| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

狂月(仮)  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年02月24日 日曜日/00:00:00/ No.845

狂月(仮)

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
はい、てなワケで(謎)、
メタルピアニズム曲集「鉄鍵律」企画の新曲をまたレコーディングし、
2日で2曲分の音源が作れました(笑)。
 昨日レコーディングした「妖刀乱舞」はラストにする予定の曲だったが、
今日レコーディングしたのはアタマにくる曲にする事にした。
これは作曲をしながら直接レコーディングを同時進行して仕上げたので、
まだ譜面も打ち込みデータもなく、自分が弾いて仕上げた音源を後で自分で聴きながら譜面化することになりますね(笑)。

 タイトル通り、かなり狂った曲で(笑)、おそらく初めてこれを聴く人はある意味笑えるものとなったはずです。(※ちなみにタイトル漢字は「くるいづき」と読みます)
 音の響きもわりと独特で、快感系不協和音を使っている部分もあり、
なんとも独特の空気を醸し出した一曲となった。

 音楽性の部分で理解しがたいとかいう狂い方ではなく、
まぁメカニック的にやってる事が狂っているというかひたすら体育系根性系な、まさに「メタルピアニズムの真骨頂」といえる曲で(笑)、笑うしかないほど狂うように突進するような曲(長さはおよそ3分程度の曲に仕上がった)なのでリリースの時を楽しみにしていてください(笑笑笑)。この曲がトップにくれば、この曲集のインパクトやツカミはバッチリで、13エチュードの一番目にくる曲とはまた全然違う強いインパクトのあるアタマとなりそうです。ダテに「鉄鍵律」の名はつけてません(笑)、

さて、ラストとトップの曲がこれで揃ったわけだが、
ここで思ったが、
曲数をどうするか。
メタル系というわけで、
あまり体育系の曲が続きすぎると正直しんどいと思うわけですね、聴くのが(笑)。
なので、ここは、もしかするとシンプルに、「3つ!」とかシンプルに小さくまとめるぐらいにしておく方が、それぞれのインパクトを最大限に生かせるかなと思うわけで、
多くても4つ、1,2,4番はやかましい系、3を少し落ち着いた感じで挟むか、
そうか普通にメタル満開なものをシンプルに3つにするか、そこらへん、ちょっと迷うところ。
「3」というのは、往年の巨匠たちのピアノ曲集でもよくある数字で、
「3つの~~」とかがあるように、
今回のメタルピアニズムの目玉曲もシンプルに「3つ」とし、
他に小曲を10並べる、という感じのでいくかもしれないですね。
3つがメタル全開の分、その他の小練習曲の方は明るくポピュラーな雰囲気や落ち着いた雰囲気のものを入れていけばいいかなと思っている(聴いた感じが落ちついていてもあくまでもピアニズムは「メタルピアニズム」の基盤となるようなパターンでまとめる)。

 そうする場合は、
作品の構造や呼び名としては、
目玉曲3曲とメタルピアニズムの基礎パターン小練習曲10曲の計13曲を一つの作品「鉄鍵律」という曲集としてリリースし、
主な3曲を、
「3つの演奏会用練習曲【三鉄線(さんてつせん)】」、
メタルピアニズム基本パターン練習曲は、【小鉄線(こてつせん)】」
として構成する予定である(笑)。
 うん、やっぱ、3っていうのは小さくまとめてるわりに数字的にドーンとした感じがして、それでもボリュームは充分な気がする。3つなら全部がやかましくてもいいと思うしね(笑)。
 その主な3つの曲に関しては、ドラムやギターなどの入ったバンド系サウンドとして別のバージョンを作り、ピアノソロバージョンと完全メタルモードバージョンの両方を付属音源で楽しんで聴けるようにしようかなと考え中。13エチュードはオケCDに合わせてピアノを弾くというものをやりましたが、今回のは、あくまでも、メタルピアニズムとして作ったピアノソロ曲を完全に別のアレンジでピアノソロバージョンよりもさらにヤカマシいバンドサウンドトラックを作るという感じになりそうです(笑)。ピアノから興味わいてくれた人がメタルへ興味を沸かせるというルートと、メタル(ツーバスドラムなど)の方面から興味わいてくれた人がピアノに興味を沸かせるというルートと、色々な可能性を見出せる作品になるかも知れませんね。
 あと個人的には、この曲集の主力曲はゲーム音楽好きには絶対に受ける自信もあり、
そういう方面の人も誘導できたら嬉しいというものなのですが。まぁどっちにしても自己満作品ですけど(笑)。

 まぁ曲のタイトルなどの感じからしても(一曲目にくるものがいきなり「狂月」とかですからね(笑笑))、この企画はかなり好き放題にやってる感があるが(笑)、意外と生き生きしたものができていいかも知れない(笑)。

こりゃ~全体が出来上がるのが自分で楽しみ(笑)。

あ、あと、これはメタルがテーマとかになっているのため、
楽譜もやはり「バチッ!」とした仕上がりの方がこの曲集の場合は手書きよりもカッコよく仕上がれるかも知れないとも思うので、
これはFINALE2008(超高級譜面作成ソフト!ロ、、、ロクマンエン!笑)を使用しようかと思ったりしています。一段階でも下位の部類のソフトウェアになると、小節・五線またぎ連衡や、その他細かいこだわりをもった譜面作成は実現できないので、
私が書きたいような楽譜は、やはりこの最上の譜面作成ソフトで実現するしかないです。さてさてどうすることやら(笑)。まぁそれはそれで新しい試みとしてまたなんだか楽しい日々を遅れそうとも言えますが。
 
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
メタルギタリストがセッションできるようにもなってたりしたら、すごくないですか?
「ドラゴンフォースを超えないかい?」ってね。
[ 2008/02/25 11:56 ] [ 編集 ]
あ、その妄想は多分実現可能ですよ♪
というか、特別なものを用意しなくても、ギタリストは多分自分で勝手に音源に合わせてギターソロ弾いたりオブリガード入れたりして遊ぶので(笑)、ただメタルバージョンの音源があるだけでOKという事になります(笑)。
 ドラマーとしても私もそうでしたが、特に「合わせるための」音源トラックとかがなくても、
ただCDの音に合わせて自分の好きなようにあわせて勝手にドラムを合わせて叩くだけですんごい楽しいんです、バンドマンというのはだいたいみんなそういうもんなので(笑)、
多分、メタルバージョンのトラック、或いはピアノソロヴァージョンのトラックしか無かったとしても、ギタリストが私の音源で遊んでくれる可能性は充分にあると考えます。
特にリフ重視で際立ったメロディーが強くは主張していないような今回の鉄鍵律のメタルトラックができたとすれば、
ギタリストは好きに音源に合わせてイングヴェイみたいにクラシカルな速弾きソロなんかを勝手に上から重ねて遊んでくれる可能性はありますね(笑)。
[ 2008/02/27 01:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。