| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

Nostalgiaで帰る  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年10月09日 木曜日/00:00:00/ No.1006

Nostalgiaで帰る

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
ハッタリ13エチュードのコンピュータ浄書作業、引き続きまして、「第12番:郷愁」の浄書を完了。
 この曲は短いのでとりあえず労力もあまりかからずやりやすいかなという事で(笑)、そのへんからゆっくりと。


譜面

譜面

こんな感じで、誰が見ても聴いても「カエル」な一曲です。
曲中のあらゆるところにカエルが隠れています、或いはカエルのフレーズの対位フレーズも登場します。
※例えば
ドレミファミレド
を逆進行するような
ドシラソラシド
などの音の型。
そこらへんに関して、
バッハのインベンション/学校のチャイムインベンション
などで作編曲ノウハウページに簡単に説明した事があったので興味があればドウゾ(笑)。
学校のチャイムインベンションはこのブログの左側メニューの「黒猫フンジャッタっ!」の動画の後半でも紹介していますのでそちらも興味があればどうぞ。
ってどさくさにまぎれてうまいこと商売やりすぎ(笑)。
 まぁそんなわけで、
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライムも是非!(笑)

関係ないし(笑)。
半分冗談ですが(笑笑)。

アフィリサイトのノウハウがこの記事で学べますね(笑)。
こんな感じでテキトーにナンデモカンデモ関連付けて広告貼ってヤケクソでやってください(←何を?笑)、意外と本当に効果もありますよ(笑笑)。



 Finaleで楽譜浄書する場合、私の場合大半はMIDIで既に打ち込んであるデータを読み込んでから浄書するが、ピアノ譜の場合は、右手左手がハッキリ分かれていて中途半端な数字の連符やカデンツァなどがなくて、登場する音価(音の長さ)のバリエーションがある程度一定であるような楽曲に関してはMIDIからデータを読み込んだらすぐにある程度譜面ができあがっているようなもので、それを微調整すればいいので比較的やりやすいのだが、右手と左手で五線をまたぐような場所がしょっちゅう登場する曲はかなり手間がかかる。

譜面

今回浄書した曲にも登場する5連符系で且つ五線をまたぐ、まぁピアノではよくある譜面パターンでもありますが、意外とコンピュータ浄書ではこういうのが面倒だったりします。

 たまに自分の思う通りの譜面を画面上で再現できなかったり、操作した結果があまりにも意味不明な譜面になってしまったりして

「(゚Д゚)ハァ!!??なんでそうなるんじゃ!!?オレがやりたいこと、解るだろ!?解ってくれよ!!そんなバカな譜面があるわけないだろ!アホかヴォーケ!!(笑)なんだその意味不明な細かい休符は!!」

とか1人でFinaleにキレたりは日常茶飯事。

まぁとりあえず、この一曲はわりとすんなりできました。めでたしめでたし。
でも途中でアプリケーションが突然消えて前回保存してた場所に戻されたというブチギレトラブルも発生したが・・・・
 PCスペックが快適じゃないとFinaleは若干無理があるんですがねぇ。まぁ不可能なレベルではないですが、たまに動作が異様に遅くなって机蹴りたくなります(笑)。
動作がモタッてなんかウインドウが一瞬真っ白になったりして、
そうなると、間違いなくそこで煙草を吸います(笑)。
 健康に悪いです(笑)。
しかも吸い終わるまで画面止まってることもあります(笑)。
だりぃ(笑)。
でしまいに、
「応答なし」

タスクマネージャ開く

強制終了

これまでの作業が水の泡

という事もザラで(笑)。
まぁ保存はコマメにやってるのでアレなんですけどね(笑)。

「応答なし」とかのエラーはしょっちゅう他のアプリケーションでも起こる。
そんな時は、

ドクターコトーでも呼んで、
「頑張れ!!生きるんだ!」
とかいっても、、、
無理ですよね(笑)。
コンピュータはそこらへんがねぇ。








と、この記事だけで無関係なものまで意外に広告貼れますのでその手のことやりたい人はご参考まで(笑笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。