| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました
ホーム > スポンサー広告 > FF5 エクスデス戦 ピアノ演奏動画(笑)ホーム > ♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行) > FF5 エクスデス戦 ピアノ演奏動画(笑)
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年08月26日 日曜日/00:00:00/ No.682

FF5 エクスデス戦 ピアノ演奏動画(笑)

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
YouTube埋め込みプラグイン↓

--------

てなわけで、動画編集で遊びすぎて雨とか降ってて謎が多いですが(笑)、
まぁ演奏は荒っぽくてテンション上がりすぎて音外しまくってるんですが(笑)、雰囲気重視って感じで完全にただの遊び的な感じの演奏ですがアップしてみました。

動画編集とかするとニコニコでは不評な感じなので、
動画編集なしヴァージョンをニコニコの方にアップしました。




この曲、ニコニコで「おっぱいの女の人」が弾いている動画以外は(笑)、エクスデス戦のピアノソロ演奏はなかなか見れなくてレアだと思います(笑)。

どちらかといえば、「楽曲」というよりも完全に環境音楽的で、メロディーというものよりも雰囲気にインパクトがある映画系の音楽はピアノでは再現しにくいことが多いので、
実際、この曲の演奏しているようなものはないかYouTubeで検索をかけてもほとんどないです。
エクスデス 演奏」「exdeath piano」とかで検索かけても、
私の動画しか引っ掛かりません(笑)、これはなかなかレアなものを配信できましたね(笑)。

こういうピアノは、おそらくクラシックピアノや楽譜の再現だけを真面目にやっている人には難しい曲で、どちらかといえば、作曲家や編曲家(或いはそれの卵)はこういうピアノを普通に弾けると思います。そして、こういうピアノこそが、
まさに「ハッタリピアノ」の真骨頂です(笑)。

ショパンのエチュードの方が100倍難しいですが(笑)、
インパクトとか迫力は、今回のようなエクスデス戦のピアノソロの方が理屈ぬきに勝つと思います(笑)。

もうちょっとテンションを落ち着かせれば、左手などもうちょっと細かい芸ができた気もしますが、面倒なのでひたすら低音かき鳴らしたりしていて完全に「ハッタリピアノ」です(笑)。
 曲の終わりは結構テキトーアレンジで、
世にも奇妙な物語か或いはメタリカのダメージインクのような終わり方で締めて余韻を残しています。

この曲のインパクトのポイントの一つとなっている、
冒頭部のピッチの下降がありますが、
最初Amで、ピッチが下がった後調性がGmになります。
が、
それだと太鼓がドッドドコドってなる部分をピアノで再現する場所で、
最下の「ソ」の音にすると、低音に迫力が出ないため、
冒頭の調をデジタルピアノならではのピッチベンドホイールを左手で持ち上げながら右手だけでBmからスタートし、
左手のピッチベンドホイールを元に戻して原曲のピッチ下げを再現し、そのまま曲をスタート、
途中で、
原曲は、
Gm→Cm
とコードが進行しますが、
Am→Cm
とあえて進行を変更し(特に違和感はないので)、
後は原曲どおりの調性で弾いています。

冒頭部の太鼓がドコドコなる部分を再現するための低音部で左右の手を分離して「打楽器的に」ピアノを弾く手法は、
私の13エチュードなどを実際に弾いてくださった事がある人なら、
まさに「TAKAYAっぽい!」
と思うかもですね(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。