| Login |
新ブログ「天声凛語」に移行しました

琴箏トコトコ小琴トコ。  天 声 燐 語(てんせぇリンゴ)

とりあえず、まぁ、生きてます。ただの人間です。
ホーム > スポンサー広告 > 琴箏トコトコ小琴トコ。ホーム > ♪ 音楽活動/ピアノ/音楽 > 琴箏トコトコ小琴トコ。
--年--月--日 --曜日/--:--:--/ No.

スポンサーサイト

記事分類:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) |
2008年06月05日 木曜日/00:00:00/ No.924

琴箏トコトコ小琴トコ。

記事分類:♪ 音楽活動/ピアノ/音楽
箏の器楽曲の最古典曲である「六段(八橋検校[1614-85])」を、
ピアノで弾けるようにと、とりあえず耳コピで採譜して、
FINALEで軽く浄書した。

六段楽譜採譜

ただし、あまりにダラダラ長いので(笑笑)、半分ぐらいだけ採譜して最後の部分だけ繋げた。
音の数も少ないので、段組サイズを75%に縮小して1ページにまとまったので、
六段の基本的なテーマを採譜したことで、前半部は丸々コピー再現で弾く事もでき、
だいたいの主題をモチーフに、この1ページを参考にテキトーに即興演奏で後を繋いでいく事も可能かと思う。
そういえば某出版社からも「六段」のピアノピースがあるようだが、
この曲自体相当古いので曲を使用したりする権利は普通に解放されているはずなので自由に使えるのがいいところ。

一段が104拍からなっているというが、
一体この曲の拍の区切り目はどうなっているのかイマイチ解らないため(笑)、
一応4/4の中で耳コピした通りに音符を並べて(一応ちゃんと割り切れるらしい)、
あまりビート感がはっきりしないので、小節の線は実線でなく点線にしておいて、
曲の変わり目と段の変わり目(?)で複縦線にした。
テンポがゆっくりなので、クラシックやってきた人にとっては初見演奏も簡単すぎるレベルだが(笑)、
このネタをもとにどういう即興ができるかちょっと遊んでみたい。
 でもまぁ104拍を一段にまとめて即興とかは、ビート感がはっきりしなさすぎて結局は、
テキトーな即興になりそうな気もする(笑)。
 上の採譜した楽譜では、
この曲の調性は嬰ト短調か嬰ハ短調かはっきり定めにくい調性だが、仮に嬰ト短調とすれば和調のスケールでいくと「ラ#」があまり登場しないので、
嬰ハ短調として無駄に臨時記号を記さなくてもいいようにした。
 こないだの「瀬音」でもそうだが、箏の曲は、調性やオンベースの使い方にピアノ楽曲の理論とは異なる味があり、例えば瀬音の出だしからすると、「G(ソ)」がオンベースになっているが、調性としては、ハ短調の色合いが強い。ところがオンベースをストレートに「C(ド)」にしていないのは、
事の最低弦の音程と関係があるのかは知らないが、何故か「ソ」になっていることでまた独特の空気が出るわけである。ピアノで弾くなら「ド」を低音にするだろうなぁというコード進行の部分でも、いつも「ソ」が一番低音になっているので、もしかするとそれより下の「ド」が箏ではない???
ギターとかでもそういう都合で音ベースをルートにせずにパワーコードを担当して実際にくるべき最低音をベースに任せたりする事もよくあるわけだが、楽器の特性とその楽器で作られる楽曲の和声構造の特徴、即ち「ある種の規制から生まれる偶然のアイディアや発見」が、それぞれ様々な楽器から作曲された楽曲ごとの「色」の違いが生まれるともいえ、色んな楽器にふれたり、ピアノで作曲する場合にもギターなどのほかの楽器の特性をある程度知っていればピアノ曲以外の「違うジャンルや違う色をもつ曲調の曲」を作曲できるといえる。
 まぁ他の楽器の特性を軽く知るだけでも知っていれば最終的にはピアノでの作曲が一番有利で作曲と編曲を同時進行できるのでやはり作曲は(他の楽器の特性などをさらってそれを前提にした編曲を頭で想像できる上で)ピアノを使用するのが究極だと思いますけどね私としては。
個人的な考えとしては、「編曲を兼ねない作曲は作曲とはいわない」と思っているので、
作曲してから編曲するというよりも、編曲しながら作曲するという事が容易にできるピアノは理想ですね。勿論ピアノがなくてもさらに「頭の中で音が鳴る」のであれば、紙の上だけか、或いは目の前にピアノがない環境でもコンピュータでの打ち込みのみで作編曲の全プロセスをこなすことも可能です。

あらら、何の話だったっけこれ・・・・

スプレッド幅100%固定!ドル円2銭!
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。