| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました
ホーム > スポンサー広告 > 勇気100%ピアノソロピース出版への道のりホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > 勇気100%ピアノソロピース出版への道のり
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年11月28日 金曜日/18:34:23/ No.1126

勇気100%ピアノソロピース出版への道のり

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
勇気100% 譜面

勇気100%のピアノソロアレンジの楽譜の出版が決まっているわけではないのに気が先に走って楽譜を先に浄書した 笑

勇気100% 譜面
サビの左手も結構動いて難易度はわりと高めかも知れませんが、我ながら爽快なアレンジです。
自分で適当に弾いた音源を聴いて譜面に起こすと意外と気持ち悪い事をヤッていたんだなと 笑
 自分が弾いた通りだと理想の音の流れではないので修正を加えたアレンジもありますが。

勇気100% 譜面
一部、間奏の部分ではカノンなんかを入れて面白くしてみましたがいかがでしょうかね 笑

アレンジのサンプルはこんな感じです。
(アップできる容量の最大容量の都合で3つにファイルを分けてます)
勇気100%-1
勇気100%-2
勇気100%-3

MIDIで打ち込んだものをTmidi95というソフトでWAV変換してオーディオファイルにエンコードしてmp3に圧縮たものです。
※midiデータでは音の並びが音符のデータで解ってしまうのであえてオーディオファイル化してます。


で、まぁ準備だけは無駄に万端ですが、
そう簡単に出版はできません。


まず楽曲の権利をもっている作曲者か出版社に
「楽曲の改変(編曲)の許諾を得る」
ことが必要。
まぁもう編曲しちゃってますが 笑

ここで注意なのは、
著作権管理団体であるJASRACは、
楽曲の著作物の利用料の徴収に関与しているだけで、
「楽曲を変化させる事の可否を決める権利はJASRACにはない」
のです。

つまり、楽曲検索で曲の著作者や権利関係を調べ、
作曲者や出版社がJASRACに全信託していたとしても、
編曲の許諾は作曲者や関連の出版社に問い合わせないといけません。

編曲の許諾が得れれば、あとはJASRACに著作権料を
予定する楽譜の出版物などの価格と部数に応じて払えば、
他人の楽曲を編曲した楽譜を出版できることになります。
 編曲の許諾はJASRACでは得られないことに注意です。
著作者とそれの利用者の間の仲介であるJASRACですが、
編曲の許諾を得ようとして作曲者や出版社への問い合わせを利用者がJASRACにしても、
JASRACがご丁寧に「問い合わせの橋渡し」をするわけではなく、
連絡先を紹介してくれるだけで、相も変わらずこちらの文章もロクみ見てなさそうなロボットみたいな法律第何条がどうたらというようなメールが送られてきます(きました)。
 編曲はJASRACが許諾するわけではないというのを解った上で、許諾を得るためのコンタクトをどう取ろうかと問い合わせたのにいきなりまた法律第何条によりJASRACではアレがアレですが編曲に関してはナンタラとすでに解っている規約をペーストしていた。
 楽曲リストで調べて出てくる作曲者と出版社の名前を教えてくれるだけなので、
そんなことは解りきっている上で、
 たとえば勇気100%の作曲者である馬飼野康二さんは公式サイトなどがなさそうですから、
編曲の許可をとるためのコンタクトはとりにくそうなので、どうしたらいいかとJASRACに尋ねても、
あまり面倒見がいいという印象はありません。
 あくまでも著作権料を徴収するだけの仲介業であることが対応の雰囲気からも伺えました。
口出しはするが面倒はあまりみずに徴収するものだけちゃっかり取るといったところの「いかにも日本社会っぽい胴元」の構図がみえますね 笑。

で、結局まぁこの曲の権利は、
日本放送協会という事なので、
そこに問い合わせをして許諾を得ようと返事待ち状態です。

ちなみに、ちょっと調べてみると、
同一の楽曲でブラスロックアレンジのスコアなどの出版もあるので、
編曲の許諾はたぶん得れるはずです。
 もしその編曲家には許諾が下りたのに私には降りないというような事が起これば、
元厚生次官を刺しにいきます←冗談笑
 しかしまぁ意外なところでNHKと関わる事になりましたね 笑
私は日ごろからNHKが好きでしょっちゅうテレビはNHKをつけますから、
その私のNHK好きが裏切られるようなロボットみたいな返答だけはしないでもらいたいものだとハラハラしてますよ。
 自分が気にいっている楽曲に関して嫌な思い出ができてしまうのは本当に嫌ですからね、
実際に以前のゲーム音楽の件では、せっかく自分が好きだったゲームやその音楽に嫌な思い出ができるような失望するようなくだらないロボット対応で誠意のかけらもない会社である事が解ってしまい、もうあのゲームの音楽をピアノで弾くこと自体がいやになり、
もう実際に全然あれから弾いてませんからね。
著作権は何を守るためにあるのか、
もっと考え直して仕組みや価値観を見直さないといけませんね。
芸術がただのコンテンツビジネスの道具になっているから、
著作権という本来は何かを守るための機能が、
見当違いな方向にその役割を果たしてしまうのですから。


あ、こないだ日記に書いた、
FINALE浄書に改変した「紫陽花」
のアレンジのサンプルも一応のっけておきます。
(これはまぁ自分の曲なので何不自由なく出版してたわけですが)

紫陽花 サビ→A→B


これもmidiで打ち込んだものをソフトシンセの音でオーディオファイル化したものなので、
さほど音質は良くないですが。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。