| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

デジタルピアノのアホネタ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > デジタルピアノのアホネタホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > デジタルピアノのアホネタ
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年01月14日 日曜日/00:00:00/ No.459

デジタルピアノのアホネタ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
スーパーハッタリピアノエチュードの音源のマスタリング作業のついでに、
 ハッタリピアノサイトのコラムコーナーの中でつい最近追加したデジタルピアノについて書いたページに、ちょっとしたネタ即興演奏をテキトーに弾いたものを追加でアップしてみました。興味があれば聴いてみてくださいねぇ。

デジタルピアノを楽しむ!

 デジタルピアノのデュアル機能で2つの音色(ピアノ1とピアノ2など)を同時に鳴らし、その片方の音色のトランスポーズ(移調)をズラして弾いて面白い事をやろう、と(笑)。

例えば、片方の音色のトランスポーズを「+1」にすると、「ド」と弾くと、「ドとド#」が同時になって、ちょっとしたマヌケ&不協和音になります。
 しかし不協和音とはいっても、それがサスペンス音楽のような奇妙な用途にのみ使用されるとは限りません。奇妙とマヌケは紙一重なのです。
 この不協和音が「恐怖」だけではなく、「笑える」世界も共存することを証明すべく、半音隣同士の音が同時に鳴るように設定して、そのような状態のまま、ちょっとした即興演奏を色々やってmp3でアップしてみた(笑)。デジタルピアノでピアノ練習に励んでいる人で、練習にちょっと飽きたら遊びでこういう事をやってみるのもいいかもしれません(笑)。

 私的には「片方のトランスポーズを+6」もかなり熱い(笑)。
つまり「ド」を弾けば「ド」と「ファ#」が同時に鳴り「減4度=悪魔の響き」の和音になるわけですね。
 これは非常に熱いですよ(笑)。


しっかし眠すぎてこれ以上日記を書く気力がないのでこのへんで(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。