| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました
ホーム > スポンサー広告 > ショパン「革命」+マリオワールドクッパ城融合アレンジピアノ演奏(笑)ホーム > ♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行) > ショパン「革命」+マリオワールドクッパ城融合アレンジピアノ演奏(笑)
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年01月27日 日曜日/05:20:46/ No.824

ショパン「革命」+マリオワールドクッパ城融合アレンジピアノ演奏(笑)

記事分類:♪ ムービー(TAKAYA音楽戯行)
わりと久々のYouTube動画アップを気まぐれで。

YouTubeプラグイン↓
「Super Mario World Castle & Chopin Revilutionary」


-------------

これはスーパーファミコンがでた時、
確か小学生ぐらいの時にめちゃめちゃ好きだった、
スーパーマリオワールドというゲームの
クッパ城の曲とショパン革命を勝手に融合させてアレンジして弾いてみたものです(笑)。
 世界観が革命とバッチリ合うんで、遊びで弾いてみました(笑)。
途中で曲が展開するところで革命のフレーズを使って繋げるのは我ながら最高にバッチリとハマッているかと(笑)。

 まぁ革命単体を大真面目に弾いても私のピアノのヘタクソさがバレるし、そういう大真面目クラシック系ピアノを好む人の耳には私のショボイ技術では物足りないはずだが(笑)、
まぁ融合アレンジという部分の付加価値によってそれをフォローしてます系といえようか(笑)。

 曲の冒頭の右手の同音連打とかかなり無理矢理突っ込んでる感があって相変わらずメタルな私です(笑)、あぁ、やっぱツーバスドラムをまたバカみたいにドコドコやりたいなぁ(笑)。
 いつか、遠いいつか、自分のスタジオで自分の生ツーバスドラムセットを手に入れて自由に叩ける環境を手にできたら、絶対に真っ先に今までやってきたゲーム戦闘音楽のドラムをエレドラでやってたやつを全部、本物のツーバスセットでパワーアップさせてアップしなおしたいと思っているんだが、まぁいつになるやら(笑)。ドラムは絶対に生じゃないと私のドラムの魅力は絶対に出せないんでエレキでは。まぁもっといえばライブでの生音じゃないと私のドラムは動画では全然ほとんど何も伝えれないわけですが。細かいタッチのニュアンスとか空気のなりとか、まぁエレドラでは半分も表現できないのが残念なので、必ずいつか生ドラムで色々動画をアップしたいですね。
 まぁ逆にピアノはヘタクソすぎてデジタルピアノの方が音がきれいかもですけど(笑)。
でもまぁピアノもいつか、アコースティックでやっぱり色々アップしていきたいですね。
まぁなにせ今は芸術をのびのびやって音をのびのびだせる環境がないもので・・・・(笑)はがゆいもんだ(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
やはり、師匠にはどんどんおもしろいこと考えて欲しいし、音楽の新しい試みにチャレンジして欲しいと思いました。
テクニック的に冒頭部分で降参してしまう視聴者も多いかもですね。
(私にはできないよーってね。)
師匠、ピアノ練習は実家でできるし、ツーバスドコドコは貸しスタジオ利用で可能ではないのですか?
さらに発展させると、師匠がスタジオで有料の公開の録音会でも主催するってのはどうですか?
(師匠のドラムファンのオフ会みたいな感じでです。またまた私の妄想のようなアイデアがー・・・)

[ 2008/01/27 12:08 ] [ 編集 ]
はじめまして。地形胡乱(ちけいうろん)と申します。
もうね、あれですよ。TAKAYAさまと呼ばせていただきます。ニコニコ動画もyoutubeも音楽サイトの方でも感動しっぱなしですよ。
王手ゲーム会社に就職というのはどうでしょうか?客観的に聞いても明らかにプロ以上の実力があると思いますし、芸術面でもさながら、それ以外のあらゆる面でどこでもエリートになれそうな方だと思いました。
音楽の事を良くわからない聞き手の心を掴むのは誰よりもTAKAYAさまが上手いと思いますし。

業界の大スターになれると思うんですけどねぇ…
他の方が血のにじむ努力をしたと自分で言っていてもあなたと比べると霞んでしまいますよ

録音だとか音源だとかがお金が無いので恵まれないんですよね。だからその点で敬遠されてる方も多いと思います。MTR至上主義を曲げてDTM音源使ってみませんか?

必ず口ずさめるメロディーを作るように心がけておられるんですよね。すごくいいと思います。
TAKAYAさまが作られる曲はゲーム業界では特にたくさんの信者が得られると思います。音源さえちゃんとすれば。ゲーム音楽が好きな方々にちゃんとアピールしさえすればですが。聞き手はどうせ素人なんで、音楽面は今のTAKAYAさまの実力で充分すぎるでしょう。時間をかければ歴史的な作品を残せると思います。あとはどうハッタリをかけて信者を増やすかですよ
[ 2008/01/27 14:38 ] [ 編集 ]
あぁそうそう、僕はゲーム業界でサウンド
クリエイターとして働きたいと思ってるんです。好きな作曲家は植松信夫さん、伊藤賢治さん、あとテイルズシリーズやスターオーシャンシリーズの音楽を作られている桜庭統さんです。
でも、正直に話すと最も影響を受けた作曲家は、TAKAYAさま、あなたです。それも何年も前から。CDも買いました。
作曲講座も非常に勉強させていただきました。
もし、今僕が作った曲を他の方に聞いてもらった後TAKAYAさまの曲をお聞かせするとわかる人にはすぐにバレるぐらい音楽面ではお世話になってます。別に音符をまるまるパクッてるんじゃないですよ。でもあるでしょう?そういうの。もっと抽象的な部分で。
そして僕の究極の理想というのは別に持ってます。あなたのコピーになりたいわけではありませんのであしからず。
僕程度では役者が違うと思いますし。せいぜい僕はなれてもゲームの作曲家どまり。アングラなオタクの方々にだけちやほやされてそれなりに生きていけたらまだいいほうでしょう。
でもTAKAYAさまは器も根性も馬力もカリスマ性も他の方々とは一線を画してるので歴史的スターになれると思ってます。その…TAKAYAさまをちょっと批判しただけで周囲から白い目でみられるような、そういうぐらいのです。

…いきなり現れて何言ってんだって自分でも思います。
[ 2008/01/27 16:32 ] [ 編集 ]
動画閲覧ありがとうございます♪
結構これ、密かに週末にコソコソとネタを思いついてから練習したりしてたので、他の動画のパッと思いつきで弾いたものよりまぁまぁヘタクソながら丁寧っぽい仕上がりになりました(笑)。といっても雑なわけですが(笑)。
同音連打は意外と筋肉の使い方で(ドラムのデスメタルとちょっと共通点が(笑))、2121とか3121とかいう知的な同音連打ができなくても根性で無理に突っ込めるという説です(笑)。鍵盤の跳ね返りを利用してバスケットボールのドリブルのような感覚で連続で上から軽い力で押さえ込むのです(笑)。多分この根性同音連打を利用して13エチュードの一番をずっと根性連打でやれそうですね(笑)、そうすると突然難易度が下がって、作品では知的な連打運指で書いてますが根性連打にすればまさにハッタリエチュードになりそうです(笑)。

 生ピアノは確かに実家でできますが、あまりにヘタクソなんで音をむやみに外に漏らしたくないというかある時期以降音出し恐怖症みたいになっているんで、どうせいつか防音部屋は実現して本当にノビノビと遠慮なく音を出したいです。ドラムに関しては、
ドラムのセッティングだけでも結構なモノなのに(ツーバスセットのあるスタジオはかなり稀ですしシンバルの点数もシンプルセットじゃ私のやりたいことはできない)さらにマイクのセッティング、録音機材のセッティング、そして音録音のテストからレコーディングまで、それをちょいと数時間借りた程度ではロクな作品ができないです(笑)。
何より自分の機材を持ち込むのにクルマもない・乗れないようでは致命的、
やはり私の場合、まぁちょっとわがままなタイプなのかも知れませんが、自分の完璧にイメージした環境を整えていつでも思い通りに優々とパッと事に集中できるようにしないと絶対にイヤというか、むしろ、そうでなければ本領を発揮しにくいという極めて最悪で世の中的に使い物になりにくいようなダメ人間タイプ(私の集中力や志向性のタイプは、高校時代の進路適性検査でも「極めて特異でクセのある個性的なタイプ」というような結果が出た事もあり・笑)。ま、私に音楽なかったら、明らかに死んだ方がいいっていう人間でしょうね(笑)。
 高いわりにロクなスタジオがないし、結局、自分が思うようにやりたきゃ自分で全部やるのが一番なんです(笑)。
 しっかし有料録音公開とはなかなかの妄想!(笑)
まぁ将来的には、有料じゃなくても、なんつーか、
誰でもテキトーに気楽に覗いたりくつろいだり呑んだり寝転がったりできる空間(例の和風スタジオ?笑笑)にして、
なんかこう色んな意味で解放したいんですけどね(笑)。
できればスタジオを貸したりも格安でしたいとも思いますし。
まぁ建ててもないくせに、口座残高ショボすぎるくせに、
計画だけはバッチリです(笑)。あー。(笑)
[ 2008/01/31 01:52 ] [ 編集 ]
地形胡乱さん、どうもはじめまして♪コメントありがとうございます。
なんと、CDも買ってくださったかたなのですねぇ、改めてありがとうございます♪
ゲームのサウンドコンポーザーは実は私が音楽の道を目指そうとした時に最初に掲げたなんとなくの目標でした。
そのころはまだドラムに出会っていない時期で、DTMでやっていたので、ドラムに出会わなかったら本当にゲーム業界まっしぐらだったかも知れないですね。ドラムに出会ってしまったおかげで、一旦ちょっと路線がズレまして、バンドとかメタルとかになったわけですが、
まぁ最終的に私がどういう道を歩むかは全く予想もできないですが、ドラムに出会った事はかなり大きかったみたいで、かなり武器になりそうです(ピアノや体格とのギャップキャラの面でも作曲編曲のバリエーション的にも)。
 今ゲーム音楽は、映像のクオリティアップに伴い、求められる音楽の傾向が、昔の私が抱いていた「ゲーム音楽」とは異なるものになった時代になったので、今のゲーム音楽は昔と比べて、メロディーよりも雰囲気重視となってそうですね。FF7あたりから既に音楽の傾向は変わりましたからねぇ、どっちがいいかは別として。
 あと、ゲーム音楽系に進みたい場合、大半の人が、いわゆる花形である壮大なロールプレイングゲームやカッコいいアクション・シューティング・格闘ゲームの音楽を担当したいとか思うと思うわけですが、もし、「ザ・コンビニ」や「ツインビー」のような、「カッコイイ!」という系統ではない音楽を担当してくれなんていわれたら、退職届出しそうな私ですよ(笑笑笑)。まぁやりゃ~意外と楽しくできるんでしょうけどね(笑)挙句の果てに「○○将棋」の音楽担当してくれとかいわれたらヤケクソで対局音楽をTAKAYAソロ6の青龍之舞とかの和風メタルにしてやろうかとかと思ったりしますね(笑)←絶対クビ

「仕事」っていうのはまぁそういうもんなわけで、ドラマ音楽にせよナンにせよ、幅を利かせる必要がありそうですよね。
まぁ私、なんだかんだいってダメ人間だと思うんで、私がどこを目指すべきかを問う旅がもう少し模索期間続きそうですねぇ。
 まぁ作曲なんて趣味の問題で、やろうと思えば結構どんな系統でもそれなりに楽しく作れるわけですが、まぁ、、、人生、、、
出会いと運ですよね(笑)。
地形胡乱さんも音楽の方面に進もうと思っているみたいなので、
お互い、色々大変ですが(ほんまに大変…!)頑張って楽しくいきましょ~う♪♪
[ 2008/01/31 01:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。