一つの例として、おおまかに和声進行を提示しているだけに過ぎないので、
もっと盛り上げたければ勝手に各自の感性で盛り上げてください(笑)


あと、改訂ついでに、
細かい部分もマイナーチェンジしてる部分もあります。

勇気100 譜面

1ページ目の一番下の段、19・20小節目などは、
元々、かなり弾きにくい場所でしたが、
少しだけ難易度を下げつつ演奏効果を下げない↑のアレンジにマイナーチェンジしてます。

元々左手が10度以上跳躍するような事になっていたところを右手に割り振りしたり、
右手がミスタッチしやすいような飛び方でオクターブを弾くようになってたところを
改訂。
まぁこういうのは、私のアレンジものやソロ作品などでは、
別にクラシックみたいに「譜面絶対」みたいな事は私は全然どうでもいいので、
難しいと感じた場所は自分なりに工夫したりして音を省くとか左右の割り振りで弾きやすくしてみるとか、勝手にやってくれていいんですけどね。

さっきのカデンツァでも、
昇降する部分の右手左手の割り振りは何も記していませんが、
まぁ私のソロものとかで私のピアノの弾き方のクセみたいなのを
よくご存知の方は、だいたいどういう左右の割り振りであのカデンツァの昇降を弾くか予想がつくと思います。
まぁ片手で昇降してもいいし、左右にうまく割り振りして楽に昇降してもよし。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。