| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

リハビリ開始  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > リハビリ開始ホーム > ★身体意識/筋トレ・健康 > リハビリ開始
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2006年01月22日 日曜日/00:35:54/ No.119

リハビリ開始

記事分類:★身体意識/筋トレ・健康
さて、昨日の日記の続きのようになりますが、
とりあえず当分禁止していたウエイトトレーニングと握力トレーニングを再開することにします。
 やはりおれのドラムやピアノのスタイルは完全に体育界系であり、全身の関節などのバランスも当然大切だと思うし定期的に整体などはしてもらった方がよさげですが、理論や理屈ではない単なる根性要素と力勝負の要素も絶対にあるので、単純に筋力や筋量は昨日の医者が言っていたようにドンドン鍛えるべきで、やはり調子が悪いからといってトレーニングを休ませるわけにはいきません!(笑)だから再開です!(笑)
 誤解のないように書いておきますけど、おれは決して力任せでドラムをやるほどバカではないです。それでも「多少は」理屈ぬきの基本的なゴリ押し要素が必要だといっているわけです。おれは最小限の力で最大限の音量を出すことを常に心がけています。それでも自分の身体が衝撃によるダメージで負けて故障するのはやはり医者がいうように身体が追いついてないからトレーニングをしてるわけです、むやみやたらと筋肉を求めているわけではなく、頭のいい力の入れ方をしたら結局は中途半端に力任せに叩いてるお子様ドラマーなんかの何倍も身体へのダメージは大きいから身体も超人的でないとダメなんです。
 結局、めちゃなことをするためにはそれができる身体を作るしか方法はないって方向になるんで、Yoshikiとかと完全に同じ道を辿っている感じがします(笑)

 もし倒れたりした時にその時中断すりゃーいいのさ(笑)やれることは超特急で突っ走れ!(笑)

いやぁしかし久々のウエイトトレーニングはやっぱ清清しくて精神的にもよろしいわ~♪(笑)

ちなみに下の画像がおれのトレーニンググッズ各種です。
20060122-1.jpg
他にもウエイトグローブや指だけを独立して鍛えるものも持っています(笑)。

 確かに身体的に疲労困憊状態なはずなので一定以上は滅茶苦茶な事はしないようには注意しますが。
 久々だったので本来3セットずつやっている各トレーニング種目を2セットにした。
 負荷は腕や肩系はコンセントレーションカール、ショルダープレスは8.5kg、フレンチプレス、サイドレイズ、フロントレイズ6kg、セット数が減った分疲労が溜まりすぎる事はないはず。
 プロテインもきっちりと充分にとって確実に超回復を起こすようにしないと。多分今までのトレーニングと栄養補給のバランスが自分で思っている以上に栄養が不足していた気もするし。
 あと、ドラムなどでは特に疲労がたまりやすい親指と人差し指の動作による拇指球は握力トレーニングで鍛えれるが、握力トレーニングよりもドラムへの対策としては、ハンドグリップを手で握るよりもとにかく親指を徹底的に強靭にする事や持久力の超人化に徹底した方がよさげだ。
 一時期は握力の数値を上げることばかりにこだわっていたのだが(笑)、ドラムへの対策としては、持久力を重視した方がいいだろうから、そういう「手の筋肉をわざと壊して握力数値自体を高くする」というやり方はやめにして、ある程度余裕のある重さのハンドグリップ(40kgか50kg)を普通に連続で握って持久力アップに努めようと思います。
 多分手の調子がおかしくなったのはドラムのフォームを変えたと同時に握力トレーニングでわざと手の筋肉を壊すようなトレーニングをしだしてからです。多分壊れた親指付近の筋肉が疲労を越えて本当に壊れたんだと思う。勿論これが超回復した時のパワーアップは相当望めるんですが、このやり方は多分握力の数値だけに人生をかけているような人でない限り、他のスポーツ(ドラムやピアノ)をやりながらそれらのパフォーマンスを正常に保ち続ける事との両立は不可能でしょう。
 その点では、筋肉を壊してトレーニングする方法をしていたスケートの清水選手なんかは、本当にそれに徹底したからこそできたんだと思う。ライブやスタジオ練習がコンスタントにある普通のドラマーとしてはこのやり方はどうやら障害が生じたようです。
 さらにハンドグリップを握るだけでは親指付近の筋肉だけに絞ることができないため(親指と人差し指だけでグリップを握ったり逆持ちで握る事も可能ですが、それこそ故障の危険も高まる)、もっと気楽に親指付近の持久力アップやパワーアップに使える最強のアイテムを考えました。

20060122-2.jpg

ドーーーーン!!!コレダーーーー!!!
センタクバサミーーーーー!!!(笑)

これをひたすらつまみまくるトレーニングを暇さえありゃーやっていきます(笑)。
 ちなみにピンチ力UPのトレーニングで、ダンベルプレートを指でつまんだまま限界まで持ち続ける、とかいうのも以前やってましたが、これももしかすると故障しやすいかもしれないので、しばらくは検討ですね。またもしこれをやったとしたら、その時は確実に超回復を起こすように栄養を今まで以上に完璧に取るようにする必要がありますね。


ところで、ウエイトトレ再開ができるということでなんだか自分的活気は戻ったのですが、結局疑問なのは、やはり、
おれの親指の靭帯は緩いのかそうじゃないのか、
その謎は解決されてませんが……

 いやぁ医者のいうことに振り回されるのは疲れるの~(笑)
 もしおれのなんらかの選択に誤りがあってドラム人生がどうにかなった場合はプロデューサーとか音源を売り込む事に徹するか作曲家かアレンジャーか、、自殺か、と思っています。それ以外のなんらかで生きていく気は100%ないですし、それ以外で幸せになれるとも全く思いませんからね。
おれには失ったものが多すぎてもうなんかどーでもいいんです。カラッポなんです。それを埋める方法なんてないと今は思っているし、それだからこそ本気で何かができるんです。ただそれだけです。人並みはずれた事をしようとする人は、ただの孤独です。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2006/01/22 00:35 ] ★身体意識/筋トレ・健康 | トラックバック(-) |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。