| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

物をとっておく≠物を大切にしている  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > 物をとっておく≠物を大切にしているホーム > ● 生活(掃除論など) > 物をとっておく≠物を大切にしている
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2009年09月28日 月曜日/08:13:38/ No.1361

物をとっておく≠物を大切にしている

記事分類:● 生活(掃除論など)
完全に不眠症化してる。
ちゃんと寝付けない。
なので次にエネルギーを繋いでいけない。
のでずっと身体がダルく気分も滅入ったまま回復しない。
うーん・・・・
それにあまり最近食欲がないし食べると消化不良。
でもちゃんと筋トレやヘボ空手もやってて体は元気なはずで。

そういえば、最近激久に体脂肪率を量ったら、
14.5%だった。まぁ理想的な数値らしいが、
私は一時期は体脂肪率一桁で8%とか、アスリートかい!
みたいな時もあったのだが、まぁ今ぐらいが丁度いいのだろう。
ちなみに体重は身長162に対し47kg~49kgで可変。

ところで、こないだアップした
「妖乱節(ヨーランぶし)」のドラム演奏動画のカメラ視点が
今までにない視点なのだが、
これは、ちょっと部屋の要らないものを綺麗に除けて捨てる準備をしたことで
空いたスペースにスタンドを立てて設置したから実現したアングルで、
わりと全体の感じや手足の動きも解りやすくていいアングルだなと思う。

 今まで、そこには、実家に住んでた頃に中学時代から時間が止まっている
テレビとビデオなどが台に乗っていた。

よく考えると、今、これらはまったく必要がなくなり、
今も今後も100%絶対に二度と使う事はないと解っていながらも、
何故かそのまま時間を止めていた無駄なスペースであった。

どうしてもそこに撮影カメラを設置してみたかったため、
ようやくそれらを除けたわけだが、
ここでふと思った事は、

よく物を捨てれない人とかがいるみたいですが、
私はある時期以降何故か理由は不明だが性格がガラリと変わった時期があり、
無駄に物を溜め込んで残しておく事をひどく嫌になったというか、
そういうところに人生の価値をおかなくなったというか、こだわらなくなったというか、
だから物はもう必要以上に要らない、むしろ極力部屋には無駄なゴチャゴチャした物が無い方がスッキリしていていい、という感じになったので、
わりと物をバンバン捨てれるようになったが、
じゃぁ私は物を大切にしないかというとそうでもない。

音楽機材などに関しては特にそうで、
YAMAHAのデジピP-200なんてもう随分古い機種だし、
音源モジュールのMU2000もずっと使ってるし、
MTRもYAMAHAのAW2816を長く愛用している。

大事にしているものは異常なほど物持ちがよく、
実家の私のオーディオコンポなんて小学生の時に買ってもらった
パイオニアのコンポをいまだに置いていて使っている(まぁあまり音楽も聴かなくなったが、自分のミックスしたマスターCDの音バランスの確認に利用する程度)。


ものもちがいいのは結構なのだが、
「忘れ去っている」「忘れ去っていることすら忘れ去っている」というものまで
放置しているのならば、それは非常によろしくない。

物を大切にとっておく事も大事だとは思うわけだが、
限度というものがあったり、
そもそも、それは本当に大切か、或いは大切にしているか、という点である。


実家の親なんかは、どちらかといえば、
物をやたら取っておいたりする傾向にあり、
実家も全体的に非常にゴチャゴチャしている、
まさかこれを後になって片付けたり始末するのは一人っ子の私と将来誰か妻とかじゃないかと思うとゾッとする(笑)。

私は音楽をやってる人間のわりにCDとかあまりバカみたいに収集してるタイプじゃないしむしろ最近は音楽に興味ないし音楽雑誌もほとんど読まないのだが(まぁ時代の流れをチェックするために立ち読みとかはたまにするが)、
親が所有するクラシックとジャズのCDの枚数や昔の音楽雑誌やカメラ雑誌、その他様々な書籍などは凄まじいものがある。
 ちなみに親の親もカセットテープの収集がキチガイじみてた(笑)。
私だけがこの家系でそういう一面を全く引き継いでいない異端児といえる。
まったくタイプが1人だけ家族で私が何か性格が違うのだ(笑)。

大阪の事務所に住みだして途中のある時期から突然性格が変わったため、
元々相当手のつけようがないほどグチャグチャな事務所だったが、
今は少しマシになったが、それでも、もうこれをスッキリするのは、
次の引越しの機会でいいと思っているので今の感じのまま、
これ以上は無駄に物を増やさないようにしているという感じである。
 次に引っ越す時がきたら、
もうテレビもコンポも何もかも要らないです(笑)。
部屋だけでいいです(笑)、カラッポに近くていいです(笑)。
すぐに気が変わったら引っ越しやすそうだし(笑)。
 なんか一定の場所に滞在するのがどうも苦手みたいだし、
今はそれができない状態だからしてないだけで、
できたなら移動しまくりそうです。
 ぶらりとどこかに旅に消えたりも、今はそんな余裕ないからしてないけど、
できる状態なら、毎日新幹線でどこかに行って消えます(笑)。

とにかく同じ状態が続くと腐りそうなんです。
今も結局実家や事務所をウロウロしているし、
実際は、毎日違う人の家に泊まりたいぐらいです(笑)。

ただまぁそれは、心の居場所がないからそういう傾向になるだけかも知れませんが。

ゴチャゴチャしている部屋の棚やテーブルの上なんかは本当にイライラするものであるが、
さてさて、
本当に「本物の収集家」とか「物を取っておくのが好きな人」ならば、
それを所有しているという意味に違いがあるように思える。

物を所有するというのは、
物を置いている事とは違う。

心がちゃんとその物に常に通って気をやっていて管理して、
それで初めて、ものを大事にとっている、
といえるのではないだろうか。

大事にとっているつもりでも、
それをとっていることすら自分で忘れて放置しているようなものなど、
それほど価値もないように思う。

雑誌や新聞の切り抜き、テレビ番組の録画テープ・DVD、
こういうものもよく「とっておく」人が多いと思うが、
果たして、それは、
「所有している」のでしょうか、
「置いてる」だけなのでしょうか。

「いつか何かの時のためにとっておく」
という事はよくあるが、
その「何かの時」がきたためしはあまりないのも事実だ。

つまり、大半は自分のエゴや意味のないこだわりや欲なのだ。

よく音楽CDやテレビゲームソフトなどを、
中古で売ったりすると、
いざなくなると、妙にもう一度やってみたくなるという心理が昔はあった。

笑える話、
私は、スーファミのカセットを数十本、
中学か高校かぐらいの時に一気に売ってそれでセガサターンを買おうとした事がある。
その時に、
スーパーマリオワールドも、
ライフゲージのハートが20満タンで
服が赤で剣が黄金の状態まで頑張ったゼルだの伝説(神々のトライフォース)も、
レベルを全員99まで上げたファイナルファンタジー6も、
全員すっぴんマスターのファイナルファンタジー5も、

何もかも、売り飛ばしたことがあるのだが、

後で、
ゲームの中古ショップで、FF5とFF6のカセットをもう一度わざわざ買った事があるという、人間の心のくだらなさを身をもって体感するような事をしたことがある。

失うと存在が大きくなり、存在していると存在は薄くなる。
まぁこれは人間関係でもそうかもしれない。

人間は愚かだ。

もうそういうのもうんざりなので、
最近はかなり人生も冷め切ってサバサバしたものになっていると思うが、
結局、
無駄に物に執着して取っておいても、
自分が思っているほど自分ではそれを大事にしていない事も多く、
何故そんなものを執着してわざわざ取っているのかも解っていないという事も多いだろう。
いざなくなると、どうせ、「やっぱりあれは取っておけばよかった」なんて思うシーンにも遭遇するかも知れないが、
ダラダラ後ろを見るぐらいなら、
もっと素晴らしいものにドンドン出会っていけばいいのではないかとも思うわけである。

物を大事にとってるから物を大切にしていて、
物をバンバン捨てるから物を粗末にしているとは限らない。

「想い」がそこにもうない、管理できないようなものを放置しているほうが、
よっぽど物を大事にしていないといえる、
「これはもう使わないだろうから、ちゃんと捨てる」
方がよっぽど物に対してちゃんと心があるように思う。

その物は、
「ある時」必要であった、
「今・これから」は必要ない、必要ないであろう、
それだけの話で、
それを捨てる事は悪い事ではないと思う。
必要だったからそれがそこにあった、それを大事に使っていた、
それでいいのではないか、それを残しておくか残しておかないかは関係がなく、
物が残っていなくても何かは残っている、
物理的に形がそこに残ってるか残っていないかに執着することほどくだらない事もないし、そういうものほど大して重要なものではないといえるだろう。

最終的に形のないものの方がよっぽど残る、嫌というほど。
残って欲しくなくてもね・・・。
人間と人間の関係から生まれた何かとかね。

残していたいものと忘れたいものが重なる場合なんかまぁ地獄なわけだが、
とにかくそういうものは、たいてい、形のないものである。
形のあるものにこだわるのは、形のないものの大切さに気付いていないからだと思う。
それに気付いたとき、そこに形があるかないかには、
あまりこだわらなくなってくる。


取っておいて後で引っ張り出してこれそうなものとそうでないものの見極めも難しいわけだが、だいたいは自分の無駄な執着以外の何ものでもない場合も多い。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/09/28 08:13 ] ● 生活(掃除論など) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。