| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

徹クリ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年04月24日 火曜日/00:00:00/ No.557

徹クリ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
徹夜で、というか、徹夜を超えて(←12時間以上無休無食労働/笑)、
「黒猫フンジャッタっ!」
の楽譜(を印刷できる状態のデータ)まで完成させた。

なんせ、音符の数が多い(笑)。
そりゃモチーフはショパンの黒鍵のエチュードですから(笑)、
右手の音符の数が多すぎて非常に書くのが面倒(笑)。
 ハッタリ13エチュードの制作で、手書きピアノ譜は、かなり慣れたとはいえ、やはり手にかなりよろしくない(笑)。
 定期的に手や肩をブンブン振り回しながら血をちゃんと手先に流してきながら作業しないと、腱鞘炎は約束付きだ(笑)。

 楽譜を書き終えてスキャンで取り込んでさらに清書。
うむ、手書きとコンピュータの融合譜は、やっぱりなかなか味があってイイ。
 表紙も既に作成したが、ナカナカいい感じだ。


ところで、この「黒猫フンジャッタっ!」は、
ネコふんじゃったや黒鍵のエチュード同様に、
変ト長調という♭だらけの調であるが、
この調は、譜面を書くにしても読むにしても、
かなり厄介な調である。

例えば、ネコ踏んじゃったを、
もし、音符で口で歌うとすれば、
どう歌います??

私の場合は、

「レドファーファッファ」
と歌います。

が!
楽譜では、
「ミレソーソッソ」
となります。

これがめちゃめちゃ気持ち悪い。
どう考えても、
レドファーファッファの方がしっくりくる。
変ト長調というよりも、
嬰ヘ長調というニュアンスの方が、
「頭の中の音符の歌い方」と一致するというか。

まぁ黒鍵のエチュードも変ト長調だから、
これを練習していた時も譜読みはかなり面倒だった記憶がある。
とはいっても、曲によってはほとんど音符に臨時記号がつかないので、
♯だらけや♭だらけの調の曲は慣れればさほど問題ないが、
それでも気持ち悪い事には変わりない(笑)。

 譜読み地獄といえば、ショパン別れの曲の中盤のヘンテコな部分とか、ショパンエチュードOp.10-4とかが、かなり鬱陶しい部類に入る。
 まぁそういう面倒な譜面を読むのも大変だが、ショパン本人や弟子などは、逆にそれを書くのも大変だったろうと思う(笑)。
 自分自身がピアノの譜面を何曲も書き上げてきてそう思う。
今の時代だからこそ、コンピュータの打ち込みデータなどと照らし合わせて記譜ミスを最小限に抑えれるが、
自分の編曲・作曲した曲を譜面にあえて書き出すというのは逆に面倒で(笑)、調によってはダブルシャープ「×印のような記号」やダブルフラット「♭♭」も必要になったりするので、
楽典にあまり明るくない場合(笑)、それらを使う場所が自分でよく理解できてない場合もたまにあり(笑)、コンピュータに一度曲を打ち込んで譜面化したものを写しながら手書き清書するのが一番確実で楽チンである。
 楽チンなはずだが、やたらしんどいのも事実だが(笑)。

今時、コンピュータで譜面作成はできるが、
やはり、よく考えると、
「直筆譜が残っている」ということって、
やっぱりなかなか素晴らしいことだと思うわけです。
レジェンドです(謎)。
 ベートーベンは譜面が汚かった。
 モーツァルトは綺麗だった。
 シューベルトの最後のへんの譜面は、どこかしんどそうに見える。
とか、
そういう直筆譜が、
現代の音楽ではほとんどない。
将来引き継がれていくであろうというような音楽もさほどないことも確かだが(笑)、
レジェンドを築きたいなら(笑)、
直筆譜はなんらかの形で残しておくべきだ。
 みんな似たりよったりのコンピュータの譜面作成の仕上がり譜じゃ個性もクソもないし、何より面白くない。

これは、スーパーで売ってる野菜が、
あまりにも綺麗なものばっかりで、
味は問題ないのに曲がったキュウリは売られない、
というような事に似ている。

機能性・見栄えを追及するのは結構だが、
それが確実に人間レベルを低下させていることは間違いない。
物を大切にしない。
本質を見ずにソトミばっか。

ソトミばっかのくせに、
建造物や車はただの無機質で味のない形だったり。
日本には何かが足りない。
ものすごく何かが足りない。

素晴らしく居心地のよい平和過ぎるアホ満開屁理屈帝国だが、
それなのに居心地がすこぶる悪い。

アホなくせに堅い。
堅いくせにアホ。

なんだか惜しい国だ。


と、話がそれてしまっているが(笑)、
とりあえず黒猫ピースができあがったのでホッと一息。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
師匠、私が譜読みが難しいと耳コピしたくなるのは、頭の中での音への置き換えがぐちゃぐちゃになってしまうからです。
ねこふんじゃっただって、ピアノも習ってない幼稚園生の時に、弾けていましたが、「この楽譜見て弾け!」と言われたらできなかったに違いない。
譜読みのコツとかないのですか?
ピアノ学習者の最大の難関なのですが・・・。
[ 2007/04/26 05:36 ] [ 編集 ]
「ねこふんじゃった」は、
確かに楽譜にするとすごいです(笑)。
 譜面だけみれば幼児が弾くような曲ではないはずです(笑)、なんといっても、フラットがBEADGCにつくわけですからねぇ(笑)、きゃー恐ろしい。
 そういえば、私の13エチュードの8番「追憶」なども、「譜面にすると何がナンタラだけど規則を覚えれば弾く方が逆に楽」な要素があったりしますね。

譜読みのコツは・・・・・・・

私 が 知 り た い !!!
(笑笑)

ちなみにワタクシ、
「別れの曲」の中間部の六度地獄の部分は、全部カナふりました(笑)。
「シファレソ#ラミ♭ドファ#ラミ♭レソ#ソド#ド」
って(笑)。
 究極は、鍵盤の絵とかを譜面のややこしい和音の部分に書いたらいいんじゃないですかね(笑笑)。
 目的を果たすためならやり方などは自由だと思いますから(笑)。
[ 2007/04/28 03:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。