| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

気まぐれで・・・  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > 気まぐれで・・・ホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > 気まぐれで・・・
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年04月03日 木曜日/02:29:33/ No.869

気まぐれで・・・

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
メタルピアニズム練習曲集が完成し、
メタルピアニズム練習曲集
鉄鍵律
作品紹介PRページ

も作ったわけですが、
ちょっと突然の思いつきで、
オプション付属のmidiデータCDの内容に少しだけオマケをつけようとそれに関する作業なんぞをしていました。
 せっかくCDメディア一枚ドーンと使うのに内容が22個のmidiファイルだけというのも、
何かちょっとでもオマケつけたいなと。
13エチュードの時は、ピアノパートの打ち込みデータだけでなく作品の構造上オケパートの打ち込み内容もあるので、今回の鉄鍵律のmidiデータよりも内容は軽いファイル容量に比較せずに密かに濃いCD-Rだったはずですが、鉄鍵律では、「妖刀乱舞メタルバージョン」のmidi意外はピアノパートのmidiデータしかないわけなので、少しでも内容を何か増やせればと考えて思いついたのが、
「打ち込み音楽を何も知らない人でも、その世界の楽しみが少しだけでも目と耳で味わえるようなオマケ」を作るというものです。
 まぁ本当にちょっぴりですが、なかなか面白いオマケができたと思います。
midiデータと同時に入っているCDの解説ファイルとオマケの内容は以前同様HTML形式のファイルで、
インターネットエクスプローラやファイアフォックスなどでのブラウザで閲覧できるようにしています(今回のオマケは、画像にカーソル当てると音が鳴るみたいな事をやっているのでファイアフォックスよりインターネットエクスプローラでの閲覧で正常動作します)。
 まぁこれでmidiデータCD-Rのオプションを選択してくださった人にもより少しだけでも楽しんでもらえるかなと。このCD-Rが基本セットに12,000円プラスするだけでついてくるのだから安いですね。
って冗談ですよ(笑)。まぁ価格的には13エチュードと同じぐらいになる予定ですね。

ところでちょっと密かな発見をしまして、
先週楽譜を印刷して仮製本して気付いたのだが、
これまでの手書き基調の譜面よりもfinale2008で仕上げた譜面を何十ページと印刷すると、
何気にインクの減りが断然違うのです。
13エチュードの81ページ分を印刷すると、バカみたいに黒インクを消耗します。
が、
コンピュータによる譜面浄書で仕上げた「鉄鍵律」の78ページ分を印刷すると、
あまりインクが減りません。
なぜかと考えたら、機械浄書なだけに描かれた楽譜の線に無駄がないのでインクも無駄に消費しないという事でしょうか。当たり前っぽいけど意外な発見。結果がキレイでコストパフォーマンスも優れている事に今さらながら。


しっかし豪ドルが上がる上がる!
以前、88.38円で買った豪ドルのポジションは密かにかなりお宝ポジションですね。
まぁとっくに利食い決済しているのが我ながら残念なところですけど(笑)。
まぁそれでも最近豪ドル円の押し目買いで1円59銭分以上の為替差益を何度も得れていて絶好調です。
最近91.07円で買った豪ドルも、本日92.77円で利食い決済できたと喜んでいたら、なんと今の夜中に93.80以上まで上がってちょっとガッカリ。まぁ一円分以上もの為替差益を稼いでおいてがっかりというのも欲張りすぎて我ながら呆れるもんだが(笑)、
いや、最近妙にドルが102円以上まで上がってきててどうも気持ち悪いというか、
どうせこれはダマシアゲだろ、とか思うわけで、もしかしたらもう一度突然のバカ下げが発生するかもしれない、そう考えると、クロス円もそれにつれられてバカ下げする可能性があるので、
91円で豪ドル円のロングをホールドにしておくのは少し中途半端な値段で恐かったのですね。
あの88.38のロングこそ、ずっとしばらく決済しないで金利だけを毎日貰っている方がよかったかも知れませんね。ドル円の107円のロングというバカ極まりないポジションを塩漬けしている私としては(笑)、ドンドンさっさと円安に向かって欲しいという思いと、他の高金利外貨をもっと安くで拾って買いたいからもう一度円のバカ上げをして欲しいとかいう矛盾が(笑)。
 どっちにせよやはり豪ドルは今後はどう考えても強そうですけどね。高金利外貨としてオセアニア通過のもう一方、ニュージーランドドルは、豪ドルと比べてドル円のバカ下げ以後の戻りが遅い。やはり豪ドルは堅調だ。もう一度91円を割るような感じになれば買ってもいいかも知れないが、このまま100円まで回復する可能性もあり、なかなか手を出しにくいところだ(笑)。
 値動きがバカ過ぎるポンド円に関しても、最近はおとなしめで、やはり豪ドルがいかに堅調であるかが解る。今日の豪ドル円の動きからするとポンド円が暴れまくっているような相場だと5円は上がっているはずだが、意外におとなしいので、ポンド円やポンドドルは、あくまでも「ドル安」で動いていると予想でき、ポンド自体に魅力は欠ける、つまり買う気にはなれない、といえるかもしれないですね。
 ユーロドルも、1.47とか1.48をウロウロしてた時が嘘のように、
なんか最近では1.5台が当たり前になっている感じだが、どうも高値すぎて買う気にはなれないしかといって売ったりしてバカ上げさげても永遠に戻ってこない気もして恐い気もする。今一番安全ぽいのは豪ドルの押し目買いだろうか??
ドル円はしばらくちょっと謎で何が起こるかまったくわかりませんね(笑)。
投機筋の割合が相場の大半を占める3月だからこそある日の朝に突然99円から95円に下がるなどという円高ニュース沙汰になった記憶が焼きついていてどうもアレなんだが、4月から実需も増えるだなんだという事みたいなので、ああいう大袈裟な下げはなさそうとはいうものの、どうもね。投機筋のパワープレイは恐すぎ(笑)。まぁ自分も投機筋なんだろうけど(笑)。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。