| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

冬のスケスケ  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2005年12月11日 日曜日/00:49:57/ No.77

冬のスケスケ

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
あーー寒い!!!

この季節はピアノを弾く人にとっては地獄です(汗)。
とりあえず冬のソナタならぬ冬のスケルツォ。
ヨン様もビックリの大変さです。
 とりあえず、手が冷え切ったそのままではまず絶対高速な曲は100%弾けません。
 ということで、まず熱湯を洗面器に注いで手を突っ込んで待つこと3分。←ラーメンかい(笑)。
 その後、即座にピアノの前に座り、手が熱いうちにひたすら速いフレーズをテキトーに即興演奏します。それで手を本当に芯から温めるという作戦。その後ツェルニーとかでウォームアップをした後、練習中の曲とかキープ曲の練習へ。
 しかし冬のピアノのキツイとこは手が冷たいだけでなく、当然ピアノ鍵盤も冷え切っているため、冷えた鍵盤を熱い手で弾いていると鍵盤が結露して異常に滑りやすくなったりします(笑)。なんかその時によって鍵盤に対する手の感覚はいつも違うわけですが、コンディションによっては悲惨ですね(笑)。
 冬のソナタはほんと泣ける!!←ドラマじゃなくて
ソナタは今は弾いてませんけどねおれは(笑)。
今は冬のスケスケ(スケルツォ2(ショパン))ですから。
あ!カプースチンもずっと弾いてますよ♪
Eightエチュードの1番はもう結構アブナイんですけど、3番のトッカティーナはやっぱ飛びぬけて名曲なのでずっとキープしておきたいです。でも「その一曲ばっかりに全てを注いでる」という状態でない限りは確実に落ちますけどね腕は…。まぁそれだけカプースチンは異常に難しい、と(笑)。よくあんなもんを弾けるようになったよなぁと自分でもびっくりですから(笑)。
 キープしときたい曲を全部結構なクオリティーで保とうと思うならば、周囲から苦情きまくるぐらいの量をやらないとまず無理なんで、多少遠慮がちにピアノ練習しないといけないこの環境では難しい。もう苦情きたりするのはごめんですからねぇ…精神的に疲れるんで(笑)。

 でもピアノって不思議なもんで、一旦キープしてた曲から少し離れて別の曲を練習して、それから久しぶりな曲を弾いてみると…
 

まったく弾けなくなった……(笑)

っていうことも曲によってはありますが(泣)、
場合によっては指が強くなったからなのかテクニックが向上したのか、何故か今まで詰まっていたような場所が前よりマシになったりもしたりする。
でも基本的には、やっぱ常々その曲を弾いていなければその分確実に落ちますかねぇ…
 まして人前で確実にいつでも弾けるというレベルで保つ場合は、既存のクラシック曲で難度が高めのものは10個もあれば神でしょうね(笑)。自分の好きに弾くスタイルでポップスとかゲーム音楽とかならばいくらでもレパートリーはありますけど。クラシック曲は極端にもう格が違うんですよ…。
 ヘンな意味ではないんですが、ピアノをやった後にドラムなんかを叩くと、あまりの解放感にフォーーーーとか叫びたくなるぐらいですね(笑)。それだけクラシックピアノの厳しさは半端ない…バンドもそういう点ではすごく気楽(笑)。クラシックだったら、ルイサダのスーパーピアノレッスンでも言ってたけど、「勝手に自分でアレンジしないように!」だよ?(笑)そんなバカな!!(笑)
 「アレンジ」っていってもそれが音符の並びだけでなく、細部の表現記号にいたるまで、それはそれは全て「その通りやりなさい!勝手にいじるな!(笑)」って世界ですクラシックは(笑)。それで「最近の新人ピアニストは秀才が多いが個性派がいない」とか何もしらんよーなクソ評論化がぬかしやがるんだよ?(笑)シラねーよそんなこたー!(笑)じゃぁテメーがクラシックピアノで個性的な演奏してみろってんだ(笑)。

 まぁバンドにおけるアレンジでも、ここはおさえておかないとっていう部分では確かに勝手に一人歩きなアレンジすると音楽壊すからダメといえばダメだけど、クラシックピアノの比ではない。だって1000個音符があったら1000個確実にそのままやんないといけなくて一個でもずれたら「オイコラッ!!!」って怒られるのがクラシックですからねぇ(笑)。バンドは楽だよ…(笑)。あ、これ、バンドとクラシック比べてどっちがどうとかそういう話ではなく、それぞれにいい意味でいい部分があるっていうのを面白く書いてるだけなので念の為。
 まぁもし今後バンドのアレンジ面でおれの細かい指摘にいつか誰かが嫌気がさしてしまった時がきたとしたら、一度ルイサダのスーパーピアノレッスンのビデオでも見せてみてもいいかもって作戦もありますし(笑)。こういう世界だってあるってのを知ってバンドやるとものの見え方や考え方も変わるし柔軟になるはずだし(笑)。

しっかし寒い・・・・
手が冷えた状態でショパンのエチュードなんて、手を鍵盤の上に構えた段階で、「弾ける気がしない」って感じだもんなぁ(笑)。なかなかもどかしい…(笑)。早く春にならんかな・・・(笑)
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2005/12/11 00:49 ] ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 | トラックバック(-) |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。