| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

スーパーハッタル  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > スーパーハッタルホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > スーパーハッタル
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2006年10月07日 土曜日/00:00:00/ No.367

スーパーハッタル

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 ピアノ教材制作事業の、まずは!の第一曲目のピアノ&ドラムのレコーディングが無事終了!
 いやぁ、これはイイ!教材が完成するのが自分で一番楽しみだ(笑)。
 ベースも自分で弾こうかと考えていたのですが、
ピアノとドラム以外は打ち込みでも充分のクオリティーを提供できそうなので、実際の演奏をレコーディングするパートはピアノとドラムになります。

この事業の難しいところは、
自分勝手な作曲ではなく、
自分が実際に自分自身が独自の作曲法で仕上げたピアノ練習曲を自演・レコーディングできないと困る(笑)、
ってところだ(笑)。
なにせ、私はピアノが決してうまいわけではない。
いや、むしろ、ヘッポコだ。

ので、自分でピアノ教材を作っておいて、それをある程度自分で練習したりする必要があるという笑えっぷりである(笑)。

 でもまぁある程度自分のピアノの独特の即興の弾き方の手癖とかも多用するので、意外と自分的には難しくない。いや、むしろ、勝手にドワーッて即興をテキトーに弾きまくる方が簡単で、それを決まった譜面にまとめる作業の方がしんどかったりする(笑)。そして自分が作った曲の自分の書いた譜面を自分で見て自分で弾く方が難しい(笑)。
 私がテキトーに感性で弾いた曲を誰かがササーッと写譜してまとめてくれた方が百倍楽だろうか…(笑)。

まぁとりあえず、こないだの日記にも書きましたが、
これは未来の大ヒット商品になる予定なのでよろしく!(笑)

とりあえず教材を作りながら、実は自分自身がピアノのいい練習になってるので(笑)、きっと「無謀で熱いピアノ大好き」な人達にとってはかなり適度なレベルのものができそうです。
 私がこの教材制作におけるピアノレコーディングが「難しい」というのは、曲自体はさほど難しくないはずなんです。ただ、「付属のCDにあるアンサンブルパートと一緒にピアノを弾いて楽しんでもらおう♪」っていうこの教材のウリの部分を自ら自演する為に実際にアンサンブルにあわせてピアノ弾いてレコーディングするんですが、
これが、ムズイんですわ(笑)。
 趣味で楽しくピアノをやっている人は、
アンサンブルと一緒に楽しく弾いて、
それがちゃんと弾けてようが弾けてなかろうが、別に本人が楽しければそれでハッピーになってもらえていいわけですけど、
私が自演したものをCDに収録となると、
やはりある程度かなり完璧に弾けてないとヤバイですからね(笑)。ピアノの弾く側の物理的な手の動作による移動時間などもよく考えた上で、テンポは適度な場所でわざと遅らせたりして打ち込んでいるので、アンサンブルに合わせるといっても結構ピアノを弾く側の都合のイイようなテンポになっているので自分でもある程度弾きやすかったのだが、それでも、いわば「模範」演奏みたいな位置にあたるものを自ら制作するのは冷や汗ものでした(笑)。
 これはでも、ホントに、楽しみながらも、とてもイイ練習になる事間違いなしです。制作者である私本人がそれを制作段階で体感してますからね(笑)。
すごく楽しいし、すごくイライラします(笑)。
これだ!この教材はまさに私の究極の理想だ!(笑)

私は音楽を好きであるという人間に伝えたいこと、
それは、音楽の

楽しさ

深さ

この両方なのです。
楽しい「だけ」を伝える人はたくさんいますが、
その無責任な夢の与え方をする無責任な教育者やアーティストのおかげで音楽業界・音楽の質・広く一般の音楽への価値観はどこまでも下落する一方ですからね。

そういう意味で、
私が今準備中の事業は、
音楽が好きな人々に、

限りなく無限の夢を与え、
同時に
限りなく夢を遠ざけもする

のです。(笑)

この意味は、きっと、解るには解ります。

要するに、

音楽が好きっていう人は、
いつまでも
「夢」を夢のままにしてほしい。
私は音楽のプロですから、
一般人が見る音楽への「夢」と、
私の「夢」は、
少しニュアンスが異なる部分があります。
これは説明するのが難しい領域の話ですが、
私としては、
無責任に夢を人に与えるプロはプロではない、
と思っているので、
夢を与えはする、
それはもう全力で夢を与えるけど、
でも、無責任な夢の与え方はしない、
というのがモットーです。
それが本当に音楽に対して失礼のない行動です。

人に夢を与えるということがどういうことであるか、
私は音楽をやるにおいて、これを常に考えています。

音楽を楽しいと思ってもらう、
それが当然の方法です。

しかし、それだけでは、
最終的に、
夢が砕けるのです。

そうならないために、
夢を与えながらも、
夢を与えすぎないようにするのです。

今の音楽業界が、
なぜ、こんなパッパラパァなことになっちゃっているか。

それは、無責任でバカなカスプロどもが、
無責任な夢を無駄に与え続けた結果です。解りますか。

夢が夢で終わってこそ、夢です。
これは広く一般の人のいう「夢」の話です。
夢が夢で終わらせなくなった時、
夢を見すぎて現実という絶望が待っています、
それでも、
次の夢がまた見えるのは、
随分と後になります。
そしてその壁を越えれる人はほとんどいません。
だから夢の与え方は重要と思うわけです。

話が難しくなってきました…(笑)。
このへんにしておきましょう…(笑)

さて!教材の一曲目が仕上がったということで、ドンドン制作を進めていくぞ~!もうドンドンいいのが頭の中でできていってるしねぇ♪
ふっふっふ…♪

ちなみに、この教材と関連付けて、
教材が完成すれば、
サイトでも、
「スーパーハッタルピアノレッスン」
というコーナーで教材の紹介だけにとどまらず、
その教材に関連して取り上げた技術や「ハッタる」ポイントを(笑)、ハッタリ大魔王TAKAYAがレッスンするという形にしようと予定しています(笑)。
 要するに、
「ピアノが巧い」=「ピアノが巧い」
っていうのは決して違う、っていうことを伝えていきたいページにします。
 つまり、楽しく、カッコよく弾ければ(ハッタれば)、
ピアノがうまくなくても、ピアノがうまくなれる、うまく「聴こえる(笑)」
っていう事を教えるとんでもないコーナーです(笑)。
 だけど「ただのハッタリ」じゃぁやっぱり子供だましだし、音大生なんかからはきっと「ケッ」とか思われてカミソリが私の家に送られてきます。
なので、ただのハッタリではなく、
「スーパーハッタリ」なピアノプレイを目指すレッスンなのです!(笑)。
 それがこの教材・サイトコーナーのウリです(笑)。
教材ができてからそれは構築するので、まだまだ先になりますが、まぁ、「スーパーハッタルピアノレッスン」とは我ながらなかなか素晴らしいタイトルセンスだ(←どこが…??笑)。

 当然プロを目指す人はこんなとんでもないコーナーは見ちゃいけませんよ~っ(笑)。ちゃんとツェルニー1つ残さずやってください(笑)。
 無謀で熱いピアノ大好きな人達(中級あたりをウロウロしている)が対象です。

いやぁ何気に私自身が一番ワクワクしてますわ一人で。(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。