| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

フェブラリ~チャンピオンシップ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > フェブラリ~チャンピオンシップホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > フェブラリ~チャンピオンシップ
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2006年02月01日 水曜日/23:50:51/ No.129

フェブラリ~チャンピオンシップ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
タイトル意味不明。

あぁもう2月か…
ついさっき正月だったのに。←大袈裟

とりあえず、年末から新年は、とにかく手の故障の事とバンドの今後の事ばっかりが頭が支配してたなぁ(笑)。

医者の色んな意見に混乱したり(笑)。

手を完全安静にするとかいってたのはどこへいったのやら、ベースも弾いたりピアノも軽く再開、ウエイトトレも解禁、
これでいいのかは誰にも解りません。(笑)

ちょびちょびドラムにも復帰していかないとヤバイんですが、どうもね…明日あたりにゆっくりな曲を叩いてみる予定。
ベースのレコーディングもゆっくりな曲が終わったので、それに同期して叩く事のスタジオでの実験も兼ねて、明日はドラム機材とMTRとコンパクトミキサーを持っていきます。
ちょっと楽しみ♪っておれ荷物多すぎ(笑)

とりあえずまたドラム復帰の前に一旦リハビリに行ってみようかなぁ…
トレーニングの後・ベースとピアノ弾いた後は、確実にアンシングをしたり、指の運動・リハビリの体操、とにかく色々教えてもらった事を確実に実践して少し時間が経ったので、そろそろまたリハビリに行ってみようかなと。
 あ、そういえば、ボールを握る運動とかもやるように言われていて、リハビリではテニスボールでやったんだけど、ダイソーのスポーツコーナーで指の運動専用のプニプニしたゴムボールを買ったりした。
関係ないけど家に懸垂できる鉄棒が欲しいなぁといつも思うんだけど叶わぬ夢ですね(笑)。狭すぎる(笑)。
だからって金髪ロン毛で黒ずくめの格好したおれがそこらの公園・或いはどっかの小学校の運動場で高鉄棒にぶら下って懸垂なんかやったりした日にはきっと警察が駆けつけてきそうなのでそういうこともしにくい(笑)。
 腕力も握力も懸垂は一番よさげなんだけどなぁ(笑)

 と、とにかくリハビリに行けばまた他の事で何か為になることが得れるだろうし、身体作りの今後の流れやプログラムをプロの意見も交えて今までの自分勝手なウエイトトレーニングをさらに進化させて実践していきたいし。
そういやリストカールの逆巻きのってしんどいねぇ。
いつものリストカールは8.5kgだけど、逆の手首の動きで8.5kgは死ぬ、つーか無理(笑)。そこらへんの重量設定を聞いたりしたいなぁまた。リストカールの逆向きのはあまりやってなくて、それもやった方がいいとの事で始めたんだけど、重量は変えないとダメっぽいですねぇ。



そういや、
「弟子から見たショパン----そのピアノ教育法と演奏美学」
っていう本が復刻改訂版として出たみたいなんだけど、
かなり欲しい(笑)。
6,800円らしいけど(笑)。
なんと高い本だ…(笑)。
「ショパンの本を棚に一冊置くなら絶対これ」
ってほどすごい内容の本みたいですよ!!
まぁどっちかっつーとマニアックな感じだろうけど(笑)。
 「ショパンと革命」とかいう本も買って読んだ事あったけど、あれ?、あの本、親に貸したっきり返ってきてないような(笑)。読んでるのだろうか??(笑)
かなりショパンが好きじゃないと多分3ページほど読んだら寝そうな本だと思うから(笑)、おれほどショパンへの熱き想いがないとアレだろうなぁ(笑)
 そうそう、NHKとかの深夜とかでよくクラシック流れたりして映像流れたりしてるのたま~に見たりすると、やっぱショパンってのは飛びぬけてスゴイってのを改めて感じる。
 リストもショパンと並んで名曲としてよく流れているけど、ショパンの世界は本当にスゴイ。
 色でいうと、ショパンって青や赤やそれらの間のなんともいえない色で透明感があってそしてどことなく切ない、強いようで弱く、弱いようで芯があり、どこか冷たいようででも熱く、もうとにかく最高に美しいし、おれの理想。
 リストは、同じ切ない系でも、青系とか水を連想させるような世界ってよりは黄色とかオレンジ色の系統の空気があって、温度的にはリストの世界は暖かい感じ。ショパンの冷たいようで暖かく、凍っているようで熱い世界とは全然また違う世界ですね。リストはかなり光と闇で現すと光寄りでしょうか。
 あと、リストとショパンの世界観の奥に潜むエロさを真剣に比較してみようと思ったことがあるが、
リストの世界はどこか解りやすいエロさがある(笑)。
ショパンはリストに比べて、エロさが奥に隠れている、そして実際はショパンの方がリストよりも深い意味ではエロいんですよね(笑)。
何を言ってるんでしょうかおれは(笑)。
この違いが理解できたらすごいと思うけど(笑)。
 ショパンの青い暖かさと切なさと、リストの黄色い暖かさと切なさ、どっちがどうということはないのだが、とにかくショパンの世界観は文句なしに最高なんだ!!!!
 あんな本物の中の本物は後にも先にもないだろうなぁ。
 ということでまぁ敬意を込めて、自分の楽曲や楼蘭の曲のピアノパートなりシンセの音使いなどはかなり「ショパンが好きそうな」雰囲気が出てるトコも結構あったりしたりして(笑)。
 まぁ他にもカプースチンも神の領域だし、バッハも当然すご過ぎるし、色んな要素を自分的に取り入れてやってるのがおれの音楽スタイルであるんだけれども。

ってなんの話だったっけか…(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2006/02/01 23:50 ] ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 | トラックバック(-) |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。