| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

Finale2008プチ講座  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > Finale2008プチ講座ホーム > ■ PC関連 > Finale2008プチ講座
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年03月18日 火曜日/00:00:00/ No.860

Finale2008プチ講座

記事分類:■ PC関連
いやぁ途方に暮れる作業を延々と続け、
鉄鍵律の既に作曲やレコーディングを先に終えている小練習曲のmidiデータ打ち込み4曲分と譜面浄書3曲分を一気に一日で仕上げた(笑)。あと一曲分と、ミニミニ基本ぺターンの譜面浄書とかやれば、譜面浄書は全て完了することになる。

 しっかし本当にこれは健康に悪い作業だ。
身体がおかしくなりますね(笑)。

ちょっとついでにfinaleでの譜面浄書がどれほど気の遠い作業かをプチ講座の意味もこめて軽く紹介してみることにしよう(笑)。

まず、とりあえずテキトーに仮に遊びで作ってみたマンボでちょっとした例を。
finale2008プチ講座

まず、これはピアノ譜における五線またぎ連桁の楽譜を作成する場合の話ですが、
上のようにとりあえず入力するとします。

そして、上段下段を一つの五線にまとめます。
finale2008プチ講座

そして、両手分をまとめた五線から、上段にそのままコピーします。
finale2008プチ講座

2パートをまとめた五線を削除し、下段も削除した後、

finale2008プチ講座
上級ツールの道具箱の「音符移動ツール」を使い、
左手のパートを下段に移動します。
finale2008プチ講座

こういう作業の時に現れる四角いハンドルをクリックやらドラッグやらして操作をするわけだが、
目が悪い人にとってはこれがどうも苦痛で仕方がないんだが(笑)。ハンドルが小さいのでパソコン画面を遠くから見るだけでは見えないので覗き込まないといけないので、こういう作業を連続してやると、姿勢も無茶苦茶になってしまって完全に身体の調子が悪くなる(笑)。
 これをさらに飲まず食わずで12時間以上労働した後、ふらーとコンビニに行くなどすると、明らかに歩きにくいぐらい身体の筋肉がおかしくなっていて困る、、
ので、気の狂うブッ続け作業の後の身体の状態がオカシイ時に直後に外に出るだけで身体がフラフラしてちゃんと歩けなくて困るので先に労働後の食料を用意しておくのがポイントだ(笑)。

finale2008プチ講座
さて、続きまして、連桁を五線の間に持ってくる前に、
上級ツールの道具箱の「符尾逆向きツール」にて、状況に応じて符尾を反転させる。
 その後、連桁の角度や位置などを調整する。
finale2008プチ講座

このままでは、音符と音符の感覚が均等ではないので、
これまた上級ツールの道具箱のツールで音符の横の位置の調整をする。
五線またぎ連桁をする場合、どうしても符尾の位置関係が不自然になるので、
このへんは全て手作業で感覚を調性することになる、かなり地獄の作業(笑)。
finale2008プチ講座
 音符の横の並びの調整をすると下のような具合。
finale2008プチ講座

さて、さらに、五線またぎ連桁に加えて、主なメロディーラインの旋律を解りやすくするために、
別の声部も示した楽譜にしたい場合は、レイヤーを利用する。

書類メニューの「編集中のレイヤーのみ表示」にチェックを入れて、
レイヤー2に次のように入力する。
finale2008プチ講座
符尾の向きを上向きにしたら、
「編集中のレイヤーのみ表示」のチェックをはずし、
音符の横の位置などを必要に応じてレイヤー1とレイヤー2でうまく重なるようにし、
色々と調整など加えると、下のような楽譜が完成。
finale2008プチ講座

色がカラフルなのは、あくまでも画面上のもので、
印刷時やグラフィックファイルとして出力した際には、当然、実際には全て黒で表示されます。

とまぁこういう作業を延々と繰り返していくわけですなぁ(笑)。

音符の入力はどちらかといえば、midiシーケンスソフトなどの方が打ち込みやすいので、
それで先に右手左手を別々のトラックに振り分けて打ち込んでおいて、
そのmidiファイルを読み込んでから、
右手パートの五線、左手パート五線、両手をまとめた五線を並べて、
その後で浄書用の新規ファイルを別に作成して、
midiから読み込んだファイルのそれぞれの五線から、必要に応じて自分が作りたい譜面の種類(上段下段が別々に分かれた譜面なのか、五線またぎを多用する譜面なのか)を部分ごとに編集しやすいように片手ずつとか両手まとめたパートとかをうまくコピー・ペーストして作業を進めると能率がよい。

しっかし疲れますなぁ(笑)。


スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ 2008/03/18 00:00 ] ■ PC関連 | TB(0) |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。