| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

FINAL FANTASY VI [The Fierce Battle]  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > FINAL FANTASY VI [The Fierce Battle]ホーム > ♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行) > FINAL FANTASY VI [The Fierce Battle]
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2007年12月15日 土曜日/00:00:00/ No.779

FINAL FANTASY VI [The Fierce Battle]

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
 掲示板でリクエストいただいたFF6の「死闘」の、
譜面配信に関しては現段階ではあれなのですが、
動画ならまだ暗黙で了解されている部分があると思うので、
とりあえずピアノソロ演奏の動画をアップしてみました。

 つーか、YouTubeにアップロードが完了して確認したらエンコードされた動画の最後の部分がバグッたファミコンみたいなヘンな画像になってしまったという状態に2回もなってアップロード何回もするはめに(汗笑)。


↓YouTubePlugin
FINAL FANTASY VI "The Fierce Battle"

----------

この曲はハッキリいって実は、ピアノソロアレンジには向かない曲です。
編曲や作曲をやるような人間には解ると思うのですが、
ある程度、曲というのは音の並びや音の構成の面からみて、
どういうアレンジが向くかは暗黙で決まってきます。
 アンサンブルでこそカッコイイ曲や、逆にピアノソロだからこそカッコイイ曲などが当然あり、
この曲は、どちらかといえば、アンサンブルでカッコよくなる曲なので、
ピアノソロアレンジは不可能ではないにしても、原曲のカッコよさを損なわずにピアノアレンジをするのは実はかなり難しいです。
 超絶技巧が余裕でできるピアニストであるならば、もっと凄まじいアレンジを考える事もできますが、少なくとも私の自演ではこれぐらいできれば充分でしょうね(笑)。

 というわけで、このl曲は、このゲームをやってた中学生だった当時からとても好きな曲ではありましたが、「ピアノで弾こうとしなかった」曲の一つです。
 ピアノで弾くのに向く曲とそうでない曲は確実にあり、その判断がある程度原曲をきけばだいたいすぐに私にはつけれますが、どう考えても一台のピアノ・10本の指では再現できない音があったとして、その音があまりにも原曲において重要な役割を果たしているような場合、
その音の再現を諦めて別の切り口からアレンジを試みる必要があります。

例えば、この曲の場合、
イキナリ、冒頭から無理です。
ミレ#ファレ#ミレ#ファレ#
と奇妙な3度と6度和音が耳につきますが、
そのバックで細かい16分音符の笛のような音色が唸るように走っています。
これは打ち込み音楽・アンサンブルならではのカッコよさで、
私の自身のソロオリジナル曲などでも、そういった「人間がやるには超絶なはずのフレーズを機械にシーケンスパターンとしてやらせている」ことで「間をもたせている」曲が多々ありますが、
これはまさにその系統です。
 ピアノソロではまずこの冒頭部を再現できないので面白くないので(笑)、
私はずっとこの曲が好きでありながらピアノでは弾こうとしませんでした。
 しかし、せっかくリクエストを頂いたので、ちょっと試しにアレンジしてみようかなと思って、
ちょっと弾いてみたところ、やはり、想像通り、左手を低音で弾いて右手をミーレーファーレミーレーファーレーってやるだけでは、どこかちゃちくなる。
 ちょちくなる原因は、「間」があるからであり、なんらかの方法で音符を横に詰め込む必要があると判断したので、

ff6死闘の冒頭部アレンジ

このように、本来は2音の和音になっている部分を木枯らしのように分散して引く事で、
「マヌケな間を埋める」という事を試み、さらに、左手も奇妙系和音を追加して、
できるかぎり余計な間ができないようにアレンジした。
 しかし、この右手の分散和音は結構弾きにくい音型で大変ですよ(笑)。
片手だけならたいしたことない分散和音だが、左手を動かすと右手の指が絡まりやすくなる分散和音の音使い。この冒頭の右手の音の形は、別に分散和音じゃなくて普通に和音で弾いても絶妙に弾きにくいですよ(笑)。
 市販されているバイエル併用っぽいアレンジで弾かれた動画をいくらか見れるが、
そのアレンジでは、やはり冒頭部の右手は単音になっているので、監修者が右手の和音は弾きにくいと判断してちゃちめのアレンジにせざるを得なかったと考えられる。
 まぁつまり、人気曲であるからピアノで弾きたいという需要があろうとも、
「ピアノに向かない(できたとしても難しすぎる事になる)曲」は確実にあるので、
どれだけ原曲と差がついてしまっても弾きたいという人の気持ちに応える事を優先してチャチいアレンジになってしまっても譜面化せざるを得なかったというようなピアノソロの「弾くとガッカリする」市販譜は山とある気がするが(笑)、まぁそこらへん、難しいところですね。
 ただ、意外と世の中、提供者が想像している需要とは異なる現実がある事を私は体験していて、
例えば「黒猫フンジャッタっ!」は、私自身が弾けもしないくせに、そしてそれをちゃんと自分でも明記して楽譜をサイトで販売しているが、
何故かそれでも買ってくださる人がいるのです。
アクセス解析で偶然、買っていただいた人がそれに関する記事をブログに書いてくださったりしているのを密かに発見して見てみると、
買ってくださった人本人様もそもそも最初から「こんなもん弾けるわきゃーない」というような事を最初から解っていながらそれでも買ってくださっている人もいるというのには非常に驚いたわけである。
 楽譜の価値は少し特殊なようです。
つまり、それを弾きたいという需要に対しては、あまり難しすぎるアレンジで技術的に普遍性欠けるものは需要がないと提供者側は思って姉妹勝ちだし私本人がそう思っていたはずだが、それは違うという事を証明できているため、
たとえ、明らかに初心者には鬼過ぎるようなアレンジであっても、
それがもしカッコイイとか面白いのであれば、その譜面を提供する意味がないということにはならない。そのうえ、例えばもし、「弾いてみたらガッカリ」する「簡単アレンジ」のゲーム音楽ピアノソロ譜の価値はどうなのかというとそれは誰にも解らないが、
確かにそれでも自分が弾けた事で喜びを感じる人も必ずいるので、そういう譜面は当然価値があるし、しかし同時に、相当難しいかもしれないけど一応こんなアレンジもできる、というような譜面も同時にあっても面白いとは思いますね。
 ゲーム系音楽はとにかく私は著作権がないので動画配信してるだけですが、
まぁ何かのピアノアレンジの譜面についての需要供給の考え方について、
意外な需要があるということを世の中にもっと浸透させても、これまでの既存ゲーム系のピアノビギナー向けガッカリアレンジ譜などにとどまらずに著作者にとってまだまだ新たなビジネスチャンスが生まれるとも思いますね、あくまでも私は無理ですが。作者などに依頼されるというようなことがない限り(笑)。植松さんにもしメールとか出したらどう言われるんだろう???いやしませんけど(笑)。基本世の中自分から動いてもロクなことがないんですって。自分は下手に動き回ってないのに勝手に人が動いてこそ本物だと思いますし、結局もの売るのも、自分が必死こいて売っても絶対売れるわけがないのが解っているから、人に売ってもらうしかないんですよね、仕組みだけを先に作っておいてね。
 いや、つーか実は、私のゲーム音楽系演奏動画とか密かにわずか一つだけ配信しているFFの譜面とか、
ちょっと「作者に見つかりたい」っていうのはあるんですよね(笑)。
怒られるかもしれないけど同時に何かのチャンスにはなるとも思うわけ。
みんな最初は無名だった。だから順番がある、多少は何か人の看板かりてじゃないと人を振り向かせるのって本当に難しい。借り手ばかりじゃだめだけど、オリジナルがどれほどまでに振り向かれにくいか・相手にされないかは、私の動画の再生回数を比較すれば世の中の現実って端からみてもある程度解ると思う。
 勝手に色々「本気で遊んで」楽しんでいるゲーム系のピアノ演奏やドラム演奏動画とかがもしも著作者の目に留まったとしたら作者はどう思うんだろうなって興味あるし(笑)、怒られてもいいから見つけて欲しい・見つけられたい(笑)、というヘンな作戦が奥にあったりする(笑)。

 ちなみに以前の「○ロ○○○マ○」にとあるモノを売り込んでみた時に発生した知る人ぞ知る私が企業相手にブチ切れた事件では(笑)、
「勝手にウチの商標登録の名称を曲名に使うな、サイトへの掲載もご遠慮ください」
みたいな事がありましたが、いやぁ、ああいう「あぐらかき企業」は非常に愚かだね(笑)。
 まぁ私を怒らせて敵に回したおかげで、あの企業の株価は今、あの時から300円ぐらい落ちている(謎笑)
 作曲家編曲家としても一面でもし私がもっと名前を広める事ができた時がきたとすれば、
私はクリエイターの卵などに対してそういう愚かな発言をするようなアーティストには絶対になりたくないと思いますし、著作権や芸術に関する考え方ももっと世の中を改善していくようにつとめたいと思っています。

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。