| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

「春のピアぴあ(謎)」  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > 「春のピアぴあ(謎)」ホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > 「春のピアぴあ(謎)」
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年06月24日 日曜日/00:00:00/ No.620

「春のピアぴあ(謎)」

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
 ちょいと、バンド楼蘭での新曲練習にとりかかるための同期音源のベースとシンセをレコーディングしたついでに、
ぴあのピア」のテーマとなってる短いピアノ曲を遊びでレコーディングしてみたので(笑)、
ヘッポコピアノリサイタルのコーナーにmp3を久々にアップしました。
 ぴあのピアのテーマ曲だけだとめちゃめちゃ短いので、なんかついでに弾いちゃおうということで(笑)、
春のワルツ」のテーマ曲となっている童謡の曲も合体させてみました(笑)。

あ、NHK関連のものばかりですが(笑)、別にNHKの回し者ではありません(笑)。
 両者とも、番組を見ているうちに頭からテーマ曲が離れなくなっているので、弾いて録音してみた、と(笑)。
 結構即興的な部分もあるんで、コード進行とか結構違いますし勝手にイロイロ変えて弾いてます(笑)。


 一方、バンドの同期音源用レコーディングのベース録音は、
なかなか大変でした。
 なんといっても、私はベーシストじゃないくせに5弦ベースなんて自在に操れもしないものを不器用にセコ技使って慣れぬレコーディングをするもんだから、指の皮が痛い痛い(笑)。
 5弦の重低音もかなり登場するミドルテンポの曲で楼蘭では少し異色の曲調でしょうかね。まぁ何年も前に私がガンガン曲をバンドで作っていた頃の作品なので新曲のようで新曲じゃないですけど(笑)。
 まぁバンドも今の世の中の感じでは成功はかなり無理だと思うのでさほど今はバンドに対して私は本気ではありませんが(笑)、本気ではないけどやることは本気ですし、せめて作り貯めてきた曲をミンナで合わせるだけでも合わせたいってもんですね(笑)。無理なものは無理なんで、ライブなんか全然やる気ないですから、一体このバンドはなんのための軍団か、と他のメンバーはそろそろ首を傾げ出しているのではないかと心配ではあるし、私の破天荒なものの考え方で周囲を振り回しすぎてはいないか、とかよく考えてしまうのだが、、、
どう考えたって、周囲と同じことやってたんじゃ成功なんてできないし、なんつーか、本当に真剣だからライブをやる気がないんですよね(笑)。
 ライブをやらないからモチベーションが上がらないなどというのであれば、所詮その程度の精神性しか持ち合わせていないのであれば音楽なんてやめちまえばいいだろうと思う。

 最終的に、音楽って音楽だけじゃ人に伝わらないから、
ある程度のスケールをもった精神性がないと、
もし音楽という一片で注目されたとしても長くは続かないし本質が人に届かない、そして当然、人を動かすことができないと思う。
 音楽を伝えたい・音楽をやりたいから音楽をやるのではなく、
何かの結果が音楽であると私は思うわけで、
音をただ出すだけなら猫でもできるし、作曲だって今時機械が勝手にやってくれたりする(まぁそんなものでできた楽曲などプロのこっちからすりゃカスだが/笑)

極端にいえば、今、私がやりたい事って音楽ではない。
でも、私がやりたい事は、音楽の力を使わないと叶わない。
だから、「音楽は何かの結果、絞り出てくるもの」という考え方を私はしている。
 なのでライブをやろうがやらまいが、私のモチベーションは全く変化しない。目的はもっと先にあるので、仮にライブハウスに300人集めてワンマンライブやったって、私は全く満足しないだろう。
 何を誰に伝えたいか、このあたりもしっかりしておかないといけないかも知れませんね。私の場合は、私が伝えたい事や相手の層がライブハウスに集う人間と一致しないんで、やる気がないってのもありますかね。
 まぁバンドのほかのメンバーの奥深い人生の目標というか、ルーツっていうか、どういうスケールなのかによって、
私がこのバンドにい続けるべきかどうかはよく解らないともいえるんですけどねぇ。。。。。
 最近、これだけ自己管理に徹底している私が、
ちょっと自分の精神状態が少々フラフラしているというか、
あまりにもぐちゃぐちゃ過ぎるなと思うことが多く、
ちょっと「今」は「下手に何もしないほうがいい時期」になっています。

なので、まぁ「ぴあのピア」のテーマ曲みたいなやたら爽やかでホッとする感じの明るい曲を自ら進んで弾いてみたりしてアップしたってのもあるんですけどね。


 少し話は飛びましたが、
もしバンドやっている人などでライブを繰り返している事を何の疑問もなく「当たり前」と考えてそれでなんとかなるとか勘違いしている人がいるならば、

20070624.jpg
芸術と経営---アートマネジメント
あたりを読んでみたりすれば、
バンドという軍団が、いや、芸術というものが世の中において経済の枠の外にあるものであるか、そしてそれを目指すことの想像以上の難易度の高さ、将来性についてや、
それを目指すにおいてのその道の作り方の方向性を勘違いしているかに気付くヒントになる事が色々書かれていると思うので勉強になると思います。
 そこらの身内回転ライブを自慰的にやる事がどれほどバカげたスケールの能のない行動パターンであるかに気付くと思う。気付かないなら確実に数年後はサラリーマンだろう。
 要するに何か物事を考えたり動かそうとするとき、
「自分」というものが真ん中にある時点で考え方が低すぎるのである。
 自分なんかもうある意味どうでもいい。
でも自分を棚に上げながら自分を棚から下ろすことは可能だと思っているし(謎笑)、むしろ棚に上げたからこそ現れる自分の姿ってのがあると思うんですよね。
 自分を追い求めているうちは甘くて、
自分自身から視点を外にやった時に逆にそれが自分を強く認識する事に繋がるという独特の精神の感覚になった時、何か面白い事が起こるという気がする。
 これはなかなか難しくて、ちょっと隙あらば、
すぐに「自分」が無駄に出現してくるからシビアなのだが…。

ちょっと深くはまりすぎて逆に一気に力が抜けるというか、全てがどうでもいいって感じになってくるのがどうも恐いですね最近・・・・
 今、一つ能力が欲しい。
単細胞シンキング
という能力が。
 欲しいと思うものに一直線で向かいに走り、
いらないと思うものを瞬時に捨てる、
思っている事をまっすぐ言う、
その単純な思考回路、
その能力が私に足りない。
 何故、私はこんなに複雑すぎるんだろう。
これはもはや私だけのせいではないだろう…。
あまりにも私は何かに支配されすぎていて非常に疲れる。
心が孤独というより、もはや魂が孤独。
私には精神的な拠点というか精神的故郷というものや帰る場所が昔からない(物理的な場所の問題ではない)、完全に独立している感覚。心がど独立なのではなく魂が孤立している感覚、これは一体何なのか。
 純粋なのか不純なのか、
正直なのか嘘つきなのか、
善か悪か、
全く解らない。
うーーーーむ…疲れるなぁ(笑)。

やっぱり、あの人が必要なのかなぁとか最近そればかり考えているのかも知れない。。。。
 冷静な私がなんでこんなに壊れているのだろうか…(笑)。
もう当分どうでもいいっすわ(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2007/06/24 00:00 ] ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 | トラックバック(-) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。