| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

新たな事業を!  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > 新たな事業を!ホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > 新たな事業を!
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2006年09月24日 日曜日/00:00:00/ No.357

新たな事業を!

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 とある方から頂いたメールで、
「ネットでピアノ練習の通信販売」
とかいかがですか?(笑)みたいなのがあったのんです。

 実は、おれはそういう事を前から本気で考えていました(笑)。
 しかし、問題なのは、おれのピアノの実力の低さです(笑)。
「下手なくせにお前が教えるなよ!(笑)」みたいな(笑)。

そこで、おれが昔から考えていた野望があります。

比較的初心者を対象としたピアノの練習曲を自作自演・販売し、音楽教育事業を起こすことです。

しかしこれはあくまでも野望で、
「ハノン・バイエル・ツェルニー・そしてTAKAYA」
世がこうなる事を妄想しているというようなことを冗談半分でメール返信したら、



『「かっこよく弾けるピアノ教室シリーズ」実現させてください。』


おれは何度も確認したんです。
「『(笑)』」
という文字が文末に入っていないかを(笑)。
しかし、その文字は入っていないんです。おかしい。まさか。

この「声」に冗談はないと思いました。


まず、おれが昔から考えているピアノ教育への貢献はこうです。

自分がピアノの技巧がさほど優れてはいないがゆえ、自らが「講師」などには向いていない。
しかし、人に音楽の楽しさを伝えたり人の心を躍らせるのは得意である。そして、ピアノは決してうまくはないが、子供だましというほどの低レベルではない、ある程度はやることやってきた、そして作曲編曲は自信を持ってプロといえるので、
ピアノの技術云々よりも、
ピアノの技術と音楽性を両方学べる練習曲を、
それも、ピアノが嫌いになってしまいやすい位置でもがいているピアノ学習者を対象とした初級~中級レベルのものを作るということ。

 テーマを同音連打や3度和音連続、アルペジオ、半音階、和声の理解、スタッカート、レガート、オクターブ、などを一曲の中で絞って、そのテーマにそって、
「子供や初心者が、ピアノが嫌いになってしまわないように、『これカッコイイ!弾きたい!』と思うような練習曲」
を作りたいのです。
しかも、クラシックからちょっとハミ出たような、新鮮な和音の響きなどを取り入れながら、技術だけでなく音楽性の方をむしろ重視した練習曲集を作りたいわけです。

 そして、その練習曲が、そうですねぇ、仮に12曲揃ったら、それを自演でピアノ録音しCDに収録、それを本とセットで売り、さらに、MIDIデータも右手左手別にCDに収録するなどしてPCのシーケンスソフトでテンポを変えて再生などができるようにする。
 そしておれはここでは終わらない。
そのピアノ練習曲にドラムとベースとストリングスなどを入れて、音楽の可能性と楽しさを提案する。勿論、それもCDに収録し、ピアノをマイナスワンにしてカラオケ状態にし、ドラムやベースやシンセに合わせて練習曲を自分があわせて弾いてアンサンブルの楽しさを伝える、練習が楽しくなる事を目的とする。
 さらに考えられるのは、曲によっては、連弾をすれば、その曲がよりかっこよくなるようにもすれば、例えばピアノを習う子供はその簡単な練習曲を弾き、親や講師が伴奏を豪華に弾くと子供が喜んで練習できる、家庭もなんだか暖かい雰囲気になるのではないだろうか。連弾ってイイですよホントに。
まぁこれは理想は全ての練習曲にそれを対応したいが、音域の幅の関係でナカナカ難しいかも知れないが、ドラムと合わせる事はどの曲でもできるようにはしたいし、おれなら絶対にスゴイのができる確信はある。
 これは、ヘッポコピアニスト兼作曲家兼ドラマーだからこそできることで、しかも、需要と供給が確実に成り立つので、このビジネスは話題を呼べば必ず成功できるに違いない。
 最初はピアノ練習、それをアンサンブルに関連付け、それをキッカケにバンドとかアンサンブルとかドラムとかに興味がわいたりすれば、おれのピアノとは違うもう一つの顔である、ドラマーとして活躍している分野にも興味をわいてもらえるはずで、それが、自分のソロCDやバンド楼蘭もが売れる関連付けになるにも違いないのだ。
 つまり、おれが「今」伝えたいこと、売りたい事、
これは、実は、「後」に回す方がビジネスの流れは正しいのではないか、と思えるのである。
 そもそも、おれの個人サイトは、ピアノに興味がある人がかなり流れてくる。特に「ピアノ練習法」などで流れてくる人がかなりいる。

練習はつまらない。

これは、大人であれ、小さい子供であれ、みな同じだ。

つまり、大半のピアノ学習者は、

「いやいや」練習曲をこなすという道を避けて通れない。

そこでTAKAYAの練習曲だ!(笑)

おれが作る練習曲は、子供が喜ぶかっこいい曲にしたいのだ。
ゲーム音楽を散々聴いてきてるので、スリル感抜群で技巧はさほど必要としない曲ならいくらでも書ける。
 それでいてドラムとベースとストリングスでよりかっこよくピアノ曲がバンドサウンドに変身するなら子供も大喜びのはずだ(笑)。つまり子供が喜ぶということは、
ピアノを習わせている親やピアノ講師がこぞって「TAKAYAの練習曲で子供がピアノ練習に熱を入れる!これはイイ!」と、その練習曲集をみんながこぞって使ってくれ出して騒げばシメたもんだ(笑笑)、
 そうなればドレミ出版社から正式にリリースもできるし、それに関連して自分そのものを売り込めるのだウッシッシ(笑笑笑)うわー、すごい妄想(笑)。

でも、これは絶対にイイ。本気で。
なぜなら、
商売で一番大事な事が全て3拍子揃っているからだ。
需要と供給がちゃんとあり、そしてその数が多く(ピアノは習い事の人気度ナンバーワンのくせに挫折度もナンバーワン/笑)、練習曲をやるのを「いやいや」な人が大半を占めるからだ。

もし曲がある程度揃えばその曲集のタイトルはもう決めてある。
あ、ここで先に書いときますけど、もう、これ、著作権発生してますからね(笑)、よろしく(笑)。

タイトルは、

イヤイヤやらなくてもいい[音楽的]ピアノ練習曲集

これは我ながら、プロレベルのキャッチコピーだ!(笑)
「音楽的」は、吹き出しみたいな感じでフレーズのあいだに挟む形にするイメージで。レベルは初級~中級でいくつかに分けて何冊か作れれば超理想ですね(笑)。どの位置にいる人が一番ピアノを嫌いになりやすい時期であるかがポイントか。
 バイエルで挫折するとかはあまりにも論外なので、まぁ一番低くてブルグミュラーあたりのレベルの曲を揃えたいかなと思いますが。どうでしょうねぇ。自分が自演できなくてもいいなら超絶練習曲も作れそうですけど(笑)。



ハッキリと何を誰に、誰に何を売りたいのかが解る。そして、このフレーズに振り向くであろう人間がかなりいるはずだ。

つまり、イヤイヤ練習曲をやってる人はみんなコレに振り向くのだ(笑)。絶対売れる!(笑)

とにかく売りは、練習が楽しくなるということで、
それがCDに収録されてるドラムなどに合わせたりして練習できるとか、そもそもそのCD自体が普通に教材ではなく「音楽CD」として聴くことにも通用するということだ。
 CDとあわせての販売と本単体とは選べて、
当然CDとあわせればそこそこの値段もつけれるのだ。
連弾可能な曲があれば、CDには普通バージョンと連弾バージョン両方収録しつつも、譜面は、普通バージョンだけと連弾パートを別売にすると、多分商売としては巧いかと。(笑)

やりたいことは、
商売
ではない。

おれの奥に秘めた音楽への想いが、実はこの事業でかなり実現するかも知れないのだ。
自分がやるべきことの順序を裏返して得た発想によって、実は本当にやりたい事を実現する道が実は近くにあったということに気付いた。
 おれは、基本的に、ヤカマシイ音楽、ヤカマシいドラムのガンガンな音楽が好きで、売りたいものもまさにそれなのだ。
しかしよく考えてみろ…?
その順番はどっちでもいいんじゃないか?
いや、むしろ、自分が思っている順番と逆の方が最終的にはどっちも実現するんじゃないか。
 自分のソロのCDとか、無名なバンド楼蘭とか、
それに対する需要って正直ないでしょ?
 そう、音楽っていうのは商売しにくい。
なぜなら、モノじゃないからだ。
それがあったからって便利になることもないし、死ぬわけでもない。
そういうものを売るのはプロでも大変だと思う。
音楽CDがもっと昔のように「夢のある=胡散臭い」商品であれば、売りやすいのだ。
だけど、今はCDは胡散臭くない、つまり、売りにくいのだ。
 需要のないものを売るより、
需要のあるものを供給し、
それに関連付けて「後で」売るのが個人的な価値ではないだろうか。
今、おれが売ろうとしているものは、すべて、「一番最後」に売るべきものだと思う。
そういう不利なものからビジネスを攻めるのはきっと間違っている。順番が違う。重要なのは、関連付けのやり方だ。

ちなみに密かに自分のソロ曲の中のピアノ曲や、サイトでアップしているネタのMIDIなどに関して色んな反応を頂いたりして、曲の使用依頼や、譜面販売実績などをチョコチョコと積んでいるのですが、TAKAYAソロのいくつかあるピアノ曲の譜面も時間をみて正式に商品化したいと考えています。つーか、もう商品はできあがってますから(笑)。
 もうね、おれ自身が表紙とか見て、「うわぁ!コレ欲しい!」とか思いますよ(笑)。
おれがおれの商品を見てワクワクしますね(笑)。

なんだこのヘンな日記。(笑)

とにかく、ナカナカいい仕事ができる気がしてきましたよ!
イヤイヤやらなくてもいい音楽的ピアノ練習曲集は絶対実現したい。いや、したい、じゃなくて、実現する!
 売れなくてもいい!とにかく自己満足でもいいから、
作品は絶対作ってやるぞ!(笑)

売り方次第では絶対に売れる確信がある!

うわー楽しくなってきた!(笑)



まぁ果たしてそんな時間があるのかは激しく謎だが・・・・(汗)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。