| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

ワンルーム生活のノウハウ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > ワンルーム生活のノウハウホーム > ● 生活(掃除論など) > ワンルーム生活のノウハウ
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2009年10月18日 日曜日/21:40:17/ No.1374

ワンルーム生活のノウハウ

記事分類:● 生活(掃除論など)

弁当
とりあえず、男は黙って肉。
なんという病気になりそうな弁当。
ハンバーグ、デカっ!
蛋白質36g、脂肪23g、カロリー800kcalだと。
ま、昨日筋トレしたし。
歩き回りまくったし。

まぁそんな話はどうでもいい。

事務所をとりあえず整理している。

それにちなんで、ワンルームでの生活の自分の経験なりのワンルーム特有のノウハウも簡単に書いてみようと思う。


パソコン周辺

まず、パソコン周辺はこんな感じになっている。

まぁ必要最低限のものしかないのに、どうしてもやはりゴチャゴチャする。
まぁこれは仕方ないかも知れない。

プリンタの上にあるのは、一応PC類のマニュアルや横にあるのは経理ファイル。
まぁ経理といっても大したこたぁないが。
まぁこの時点で、もう、スッキリしなくて既にイライラするのだが、他に置くところがないので仕方ない。


事務所間取り

まぁここで、一応、間取りを簡単に説明すると、
上のテキトーな画像のようになっている。
見れば解ると思うが、この間取りは非常に悪い。
というか、間取りが悪いから広さのわりに、
或いは見事に南にベランダがあって素晴らしいのに(超狭いが)家賃が安い。
とはいっても、こんな程度の物件は狭い日本だからこそで、
海外なら数千円相当でも住めそうなものだろうが。


(物を配置しにくいという点での)間取りの悪さは承知の上で、最初から配置は計画していた。
 ちなみにエレベーターなどがないのも家賃の安さを手伝っている。
まぁお陰で15kgぐらいのドラム機材を積んだキャリーカートを抱えて
階段から落ちかけて死に目にあうところだったわけだが。
丁度その事件のあたりを機にバンド活動は停止に向かったわけだが。
神様が、もうやめとけって言ってる気がして。


事務所間取り

話は飛んだが、で、実際の今の間取り。
昔はデジタルピアノをベッドの南側に置いていた。
あり得ないほど大変だったが、
このような間取りを与えられた時、
あなたなら、どのように物を配置するだろうか?
おそらく、上の私の配置しか考えられないと思う。
ベッドを北東の角から南東に向けて置けると思うだろうが、南東の棚が邪魔なのである。
 よって、ラブホテルばりに部屋のど真ん中にベッドを置くしかないという事になるのだ。
 もっとも、後でも書くが、このベッド(配置ではなくベッドの選択)は大失敗であった。


テレビ周辺

さて、それでは続いて、北東の棚。
もうここしか置く場所がないのだ。
ちなみにこの角にインターホン受話器があるが、一度も使った事はない(笑)。
というか棚に隠れててそこに自分が行けない(笑)。
一体どうしろっちゅー間取りだ(笑)。

仕方がないので、このラックに、オーディオコンポ、テレビデオ(14インチ)、
そしてなんとその上に電子レンジというアホ極まりないあり得ないセッティング(笑)
しかしそれぐらいしか場所がない。
元々プレステ2などをテレビの横に置いていたが、
ここでゲームなどした事は時間もないし全くない。
ので今回の掃除で元の箱に収めた。
 まぁこれはもう捨ててもよさげだが。


CD

これは今回の整理で生き残ったCDたち。

もっとも、私はもうこれらのCDを聴く事はほとんどないとは思うが。

後でも詳しく述べるが、ついでに、オーディオコンポも要らないと思う。
つーかテレビももしかしたら要らないかも知れない。
電子レンジは、まぁ必須かな。

となれば、ここまで背の無駄に高いメタルラックは必要ないという事になろう。

一応のこのラックの一番下の段と一番上の段に、
あってもなくてもどっちでもいいような物が散々ゴチャゴチャとテキトーに
「やりっぱなし」的に置いていたが、
そもそも、こんな棚があるから、「やりっぱなしにできてしまう」のである。
これも後で詳しく述べるが、永住する気がないような場合は、
ワンルーム生活に無駄な棚など一切いらない。


捨てるCD

今回の一掃で、残念ながら、
「もう二度と聴かないので、さようなら…。また、来世で逢えたらいいね・・・」
というCDやMDを括ったりガムテープでまとめた。
 MDは、わざわざ中のトラックを消してブランクディスクにして再利用するつもりもないので、一気に捨てる。まぁ残念ながら価値はその程度。
 その時その時で役に立ってくれていたなら、それに対しては感謝して、それで充分かなと。


捨てるCD一時保管

ところが、一戸建てやマンション住まいなどと決定的に違うのは、

片づけをしている時、

「一旦、別の部屋に保管しておくという事ができない」

という事である。

実に難易度が高い。

既に部屋の足場が少ない場合は、作業は非常に困難である。

とりあえず、メタルラックに散らかっていた段を綺麗にしたことで、
そこが空いたので、そこに捨てる予定のCDなどを一旦保管する事に。
これは車などで実家に一旦持ち帰ったりした方がゴミ捨ての能率がよいかも知れない。
ゴミを捨てるのもタダではないし、分別が非常に困難である。
 もっとも、大阪市の場合、普通の燃えるゴミの日に、
かなり無神経な捨て方をしても、そのまま持っていってくれるようなので、
無神経なゴミをズバリ捨てている現場を目撃されない限りは、
無神経なことヤッたもん勝ちみたいなところがある。
まぁこんなことでは本当はいけないのだが・・・・

かなり大阪はゴミの分別は甘いと思う。

助かる・・・・(笑)

実家の奈良は相当にゴミ分別が厳しいようで、中途半端な捨て方していると、
見事に置いていかれるようだ。
 しかも都会のように、誰が何を捨てたか全く解りにくいのと比べると地方の場合は、
置いていかれたりすると妙に目立つので困る(笑)。

いらない新聞や雑誌を括って、普通の燃えるゴミの日に捨てても奈良は置いていかれる。
大阪市の場合は、私は今まで常に燃えるゴミの日にそのようなゴミや大量の本を紙袋などにまとめて捨てた事があるが、なんとか捨てれたようだ。
 以前に本を捨てようとした時に、道を尋ねられて人に声を掛けられたときも、
なんか一瞬、「コラコラ!そんなものを月曜に捨てるな!」と怒られるのかと内心ヒヤッとしたものだが助かった・・・(笑)

他にも、黒い袋でもよかった時期から、透明しかダメになったその移行した時を知らなくて(廊下に回覧板があるのだが、んなもん誰も見ていないし、未だに間違った場所にゴミを捨ててる人もいて、しかもそれでそのまま通っている模様/笑)、
黒い袋を捨てようとした瞬間に近所のオバサンに発見され、
それをダメだと教えてくれて、透明の袋をその人の家からわざわざ持って来てくれて入れてくれたことがあるのだが、
しかし実はその時、
私は、普通の燃えるゴミの中にドサクサにまぎれてペットボトルを密かに混ぜて捨ててたタイミングだったので、これはマズイ、どういう風にシラケてかわそうかと考えてつつ、
腹をくくっていたのだが、、
黒い袋のまま、そのままオバサンが持ってきてくれた透明の袋に丸ごと入れてくれて、
それでいいんだってさ。

何それ(笑)意味ねー(笑)

まぁ助かった。という事があったなぁ・・・・(笑)
あー悪い事してるとドキドキするねー(笑)





メタルラック下

さて、メタルラックの下は、生き残ったCDを入れた缶や箱に収めたプレステ2、
あとは、ヘアアイロンやドライヤーなどをテキトーに。
 これらは、まぁいざ、撤去または移動となる場合でもすぐ対応できる状態なので、
この程度でOKかな。
本当はもっとスッキリさせたいが、とにかくワンルームの生活ノウハウはかなり特殊なのである。


紙袋保管

南東の角には、ビックカメラやシモジマなどでの買い物での紙袋をある程度とっている。
これは何かゴミをまとめたりする時にも重宝する。
ただし、溜めすぎは意味ないので程ほどに。
ダンボールなども、物販の受注発送の際に、折り曲げ防止のための型紙などがない場合に再利用する事があるので、ある程度とっている。

どうしても壁周りはスッキリしないが、やはりワンルームは限界があるのだ。



玄関に機材…

さらに極めつけは、玄関のヒドさだ。
元々はデジタルピアノも弾いていたが、
苦情がきてからは、この環境で本気で練習などできたものではないと解り、
一切使わないので玄関先に。
これも機会をみて実家に一旦運んだ方がいいだろう。捨てるのはもったいない機材だし。

あとは、ドラムのスネアやシンバルスタンド、シンバルなども、
今は、とりあえず使わないのだが、置き場所が他にないので、玄関しか仕方がない。

さて、

ここから、
ワンルームでの生活に適した「物」に関する考えを書いてみようと思う。


最初に結論をいうと、

ワンルームに無駄な物など一切いらない。
ゴツイ棚、ゴツイベッド、なども、極力無い方がいい。


しかし、物はいらないといっても、

そのスペースに、

生活のとりあえず一通りの物を置く必要があるという難しさがある。
そこで本当に必要の最低限にする事をオススメしたい。

マンションや一戸建ての、「自分の部屋」とはワケが違うのだ。

着るものから、タオルから掃除機から、仕事道具から、オーディオやテレビ、
食べる為の食器、扇風機などの空調、
掃除する為の道具、掃除したものを一旦保管する物、
そして寝る場所、お風呂もトイレも洗濯機も、
全部一つのスペースに収められていて、
且つ、それを一旦別の部屋に移動などができない。

相当に難易度は高いのだ。


テキトーに「やりっぱなし」な事をしていると、
みるみるうちにゴミ屋敷と化すことであろう。

あと、これは絶対に、、、、、

できれば、新聞は取らない方がいい。

新聞は世間の流れを知るには必要な気がするが、
今はインターネットもあるので、
パソコンがあってネット回線に加入するなら、
新聞は、どうしても見たいなら駅で立ち読みとかしか仕方がないかも知れない。

なんといっても、チラシの量が半端ないのだ。
一週間でも鬼のように一気に溜まる。
 ゴミの朝にグダグダして何度かゴミ捨てを怠るとみるみるうちにチラシが無駄に溜まる。

ちなみに引越しをするとどこから嗅ぎつけてくるのか、
さかんに新聞、宗教のお姉さん、などがやってくるが、
引越し直後にインターホンが鳴っても一切居留守で通す事をオススメする(笑)。

私はご丁寧に出て、新聞売りの人にビール券を貰ったり、15分の話し込んだ事があるが(笑)、まぁ時間の無駄かと。
 某新聞社などは、手を合わせてきて「お願い!」とか頼み込んでくるが、んなもん関係ない(笑)。



オーディオコンポテレビ、これらも、まぁあった方がいい気もするが、
絶対でもない気もする。

特にオーディオコンポは、
壁の薄いプライベートもクソもないようなアパートの場合、
満足できるボリュームで音楽を流せる事はまずないので、
結局、遠慮しまくりのボリュームで音楽流すぐらいなら、
別にもう、そんなの要らないともいえる。
 そうかヘッドホンででガンガンに聴くかしか仕方がないが、
耳にも悪いし、まぁ私は最近は、料亭系の筝曲をたまに流す程度で、
メタルやロックは全く流さない。

ソニーのウォークマンなどにミニスピーカーがセットになってるのとかあったと思うけど、
多分、ああいう程度のものを流すだけでもいいのかなとも思う。
 あと、まぁパソコンはそういう意味でも必須かな。
ニュース・エンターテイメントはパソコンのネットでまかなえる、
となれば、テレビももしかすると必要ないかも知れないし、
それで空くスペースというのはワンルームにおいては貴重である。


についても、狭苦しいからこそ、キッチリと収納空間を確保しようと、
大きい棚や、或いは細々とした小さい収納ケースなどが増えていきがちなのだが、
大きい棚も実は、かなり邪魔といえば邪魔である。
必要最低限にすべきで、その最低限の中でもさらに、いかにして削れるものがないかをよく考えてコンパクトにすべきだ。

でないと、次に引越しをするとか、掃除をする時に非常に大変である。
ベッドも同様で、まぁ、あまりボロいのも困るが、
あまりに立派にデカくて頑丈な折りたためないものも、
掃除の時に邪魔だし、何より部屋の面積の大半を無駄にする。
だからといって、床寝では疲れが取れないし、敷布団でも、
階下に寝返りなどがうるさく響いてもこまる、
メデタイ人であれば、ナンチャラに本気で声上げてマグニチュード7で床で白熱するなどもってのほかだろうし、
まぁ、実にワンルームというのは難しいものである。


小さい収納ケースも、その時その時で使えそうでも、
無駄に数があると、やはり必要のないものが増えていくものだ。

そもそも、無駄なものを収納「できてしまう」棚など無い方がよいのである。

もし収納する棚がないなら、無駄なものは一切増やせないだろうし、
部屋の床の面積や様子に常に気を配り、ちょっとでもゴチャゴチャした感じになったと思ったらマメにそのゴチャゴチャの原因を見つけて整理・破棄する事である。

要るものと要らないもの、時間差で「また要るようになりそうなもの」など、
それらを見分けるのは、なかなか難しいが、
大体の物は時間が流れるとどうでもよくなってただのガラクタになる事が多い。

生活を豊かに、無機質すぎるのもどうか、という場合は、
「あってもなくてもどっちでもいいけど、ちょっと生活を豊かにするもの」
などは、それを収納するためのスペースを決めるなりして、
それがとりあえず満タンになるところが限界とするとよいかなと思う。
そのスペースが「どっちでもいいようなもの」で満タンになった時、
新しいスペースを設けようなどと考えると未来はゴミ屋敷、次の引越しが地獄、となろう。


とにかく無駄は要らない。そこに徹底すべきなのだ。


ワンルームで1人暮らしなどをしようと初めて考えるような時、
自分なりに理想やイメージやこだわりが膨らむことだろうと思う。

料理が好きだから、台所のスペースが広い物件で道具もアレもコレも置いて、とか、
壁は自分の好きなポスターやカーテンを張り巡らせてアレしてコレして、
など、キリがないと思うが、

半年もたてば、そのようなこだわりは、どうでもよくなると思う(笑)。

さらに何年もたてば、そのような事にこだわった自分を恨みさえすることになると思う(笑)。

とにかくワンルームにおいて、無駄は要らない。

衣類なども、タンスなんていちいち要らないと思う。
100円ショップとかで売ってる適当な大きさの収納ケースを積むという形の方が、
次なる移動や、整理の時にやりやすい。

とにかく「普通の家の自分の部屋」とは、全く別物なので同じような感覚で物を配置、生活してると後々非常に面倒な事になるのだ。


常に、「次に引っ越す時に楽なように」を心掛けるのがいいかなと思う。

もっとも、これは、別にマンションや一戸建てでも同じだと思う。


いつかそこに住んでいる自分は死ぬし、引越しもするかも知れない。
引越しするつもりがなくても、ひょんな事からロサンゼルスのキャサリンと恋に落ちて、
「オレ、アメリカに行く!」
なんて事があるかも知れない(笑)。

そんな時、後の事を考えているか、考えていないかで、
部屋の物や生活の仕方が随分と変わるように思う。


よく実家の父親などは、
あまりにゴチャゴチャした家の中や棚の中のもう必要ないのに無駄に放置している本やCDについて指摘すると、
「まぁまた機会があったら」
とかいうが、
その機会はいつ来るのですかね?(笑)
多分、それって自分が死ぬ時になるんじゃないのかとしか思えない、
要するに、何もやる気がない、無責任としか考えようがないんだがね。

後に残った人にそれをやれといっているようなものかと。

私なんて二十代なのに、もうそろそろ自分に終わりが来る事を考えてるんですけどね(笑)。



まぁとにかく、結局はワンルームでも一戸建てでもマンションでも同じといえば同じかも知れませんね。

ワンルームで無茶苦茶な人は一戸建てに住んでも豪邸に住んでも無茶苦茶になるだろうし、
という事は、ワンルームでの生活というのは、よい修行になったかも知れないと思っている。
 この感覚を忘れなければ、一戸建てでもマンションでも豪邸でも、
なんとかうまく暮らしていける気がする。



しかし、、、、

一戸建てやマンションで


一緒に暮らすパートナー、家族、、、、

経済、、、、、

そして自分の未来への希望が、、、、、





無い・・・・・・・(苦笑)




スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2009/10/18 21:40 ] ● 生活(掃除論など) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。