| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

黒猫襲撃計画  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年02月23日 金曜日/00:00:00/ No.497

黒猫襲撃計画

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
昨日の記事にあるように、

私の黒猫ショパンの宅急便をヤ○ト運輸の広告用音楽として売り込む(笑)、という冗談みたいな企画、
「まぁ、そのうち」
とか思っていたのだが、
どうやらコメントくださった関東のステファニー様は本気らしい(笑)。

もしここで私が、
「うーん、どうしようかな…」
なんて迷ってたりした日には、きっと、

グズグズしてるんじゃなか!!

ケツの穴の小さか男たいね!!!



とかいわれるかも知れないので(笑笑笑)、

とりあえずマジでやってみる方向でいってみます(笑)。


ということで(笑)、どうも私の人生がネタみたいになってきてますが、冗談みたいな企画ほど世の中うまくいくものだ(笑)、やってみよう!(笑)どうせそれが採用されなかったとしても、とりあえず今後の売り物ラインナップにもできるし(笑)、
もし、この面白ネタを無視したり採用しないようじゃ、所詮ヤ○ト運輸もそれまでだ(笑)、将来はないぜ!(笑)。
 私はそういう性格ですからね(笑)。
作曲コンテストに応募して何も賞とかもらえなかった時も、「私のよさが見抜けないなんて、審査員は腐ってる!後でこっちが有名になってから食いついてきたってオメーには一切関わる気はねーぜ!(笑)」
などと心に思いつつ(笑)、オーディションの類を受けたりするのがバカバカしくなって一切そういうのやめたもんね(笑)。
 ほんまにイケるやつはどんな道歩んでもきっとイケるし、ダメなヤツは何やろうがどれだけ裏から手回したり何億円叩こうがダメなヤツはダメなんだ。だからそういう類の事に頼って音楽の道を目指すのは意味がないし時間の無駄だしどうせ誰かの食い物にされる。

ということで、音楽のオーディションなどというバカげたものの100倍は面白いネタになりそうな企画ですよ今回の話は(笑)。

で、ただ単に手紙と名刺とネタ音源を収録したCDを送るだけじゃ面白くないだろうと思い、

そのCDのレーベル面まで作って印刷してキャッチ力をアップさせた。
黒猫ショパンの宅急便
サムネイル画像

それに伴って、MIDIデータをデジタルピアノに接続して、
よりクオリティーの高い音質でレコーディングしなおし、
さらにドラムも自分で叩いてドラムが入ったバージョンも収録した。

黒猫ショパン音源(ピアノ+ドラムver)(試聴)

黒猫ショパン音源(ピアノソロver)(試聴)

レーベルデザインは、
黒猫ヤ○トの宅急便のアノ車の色合いを再現しましたよ(笑)。

とりあえず、このCD見て、これを聴かないわけにはいかないでしょう(笑)。
 こういう類の企画はとにかく、そもそも相手にされるかどうかというのと、これを最初に目にする人間がどういう人であるかで運命が大きく左右されるという問題であり、となると、これは一種の広告みたいなテクニックがいるんですな。まず、細かいことはどうでもいい、とにかくとっつかせる事が全て。

 突然謎の手紙を送りつけてそれを、
「なんだコレは?」
と社長なり広報担当なりがそれを手にする。
その時、
それが誰の手に渡るかで運が左右されるわけだが、
それが誰に渡っても、
事がうまく運ぶように罠を仕掛けるのが大切だ。
てことは、
単純に理屈抜きのインパクトがいるし、「キャッチ」できるものを送りつける必要がある。
 いくら「なんだコイツは?」と思われても、
中身を空けた途端に「キャッチ」し、こっちのペースに乗せれるようにする。
 おそらく、黒鍵のエチュードを知っているか知らないか、音楽が好きかそうでないか、そういう事に一切関係なく、
単純に「キャッチ」できるかどうかだ。
 音楽好きの経営陣に送るものが届くとは限らない。
なので、理屈抜きで興味をそそるキャッチフレーズを目立つようにした、というわけである。

タイミング的には本当にバッチリだと思う。
そういえば、郵便局の一般振替口座への振込みの手数料が、100円から60円に値下がりしていた。

郵便局とその他の配送業者は、明らかに競争が激しく、必死である。
おまけに今は「のだめ」あるいは「純情きらり」でピアノブームで、特に、のだめで「ショパンエチュード10-4」が登場した事で、黒鍵のエチュードなんかの知名度も以前よりも上がっていて、このネタが通用する人間も増えいているはずだ。


ちなみに、なんならCMの構成までちょっと思いついたりしている(そこまでは手紙には書かないが/笑)。

とにかく音楽だけでもこれはインパクトがデカイ。
よって、映像と音楽の組み合わせのプロが担当すれば当然すごい名CMができるかとは思うが、
音楽の力だけでも相当なものだろう(笑)。
 テキトーに封筒くわえた黒猫がウロウロしてるバックでこの曲が流れるだけでも充分だ(笑)。
 ほどよいところで黒猫ショパンの宅急便をフェードアウトさせ、最後には例の、
「黒猫ヤマトのたっきゅーびん♪」
のあのおなじみのCMソングを最後に流してCMを締める。
その歌とのこのネタの曲の相性もわりと合っているだろうと思う。カワイイ感じというか。

その際、
「黒猫○○○の宅急便♪」
と画面に表示、歌も「ヤマト」の部分はわざと歌わない、
そして、
それをクイズにする、
クイズを当ててプレゼント(黒猫ショパンの宅急便のCDとか(笑)、或いは何らかのスポンサーの商品)を当てようみたいなキャンペーンを組み込む(笑)。
 答えは、
「ヤマト」でもあり「ショパン」でもある(笑)。
どっちにしても大衆の頭には相当なインパクトが残り、何か届け物をする時の選択肢にクロネコというイメージに直結する事に繋がる(笑)。
 昔に比べればクロネコの権威は下がってしまった。
佐○急便などにも相当押されているはずである。
クロネコメール便がメタクソ安いのは、
逆にいえば、
「競争が非常に激しい/とても困っている/必死」
という表れである。
よってCMを流す必要性も当然あると考える。
テレビCMなんてそこまでドーンとしたもので採用とまでいかなかったとしても、
なんらかの形で広報の役に立てるネタであることは確かであろう。このネタを却下するようなら、ほんと、所詮その程度の企業ですよ、見る目がない、自分からチャンスを逃すというようなね!(笑)。←売り込みにいく側が相手様を脅してどうする(笑)。

さて、手紙の文を考えなければ…
でも、硬い文章は苦手なのよね。
社長に送りつける手紙の文末などに「(笑)」とか入れたらやっぱ通用しませんかね?(笑)
 でも世の中、楽しくいかないと!(笑)
冗談みたいなこと平気でできる人間が案外うまくいくもんですよきっと!(笑)
 あまり深く考えずにほどよく真面目に、でも楽しくこの企画に取り組んでみよう!(笑)
 私が一つ考えている売り込みテクニックとしては、
自分を自分でネタを売ろうとしているようにするよりも、
「サイトのお客様からそういう声があって、それはなかなか面白いかもしれないなと思って今回の行動に踏み切ってみましたぁ(笑)」
って流れにすると印象アップで嫌味がないかなと(笑)。
特筆すべきは、
このネタはそもそも自分を売り込む為にわざとらしく作ったものでなく、
あくまでも、
恐ろしいほどに全てが偶然から発生した話であることです。
 こういうものほどヒットする!(笑)
 そのへんをうま~く手紙に詰め込み、でもダラダラなるとうっとうしいので、結論を先ずは先に述べてとにかく音源聴いてとっついてもらった後で、その流れになった理由は、「こっちのペース」に暗黙でなった状態で後で見てもらって担当者の頭に電球が完全につく、そのイメージですな(笑)。うっしししし!(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
そうそう、種まき種まき(ネタまき?)
「蒔かぬ種は実らぬ」って言うじゃありませんか。
[ 2007/02/25 07:58 ] [ 編集 ]
ついに、売り込むためのネタ音源再レコーディングと手紙の準備ができてしまいました。さて、それでは明日に、いざ、ワタクシTAKAYA、大企業相手に襲撃開始するといたします!!(笑)
[ 2007/02/26 02:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。