| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

How to play bassdrum  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > How to play bassdrumホーム > ♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行) > How to play bassdrum
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年10月07日 日曜日/00:00:00/ No.718

How to play bassdrum

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
スーパーハッタリツーバスレッスン
のサイトに、
バスドラ 踏み方」
とか、「ツーバス 高速連打」
とか、色々と検索で人が流れてきているので、
バスドラムの踏み方の一例を動画に簡単にまとめてみました。

YouTube埋め込みプラグイン↓

----------

おそらく、生ドラムで撮影しても、
音圧の違いはお手軽動画程度の音質では伝えられないと思うので、
これは、トレーニングパッドでも充分踏み方のコツを伝えることはできると思い、
ドラムではないですが動画を作成してみました。

電子ドラムのトリガーを通すとどうしても胡散臭くなるというか信じられないと思われそうなので、実際にトレーニングパッドを叩いた生の音にわざとしてあります。
 トレーニングパッドだけでも、
踏み方の違いで音圧は相当違いますが、
ビデオカメラのマイク程度ではその違いは解りにくい感じですねぇ。とりあえず、この踏み方で生ドラムバスドラ踏むと、
驚くほど、少ない力で大きな音が簡単に出せるので、
参考にはしていただけるかなと思います。
 「これから踏むぞっ!」っていう一瞬手前で、足を一瞬「引く」事でビーターが手前に返ってきます。一番ふり幅が大きくなるポイントで軽くフットペダルボードをつつけば、
何もチカラを入れなくても、恐ろしいパワーをもってビーターがバスドラをヒットします。
 跳ね返りを利用すれば、片足だけでも高速な連打は可能です。これを左右の足オルタネートでやれば、200超えのツーバス連打もさほど苦なくできるという事になります。
 今回ヤマハの普通っぽいフットペダルを使いましたが、TAMAのアイアンコブラのパワーグライドなどの偏心カムでは、ビーターの加速の付き方や跳ね返り方が若干違うので、
踏み方もペダルによって変わりますが、
だいたいのコツをつかめば、どんなペダルでも楽して大きい音を出せると思います。
 まぁ動画では、速過ぎて鮮明に見えないというアレですが・・・(笑)

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。