| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

ゴキゲンスタジオ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > ゴキゲンスタジオホーム > ♪ ドラム関連 > ゴキゲンスタジオ
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2006年03月09日 木曜日/03:56:10/ No.165

ゴキゲンスタジオ

記事分類:♪ ドラム関連
今日は久々に広くて音もいいスタジオでの練習だったので、めちゃハリキッて機材を全部持って行った。
このスタジオはツーバスセットにできるんで、完全に豪華な環境で練習してやろうと(笑)。

しかし機材重すぎて持って行くだけで死んだが(笑)。

[持って行った機材]
・マイスネア(約3kg)
・鞄(中にスティック・アイシング用の氷を入れた水筒)、タオルなど(3kg弱)
この2つをまず左右の肩にかけて歩く
・チャイナシンバル・ミニチャイナシンバル(2kg)
・シンバルスタンド(7kg←TAMAのSTILTシリーズで超頑丈だが超重いのです(笑))
・ツインペダル(7kg)
・MTR&コンパクトミキサー・オーディオケーブル各種などを入れたバッグ(7kg)
これらをキャリーカートに無理やり積んで引っ張って歩きます。
想像してください。死ねますよ。
そりゃ右手も故障するっつーの(笑)。
ライブの時なんか本番のドラミングよりも機材運んでハウス行くほうがしんどいもんな(笑)。
 今日もさすがにドラム叩き始めは右手がしんどすぎた(笑)。
この機材全部一人で運ぶのほんましんどいけど(笑)、なんとか全部の機材を無理やり持ち運ぶ事は可能だと解ったのでライブ活動を再開したら気合いと根性で頑張ります(笑)。もしかしたらライブハウスにプロテインを持っていくかも知れないですね(笑)。明らかに機材運びだけで手の筋肉疲労しますから、リハから本番までの間に栄養をローディングしないと多分また右手を確実に故障するだろう。


とりあえずまぁ機材を色々持っていってセッティングも完璧に。
ゴキゲンツーバスセッティングサムネイル画像

いやぁ豪華ですなぁ(笑)。
 チャイナシンバルがど真ん中に設置してあるのがミソ!
これは画像ではわからないですが、チャイナシンバル(SABIANのAA18㌅)とミニチャイナシンバル(SABIANのAA12㌅)を重ねシンバルにして2重にしてあります。普通にチャイナを叩くよりも音の減衰が早く、音自体も独特で独特のノリが出せます。

 しっかしセッティングかなり時間かかった(笑)。
このスタジオ、せっかくツーバスあるのに普段2個目のバスドラよけられてるからね(笑)。それに今は以前までと違ってベースとシンセとピアノとかに同期して叩くためのモニター環境を整える為に、MTRとコンパクトミキサーの配線やマイクも全部セッティングしないといけないので大変です。
 あまりに時間がかかるのでスタジオに早く到着してある程度機材をバッグから出してある程度セッティングしてからスタジオにそれを運び込んでます。これでかなり時間はセッティングで食われすぎる事はないが、それでも疲れる(笑)。
 ツーバスのセッティングって事でタムのマウントは自分の正面にして左右対称形に。
セッティング(own)(PCのみ)
↑のように自分で持ち込んだチャイナシンバルのスタンドに自分で持ち込んだマルチクランプをアタッチメントして正面にマウント。YAMAHAのタムのクランプはパールと違ってひとつのバスドラの上の穴から2こで一組になってるのでツーバスのセッティングにして正面にタムを並べる場合はこのようにしないと対応できない。
 ちなみにこのTAMAのシンバルスタンドはかなり頑丈なので安定してタムをマウントできる。重いめをして持ってくる価値はある(笑)。タムのマウントとチャイナシンバルをど真ん中頭上にセッティングするのとを兼ねれるので非常に能率的。
 やっぱタムはこの位置が叩きやすいなぁ♪ライブの時はワンバスだし仕方なく通常の位置にタムを置いてるけど、あれはどうも叩きにくいから今後はやっぱライブの時もタムは正面に持ってこようかなぁ。つーか本当はライブでもワンバスにツインペダルとかじゃなくてツーバスセットに座りたいんだけどなぁ(笑)。だって、2バスのドラムセットがドーンとあるだけで、それそのものが「パフォーマンス」だもん。ワンバスセットなんかに座ってるおれは真のおれじゃない!(笑)。早くバンドの位置が昇格してツーバスセットでライブやる夢を叶えたい。
 真ん中のチャイナシンバル(重ねシンバル)だって一種のパフォーマンスだし。これはワンバスセットでもできるけど、でもやっぱワンバスセットって左右対称にならないからどうも絵的に美しくないんだよなぁ…
 まぁとにかくワンバスセットであれツーバスセットであれ真ん中にチャイナを置くと両手でツーバス連打とのユニゾンみたいな連打もできるからプレイする上でもかなりイイ位置なので、おれは別に見かけの事ばっかりでセッティングしてるわけではないのであしからず。
 ライドシンバルの位置が高くて角度も急なのも、ライブでの音質向上の為にやってるし、前にとあるサイトでみた記事を参考に、ライブでライドシンバルの音やカップの音をちゃんとマイクが拾ってクリアに聴こえるようにするためです。確かにカップの音とかかなり前方に「ちゃんと音が飛んでいく」感じがします♪
 
 さて、ドラムセットのハット側に置いている同期モニター環境のMTRとコンパクトミキサーの様子はこんな感じ↓
モニター環境セッティング(PCのみ)
 もうこれを毎回練習の度にセッティングしてるわけですよ姉さん。
ほんっと大変(笑)。

セッティングは苦労したが、実にゴキゲンにドラムをブッ叩けました。
つーか張り切ってツーバスセッティングして写真撮るぞ~って前もって計画してデジタルカメラまで重たいのにわざわざ鞄に入れてスタジオに持ち込んでるってあたりがドラムへの愛を感じますね、はい(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2006/03/09 03:56 ] ♪ ドラム関連 | トラックバック(-) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。