| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

Xacti DMX-CG6  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年07月14日 土曜日/00:00:00/ No.641

Xacti DMX-CG6

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
 ※記事分類が「ムービー(音楽)」になってますが、この記事に動画はありません(購入したカメラの簡単なレポート記事です)


 さてさて、ここで非常にお得に購入したデジタルムービーカメラ「Xacti DMX-CG6」を使ってみた感想などを簡単に書いてみようと思います。

まず、上のお店ではセミハードケースがついていたのが非常に嬉しかったところです。
付属品の全てをスッキリ収納可能で便利。
DMX-CG6

さて、肝心のカメラについてですが、
まず、操作面ですが、非常に快適で使いやすいですね。
DMX-CG6操作部
上の画像のように、
写真撮影と動画撮影のボタン(その2つの間のボタンはデジタルズームの操作です)、
録画したものを確認・再生・編集するボタン、
操作ボタン、メニューボタン、
で主に構成されていて、
まぁさほど説明書を何も見なくても何となく感覚で簡単に扱えるほどシンプルでイイです(笑)。

しかし恐ろしくコンパクトです。
DMX-CG6大きさ
箱から出した時、ちょっと驚きましたね(笑)。
付属品が色々入ってましたが、
で、、カメラは何処?みたいな(笑)
 大きさの目安として煙草の箱と並べてみました。

 上の画像では解らないですが、
ボトムの部分に三脚取り付け部分やUSB端子が付いています。
他にもヘッドホンに繋げるAV端子もあります。

一つ書いておくべき事は、
外付けマイク端子が無いので別のマイクから録音することはできません。

私の場合は、そこらへんは別にこだわりがない、
というか、
逆に音声の録音に関してはこだわりがあるんで、
ムービーカメラの録音機能には逆に最初から何も期待していないため、音は別にちゃんとしたレコーディング機器で録音して、後で映像に合わせて編集する気満々なので(笑)、
そういう意味で、カメラにマイク端子があるかないかはこだわらなかったのでコレを選んだという事です(笑)。
 高音質を謳(うた)ったカメラがあったとしても、
所詮、我ら音楽業界人の扱うレコーディング機器には敵うはずがありませんから(笑)、音にこだわるなら、音は完全に別録りにしてビデオカメラによる集音には最初から期待しないのがよいかと思います。
 動画撮影で音にそこまでこだわる人は音楽関係者でもなければめったにないはずですが(笑)、とりあえず普通の動画撮影程度ではマイク外付け端子がなくてもいいとは思います。
 でもまぁビデオカメラなどを買う場合の選択の基準のひとつではあるので外付けマイク端子がDMX-CG6にはないという事を書いてみました。
 あと、電源の供給は、バッテリーのみで(一時間以上はもつと思いますが)、家で使用する際にもコンセントからは供給できませんが、まぁこの商品の特性としては手軽に持ち歩いていつでも手軽に撮れるというのが売りであるとも思うので、人によってバッテリー供給だけでは時間が心配という場合は、予備バッテリーを買う必要があるかも知れません。


 さて、ここからが重要なトコなのですが(??)、

記憶媒体はSDHCカードです。

2GBが限界であるSDカードの進化版といえるのが、
SDHCカードで、
4GBや8GBのものがあります。

で、秒間転送量や速度などについての目安として、
「Class」が6・4・2とグレードが分かれていて、
私が買ったのは「Class2」
と、まぁ、低めのものを買ったのですが、

やはり高速でないものは動作がアヤシイ事が判明。

問題なく使えるのですが、
たまに動画撮影中に動作が止まったり(笑)、
動画を再生しようとすると「システムエラー」が出たり(笑)、
動画を再生しようと読み込んでいる途中で画面がフリーズしたり(笑)、
「これは一体・・・?(汗笑)」
と思ったのですが、
これはカメラのせいでは当然なく、
SDHCカードの性能によるもののはずです。

私が普段主に持ち歩いたり使っている記憶媒体は、メモリーカードや大容量USBフラッシュメモリなどで、
SDカード・SDHCカードというのは私は今回のビデオカメラで使うのが初めてで、
あまり細かいトコ気にせずにカードを選んだのですが、まぁどれでもいけるだろうと思っていたが、
これはカードを高Classのものに買い換える必要がありそうです(笑)。
 撮影中や再生中にエラーが起こる可能性があるような状態で動画なんか撮影する気ないですから(笑笑)。
 もし木枯らしのエチュードをポリーニと同じぐらいのクオリティーで完璧に弾ききって録画できた後にエラーが起きたらどうするんですか!!!!(笑笑)
 つーか試の録画でマジで奇跡的に木枯らしを完璧に弾けたのを録画できてしまって「これはYouTubeにアップせねば!」と思っていたのだが、あぁ!残念!エラーで録画データ消えました。
あぁ、ミンナに見せたかったなぁ、あの奇跡テイクの木枯らしを…。

って全部嘘ですけど(笑)。

つーか木枯らしなんかアップする予定ないですけど(笑)。
つーかまともに弾けませんけど(笑)。
まぁ木枯らし攻略ページのバージョンアップ的な存在として、木枯らし攻略や他の曲の攻略などを動画でシリーズ化したりしたいなぁとか考えたりはしているんですが(笑)。
 それなら通して完璧に弾けなくても、一部を録画すればOKだから、通して完璧に弾けなくても攻略動画は作成できるなと(笑)。


話は飛びましたが(笑)、
Transcend 150倍速 SDHCカード Class6 4GB
このあたりならかなり安心できそうだ。
 SDHC対応のカメラとはいっても、
従来のSDカードも使えるため、
4GBという容量にこだわらないのであれば、
SDHCカードじゃなくても、
2GBのSDカードで高性能で超高速といわれている、
SanDisk Extreme III SDメモリーカード 2GB
などの方が安定性が優れているのかもとも勝手に推測できるのだが果たして・・・??

とりあえず、実際に同じカメラの機種を使っている人がちゃんと問題なく動作しますと評価している事が確認できた上のトランセンドの150倍・Class6のSDHCを買う予定。
(※この記事を書いた後日、実際に、上記のトランセンドのSDHCカードを購入し、快適に動作することを確認しました)

 記憶媒体によってこんなアクシデントが起こるとは予想外で「あらら??」って感じでしたねぇ(笑)。
 Classが低いものでも値段が割高のものも出回っているので、値段が高いからそれでいけるかといえばそうでなかったというのが私のカード選びの失敗の原因でもありました。


ちなみに、やはり動画も静止画も、本当に綺麗に撮れます。
暗い所での感度が高いという事もこのカメラの謳い文句の一つですが、確かに、感度が素晴らしいです。発色が綺麗ですね。

 これはかなりイイ買い物ができて本当によかったです。
あと、注文するときに最後の一個でピンク色しかなかったという理由で、何故か私が似合いもせぬピンク色を買ったわけだが(笑)、意外とこのピンク色、めちゃめちゃ気に入った。
 他のシルバーや紺よりもメタリック超で、ピンク色とはいっても女っぽい安っぽいベタベタしたピンクじゃなくて高級感があるので密かに逆にピンクでよかったかも?とまで思えるほど気に入りました(笑)。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tearstky.blog27.fc2.com/tb.php/641-41b4f92b

夏の大決算SALE開催中この商品でこの値段なら文句内でしょう。ポイント使ってもいいし、貯めてもいいし☆彡お得にお買い物できそうです(〃^∇^)ノ♪軽くて小さいし、操作も簡単で初心者でも使いやすいです。映像の質や機能はオモチャっぽいところもありますが、安いので

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。