| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

紫 陽 花  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年03月18日 日曜日/00:00:00/ No.520

紫 陽 花

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
ついこないだの記事に書いていた、
紫陽花というTAKAYAソロのピアノ曲を、
私の個人サイトの
ヘッポコPIANOリサイタル
のコーナーに仮レコーディングしたものをアップしました。
 興味があったら聴いてみていただけたら嬉しいです。


 バンドのマスタリング準備などで実家に来ている間にバタバタした中でレコーディングしたわけですが(笑)、
区切りレコーディングのくせにミスタッチの嵐ではありますが(笑)、
や、これはヤバイ、
やっぱりこれはイイ曲だ・・・・(笑)
なんでこんなにイイんだ・・・・(笑)
背筋にくるねコレは・・・・(笑)
(自分でいうなって/笑)
記録によると、2000年の12月23日に私が作曲したものだ。
何年前だよこれ・・・・(笑)

まぁそれをアレンジしなおして今回の仕上がりに生まれ変わったわけだが、
いやぁ、このピアノアレンジは我ながらかなり天才的ね!(アホ/笑笑笑)
 まぁ結構難易度高めかと思いますが・・・・
 どちらかといえば右手よりも左手が相当動き回る。

まぁ…この仮レコーディングで相当苦労したことで、
やっぱり私はピアノを「弾く」事に関して才能のカケラもない事がハッキリしました(笑)。やっぱりダメだね・・・私はやっぱりピアノは全然ダメだ・・・・
 この曲に限らず私のあらゆるピアノ曲は、、
ハネケンか誰かに弾いてもらおう…(笑笑笑)
つーか、私、どれだけ知名度上がったときがきても、
多分メディアには露出しませんから(笑)。つーか一切人間と関わりたくないね(笑)。ってベートーベンか!(笑)
 私は、私よりも私の作品を一人走りさせる方が向いていると思う。伝えたいことは音とか書籍で伝えると思う。
 私はね、どちらかというと、
あらゆる物事を闇で支配する系なんすわ(笑)。
一番タチ悪い性格だが(笑)、
多分これは「社長」というものよりも一番オイシいポジションだと思いますよ。社長なんかならんでいい、しんどいだけ。
 闇で何かを支配して、一番おいしいとこを闇でもっていく、
そんな嫌なやつに、、、、、
なりたいとは思いませんが(笑)、
そういう系統の生き方が自分に向いていることは確かだ・・・・(笑)
 華麗なる一族では、鉄平よりも万俵大介頭取のファンですから!(笑)
ああいう人になりたいね。
つーか、既に私はああいう系の性格をウラに持った人かも知れない。見た目からはソレの想像がつかないところがさらに私のタチの悪いところである。はっきりいって私には近づかない事をオススメする(笑)。
 バンド楼蘭の最大の問題点、チームワークのなさ、まとまりのなさ、精神的にも音的にもバラバラ、
これは、
おそらく全て、私のせいだと思う。
私は昔っから、
どこにいっても、
異様な空気を放っていて必ず浮いて何をやっても必ず目立った。目に見えた目立ち方ではなく、自然に放っておいても浮いた。
 それが「人気者」になれる原因にもなったが、
逆に自分の足元をみられてロクな思い出が残っていない事が多いのも確か。紙一重のところだ。
 今の楼蘭において、私の存在は万表頭取のようなものかもしれない。
そう、どこか息苦しい空気を与えているのは全て私かも知れない。私には見えてしまう。見えない何かがメンバーを縛っていて身動きがとれないでいる感じがする。間違いなく不満が個々にある。しかし、マイナス面とプラス面のカギを紙一重で同時に握る人物が同一の私であることが、身動きがとれない原因だと思う。

 もしかするとバンドが解散すると、
みんな、ホッとするかもしれない。万俵家のように…。




 しかし北欧路欣也は本当にカッコイイ!めちゃめちゃ憧れる。あの恐すぎる三角っぽい目が欲しい!(笑笑)。
あの目が私にあればおそらく私は無敵になれると思う(笑)。



話は飛んだが(笑)、自分で考えた紫陽花の新ピアノソロアレンジを自分であまり練習しもせずにレコーディングとかありえないぐらい苦労しました・・・・(笑)
 というか最近ピアノ全然弾いてなかったし・・・・(汗)
つうか時間もないし時間がもしあったとしても多分気力もないだろうというヘンな精神状態が長らく続いているもんで、ホント、久しぶりにピアノ弾いた(笑)。
 区切りレコーディングのくせにまともに弾けてないあたりが笑えますが、また後々この曲や当然GRATITUDEやその他の比較的TAKAYAソロの中で「聴きやすい」曲をセレクションで収録した音源なんかをリリースしたいと考えているので、この紫陽花は、あくまでもサイトにアップ用にレコーディングしたもので、またちゃんとレコーディングする必要がありますね…。

 ちなみに、この曲のピアノピースも既に勝手に作って立派に出来上がっていたりしますので(笑)、
需要があるのかは謎にしても、一応のちのちこっそり販売ラインナップに追加させていただく予定です(笑)。
 多分今の時点でこの曲を知っている人は、ほとんどいないと思うので、誰も知らん曲のピアノピースなんぞ販売しても意味がないですからねぇ(笑)。まぁしばらくサイトで音をアップしてみてからって事で(笑)。
紫陽花ピアノピース表紙(PC向け画像)
紫陽花ピアノピース(PC向け画像)

しかしまぁなんと仕事の早い・・・(笑)
13エチュードを作った事で、
譜面の手書き清書やコンピュータでの修正はチョチョイノチョイでできるようになったのでかなり早く仕事をこなせたぞ~(笑)数日しかかかってないし(笑)。
表紙デザインなんか一時間もかかってませんね。
パパ~っと(笑)。
紫陽花の写真はフリー素材から頂いたものですが。
まぁ紫陽花が咲くのを待って自分で写真撮ろうとしたら、
かなり待たないといけないしね~(笑)
でもまぁこの曲の公開は季節的にもバッチリじゃないですかね(笑)。
紫陽花が赤くなる頃には私の人生も今よりも赤く燃えてこればいいのだが(笑)。

まぁ表紙のデザインとかパパーッとやったわりに、
めちゃめちゃイイ感じだ(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
こんにちは^^

ホント仕事早いですね。

>需要があるのかは謎にしても、一応のちのちこっそり販売ラインナップに追加させていただく予定です(笑)。

毎日商品一覧見に行きますでっす(爆)

あ、でもGRATITUDEが跳躍のところとかやっと弾けるようになったレベルなので、この曲はちょっと難しそうですね。
こちらはハッタリじゃなさそうなので(爆)

例の件、決戦は水曜日です^^
[ 2007/03/19 06:27 ] [ 編集 ]
師匠、思い出したのですが、ツェルニーを楽しく練習できる教材みたいなのの話しを以前してませんでしたか?
あの「へつまんないツェルニー」を練習させる気にさせるやつですよ。
または、「へつまんないツェルニー」を素晴らしく編曲して、題名のない音楽会に売り込んでみませんか?
そして、ハネケンに弾かせよう。
[ 2007/03/19 16:28 ] [ 編集 ]

「紫陽花」試聴ありがとうございます♪
一時間もあればレコーディングできるだろうと甘くみてたら、
3時間もかかってビビリました(笑)。
ピアノってやっぱシビアすぎ・・・・・(汗笑)


>毎日商品一覧見に行きますでっす(爆)
3月中にはラインナップに追加できると思います。
毎日商品一覧観に行くのはタイヘン過ぎて申し訳ないので(笑)、リリースした時は、やっぱり一応ちゃんと日記などで書こうと思います(笑)。
ちなみに、この曲にも「ハッタリ」ピアニズムは結構あったります(笑)。ハッタリエチュードに出てくるようなフレーズ(弾き方)も普通に登場しますので(笑)。
「あ!コレ!こういうのハッタリエチュードにあったあった!(笑)」
みたいになると思います(笑)

結局、私は、いつもハッタリ人間なようだ…(笑)

確かに紫陽花はハッタリ要素はありつつも(笑)、
左手の動きがどうも気持ち悪いので苦戦必至です…(笑)
 あんなアレンジをした私自身を私が恨みました(笑)。


 例の件、本当にありがとうございます。占いによるとラッキーアイテムは媚薬らしいです(意味不明大嘘)。
色気作戦だぁぁぁぁぁ(意味不明過ぎ/笑)
[ 2007/03/20 02:15 ] [ 編集 ]
結構当時も真剣にツェルニー改造を考えてました。

がしかしっ!!!!(笑)

ツェルニー練習のつまらなさは、
世の中のあちこちで回っている裏金とか殺人事件の動機とかよりも遥かにつまらないのであ~る!(謎笑)
 で、ある程度は私がメスを入れる事は可能かもしれないですが、
しかし、やはり元々の音型がビックリするほどつまらない無機質なものなので(笑笑)、
レベルの調整や課題とリンクさせながら、ものすごいインパクトをもったものをドーンと作る事はかなり難しいでしょう…。
 そういえば、「あきないハノン」とか、結構そういう教材もあるようですね。まぁ多分そういうのは飽きると思いますが(笑)。
 もしかすると、私がツェルニー改造に手をかけても、やはり飽きるものしか作れないほどにツェルニーは救いようがないと思います(笑笑)。
 そういえば、私は昔ピアノを習っていた頃に、「新しいツェルニー」という教材を使った事がありました、、、全然新しくなかったですが(笑)。
 ツェルニーはもはや無敵です、大将です(笑)。
あれだけつまらない練習曲を何百と作ったということ自体が伝説です(笑)。やはり、ツェルニー様のアルティメイトスリーピー伝説(究極に眠くなる)に私が下手に関与する事は、神聖なるミロのヴィーナスの乳を汚れた手で揉むようなものかもしれません…(意味不明過ぎなたとえ/笑)。
 ツェルニーの壁はかなり厚いですねぇ……(笑)
もし何かそれっぽいものを作れても、「押し」が弱いものしかできそうにない気がします…(笑)。それほどツェルニーの無機質練習曲は伝説的です…(笑)たまにマシなのもあったりするんですけどね(笑)。
また何か面白いことを突然思いつくかもしれないですけど(笑)。
[ 2007/03/20 02:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。